センタースピーカーのおすすめ人気ランキング8選|迫力あるサウンドを楽しもう

スマホやタブレットなどで映画や音楽などを楽しんでいる人も多いかと思いますが、自宅では本格的なAVシステムで高音質を楽しみたい、と思うことはありませんか?AVシステムの中でも特にサウンドに大きな影響を与えるのがセンタースピーカーです。今回は人気のモデルをランキング形式でご紹介します。

失敗しない!これだけチェック!

具体的に人気のセンタースピーカーをご紹介する前に、選び方のポイントをチェックしておきましょう。

サイズ|大きくなるほど低音再生能力と高音質がUP!置き場所も考えよう

センタースピーカーを購入する際に、最初にチェックしたいのがサイズです。一般的には、サイズが大きくなるほどに低音の再生能力は高く、そして音質も向上する傾向にあります。ただ、あまりに大きすぎると室内で自由にレイアウトすることができませんので、部屋の広さも考えて選びましょう。

フルレンジ|コンパクトなサイズ感が魅力

センタースピーカーにはいくつかのタイプがあります。中でも、もっともシンプルなのがフルレンジです。こちらは1つのユニットだけで精製するタイプのもので、ユニットが少ない分、サイズもコンパクトです。置き場所が限られている場合や、システムをコンパクトにまとめたい際などにおすすめです。

2WAY|迫力あるサウンドを楽しめる定番タイプ

2WAY|迫力あるサウンドを楽しめる定番タイプ
出典:Amazon.co.jp
センタースピーカーの中でも、もっとも定番となっているのが2WAYのタイプ。高音用と低音用にそれぞれ独立したユニットで再生するため、より迫力のあるサウンドを楽しむことができます。定番だけあって、価格帯も広く、選択肢がとても多いので最初にチェックしておきたいタイプです。

3WAY|2WAYを超える広帯域再生が可能に

2WAYよりもさらに広い帯域の再生が可能なのが3WAYタイプです。こちらは高音と低音だけでなく、中音も独立したユニットで鳴らすタイプで、さらに音質や迫力、臨場感を求める方におすすめです。ただ、ユニットの数が多い分だけサイズが大きくなってしまうので、置き場所が限られている場合は注意が必要です。

センタースピーカーの人気ランキング

失敗しない選び方のポイントをおさえたら、いよいよセンタースピーカーの人気ランキングをご紹介しましょう。各商品のスペックをなどを比較して、より自分に合ったものを探してくださいね。
型番:S-LM2

パイオニア
センタースピーカー

置き場所に困らないコンパクトサイズ

さまざまな場所に設置することができるコンパクトサイズながら、高耐入力を実現したセンタースピーカーです。音質の劣化を防ぐとともに、内部定在波の発生を軽減させるラウンドフォルムを採用。また、2WAYタイプなので、幅広い音域を忠実に再生してくれるのもうれしいポイントです。
サイズ(cm)
重さ(kg) 2.9
タイプ 2WAY
再生周波数帯域
最大入力/許容入力(W) 150
型番:NS-500

ヤマハ
センタースピーカー

ハイレゾ音源対応の高品質タイプ

オーディオメーカーの老舗として長い歴史を誇るヤマハのセンタースピーカーです。ハイレゾ音源にも対応しており、幅広い音域の再生が可能となっています。外装には黒鏡面ピアノフィニッシュが施されており、非常に高級感があるので、さまざまなシステムやインテリアにマッチします。
サイズ(cm) 44.5×15.8×15.9
重さ(kg) 4.7
タイプ
再生周波数帯域 55~50000
最大入力/許容入力(W) 160/40
型番:D-35M

オンキヨー
センターサラウンドスピーカーシステム

レイアウトフリーで使いやすい

センタースピーカーとしてはもちろんのこと、サラウンドスピーカーとしても使用することができるコンパクトサイズのフルレンジスピーカーです。縦置き、横置きの両方に対応しており、あらゆるレイアウトを楽しめます。背面スタンドの取付部も4箇所設けられているので、好み合わせて高さを調整できるのも使いやすいですね。
サイズ(cm) 16.9×7.8×10.8
重さ(kg) 0.7
タイプ フルレンジ
再生周波数帯域
最大入力/許容入力(W) 20
型番:NS-C210

ヤマハ
センタースピーカー

リーズナブルでTV用にもぴったり!

