テーブルナイフ&ステーキナイフのおすすめ14選

食事の際に使うナイフとしては、テーブルナイフと呼ばれる種類のナイフが一般的ですが、その他にもデザートナイフなどいくつかの種類があります。また、最近では肉好きの人を中心に、ステーキナイフにまでこだわりを持つ人も。基本的にはフォークやスプーンと合わせて選ぶことになりますが、ナイフの選び方と、切れ味もデザイン的にもおすすめのナイフをご紹介します。

ナイフ(カトラリー)の種類
ナイフを選ぶ際のポイント
ナイフのおすすめブランド
商品比較表
肉好き必見!人気のステーキナイフ
テーブルナイフのお手入れ方法
テーブルナイフの人気ランキングもチェック!
この記事に登場した専門家

ナイフ(カトラリー)の種類

インテリア&フードスタイリスト
江口恵子さん
ナイフもフォークやスプーンと一緒で、料理に応じていくつかの種類がありますが、一般家庭ではテーブルナイフがあれば十分です。

ナイフには次のような種類があります。

テーブルナイフ

テーブルナイフ
ナイフの中でいちばん大きなナイフ。コース料理で肉料理をはじめとしたメインディッシュに使われます。一般家庭ではこのテーブルナイフが1本あれば、食事用のナイフとしては十分です。

ちなみにテーブルナイフは刃先がとがっていません。このテーブルナイフの刃先が丸い理由は、フランスのルイ14世の時代に、テーブルナイフが凶器とされることを防ぐために丸くするよう命じられたことがきっかけと言われています。

デザートナイフ

テーブルナイフよりひと回り小さいサイズのデザート用ナイフ。一般家庭ではまず使う機会はありません。

フィッシュナイフ

フィッシュナイフ
デザートナイフと同じぐらいのサイズのナイフ。魚料理に使いやすいよう、独特の形をしています。コース料理などには登場しますが、一般家庭では揃える必要はないナイフです。

フルーツナイフ

デザートナイフやフィッシュナイフよりひと回り小さいサイズのナイフ。これも一般家庭ではまず揃える必要のないナイフです。

バターナイフ

バターナイフ
バターを切り分けるためのナイフ。熱伝導でバターを溶かして切りやすくするなど素材、形状に工夫のあるナイフがいろいろあります。

また、バターをパンに塗るのは「バタースプレッター」といってバターナイフと別にあります。

バターナイフ・バタースプレッターの詳細は以下の記事にて。
熱伝導で溶ける便利なものも!おすすめのバターナイフ7選 - PICUP(ピカップ)
熱伝導で溶ける便利なものも!おすすめのバターナイフ7選 - PICUP(ピカップ)>>
バターを切り分けるバターナイフと、バターをパンに塗るバタースプレッダー。専用のカトラリーを使うことで、バターがすんなりと切れ、パンのふわふわ感を損なうことなくしっかりとバターを塗ることができます。熱伝導の良い素材で、バターを溶かしながら切る・塗ることができるものも、注目を集めています。おすすめのバターナイフ&スプレッダーをピックアップします。

チーズナイフ

チーズナイフ
チーズを切るためのナイフで、切ったチーズがくっつかないように、刃に穴が空いているのが特徴です。

フランスなどでは、デザートのように食後にチーズを食べたり、日常的にチーズを食べるため、チーズナイフの出番も多いですが、日本ではあまり見かけることはありません。

包丁やテーブルナイフで切れるので、日本の一般家庭では出番はほぼないと思いますが、チーズ好きの方やチーズにこだわりのある方は1本持っているといいかもしれません。また、チーズの消費量が多い国・地域では当たり前のように売っているので、フランスやドイツなどに行った際はお土産としてもおすすめです。

ステーキナイフ

ステーキナイフ
テーブルナイフは肉料理以外にもさまざまな食材に使用しますが、ステーキナイフは肉を切ることに特化したナイフです。普通のテーブルナイフではやや切りにくい筋のある肉も切りやすくなっています。逆に柔らかい肉を切るのには向いていません。

見た目もテーブルナイフや他のカトラリーナイフと違い、刃先がとがっているのが特徴です。

また、刃は波派と平刃とがあり、波刃の方が肉の切れ味は良いですが、お皿を傷つけやすいので、高級なホテルやレストランでは平刃が使われることも多いようです。

一般的には、ステーキ肉を切るのもテーブルナイフで兼用することが多いですが、ステーキ店やお肉好きの人の間ではステーキナイフが使われることもあります。

ナイフを選ぶ際のポイント

一般家庭では、ナイフはテーブルナイフだけで十分なので、ナイフ単体で選ぶというよりも、フォークやスプーンといった他のカトラリーと同じシリーズで揃えるのが良いでしょう。
カトラリー

