プリメインアンプのおすすめ人気ランキング7選|Bluetooth対応モデルも!

今日ではパソコンやテレビなどにも当たり前にアンプは内蔵されており、また、スピーカーに内蔵されているケースもあります。ですが、本格的なシステムを組むのであればやはりプリメインアンプは別で用意したいもの。そこで、今回は人気のプリメインアンプをランキング形式でご紹介します。

失敗しない!これだけチェック!

具体的に人気のプリメインアンプをご紹介する前に、選び方のポイントをチェックしておきましょう

入出力端子|デジタル入力対応だとハイレゾなどの音楽ソースが増える

プリメインアンプを購入する際に、最初にチェックしておきたいのが、入出力端子です。使用する予定の機器に対応しているかどうかを必ず確認しましょう。アナログ端子はもちろんのこと、デジタル入出力にも対応しているモデルであれば、ハイレゾなど、さまざまな音楽ソースを楽しむことができますよ。

トランジスタ|硬くてフラットな音が特徴。原音に近い音を再生したい向け

アンプにもさまざまなタイプのものがあります。オーディオアンプの場合は、大きく2つのタイプに分かれます。中でも、現在主流となっているのがトランジスタタイプです。ちょっと硬めで、かつフラットなサウンドが特徴となっており、原音に近い音を忠実に再生したい方におすすめです。

真空管|暖かく柔らかい音が特徴!レトロな見た目もインテリアとして◎

真空管アンプは、その名の通り、真空管によって音を増幅するタイプで、暖かく、柔らかいサウンドが特徴です。レトロなデザインのものが多い傾向にあり、インテリアアイテムとしても存在感があります。また、真空管アンプは繊細なため、取り扱いには注意が必要。使わないときはスタンバイ状態にしておくなど、注意点をしっかり守ることが重要です。

再生周波数帯域|入れ像対応なら高域再生性能が40kHz以上!

再生周波数帯域|入れ像対応なら高域再生性能が40kHz以上!
出典:Amazon.co.jp
音質や、表現能力をチェックする上で、しっかりと押さえておきたいのが再生周波数帯域です。この幅が広ければ、その分だけ広い帯域の音を再生することが可能になります。数字が小さければそれで低音を、そして数字が大きければその分だけ高音を広く再生できます。ハイレゾ対応なら40kHzを目安にチェックしましょう。

プリメインアンプの人気ランキング

失敗しない選び方のポイントをおさえたら、いよいよプリメインアンプの人気ランキングをチェックしていきましょう。それぞれを比較してみてくださいね。
型番:A-R630MKII-S

TEAC
ステレオプリメインアンプ

マルチに活躍!

システムにおけるプリメインアンプとしてはもちろんのこと、マイクミキシング機能なども搭載されており、カラオケの練習など、さまざまな用途で使用することができるマルチタイプです。フォノイコライザーアンプも搭載していることで、アナログレコードプレイヤーにも対応しています。
サイズ(cm) 53.39×44.81×24.79
重量(kg) 0.6
出力(W) 90+90
再生周波数帯域
消費電力(W)
型番:A-9110

オンキヨー
プリメインアンプ

プリメインアンプのスタンダードモデル

オーディオ機器メーカーの老舗として知られるオンキヨーのスタンダードプリメインアンプです。クラスを超えたハイグレードなパーツを随所に搭載しており、この価格帯とは思えないほどの高音質を体感できます。独自開発の低音増強技術によって、迫力の重低音を楽しめるのもうれしいポイント。
サイズ(cm) 33×43.5×12.9
重量(kg) 7
出力(W) 50+50
再生周波数帯域 10~100000
消費電力(W) 100
型番:PE-W51SCDB-M

ケンウッド
ポータブルワイヤレスアンプ

CDプレイヤーも搭載

直接マイクを接続して使用することができるマルチアンプです。CDプレイヤーも搭載されており、これ一台でカラオケなども楽しむことができます。コンパクトなサイズながら、25Wと出力は十分。内蔵スピーカーはもちろんのこと、外部スピーカーを接続して使用することも可能です。
サイズ(cm)
重量(kg)
出力(W) 25
再生周波数帯域
消費電力(W)
型番:A-S501

ヤマハ
プリメインアンプ

あらゆる音源を忠実に再現!

