木製ロフトベッドのおすすめ人気ランキング6選|子供部屋にも!

木製ロフトベッドは安定性が高く、子供用ベッドにもおすすめです。しかし、商品の種類が多くて、どれを買えばよいのか分からなくなってしまいますね。そこで、木製のロフトベッドの選び方や人気ランキングをまとめました。ランキングではおすすめポイントも紹介していますので、購入時の参考にしてくださいね。

失敗しない!これだけチェック!

まずは、木製ロフトベッドのチェックポイントをおさえましょう。ロフトベッドの高さに加えて、仕様にも注目してください。

タイプ1|高さ170cm以上で「座高+90cm」が目安「ハイタイプ」

ベッド全体の高さが150cm以上のタイプを、ハイタイプと言います。ハイタイプはベッド下をゆったりと使える点がメリットですが、住宅の高さによっては圧迫感が強くなる場合があります。ハイタイプのロフトベッドを使いたい場合は、座高+90cmの高さに近いものを選びましょう。

タイプ2|布団を上げ下げが楽な「ミドルタイプ」

ベッド全体の高さが150cm以下のタイプは、ロータイプやミドルタイプと呼ばれます。ミドルタイプは床からベッドまでの高さが低めで、布団の上げ下げが楽にできる点が特徴です。ベッドに上る時も転落してけがをする心配が少ないため、子供が使う場合はミドルタイプを選ぶのが良いでしょう。

種類|安定感のある「階段」、デザイン性のある「はしご」

種類|安定感のある「階段」、デザイン性のある「はしご」
出典:Amazon.co.jp
ロフトベッドは、ベッドまで登る階段やはしごがついています。階段は安定感があり、はしごはデザイン性と収納の便利さに優れていますが、階段は場所を取り、はしごは安定感がやや少ないというデメリットも。安定感を重視するなら階段付き、収納スペースの節約ならはしご付きが向いています。

安全性|子供向けで安心「階段付きミドルタイプ」

子供がロフトベッドを使う時は、階段付きのミドルタイプが最もおすすめのタイプです。ベッドへの上り下りを行う距離が短く、安定感がある階段を使えば怪我のリスクを減らせるので、小さな子供が寝るときも安心。ベッド横に落下防止フレームが付いたタイプであれば、更に安全性を高められます。

仕様|階段にカラーボックス付き!大容量の収納が可能

階段タイプはどうしても収納スペースが少なくなってしまいますが、階段とカラーボックスが一体になったタイプであれば、収納スペースを増やせます。カラーボックスの中には衣類や小物を収納し、必要な時にいつでも出せるように工夫しましょう。ベッド下に机を収納できるロフトベッドなら、空いたスペースを有効活用できます。

木製ロフトベッドの人気ランキング

ここからは、ロフトベッドの人気ランキングを見ていきましょう。同じメーカーでも特徴が違う商品もありますので、一つずつ比較してみてくださいね。

kagu-world
木製ロフトベッド

最大耐荷重900kgを可能にした独自設計

独自に開発したツインビームプロテクター技術を搭載し、最大耐荷重900kgを実現したロフトベッド。耐震構造も備えているため、地震に強い設計です。転落防止のガードは31.5cmと高く、子供から大人まで安心して使えます。床面はすのこになっていて通気性が良く、夏でも快適な寝心地が得られます。
サイズ(cm) 216cm×105cm×161cm
重量(kg)
耐荷重(kg) 最大900kg

インテリアオフィス・ワン
木製ロフトベッド

棚&コンセント&フック付き

ベッド上部に棚とコンセントが付いているうえ、サイドにはフックが付いていて収納に便利な設計です。全体の高さが126.5cmのミドルタイプなので、一人暮らしのお部屋にもおすすめ。サイズはシングルとセミダブル、カラーはナチュラルとホワイトから選択可能。インテリアに合わせて選ぶと統一感が増しますよ。
サイズ(cm) 208.4cm×105.6cm×126.5cm
重量(kg)
耐荷重(kg) 150kg

