携帯ウォシュレットおすすめ人気ランキング10選|使い方簡単!用途に合ったタイプ選びを

外出先や旅先でウォシュレット(洗浄便座)が無くて困ったことはありませんか?そんなときには、携帯ウォシュレットが便利です。しかし、自分に合ったものはどれなのか、選ぶのは難しいかもしれません。今回はおすすめの携帯ウォシュレットをランキング形式でご紹介します。ぜひあなたにぴったりの携帯ウォシュレットを見つけてくださいね。

失敗しない!これだけチェック!

それではまず、携帯ウォシュレットの選び方についてご紹介します。水タンクのタイプや噴射方法など、しっかりと要点を押さえて商品を選んでいきましょう。

タンク型|比較的コンパクトで、本体に水を入れて使用する

本体に水を入れて使用するタンク型。携帯に便利なようにコンパクトに作られている分、水の容量は大抵100~200mlほどです。ノズルや本体などがタンクと一体となって収納できるので、持ち運びがしやすいのが特徴。大量の水を必要としない方は、タンク型で充分かもしれませんね。

ペットボトル型|容量が大きく、キャップをつけるだけで使用できる

ペットボトル型|容量が大きく、キャップをつけるだけで使用できる
出典:Amazon
ペットボトルをつないで使用する方式なので、水を入れる容量が多いです。たくさんの水を使いたい方は、ペットボトル型がおすすめ。海外など旅行に行く場合、現地でペットボトルを入手することができるので便利です。ただし、海外では硬水が多いので、本体に目詰まりを起こさないよう、フィルター付きをおすすめします。

電動式|ボタン1つで使用でき、水圧の強弱が操作できるものも

電池を入れてボタン1つで使用できる電動式は、水圧の強弱を操作できるので便利。また、手動式と違って、握力が必要ないのでとても楽です。電池寿命も、50回から100回以上の使用が可能なので、たくさん使えます。ただし、手動式などと比べて、お値段は少し高めになってしまうので注意が必要です。

手動式|ボトル部分を手でつぶして水圧を調節ができ、赤ちゃんや介護にも◎

手軽に使うなら手動式です。ボトル部分を手でつぶすだけで、水圧も自分で調節ができます。手動式だと価格も低めの事が多いので、はじめて使うなら、はじめは手動式の物を選ぶと良いかもしれません。また、電池も必要がないので、災害時にも最適なのが手動式です。ぜひ、握りやすい手動式タイプを選んでみてくださいね。

加圧式|ポンプで圧力をかけて、電動式と同じくらいの水圧で使用できる

手動式と違いポンプで圧力をかけて電動式と同じような水圧で使用できるのが加圧式です。手動式では疲れてしまうという方は、この加圧式を選ぶと楽に使用することができるかもしれません。使い心地も良く汚れも落ちやすくなるので、電動式以外を選ぶなら、加圧式というのも良い選択なのかもしれません。

バネ式|バネの反動で電動式と同じくらいの水圧があり、お手頃価格

加圧式と同じく電動式と同じくらいの水圧があるのは、バネ式も同じです。電動に頼らないので、価格もお手頃なものが多いです。手動式は疲れるという方で、電動式に頼らず水圧を出したいという方は、加圧式と同じく、ダイヤルを回してバネの動力をためる「バネ式」も視野に入れておくと良いでしょう。

容量|軽く洗うならタンク型、長時間使用するならペットボトル型

人によってウォシュレットで使いたい水の量は違うのかもしれません。少しで充分なのか、たくさん使いたいのか。それは、使ってみるとわかるのかもしれません。少なくても済むという方はタンク型がおすすめですが、それではちょっと足りないという方は、ペットボトル型がおすすめです。使ってみて判断してみてくださいね。

携帯ウォシュレットの人気ランキング

いよいよここから、おすすめの携帯ウォシュレットをご紹介します。ランキングを参考に、あなたに合った携帯ウォシュレットを見つけてくださいね。

加圧式シャワーウォッシュ

電池不要で携帯のしやすさが魅力

加圧式なので電池不要で握力も不要。電池切れの心配が無く、どこでも使えるので、1つ持っておいて損はないかもしれません。車に入れておけば旅先で、非常持出袋に入れておけば、災害時にも役に立ちます。ただし、容量は100mlなのでたくさん使いたい方は物足りないかもしれません。
タイプ タンク型
噴射方法 加圧式
容量(ml) 100

TONELIFE
携帯用お尻洗浄器

たっぷり多めの450mlタンク

電池不要の手動式。タンクはたっぷり多めの450mlなので、たくさん使いたい方には良いでしょう。本体は30gで旅行収納袋つきなので、持ち運びにも困りません。丸洗いができるので、衛生的です。普段使いから旅行用、災害時用、キャンプ、出張用など、様々な用途にご利用できます。
タイプ タンク型
噴射方法 手動式
容量(ml) 450
型番:GX1586

KVVJVV
携帯ウォシュレット

スタイリッシュで大容量の電動型

見た目がスタイリッシュで、一見携帯ウォシュレットとわからないスリムでおしゃれなデザインです。電動式ですが低騒音化設計なので、周囲や隣の個室に気にせず、ご使用いただけます。水の勢いも強弱切り替えができ、ノズルの角度も自由に動かせて便利です。単4形アルカリ電池を2個使用して駆動します。
タイプ タンク型
噴射方法 電動式
容量(ml) 150
型番:3531

