【2020】シクロクロスバイクおすすめ6選|タイヤの選び方は?通勤時に使える商品も紹介

【2020】シクロクロスバイクおすすめ6選|タイヤの選び方は?通勤時に使える商品も紹介

安定感のある走りが人気のシクロクロスバイク。もともとはロードレースの選手がトレーニングに使用していた自転車ですが、現在ではシクロクロスバイクを用いた競技大会も開かれています。今回の記事では、シクロクロスバイクの選び方の他、SPECIALIZED(スペシャライズド)やFUJI(フジ)などの人気メーカーのモデルを含んだおすすめ商品もご紹介します。

シクロクロスバイクとは?
シクロクロスバイクを選ぶ際のポイント
シクロクロスバイクのおすすめメーカー
シクロクロスバイクのおすすめモデル6選
シクロクロスバイクのスペック/価格比較表
様々な種類のおすすめ自転車特集
まとめ

シクロクロスバイクとは?

シクロクロスバイクとは?
出典:楽天市場
シクロクロスバイクとは、障害物が設けられたオフロードの短いコースで、周回数を競う自転車競技「シクロクロス」で使用される自転車のこと。競技で自転車を担ぎやすいように、トップチューブがフラットに設計されているのが特徴です。

また、太めのタイヤや、耐久性の高いフレームが使用されているのも注目すべきポイント。路面からの振動を感じくく、体に負担が掛かりにくいです。快適な乗り心地なため、競技用としてだけではなく、街乗り用の自転車としても人気があります。

▼シクロクロスバイクとグラベルロードバイクの違いは?

シクロクロスバイクもグラベルロードバイクもオフロードを走行することを目的に作られた自転車です。しかし、使用用途やタイヤ幅、トップチューブ形状に以下のような違いがあります。

  • シクロクロスバイク:短距離向けのレース用自転車。レース規定にある幅33mm以下のタイヤを使用。トップチューブが平行。自転車を担ぎやすい。

  • グラベルロードバイク:長距離向けの自転車。レース用の自転車ではないためタイヤ規定なし。トップチューンに傾斜がある。振動吸収性が高い。

スピード重視の方や、短距離のコースを走りたい方はシクロクロスバイクを選ぶ傾向に。安定性重視の方や、長距離の舗装路を走りたい方はベルロードバイクを選ぶ傾向にあるようです。

シクロクロスバイクを選ぶ際のポイント

ここからは、シクロクロスバイクを選ぶ際に注目すべき3つのポイントをご紹介していきます。

1.フレーム素材|3種類の特徴を把握して選ぶ

1.フレーム素材|3種類の特徴を把握して選ぶ
出典:楽天市場
シクロクロスバイクをフレームの素材から選ぶ方法があります。使われている素材によって重量や耐久性、価格などが変わってくるので注意が必要です。ここでは、フレームの代表的な素材である「カーボン」「クロモリ」「アルミ」の各特徴をご紹介していきます。

▼カーボン:軽量で持ち上げやすい

カーボンは競技用の自転車のフレーム素材として最も多く使用されています。軽量で持ち上げやすいのが最大の特徴。初心者の方や、軽い車体を探している方におすすめです。

▼クロモリ:耐久性が高く衝撃を吸収しやすい

クロモリは耐久性の高さが魅力。衝撃を抑えてくれるので、荒れているコースでの使用にピッタリです。自転車から落ちる回数を減らすことができるでしょう。軽さよりも、耐久性をより重視したい方におすすめです。

▼アルミ:錆びにくい&値段が安い

アルミフレームは錆びにくいのが特徴です。雨の日の路面を走るときも問題なく使用できます。また、比較的値段が安いのも魅力のひとつ。シクロクロスバイクを街乗り用として考えている方や、コスパ重視の方におすすめです。

2.タイヤ|走りたい道を考慮して2つのタイプから選ぶ

2.タイヤ|走りたい道を考慮して2種類のタイプから選ぶ
出典:楽天市場
シクロクロスバイクをタイヤから選ぶ方法もあります。シクロクロスバイクに使用されるタイヤは「ブロックタイヤ」と「スリックタイヤ」の2種類です。走りたい道を想定してどちらのタイヤにするか決めることで、より快適な乗り心地を得ることができます。以下で各タイヤの特徴をご紹介していますので、選ぶ際の参考にしてください。