ベガコーポレーション
LOWYA 2Pソファ・ミニデスク付きロフトベッド

2人掛けソファとミニデスク付きで家具いらず

テレビが置ける収納棚と2人掛けのソファ、ミニデスクの3点が付いているので、狭い部屋でも有効に収納スペースを活用できます。ソファは好きな位置に動かせるうえ、向きを変えて1人用のカウチソファとしても使える優れもの。ベッドの面はすのこ板を採用しており、通気性がよく蒸れにくい構造になっています。
サイズ(cm) 202cm×105cm×162cm
重量(kg) 約125kg
耐荷重(kg) 約80kg(ベッド・ソファ)

smart-i
コンパクト木製システムベッド

収納を1つにまとめられる

キャスター付きのデスクと3段チェストがセットになっていて、収納をまとめられる構造になっています。高さ123cmのミドルタイプベッドで、子供用ベッドとしてもおすすめ。また、ベッドは分割してシングルベッドに利用できる設計になっており、部屋のレイアウトに合わせてベッドの形を変えられるのもうれしいですね。
サイズ(cm) 202cm×104cm×123cm
重量(kg) 総重量89.5kg
耐荷重(kg) 約130kg

ベガコーポレーション
LOWYA 本棚付きセミダブルロフトベッド

ワイドな宮棚と本棚付きで収納を工夫できる

宮棚と本棚はどちらも幅広く、ゆとりのある収納スペースが確保できます。また、階段の下はフリースペースになっているので、新たな収納を増やせる点も便利。セミダブルサイズなので、寝返りを打ってもベッドサイドに体がぶつかりにくくなっています。柱の太さは7cmで安定感があり、男女を問わず安心して使えます。
サイズ(cm) 253cm×136cm×173.5cm
重量(kg) 約102kg
耐荷重(kg) 約120kg

快適家具27℃
システムベッド ロフトタイプ

2つの収納・机・ベッドが1つに!

ベッド下にチェストとシェルフ、机を収納できるスペースがついた多機能タイプのロフトベッドです。ヘッドの反対側にも本を置けるスペースがあり、子供部屋に置くベッドとしても便利な設計になっています。机はキャスター付きで移動可能なので、必要な時だけベッドの下から出して使うこともできます。
サイズ(cm) 220cm×107cm×133.5cm
重量(kg)
耐荷重(kg)

商品比較表

商品画像
快適家具27℃
ベガコーポレーション
smart-i
ベガコーポレーション
インテリアオフィス・ワン
kagu-world
商品名 システムベッド ロフトタイプ LOWYA 本棚付きセミダブルロフトベッド コンパクト木製システムベッド LOWYA 2Pソファ・ミニデスク付きロフトベッド 木製ロフトベッド 木製ロフトベッド
特徴 2つの収納・机・ベッドが1つに! ワイドな宮棚と本棚付きで収納を工夫できる 収納を1つにまとめられる 2人掛けソファとミニデスク付きで家具いらず 棚&コンセント&フック付き 最大耐荷重900kgを可能にした独自設計
サイズ(cm) 220cm×107cm×133.5cm 253cm×136cm×173.5cm 202cm×104cm×123cm 202cm×105cm×162cm 208.4cm×105.6cm×126.5cm 216cm×105cm×161cm
重量(kg) 約102kg 総重量89.5kg 約125kg
耐荷重(kg) 約120kg 約130kg 約80kg(ベッド・ソファ) 150kg 最大900kg
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる
木製ロフトベッドは、メーカーによって耐久性や仕様に違いがあります。そのため、購入の前に商品の特徴を1つずつ比較し、自分が暮らす部屋との相性が最も良い1品を選ぶことが重要です。今回紹介したランキングやおすすめポイントを選び方の参考にして、長く愛用できる木製ロフトベッドを見つけてくださいね。
おすすめタグ