小久保工業所
BotLLet 携帯用おしり洗浄具

ペットボトルがあればすぐに使える

ペットボトルに付けるだけで、簡単に携帯用のウォシュレットとして利用できる、おしり洗浄具です。ペットボトル装着型なので大きさはとても小さいです。ノズルをペットボトル側に収納できるので、ペットボトルを装着した状態の時でもコンパクトに持ち運べます。外出先や旅行先での赤ちゃんのおむつ交換や、介護にもおすすめ。
タイプ ペットボトル型
噴射方法 手動式
容量(ml)

Viaes(ビアエス)
おしり洗浄機

コスパが良い電動タイプ

生産は国内でコスパも抜群。安いのにメーカー保証が付いて安心です。中身が見えない専用袋付きなので、どこでも持っていけます。海外の水でも目詰まりしない、フィルター付き。ゴミが詰まった時の交換用に予備ノズル1個も付属します。単4電池が2個ついているので、すぐ使えるのもポイント。
タイプ タンク型
噴射方法 電動式
容量(ml) 140
型番:PW-100WT

Timin
携帯ウォシュレット

音が静かで周囲を気にしない

単4電池2本(別売)で駆動する電動式です。洗浄の強さをHIGH(強)とLOW(弱)の2段階の水圧調整機能付き。60秒洗浄でオートオフ機能が付いています。電池使用可能寿命はLOWで約180回、HIGHで約120回なので、たくさん使っても安心です。使わないときには本体をタンクに収納するのでコンパクトです。音も静かな設計も嬉しいですね。
タイプ タンク型
噴射方法 電動式
容量(ml) 140
型番:BB-317

LEC(レック)
携帯用おしりウォッシュ ソフト

ノズル切り換え機能で好みに合わせて

たっぷりめの180mlの容量。タンクを押して使用する手動式なので電池いらず。音や電池の心配もなく軽量、低価格なので、はじめての方には試しやすいです。丸洗いもできるので衛生的です。ノズルの先は回すだけで「1穴式」と5穴の「シャワー式」のどちらかに切換えられる仕様になっています。
タイプ タンク型
噴射方法 手動式
容量(ml) 180
型番:SP170

シュピューラージャパン
携帯おしり洗浄器

壊れにくく頑丈な作り

構造が単純で壊れにくく、すべての部品が日本で製造しているので、丈夫です。パーツの精度が高く、水漏れ・ゆるみが抑えられ何度でも繰り返し使用可能で、耐用年数は5年と長持ちです。ノズルから出る水流はキリモミ状にまっすぐ強く飛ぶので、少ない水で洗浄することができます。
タイプ タンク型
噴射方法 手動式
容量(ml) 170
型番:DL-P300-R

Panasonic(パナソニック)
ハンディ・トワレ

タンク・ペットボトルのどちらも使える

華やかなカラーでお気に入りの色が選べ、コンパクトでおしゃれなデザイン。ストラップがついて持ち運びが楽々です。アダプターを使ってペットボトルに接続も可能なので、付属のタンク容量では水が足りない方にもたっぷりお使いいただけます。ノズルを付け替えて洗い心地も選べて便利です。
タイプ タンク・ペットボトル併用型
噴射方法 電動式
容量(ml) 130
型番:YEW350

TOTO
携帯ウォシュレット

容量たっぷりのタンクを折りたたんで持ち運べる

こちらは大容量の180mlです。しかも、タンクは普段持ち運ぶときには小型に折りたたまれていてコンパクト、使用するときにはタンクをワンタッチで広げることができる手軽さ。持ち運びできるストラップ付きで携帯ポーチも1個付属します。単3型乾電池1個で駆動する優れものです。
タイプ タンク型
噴射方法 電動式
容量(ml) 180

商品比較表

商品画像
TOTO
Panasonic(パナソニック)
シュピューラージャパン
LEC(レック)
Timin
Viaes(ビアエス)
小久保工業所
KVVJVV
TONELIFE
商品名 携帯ウォシュレット ハンディ・トワレ 携帯おしり洗浄器 携帯用おしりウォッシュ ソフト 携帯ウォシュレット おしり洗浄機 BotLLet 携帯用おしり洗浄具 携帯ウォシュレット 携帯用お尻洗浄器 加圧式シャワーウォッシュ
特徴 容量たっぷりのタンクを折りたたんで持ち運べる タンク・ペットボトルのどちらも使える 壊れにくく頑丈な作り ノズル切り換え機能で好みに合わせて 音が静かで周囲を気にしない コスパが良い電動タイプ ペットボトルがあればすぐに使える スタイリッシュで大容量の電動型 たっぷり多めの450mlタンク 電池不要で携帯のしやすさが魅力
タイプ タンク型 タンク・ペットボトル併用型 タンク型 タンク型 タンク型 タンク型 ペットボトル型 タンク型 タンク型 タンク型
噴射方法 電動式 電動式 手動式 手動式 電動式 電動式 手動式 電動式 手動式 加圧式
容量(ml) 180 130 170 180 140 140 150 450 100
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
携帯ウォシュレットの選び方と、人気の商品をランキング形式でご紹介してきました。タンク型とペットボトル型と容量の違いのほかに、手動式、加圧式、電動式の違いがポイントでしたね。今回のランキングを参考にして、あなたのライフスタイルに合った携帯ウォシュレットを見つけてください。
おすすめ記事
おすすめタグ