太さや素材で比較!アコースティックギター弦のおすすめ4選

BestOne編集部

アコースティックギターの弦交換の方法や、ゲージ(太さ)・素材による音の違いについて解説。マーチン、ダダリオ、ギブソン、エリクサーといったメーカーからおすすめの弦も紹介しいます。

この記事に登場する専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
アコースティックギター弦はエレキギターとは違う?
弦の張り替え時期、方法やポイントは?
アコースティックギターの弦の種類は?
アコースティックギターの弦はどのように選べばいいの?
おすすめのアコースティックギター弦
弦を長持ちさせるために必要なアイテム
アコースティックギター弦の人気ランキングもチェック!
おわりに
この記事に登場した専門家

アコースティックギター弦はエレキギターとは違う?

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
結論から言うと、アコースティックギター用の弦とエレキギター用の弦は違います。主な違いは素材。

エレキギターはマグネティックピックアップを使って音を拾うという特性上、磁力への反応性の強いニッケルやステンレスが使われます。

一方アコースティックギター用の弦はブロンズ、フォスワーブロンズと呼ばれる素材により構成されます。

また、ゲージの設定も大きく異なり、エレキギター用の弦に比べるとアコースティックギター用の弦は太めの傾向があります。

弦の張り替え時期、方法やポイントは?

音が変わったら? 弦が錆びたら? 弦を張り替える時期

弦を張り替える時期はプレイヤーによって異なる部分ではありますが、プロギタリストの場合は1ステージもしくは2ステージごとに張り替える方が多いようです。1ステージにつき、通しのリハーサルが1回で考えると、2時間を2~4回、つまり4~8時間と言えます。

アコースティックギターの特性上シンガーのバックで演奏することが前提となることが多くなりますが、その場合には弦の倍音成分やきらびやかさが非常に重要な要素です。「弦が錆びたら」「弦が切れたら」ではなく、あくまでサウンドを基準にする必要があるでしょう。

ボールエンドに一工夫

アコースティックギターの場合にはエレキギターとは異なり、金属よりも柔らかい木材ブリッジとブリッジピンで弦を固定します。この部分で問題が出やすいのは、弦を巻き上げて張力を上げていった時にブリッジピンが浮いてきてしまうことでしょう。

この原因としてはブリッジピンの打ち込みが甘かったり、ブリッジピンが磨耗してしまっていたりすることもありますが、弦の留め方に問題があることもあります。具体的には、ボールエンド部分をネック側に折り曲げてボディに密着するようにすると、ブリッジピンの浮きを防ぐことに繋がります。

ペグへの巻きつけでサウンドを微調整

ブリッジピン部分を問題なく取り付けられたら、残りの関門はペグへの巻きつけ。ペグへの巻き数もプレイヤーの好みによるところですが、巻けば巻くほどチューニングの不安定さにつながり、巻かなすぎるとサウンドに腰がなくなり弦が外れてしまうこともあります。

また、ペグの下側へ巻きつけていけばいくほどに、ナットを垂直方向で押さえつける力が強くなり、より強いテンション感が得られます。もっとも、ほとんどのアコースティックギター弦は角度つきヘッドのデザインを採用しているので、段つきヘッドに比べるとこの要素が与える影響は少ないと言えるかもしれません。

アコースティックギターの弦の種類は?

力強い低中域が魅力のブロンズ弦

低音弦側に使われる巻き弦の外側に使われる素材にはいくつかの種類がありますが、ブロンズ弦はアコースティックギター用の弦としては、フォスファーブロンズ弦と並んでポピュラーなマテリアルです。

ブロンズといっても銅100%ではなく、銅とスズを混ぜ込んだ合金。低域から中域にかけて力強いサウンドが特徴的で、フォスファーブロンズ弦に比べるとよりフラットな音質です。大きな癖がないためにサウンドメイクが容易で、扱いやすい弦と言えるでしょう。

きらびやかなプレゼンス成分が魅力のフォスファーブロンズ弦

フォスファーブロンズ弦は、ブロンズ弦のマテリアルをベースにリンをわずかに加えたものです。ブロンズ弦よりもわずかに赤みがかっているのが特徴的で、その違いは比較すれば一目瞭然です。

