スキャナーのおすすめ人気ランキング10選|自炊にも使える!溜まった書籍や写真をすっきりデータ化

スキャナーは紙の文書などをデジタルデータ化するのにおすすめなアイテム。所有している書籍や雑誌の自炊にもスキャナーがあると便利です。いざスキャナーの購入を検討してみると、どれを選んだらよいかわからないことも多いでしょう。今回は、スキャナーの人気ランキングを紹介します。書類をデジタルデータ化してスッキリさせましょう。

失敗しない!これだけチェック!

それではまず、スキャナーを選ぶときのポイントを紹介します。スキャナーのタイプや機能などをしっかりチェックして、用途に合う商品を見つけましょう。

タイプ1|厚いものにも使えるフラットヘッド型、本を傷めないスタンド型

スキャナーにはさまざまなタイプがあります。フラットヘッド型は、ガラス面に原稿をセットして使用するタイプで、厚い書籍や雑誌なども切り取らずにそのまま台にのせて読み取りが可能です。スタンド型は、写真撮影するように原稿を読み取りスキャンします。読み取り部分から離してもスキャン可能なので、本などを傷つけてしまう心配がありません。

タイプ2|大量スキャンにはシートフィード型、外出先でも使えるハンディ型

シートフィード型は、大量の書類をデータ化するのに最適です。自動給紙装置を搭載しているため、スムーズにスキャンできますが、厚み制限があるので厚すぎる書籍などには向きません。一方、ハンディ型は、原稿の上を滑らせるようにして読み取ります。コンパクトなサイズの製品が多く、外出先でも使えて便利です。

解像度|文書なら150~300dpi、写真なら300~600dpiが目安!

解像度|文書なら150~300dpi、写真なら300~600dpiが目安!
出典:Amazon.co.jp
スキャナーを選ぶ際、解像度はとても重要です。解像度は、dpiで表記され、数値が大きくなればなるほど、より精密なスキャンが行えますが、その分作業に時間もかかります。文書をスキャンする場合は150~300dpi、写真をスキャンする場合は300~600dpiを目安に選ぶと良いでしょう。

携帯性|頻繁に持ち運ぶなら、Wi-Fi接続、バッテリー駆動なども確認

ビジネスシーンや出張など、外出先で頻繁にスキャナーを使用するのであれば、携帯性を重視した商品を選びましょう。Wi-Fi接続可能なモデルなら、USBケーブルで接続する手間が省けて便利です。バッテリー駆動タイプは、どのくらいの時間連続して使用できるかも考慮してくださいね。

用途|書類用や写真・フィルム用、名刺用など特定の用途に特化したものも

スキャナーは、用途に合った商品を選ぶことでより使いやすくなります。主に何をスキャンすることが多いのかを考えて選びましょう。書類用のスキャナーや、写真・フィルム用のスキャナー、名刺専用のスキャナーなど、用途に特化した商品も続々登場しています。用途をしっかりと把握しておくことが重要です。

スキャナーの人気ランキング

ここからは、スキャナーの人気ランキングを紹介します。個人用の自炊にぴったりなものからビジネスシーンで使えるものまで、さまざまな商品の中からあなたにぴったりのスキャナーを見つけてくださいね。
型番:Canon

キャノン
CANOSCAN LIDE 400

厚手の原稿もスキャン可能

軽量でコンパクトなスキャナー。自動文書補正機能を搭載しており、文字ははっきりと、画像は鮮明に、さまざまな文書をしっかりと美しく読み取ります。約8秒の高速スキャンにより、作業効率も大幅に向上。付属のスタンドを使用すれば、縦置きのままA4サイズまでの書類をスキャンでき、作業もスムーズです。
本体サイズ(mm) 250mm×367mm×42mm
対応用紙サイズ A4
タイプ フラットベッド
解像度(dpi) 4800dpi
Wi-Fi ×
型番:iX1500

富士通
ScanSnap iX1500

用途に合わせてカスタマイズ

タッチパネル搭載により、ワンタッチで誰でも簡単に操作できるのが魅力。名刺やレシートの整理から、活用までサポートしてくれる便利なスキャナーです。用途に合わせたアイコンを登録して、自分仕様に使いやすくカスタマイズも可能。縦筋軽減機能により、さらにキレイなイメージデータを保存できます。
本体サイズ(mm) 161mm×292mm×152mm
対応用紙サイズ A4
タイプ シートフィード
解像度(dpi) 600dpi
Wi-Fi
型番:400-SCN005N

サンワダイレクト
名刺スキャナー

スマートに名刺を管理

名刺1枚を3秒で高速データ化してくれる名刺専用のスキャナーです。読み取った内容は自動登録してくれるため、操作も簡単。どんどん増える名刺をしっかりと管理します。名刺読み取りの精度は90~95%と高く、失敗が少ないものうれしいポイント。邪魔にならないコンパクトサイズで、収納にも困りません。
本体サイズ(mm) 107mm×28mm×100mm
対応用紙サイズ
タイプ 名刺用
解像度(dpi) 600dpi
Wi-Fi ×
型番:DS-360W

エプソン
シートフィードスキャナー

Wi-Fi対応で端末からダイレクトに使える

シートフィードスキャナーでありながら、コンパクトなサイズ感が魅力のスキャナーです。デスクの上でも気軽に使え、使用する場所を選びません。バッテリーを搭載したWi-Fi対応タイプで、配線を気にせずスッキリ使用できます。デバイスから直接スキャンできるので大変便利。接続の切り替えも簡単です。
本体サイズ(mm) 288mm×88.5mm×67mm
対応用紙サイズ A4
タイプ シートフィード
解像度(dpi) 300dpi
Wi-Fi
型番:FI-SV600A-P