  • ブロックタイヤ:表面にいくつかの出っ張りがあるタイプ。耐久性が高く、路面からの衝撃やバンクなどのマシントラブルに強い。オフロードをよく走る方におすすめ。

  • スリックタイヤ:サイピング(排水用の溝)が無いタイプ。抵抗が少なく回転しやすい。少しの力で自転車を進めることが可能。オンロードをよく走る方にもおすすめ。

3.ブレーキ|幅広いシーンで使用できるディスクタイプが◎

3.ブレーキ|幅広いシーンで使用できるディスクタイプが◎
シクロクロスバイクのブレーキは、様々な場面に対応できるディスクタイプのものがおすすめです。泥の影響を受けにくいことから過酷なレースにも使用できます。また、軽いタッチでのブレーキング操作が可能で、それほど力を入れなくてもブレーキを掛けられます。競技用としてはもちろん、通勤や通学時にも使用しやすいです。

シクロクロスバイクのおすすめメーカー

次にシクロクロスバイクのおすすめメーカーをいくつかご紹介します。どれも信頼性や評判の高いメーカーです。商品選びに迷った場合は、下記のメーカーの製品を選ぶのもおすすめです。

1.SPECIALIZED(スペシャライズド)

・SPECIALIZED(スペシャライズド)
出典:楽天市場
SPECIALIZED(スペシャライズド)はアメリカで1974年に設立された総合サイクリングブランド。シクロクロスをはじめ、あらゆるジャンルの自転車レースで勝利した実績があります。自転車を初級者向け、中級者向け、上級者向けに分けて製造しているのが特徴。自分の能力に見合ったものを見つけやすいのが利点です。

2.ANCHOR(アンカー)

・ANCHOR(アンカー)
出典:楽天市場
ANCHOR(アンカー)は世界最大手のタイヤメーカーであるBRIDGESTONE(ブリヂストン)が設立した、日本を代表するレーシングブランドです。人と自転車のフィット感をよくするために、高度な解析技術を開発に用いています。日本人をはじめ東洋人に合いやすいサイズの自転車を多く取り扱っているのが魅力。サイズ感を重視してシクロクロスバイクを探している方は要チェックです。

3.FUJI(フジ)

・FUJI(フジ)
出典:楽天市場
FUJI(フジ)は日本で誕生した老舗メーカー。数々のレースで賞を受賞してきた実績があります。100年以上の長い歴史があり、機能性の高さや優れたデザイン性が人気です。シンプルでスタイリッシュなものや、女性向けの自転車も数多く販売しています。

シクロクロスバイクのおすすめモデル6選

ここからは、通販でも購入可能なシクロクロスバイクのおすすめモデル(中古品を含む)をご紹介していきます。

※商品によっては、紹介しているサイズやカラー以外のものを選択できる場合があります。各販売ページでしっかりと確認してみてください。

MERIDA(メリダ)
シクロクロス MISSION CX 400 2019年モデル

参考価格: 138,523

多目的シクロクロスバイク

シクロクロスの頂点を争うレースでの使用も考慮して作られたシクロクロスバイク。落ち着いた色とかっこいいデザインが特徴です。新型アルミニウムフレームとShimano105のコンポネートを採用することで、グラベルロードバイクのような使い方も可能にしています。ダート(砂利道)や舗装路のサイクリングにも適した自転車です。
138,523 (税込)
138,523 (税込)
フレーム素材 アルミ
タイヤタイプ ブロック
ブレーキタイプ ディスク

SPECIALIZED (スペシャライズド)
CRUX ELITE 2020年 カーボン

参考価格: 318,670

高機能なコンポレートを採用したシクロクロスバイク

高機能なコンポネートを搭載したシクロクロスバイク。SRAM Rival 1のドライブトレインを採用することで、変速した際の衝撃を感じにくくしています。また、油圧ディスクブレーキが付いているので、雨の日でもしっかりとブレーキを掛けることができます。毎日の通勤時にも使える自転車です。
318,670 (税込)
318,670 (税込)
418,000 (税込)
フレーム素材 カーボン
タイヤタイプ ブロック
ブレーキタイプ ディスク

kona(コナ)
シクロクロスバイク ROVE NRB DL 2020モデル

参考価格: 253,440

クッション性のあるタイヤで悪路も楽に進める

デザイン性に優れたかっこいいシクロクロスバイク。クッション性のある太めのタイヤを搭載しているため、砂利道やデコボコした道もなんなく走れます。ケーブルはフレームの中に内蔵されているため、汚れにくく、清潔な状態を保ちやすいです。長い期間にわたってスムーズなシフトチェンジができます。