リーズナブルな価格帯のエントリーモデルですが、人気オーディオメーカーとして知られるヤマハ製だけあって、しっかりと高音質を楽しむことができます。スリムなデザインで、テレビ用のスピーカーとしてもおすすめ。広いレンジの音を再生でき、ピュアオーディオにも使用できます。
サイズ(cm) 34×10.5×13.2
重さ(kg) 2
タイプ
再生周波数帯域 65~45000
最大入力/許容入力(W) 40/120
型番:D-077C

オンキヨー
センタースピーカーシステム

あらゆるシステムにマッチする万能選手

人気のスリムなバータイプのセンタースピーカーです。全面駆動型ユニットのクラストロンドライバーを採用。さらにキャビネット素材に剛性の高いアルミ素材を採用することによって、不要な共振などによる音質劣化を防いでくれます。あらゆるシステムにマッチする使いやすさが魅力です。
サイズ(cm) 35.7×6.3×70.5
重さ(kg) 0.5
タイプ 2WAY
再生周波数帯域 150~35000
最大入力/許容入力(W) 40
型番:SC-C37-K

デノン
センタースピーカー

艶やかな音声をアウトプット

オーディオ機器専門メーカーとして知られるデノン製センタースピーカー。艶やかな音声を再生するソフトドームツィーターや、広い音域にわたって正確なピストンモーションを実現するD.D.L.コーン・ウーファーユニットを採用。バランスに優れた高品質なサウンドを楽しみたい方におすすめです。
サイズ(cm) 32×10×17.8
重さ(kg) 2.5
タイプ 2WAY
再生周波数帯域 50~60000
最大入力/許容入力(W) 80/160
型番:D-509C

オンキヨー
センタースピーカーシステム

機能性重視ならこれ!

高品質なオーディオメーカーとして人気のオンキヨー製のセンタースピーカーユニットです。音の芯が太く、鮮明で忠実な再生を実現してくれるため、テレビ用にはもちろんのこと、ピュアオーディオにもぴったりです。高域・中域・低域のバランスもとても良く、さまざまな用途で使用できます。
サイズ(cm) 50×16.4×17.6
重さ(kg) 5.9
タイプ 2WAY
再生周波数帯域 65~10000
最大入力/許容入力(W) 150
型番:SS-CS8

ソニー
2ウェイ・スピーカーシステム

ソニーの技術を凝縮した高品質モデル

独自開発のユニットに、素直で癖のない高域を実現するソフトドームツィーター、MRC(発泡マイカ)素材を採用したウーファーユニットなど、ソニーの高音質技術を惜しみなく注ぎ込んだセンタースピーカーです。使用しているパーツはどれも厳選されたもので、アンプから入力された音楽信号を損なうことなく、高音質で楽しめます。
サイズ(cm)
重さ(kg)
タイプ 2WAY
再生周波数帯域
最大入力/許容入力(W)

商品比較表

商品画像
ソニー
オンキヨー
デノン
オンキヨー
ヤマハ
オンキヨー
ヤマハ
パイオニア
商品名 2ウェイ・スピーカーシステム センタースピーカーシステム センタースピーカー センタースピーカーシステム センタースピーカー センターサラウンドスピーカーシステム センタースピーカー センタースピーカー
特徴 ソニーの技術を凝縮した高品質モデル 機能性重視ならこれ! 艶やかな音声をアウトプット あらゆるシステムにマッチする万能選手 リーズナブルでTV用にもぴったり! レイアウトフリーで使いやすい ハイレゾ音源対応の高品質タイプ 置き場所に困らないコンパクトサイズ
サイズ(cm) 50×16.4×17.6 32×10×17.8 35.7×6.3×70.5 34×10.5×13.2 16.9×7.8×10.8 44.5×15.8×15.9
重さ(kg) 5.9 2.5 0.5 2 0.7 4.7 2.9
タイプ 2WAY 2WAY 2WAY 2WAY フルレンジ 2WAY
再生周波数帯域 65~10000 50~60000 150~35000 65~45000 55~50000
最大入力/許容入力(W) 150 80/160 40 40/120 20 160/40 150
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
今回はセンタースピーカーの人気ランキングをご紹介しました。各タイプのメリットやサイズ感など、チェックすべきポイントをおさえることで、より音を楽しめるモデルが見つかるはず。初心者の方は、人気メーカーのモデルから選ぶのも良いですね。記事を参考に、大好きな音楽をより豊かに楽しめる、素敵なセンタースピーカーを探してみてくださいね!
おすすめ記事
おすすめタグ