ガスライターのおすすめ人気ランキング7選|喫煙タイムを魅力的に

タバコやアウトドア、花火など、様々なシーンで使われるガスライター。使うシーンによって使いやすいタイプは異なりますが、あなたは適切な選び方ができていますか?この記事では、ガスライターの選び方のコツから、おすすめ人気ランキングまでをご紹介。あなたの使うシーンに適したガスライターを探してみてくださいね。

失敗しない!これだけチェック!

まずは、ガスライター選びで失敗しない、選び方のコツを4つご紹介します。使うシーンを想像しながらチェックしていきましょう。

着火方法1|シンプルな「フリント式」スイッチを押すだけ「電子式」

着火方法1|シンプルな「フリント式」スイッチを押すだけ「電子式」
出典:Amazon.co.jp
「フリント式」は、ヤスリを指で回転させて火花を起こし、ガスに着火させる方式です。シンプルな構造ゆえに壊れにくいため、毎日のように使う人におすすめです。「電子式」は、点火ボタンを押して高圧電気を流してガスに着火させる仕組み。フリント式のようにヤスリを回す手間がないうえに、ヤスリの交換は不要でガスの充填のみと便利です。

着火方法2|最も火力が強く、風にも強い「ターボ式」

花火やバーベキューなどで活躍する「ターボ式」は、「フリント式」や「電子式」に比べて火の勢いが強く、高温のタイプ。そのため、風が吹いても揺れたり消えたりしにくく、着火にストレスを感じにくい作りです。その火力から消費するガスの量が多く、頻繁にガスを充填する必要があります。お出掛け先で使う場合は、ガスも持ち歩きましょう。

充填方法|ライター用のガスボンベが通常。カセットガスが使えるものも!

ガスの充填には、ライター用のガスボンベを使用するのが一般的。ライターについたガス充填用の口に、ガスボンベの金口を差して充填します。しかし、専用ガスボンベは価格が割高なため、安価なカセットガスで充填できるガスライターが便利。カセットガスはガスライターのほかに、カセットコンロでも使用できるので、汎用性が高いのが特徴です。

用途|アウトドア用なら防風性に優れたものを

アウトドアで使用する場合は、風が吹いても火が消えにくいタイプを選びましょう。ターボ式は、ライター内部で一度燃焼させて火を出す仕組みです。着火時に風が当たらないので、火が付きやすく、防風性に優れています。火が複数の穴から出るタイプは火力が強まるため、風が吹いても消えにくく安定して使えるのが魅力です。

ガスライターの人気ランキング

ここからは、ガスライターの人気ランキングをご紹介します。各順位の商品の特徴を簡単にまとめましたので、使いやすいものを探してみてくださいね!

WINDMILL(ウインドミル)
ライター ジェットストリーム バーナーフレーム

3,080(税込)
2019年10月23日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

葉巻の着火に便利な高火力の電子式

電子式のライターですが、ターボライター以上の火の強さで、葉巻の着火に使いやすいガスライターです。炎が強いぶん、風にも強く、屋外でも使いやすい一品。すぐに火をつけたいときでも、ワンタッチで火がつくので、フリント式にはない便利さがあります。お値段はお手頃ですが、落ち着いた色合いとマッドな質感で、高級感を演出してくれます。
重量(g) 67.6g
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 3.3×1.4×6.3cm
着火方法 電子式

SAROME(サロメ)
ガスライター

5,813(税込)
2019年10月23日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

二箇所についたヤスリのローラーが使いやすい

クロコダイルの模様で、高級感漂う一品。薄いつくりで握りやすい形状です。ヤスリのローラーは、上下の二箇所に配置。手の大きさにあわせてお好み方を回せる、便利な一品です。炎の強さを調節するアジャスタは本体の底についており、表と裏に少し出っ張ったダイヤル式。爪で調整することなく、指で簡単に回せます。
重量(g)
サイズ(幅×奥行×高さ、cm)
着火方法 フリント式

RONSON(ロンソン)
ライター ロンジェット バーナーフレーム

3,779(税込)
2019年10月23日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

点火がスムーズで丈夫なボディ

指先で握ったときに、親指のくる部分が点火ボタンになっています。親指で軽く押すだけで、すぐに火がつき、点火がスムーズ。火は強めなので、屋外で使用するときも、安定した点火が可能です。つくりが丈夫で、口コミではたった2回の修理で10年使った方も。カラーは、落ち着きのある4種類から選べます。
重量(g) 63.8g
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 3.6×1.5×65cm
着火方法 電子式
型番:AWL-10