253,440 (税込)
253,440 (税込)
フレーム素材 アルミ
タイヤタイプ スリック
ブレーキタイプ ディスク

kona(コナ)
MAJOR JAKE 2020モデル

参考価格: 354,200

乗り心地◎11段変速機付きの自転車

綺麗なブルーカラーが特徴のシクロクロスバイク。カーボンフレームを使用することで、路面からの振動を感じにくくしています。安定感があるので、乗り心地も快適でしょう。また、11段階で変速調整できる、ギアが付いているのも注目すべきポイント。アップダウンの多い坂道でも、細かく速度調整することで、足に掛かる負担を減らすことができます。
354,200 (税込)
354,420 (税込)
フレーム素材 カーボン
タイヤタイプ ブロック
ブレーキタイプ ディスク

ANCHOR(アンカー)
シクロクロス CX6D 105 2020モデル

参考価格: 219,725

高い振動吸収性を実現!

世界で戦ってきた経験を凝縮したシクロクロスバイク。フォーク部分にカーボン素材を使用することで、高い振動吸収性を実現しています。ガタガタした道を走るときも、体に負担がかかりにくいでしょう。また、油圧ディスクブレーキを搭載しているので、泥道や雪の積もった道でもしっかりとブレーキを掛けることができます。
219,725 (税込)
219,725 (税込)
フレーム素材 アルミ
タイヤタイプ ブロック
ブレーキタイプ ディスク

FUJI(フジ)
シクロクロスバイク CROSS 1.3 2020モデル

参考価格: 186,114

軽量かつ高強度のフレームが特徴的

人気メーカーFUJIの定番モデルです。フレームには、通常のアルミより強度性の高い「A6-SLアルミニウム」を使用。軽量でありながら、耐久性も持ち合わせています。荒れた路面でも、軽快に走ることが可能です。レースにはもちろん、ツーリングにも使用することができます。
186,114 (税込)
186,120 (税込)
フレーム素材 アルミ
タイヤタイプ ブロック
ブレーキタイプ ディスク

シクロクロスバイクのスペック/価格比較表

商品画像
FUJI(フジ)
ANCHOR(アンカー)
kona(コナ)
kona(コナ)
SPECIALIZED (スペシャライズド)
MERIDA(メリダ)
商品名 シクロクロスバイク CROSS 1.3 2020モデル シクロクロス CX6D 105 2020モデル MAJOR JAKE 2020モデル シクロクロスバイク ROVE NRB DL 2020モデル CRUX ELITE 2020年 カーボン シクロクロス MISSION CX 400 2019年モデル
特徴 軽量かつ高強度のフレームが特徴的 高い振動吸収性を実現! 乗り心地◎11段変速機付きの自転車 クッション性のあるタイヤで悪路も楽に進める 高機能なコンポレートを採用したシクロクロスバイク 多目的シクロクロスバイク
フレーム素材 アルミ アルミ カーボン アルミ カーボン アルミ
タイヤタイプ ブロック ブロック ブロック スリック ブロック ブロック
ブレーキタイプ ディスク ディスク ディスク ディスク ディスク ディスク
商品リンク

様々な種類のおすすめ自転車特集

下記のリンクでは、クロスバイク以外の様々な種類の自転車を紹介しています。シクロクロスバイクと併せて購入して、用途に合わせて使い分けるのもおすすめです。

▼ミニベロ

安いミニベロを探そう!価格帯別に見るおすすめのミニベロ8選 - Best One(ベストワン)
安いミニベロを探そう!価格帯別に見るおすすめのミニベロ8選 - Best One(ベストワン)>>

▼シティサイクル

シティサイクルおすすめランキング15選|軽量でおしゃれなのは?27インチの人気商品も紹介! - Best One(ベストワン)
シティサイクルおすすめランキング15選|軽量でおしゃれなのは?27インチの人気商品も紹介! - Best One(ベストワン)>>

▼MTB(マウンテンバイク)

マウンテンバイクのおすすめ人気ランキング5選|通勤通学にも! - Best One(ベストワン)
マウンテンバイクのおすすめ人気ランキング5選|通勤通学にも! - Best One(ベストワン)>>

まとめ

ここまで、シクロクロスバイクのおすすめ商品をご紹介しました。耐久性の高いものや、デザイン性に優れなものなど様々なタイプのものがありましたね。もし、商品選びに迷った際はご紹介した選び方を参考にして、ご自身にピッタリのシクロクロスバイクを見つけてくださいね。
あなたにおすすめの記事
自転車・サイクリングランキング
関連記事
おすすめタグ