音楽信号の流れに忠実であることにこだわった、ヤマハ伝統のピュアオーディオ思想で設計されたプリメインアンプです。音の純度を高めるピュアダイレクトスイッチも搭載されており、ワンタッチで好みの音質の選択が可能。ローノイズ化も徹底しており、よりクリアなサウンドが楽しめます。
サイズ(cm) 38.7×43.5×15.1
重量(kg) 10.3
出力(W) 85+85
再生周波数帯域
消費電力(W)
型番:PMA-390RE-K

デノン
プリメインアンプ

コストパフォーマンス抜群のエントリーモデル

高級オーディオでも知られるデノン製のエントリーモデルですが、メーカー独自の高音質技術によって、クラスを超えた迫力のサウンドと高音質を実現しています。人間の可聴帯域を遙かに超えるオーディオ信号を収録したハイパーオーディオCDや、ハイサンプリングメディアの再生も可能。コストパフォーマンス抜群です。
サイズ(cm) 30.81×43.41×12.09
重量(kg) 8.54
出力(W) 50+50
再生周波数帯域 5~100000
消費電力(W)
型番:PMA-60-SP

デノン
プリメインアンプ

多彩な入力に対応!

各種デジタル入力をはじめ、USB-BやBluetoothなど、多彩な入力に対応したマルチタイプのプリメインアンプです。ハイレゾ音源をはじめとする、高音質音楽ソースにも対応しています。ヘッドホンアンプも搭載されており、さまざまな形で音楽を楽しみたいという方におすすめです。
サイズ(cm) 20×8.6×25.8
重量(kg) 2.7
出力(W) 25+25
再生周波数帯域
消費電力(W)
型番:STR-DH190

ソニー
ステレオアンプ

多彩な機能を誇るハイコストパフォーマンスモデル

4系統のライン入力、そしてフォノ入力、さらにワイヤレスのBluetoothにも対応しており、さまざまな機器と接続できるマルチタイプのステレオアンプ。高い剛性を実現した新デザインのシャーシによって、従来のモデルよりも豊かな量感と歯切れの良い音質を実現。より音質にこだわりたい方におすすめです。
サイズ(cm) 28.9×43×13.3
重量(kg) 6.9
出力(W)
再生周波数帯域
消費電力(W)

商品比較表

商品画像
ソニー
デノン
デノン
ヤマハ
ケンウッド
オンキヨー
TEAC
商品名 ステレオアンプ プリメインアンプ プリメインアンプ プリメインアンプ ポータブルワイヤレスアンプ プリメインアンプ ステレオプリメインアンプ
特徴 多彩な機能を誇るハイコストパフォーマンスモデル 多彩な入力に対応! コストパフォーマンス抜群のエントリーモデル あらゆる音源を忠実に再現! CDプレイヤーも搭載 プリメインアンプのスタンダードモデル マルチに活躍!
サイズ(cm) 28.9×43×13.3 20×8.6×25.8 30.81×43.41×12.09 38.7×43.5×15.1 33×43.5×12.9 53.39×44.81×24.79
重量(kg) 6.9 2.7 8.54 10.3 7 0.6
出力(W) 25+25 50+50 85+85 25 50+50 90+90
再生周波数帯域 5~100000 10~100000
消費電力(W) 100
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
今回は、プリメインアンプの選び方や人気ランキングをご紹介しました。ランクインした商品から、貴方に合うものは見つかりましたか?選び方のポイントを参考に、日常的に使いたくなるプリメインアンプを探してみてくださいね!
おすすめ記事
おすすめタグ