ナイフのおすすめブランド

Cutipol(クチポール)

ポルトガルのブランド。人間工学と最新テクノロジーを取り入れ、シンプルなおしゃれさと機能性を兼ね備えています。

一般的なカトラリーよりも細身でスマートなフォルムで、箸や和食器などが並ぶ日本の食卓にも相性の良いカトラリーが揃っています。

人気のブランドですが、大量生産ではなく、デザインから仕上げまでを自社工場で一貫して、職人が手作業で仕上げています。

ゴアシリーズ ディナーナイフ

テーブルナイフに分類されるナイフ。ステンレスと木目調の樹脂を組み合わせたナイフは、スマートでおしゃれなデザイン。フォーク、スプーンと合わせて人気の高いシリーズです。

クチポール テーブル ナイフ GOA シルバー×ブラック GO.03

[クチポール] cutipol カトラリー GOA(ゴア)ブラウン GO03B ディナーナイフ[並行輸入品]

クチポール テーブル ナイフ GOA ゴールド×ホワイト GO.03WGB

サイズ:22.4cm
素材・材質:ステンレス、レジン

商品比較表

商品画像
商品名 クチポール テーブル ナイフ GOA ゴールド×ホワイト GO.03WGB [クチポール] cutipol カトラリー GOA(ゴア)ブラウン GO03B ディナーナイフ[並行輸入品] クチポール テーブル ナイフ GOA シルバー×ブラック GO.03
特徴
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

柳宗理

根強い人気の日本製のカトラリーブランド。オールステンレスのカトラリーながら、あたたかみのある独特のデザインで人気を集めています。実物大モデルの試用を繰り返して、この形にたどり着いているので、機能性の面でも評価の高いブランドです。

#1250 ステンレスカトラリー テーブルナイフ

ステンレス製で、つや消し仕上げとゆるやかなフォルムがあたたかみのあるテーブルナイフです。適度な重量感で手になじみます。

柳宗理 テーブル ナイフ 日本製 000012

無印良品

手頃な価格で、使い勝手も良く、飽きのこないベーシックなデザインが揃う無印良品。カトラリーのおすすめブランドの中でも万人向けで、間違いのないブランドです。

ステンレステーブルナイフ

料理のスタイルを選ばないスタンダードなデザインのナイフ。持ち手の長さやカーブの角度など、持ちやすさや使いやすさを考えて設計されています。

ステンレステーブルナイフ 約21cm

KAY BOJENSEN(カイ・ボイスン)

デンマーク発、北欧で愛されてきたカトラリーブランドです。全28種類のラインナップに、一般家庭で日常的に使えるアイテムから、ホテルやレストランで使用される本格的なアイテムまで揃います。

GRAND PRIX(グランプリ) ディナーナイフ

テーブルナイフに分類されるナイフ。美しいデザインと、しっかりとした切れ味という機能性を兼ね備えています。

カイ・ボイスン Grand Prix ディナーナイフ マット加工 504

iittala(イッタラ)

フィンランドのガラス工房から始まったブランド。高品質、高純度なアイテムが揃っています。現在はガラス製品以外にも、陶器やステンレス製のカトラリーも広く取り扱っており、北欧を代表するテーブル&リビングウェアブランドです。

Piano(ピアノ) ディナーナイフ

【北欧ブランド】IITTALA イッタラ ピアノ ディナーナイフ PIANO 188796 DINNER KNIFE ステンレス [並行輸入品]

Citterio 98(チッテリオ 98) ディナーナイフ

[イッタラ] iittala Citterio 98(チッテリオ 98) ディナーナイフ [並行輸入品]

IKEA(イケア)

スウェーデン発祥の家具量販店。手頃な価格とデザイン性の高さで人気で、家具のみならず日用品の評価も高く、カトラリーもおすすめです。IKEAならではのシンプルで飽きのこないデザインで、価格も安いのでまとめ買いしても安心です。

DRAGON(ドラゴーン)デザートナイフ

IKEA定番のカトラリーシリーズのナイフ。テーブルナイフよりやや小さめですが、使い心地は間違いありません。

IKEA(イケア) DRAGON 20177663 デザートナイフ, ステンレススチール

Christofle(クリストフル)

シルバーウェアの代名詞ともされる、フランスの銀製品ブランド。繊細かつ優雅な装飾の施されたカトラリーは、一流ホテルやレストランでも愛用されており、特別なギフトとしても人気です。

Marly(マルリー) スタンダードナイフ

ロココ調の華やかなデザインでアカンサスの葉飾りが特徴のナイフです。

クリストフル マルリー 0038 スタンダードナイフ 025

Pearl(パール) スタンダードナイフ

ルイ16世様式の、真珠の模様が連なるデザインは、Christofleならではの繊細さ。シンプルかつ美しいデザインも魅力です。

クリストフル パール 0010 スタンダードナイフ 025

SUNAO(スナオ)