WINDMILL(ウインドミル)
ライター

3,990(税込)
2019年10月23日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

軽さと耐久性を兼ね備えたアルミ製ボディ

重さがわずか36gの超軽量タイプ。本体の素材をアルミニウムにすることで、軽さと耐久性を兼ね備えたつくりになっています。火は強風にも強く、屋外での使用もおすすめ。さらに防水仕様なので、アウトドアでも活躍する一品です。口コミでも、「強風でも火がつきやすい」「点火ボタンがソフトで押しやすい」と好評。
重量(g) 36g
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 3.9×1.3×7.4cm
着火方法 電子式

RONSON(ロンソン)
ライター クラシック

4,750(税込)
2019年10月23日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

回しやすい大きなローラーが特徴

本体のサイドに設置された大きなローラーが、ヤスリのローラーです。本体の高さとほぼ同じ大きさのローラーなので、手の大きさによらず、回しやすいつくり。一般的なフリント式ガスライターと同様に、火の力は弱めですが、ガスは長持ち。室内での使用がおすすめです。個性的なデザインがおしゃれと人気の一品。
重量(g) 53.6g
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 3.35×1.43×5.8cm
着火方法 フリント式

WINDMILL(ウインドミル)
ライター ビープ3

1,973(税込)
2019年10月23日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ガスの残量がわかりやすい透明のガスタンク

カーブのついたボディが、手の形にフィットしやすいつくり。見た目も一般的な四角いボディとは違う、おしゃれな印象が人気です。また、ガスタンク部分が透明になっているので、ガスの残量がわかりやすく、急にガスが切れる心配もありません。他の人と被らないデザインのものを探している人におすすめです。プレゼントにも良いですね。
重量(g) 36g
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 3.1×2×7.6cm
着火方法 電子式

CARAN d'ACHE
ガスライター カランダッシュ40

8,242(税込)
2019年10月23日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

超薄型×超軽量で収納性抜群

厚さ1cm以下の超薄型なうえに、重さは約50gと超軽量のガスライターです。小さなポーチや数本使ったあとのタバコの箱にも収まるので、携帯しやすいと人気。見た目は、男女ともに使えるシンプルなデザインかつ、高級感のある作りになっています。スイスの小物ブランド、「カランダッシュ」ならではのおしゃれなデザインですね。
重量(g) 54g
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 3.2×0.8×6.5cm
着火方法 フリント式

商品比較表

商品画像
CARAN d'ACHE
WINDMILL(ウインドミル)
RONSON(ロンソン)
WINDMILL(ウインドミル)
RONSON(ロンソン)
SAROME(サロメ)
WINDMILL(ウインドミル)
商品名 ガスライター カランダッシュ40 ライター ビープ3 ライター クラシック ライター ライター ロンジェット バーナーフレーム ガスライター ライター ジェットストリーム バーナーフレーム
特徴 超薄型×超軽量で収納性抜群 ガスの残量がわかりやすい透明のガスタンク 回しやすい大きなローラーが特徴 軽さと耐久性を兼ね備えたアルミ製ボディ 点火がスムーズで丈夫なボディ 二箇所についたヤスリのローラーが使いやすい 葉巻の着火に便利な高火力の電子式
価格 8,242(税込) 1,973(税込) 4,750(税込) 3,990(税込) 3,779(税込) 5,813(税込) 3,080(税込)
重量(g) 54g 36g 53.6g 36g 63.8g 67.6g
サイズ(幅×奥行×高さ、cm) 3.2×0.8×6.5cm 3.1×2×7.6cm 3.35×1.43×5.8cm 3.9×1.3×7.4cm 3.6×1.5×65cm 3.3×1.4×6.3cm
着火方法 フリント式 電子式 フリント式 電子式 電子式 フリント式 電子式
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる
ガスライターの選び方のコツと、人気のランキングをご紹介しました。デザインは、シンプルでスタイリッシュなものから、個性的なものまであり、見ているだけでも楽しめます。火の強さはタイプによって異なるので、屋内と屋外のどちらでよく使うのかを考えて選びましょう。今回の記事を参考に、より使いやすいガスライターを探してみてくださいね。

パパ・ママ・妊婦さん必見!Amazonファミリー

Amazonファミリーを利用すれば、おむつがいつでも15%off、またベビー用品の限定セールも利用できます。お子様がいる方は要チェックです。
Amazonファミリーの詳細&登録はこちら 》》
リンク:https://www.amazon.co.jp/gp/family/signup/welcome/ref=ss?tag=aajg-1490-22
あなたにおすすめの記事
関連記事