低域から中域にかけてのパンチが特徴のブロンズ弦に対して、フォスファーブロンズ弦はよりきらびやかで、豊富なプレゼンス成分を含んでいると言えます。ブロンズ弦に比べてわずかに値段は高価。また、スタンダードとして標準でフォスファーブロンズ弦を採用しているメーカーも多いように感じます。

長持ちで高い経済性を持つコーティング弦

エリクサーに代表されるコーティング弦は、その名の通り弦の表面を特殊な素材によりコーティングしたものです。同じゲージでノンコーティング弦とコーティング弦を比較すると、コーティング弦の方がわずかにテンション感が強く感じられると思います。

サウンドは少し落ち着きのあるエレガントな印象。突き抜けるようなプレゼンス成分は持たないものの、長い期間において大きく変化、劣化しないサウンドは魅力的でしょう。

アコースティックギターの弦はどのように選べばいいの?

サウンドで選ぶ

アコースティックギター弦に使われる素材には、ブロンズ合金とフォスファーブロンズ合金があります。

言わずもがな、これらは大きくサウンドが異なります。サウンドの根幹、ベースは素材に依存する部分が大きいためにこの選択はとても重要です。

また、ゲージによってもサウンドは大きく異なります。太いゲージを使えば低音域にはパンチが出てパワフルなサウンドが、細いゲージを使えばセンシティブできらびやかなサウンドが得られます。

ゲージで選ぶ

弦の選び方で重要なのはサウンドの質だけではありません。ゲージの変化はプレイヤビリティに大きな影響を与えるため、演奏をしやすくするために、ゲージを変更するのは有効な手でしょう。

弦が細くなればなるほどに弦を押さえる左手にかかる負担は減り、より楽に演奏することが可能になるでしょう。逆に弦が太くなればなるほどに押さえるのに必要な力は増えます。

負担の少ない演奏性が必要なライブやセッションではライトゲージ、サウンドを重視したいレコーディングではヘヴィゲージ、という使い分けをするギタリストもいます。

おすすめのアコースティックギター弦

Martin SP ACOUSTIC

MSP-4100 Light .012-.054

アコースティックギターの名門メーカー・マーチンは、ギターのみならず、弦の製造も手がけており、ギター同様に世界中のギタリストから高い評価を獲得しています。

本商品はマーチンSPアコースティック弦と呼ばれるモデルで、アコースティックギター用の弦としては最もポピュラーなものと言っても過言ではありません。フォスファーブロンズをマテリアルにしたモデルなので、きらびやかな特徴を持ちます。また、弦振動にはよどみがなく、結果的にギターはよく鳴り、クリアな音質を与えてくれます。
型番:‎MSP4100

Martin アコースティックギター弦 SP ACOUSTIC (92/8 Phospher Bronze) MSP-4100 Light .012-.054

参考価格: 4,550

タイムセール祭り!2/5(日)23:59まで!!

7,979円  43%OFF
4,550 (税込)

毎月5日、15日、25日は+4%戻ってくる!

10,602 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2023年2月4日 07:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年2月2日 06:58時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

D'Addario 85/15アメリカンブロンズ

EZ910

ギター・ベース用のストリングスメーカーとしては世界最大手のダダリオ。

本商品はダダリオのアコースティックギター弦として高く評価されるモデルです。最も大きな特徴は、通常のブロンズ弦とは異なるマテリアルの配合比。

多くのメーカーはブロンズ弦のマテリアルには、銅:スズ=80:20の割合の合金を使用しますが、本商品においてはそれが85:15と異なります。これにより、よりブライトなトーンが特徴的なサウンドが得られます。品質も高く、正確な音程と弦振動をもち、張られたギターの魅力を最大限に引き出してくれるでしょう。
型番:EZ910

D'Addario アコースティックギター弦 85/15アメリカンブロンズ Light .011-.052 EZ910

口コミ・レビュー総合評価
4.60
(15件)
参考価格: 1,000

タイムセール祭り!2/5(日)23:59まで!!

1,000 (税込)

お買い物マラソン&5と0のつく日はポイント5倍!