鍛冶・ものづくりの街として海外からも高い評価を受ける新潟の燕市のブランドです。日本製で、日本の食卓に合うことをコンセプトとしたカトラリーシリーズが揃うので、海外ブランドのカトラリーのようにサイズ感に困ることなく、日本人の手になじみやすいラインナップとなっています。

ディナーナイフ

ベーシックなデザインながら手へのフィット感が抜群。細かなデザインにこだわりが表れています。

肉好き必見!人気のステーキナイフ

龍泉刃物 ステーキナイフ アシンメトリーSK01

もともとは、2013年1月に開催されたフランスのボキューズドール国際料理コンクールに出場する日本チームのために開発された製品。

越前打刃物の伝統技術により1本1本手作りで作られています。機能性を追及した美しいフォルムと、独自の技法による最高の切れ味など、こだわりの詰まったステーキナイフです。一般家庭向きのカトラリーではありませんが、高級志向の人々の間で憧れのナイフとなっています。

龍泉刃物 ステーキナイフ アシンメトリーSK01

トラモンティーナ ステーキナイフ

シュラスコで知られるように、肉料理をよく食べるブラジル。そのブラジルのキッチンウェアメーカー最大手「TRAMONTINA(トラモンティーナ)」の人気製品です。

切れ味はもちろん、ポリエステル加工の木製の柄があたたかみのあるデザイン。食器洗い機にも対応しており、一般家庭からレストランまで幅広く使われています。

トラモンティーナ ステーキナイフ ポリウッド ナチュラル 34600445

テーブルナイフのお手入れ方法

テーブルナイフには刃の部分に波状のギザギザがあり、ここに調味料や脂など細かい汚れが詰まりやすく、詰まっていると切れ味が悪くなります。そのため、刃のギザギザ部分(目)は、特に丁寧に洗って、洗った後はすぐ拭くようにしましょう。自然乾燥させるのは、ナイフに水垢がついてしまうので、すぐ拭くのがポイントです。

また、基本的にテーブルナイフは包丁のように研ぐことはなく、毎回丁寧に洗った上で、切れ味が悪くなったら買い替え時と考えてください。
テーブルナイフの刃先
ナイフはフォークやスプーンに比べると、カトラリーの中でも使う機会の少ない存在かもしれませんが、フォークやスプーンと合わせてきちんと選ぶことで、より心地よい食卓を演出できます。カトラリーの購入や見直しの際には、ご紹介した選び方とおすすめのブランドを参考に選んでくださいね。
フォークの種類とおしゃれで使いやすいおすすめフォーク12選 - PICUP(ピカップ)
フォークの種類とおしゃれで使いやすいおすすめフォーク12選 - PICUP(ピカップ)>>
サラダやパスタ、デザートを食べるときなど、日頃の食事やデザートの中で何気なく使っているフォーク。食器に比べると、わざわざカトラリーを揃える、フォークを選ぶということは少ないかもしれませんが、実は、種類・素材・ブランドなどフォークも選択の幅が広いものです。普段の食事やデザートで、どのようなフォークを揃えておくと良いのでしょうか。そもそもフォークにはどんな種類や素材、ブランドがあり、それぞれの特徴は何なのか、まとめました。
スプーンの種類と人気ブランドのおすすめスプーン13選 - PICUP(ピカップ)
スプーンの種類と人気ブランドのおすすめスプーン13選 - PICUP(ピカップ)>>
カレーやスープ、シチューなどの汁物、あるいはコーヒーや紅茶、デザートを食べるときなど、日頃の食事やティータイムに何気なく使っているスプーン。箸ほどではありませんが、意外と出番の多いカトラリーのひとつです。そんなスプーンは、種類、素材、ブランドなど、実はさまざまな選択肢があり、自分に合ったものを選ぶことで、食卓がより心地よいものとなります。では、一般の家庭では、どのようなスプーンを揃えておくと良いのでしょうか。スプーンの種類や素材、ブランドと、それぞれの特徴をまとめました。

テーブルナイフの人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: ナイフ の中で最も人気のある商品です>>
【楽天市場】ナイフ(カトラリーの用途:万能) | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>

この記事に登場した専門家

インテリア&フードスタイリスト
江口恵子さん
インテリア&フードスタイリストとして、雑誌、広告、Web等でインテリアから料理まで、暮らしまわりのスタイリングと提案を行う。カフェオーナーや料理講師としての顔も持ち、ケータリング、予約制カフェ・レストラン、料理教室を柱とした“ナチュラルフードクッキング”を主宰。「All About」では家事ガイド、食器・カトラリーガイドも努めている。
詳しくはこちら