富士通
ScanSnap

原稿をそのまま置くだけで高速スキャン

新聞や雑誌など、見開きの大きなサイズの原稿や綴じられた本を切り取ることなく、最大A3サイズまで読み取りが可能です。大事な原稿に触れることなくスキャンできるため、原稿を傷めることもありません。原稿全体を均一に読み取りできるVIテクノロジー搭載で、画質のムラを最小限に抑えられます。
本体サイズ(mm) 210mm×156mm×383mm
対応用紙サイズ A3
タイプ オーバーヘッド
解像度(dpi) 1200dpi
Wi-Fi ×
型番:400-SCN031

サンワダイレクト
WorlsPenScan X

世界193ヶ国語の読み取りが可能

文章などをペン先でなぞるだけで、テキストデータに変換してくれるOCR機能搭載のペン型スキャナー。パソコンだけでなくスマホにも対応しており、スキャナとスマホがあればBluetooth接続によりどこでも手軽にスキャンが可能です。ビジネスはもちろん、語学の勉強や旅行用としてもおすすめ。
本体サイズ(mm) 114.7mm×33mm×22.45mm
対応用紙サイズ
タイプ ペン型
解像度(dpi)
Wi-Fi ×
型番:DS-570W

エプソン
シートフィードスキャナー

大径給紙ローラー搭載

大径の給紙ローラーを搭載しているため、用紙と接触する面が広くなり、薄い紙も厚い紙も安定して読み取りが可能。レシートや伝票などの薄い紙、長尺紙やカードなども楽にスキャンできます。また、両面同時読み取りも可能で、大量の文書もスピーディーにデジタルデータ化します。
本体サイズ(mm) 269mm×169mm×176mm
対応用紙サイズ A4
タイプ シートフィード
解像度(dpi) 300dpi
Wi-Fi
型番:FI-IX100A

富士通
ScanSnap iX100

コンパクトボディでどこでもスキャン

薄型バッテリー搭載で、わずか400gの軽量スキャナー。USBポートを使用すればAC電源がなくても充電でき、フル充電時なら約260枚の読み取りが可能です。A4カラー片面原稿1枚を5.2秒でスキャンできる高速設計で、作業がスムーズに進みます。Wi-Fi接続でPCやタブレットと接続できるのもうれしいですね。
本体サイズ(mm) 36mm×273mm×47.5mm
対応用紙サイズ A4
タイプ シートフィード
解像度(dpi) 300dpi
Wi-Fi
型番:400-SCN024

サンワダイレクト
フィルムスキャナー

思い出の写真がキレイによみがえる!

カメラで撮影した写真のフィルムやネガを、簡単にデジタル化できるフィルム専用のスキャナーです。スキャンした画像データは、SDカードに直接保存できるため、パソコンが苦手な人でも安心。液晶画面付きで、スキャンした内容を確認しながら操作できるのも使いやすいですね。思い出の写真の保存におすすめです。
本体サイズ(mm) 102mm×105mm×161mm
対応用紙サイズ
タイプ フィルム用
解像度(dpi) 3200dpi
Wi-Fi ×

富士通
ScanSnap iX500

大量の原稿を高速読み取り

富士通「ScanSnap」シリーズの中でも、高機能・高品質を誇るスタンダードタイプのスキャナーです。一度に大量の原稿のスキャンを行いたい人に最適。画像処理エンジンGIプロセッサにより、スキャナー本体での画像処理とともに、最新インターフェイスに対応しています。スマホ・タブレット・PCでもストレスなく電子化が可能です。
本体サイズ(mm) 292mm×159mm×168mm
対応用紙サイズ A4
タイプ シートフィード
解像度(dpi) 600dpi
Wi-Fi

商品比較表

商品画像
富士通
サンワダイレクト
富士通
エプソン
サンワダイレクト
富士通
エプソン
サンワダイレクト
富士通
キャノン
商品名 ScanSnap iX500 フィルムスキャナー ScanSnap iX100 シートフィードスキャナー WorlsPenScan X ScanSnap シートフィードスキャナー 名刺スキャナー ScanSnap iX1500 CANOSCAN LIDE 400
特徴 大量の原稿を高速読み取り 思い出の写真がキレイによみがえる! コンパクトボディでどこでもスキャン 大径給紙ローラー搭載 世界193ヶ国語の読み取りが可能 原稿をそのまま置くだけで高速スキャン Wi-Fi対応で端末からダイレクトに使える スマートに名刺を管理 用途に合わせてカスタマイズ 厚手の原稿もスキャン可能
本体サイズ(mm) 292mm×159mm×168mm 102mm×105mm×161mm 36mm×273mm×47.5mm 269mm×169mm×176mm 114.7mm×33mm×22.45mm 210mm×156mm×383mm 288mm×88.5mm×67mm 107mm×28mm×100mm 161mm×292mm×152mm 250mm×367mm×42mm
対応用紙サイズ A4 A4 A4 A3 A4 A4 A4
タイプ シートフィード フィルム用 シートフィード シートフィード ペン型 オーバーヘッド シートフィード 名刺用 シートフィード フラットベッド
解像度(dpi) 600dpi 3200dpi 300dpi 300dpi 1200dpi 300dpi 600dpi 600dpi 4800dpi
Wi-Fi × × × × ×
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
今回は、スキャナーのおすすめ商品をランキング形式にして紹介しました。お手頃価格のスキャナーも多くなっており、ますます身近なものになりました。スキャナーは用途によって最適な商品を選ぶことがポイントです。ご紹介した商品を参考に、ぜひあなたにぴったりなスキャナーを見つけてくださいね。
おすすめ記事
おすすめタグ