648 (税込)

毎月5日、15日、25日は+4%戻ってくる!

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2023年2月4日 07:45時点 rakuten.co.jp: 2023年2月4日 22:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年2月2日 06:58時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Gibson Masterbuilt Premium

SAG-MB11

エレキギター、エレキベース、アコースティックギター、と様々な弦楽器のマニュファクチャーとして圧倒的な支持を集めるギブソンですが、弦の製造も行っており、そちらでも高い評価を獲得しています。

本モデルはフォスファーブロンズを素材にした弦です。1本1本の分離感が良く、端正なバランス感覚を持ちながらもサウンドには力強さがあり、ギブソンのアコースティックギターにも通じる性質を確かに感じます。
型番:‎SAG-MB11

Gibson アコースティックギター弦 Masterbuilt Premium ウルトラライトゲージ 011-052 SAG-MB11

参考価格: 1,200

タイムセール祭り!2/5(日)23:59まで!!

1,200 (税込)

お買い物マラソン&5と0のつく日はポイント5倍!

1,046 (税込)

毎月5日、15日、25日は+4%戻ってくる!

1,272 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2023年2月4日 07:45時点 rakuten.co.jp: 2023年2月4日 22:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年2月2日 07:15時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Elixir アコースティック フォスファ―ブロンズ NANOWEBコーティング

#16052

エリクサーがコーティング弦を発表した1997年以降、それまでの弦の常識はひっくり返ってしまったほどに、コーティング弦は画期的な発明でした。

コーティング弦は高価ですが、ノンコーティング弦に比べて3~5倍ほどの寿命を持ち、長期間で見るとはるかに経済的であると言えます。特にツアーミュージシャンからの信頼は厚く、長いツアーの中でも高い耐摩耗性を持つエリクサーであれば、変わらないサウンドでステージを支えてくれます。
型番:‎16052

Elixir アコースティックギター弦 NANOWEB フォスファーブロンズ Light .012-.053 #16052

参考価格: 1,900

タイムセール祭り!2/5(日)23:59まで!!

2,073円  8%OFF
1,900 (税込)

お買い物マラソン&5と0のつく日はポイント5倍!

2,178 (税込)

毎月5日、15日、25日は+4%戻ってくる!

2,186 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2023年2月4日 07:46時点 rakuten.co.jp: 2021年10月14日 10:01時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年2月2日 07:15時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

弦を長持ちさせるために必要なアイテム

弦用クリーナー

ghs FAST FRET

レッドホットチリペッパーズのフリーが愛用している弦のメーカーとして有名なghsが販売しているのが弦専用のクリーナー・潤滑剤のFAST FRETです。

一般的に潤滑剤というとスプレータイプのものが想像されますが、本商品であれば弦のみに成分を塗布することが可能で、指板に余計な影響を与えることがありません。実際に私のベースショップではメンテナンスの最後にはFAST FRETによる仕上げを行っています。

ghs FAST FRET/ファスト・フレット 弦用クリーナー A87

口コミ・レビュー総合評価
4.54
(63件)
参考価格: 1,610

タイムセール祭り!2/5(日)23:59まで!!

1,715円  7%OFF
1,610 (税込)

お買い物マラソン&5と0のつく日はポイント5倍!

1,078 (税込)

毎月5日、15日、25日は+4%戻ってくる!

1,155 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2023年2月4日 07:46時点 rakuten.co.jp: 2023年2月4日 22:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2023年2月2日 07:15時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

アコースティックギター弦の人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: アコースティックギター弦 の中で最も人気のある商品です>>
【楽天市場】アコースティックギター弦 | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>

おわりに

ギター本体にはこだわるけど弦にはこだわらない、なんていう方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いではないでしょうか。

マイクを通す機械がエレキギターよりも格段に短いアコースティックギターの場合、弦こそがサウンドの根幹であり、サウンドに与える影響は大きく、非常に重要な要素と言えます。

メーカー、マテリアル、ゲージと弦の要素は多くありますが、そのどれもが吟味するのに値するものです。こだわりを持って自分だけのモデルを探してください。

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
企画・制作:BestOne編集部

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

あなたにおすすめの記事