水引のおすすめ人気ランキング10選|用途によって色や本数が違う!

水引とはご祝儀や不祝儀の際に用いられる飾りの紐のことで、現在はご祝儀袋などにすでについているタイプが多いですが、水引だけを購入することもできます。しかし単独で購入するとなると、何を選んだら良いか迷いがち。ここでは水引の選び方や、おすすめの水引を人気ランキング形式でご紹介します。

失敗しない!これだけチェック!

ご祝儀・不祝儀でマナーを欠いては、今後のお付き合いにも影響があります。水引選びで失敗しないためにも、まずは水引に関する知識を得ましょう。

色|慶事には紅白や金銀、弔事には白黒・青白が使われる

結婚式用のご祝儀袋を見たことがある方なら分かると思いますが、水引には様々な色のものがあります。それぞれの色に適したシーンがあるため、色選びは慎重に行いましょう。例えば慶事にはおめでたい紅白や金銀、弔事には白黒や青白が適しています。結婚式のご祝儀袋の水引に白黒などを使用しないようにしましょう。

本数|慶事は奇数、弔事は偶数、婚礼関係には5本2束の10本を

水引の紐は1本1本はそれほどの太さがないため、基本的には何本か束ねて使用します。この時に使用する紐の本数にも意味があるため、注意しましょう。例えば慶事は奇数、弔事は偶数。さらに慶事の中でも結婚式のご祝儀袋の水引には5本2束の10本を使うことがマナーとされています。

あわび結び|結婚式の結び方の定番!「途切れないお付き合いをお願いしたい」の意味が

あわび結び|結婚式の結び方の定番!「途切れないお付き合いをお願いしたい」の意味が
出典:楽天
肝心の結び方ですが、定番は「あわび(あわじ)結び」や「結び切り」、「蝶結び」です。あわび結びは結婚式の定番ともいえる結び方で、迷ったらあわび結びにしておけば間違いないともいわれています。これは両端を引っ張ることで、さらに強く結びつくことから、夫婦が末永く結ばれるという意味を持っています。

結び切り|一度結んだらほどけない!「繰り返さない」という意味で結婚祝いに最適

「結び切り」も結婚祝いに最適な結び方です。結び切りは紐を固結びにしたもので、あわび結びに比べるとシンプルに見えますが、「一度結んだら解けない」、「二度と繰り返さない」という意味があるため、結婚などの一生に一度のお祝い事や、二度と病気をしないようにという意味を込めた快気祝いに相応しい結び方です。

蝶結び|ほどいて結びなおすことができるため、何度あってもうれしい出産祝いなどに◎

あわび結びや結び切りは一生に一度のこと、二度と繰り返さない方が良いことに対するお祝いに相応しい結び方ですが、逆に蝶結びは何度もお祝いしても良いことに相応しい結び方です。これは蝶結び自体が何度でも結び直せるからで、出産や進学など、「何度あっても嬉しいこと」に適した結び方です。

水引の人気ランキング

水引の選び方や結び方についてはおわかり頂けたでしょうか。次はいよいよ水引を選びます。ここからはおすすめの水引をご紹介していきます。
型番:SG-MIZUHIKI-SET03

よくばり水引アソート

定番から少し変わった色まで揃ったアソートセット

最近ではデザインの多様化にともないカラフルな水引が増えましたが、「よくばり水引アソート」は、白や赤、黒などの定番のものからピンクや黄緑などの少し変わった色まで8色が各5本、金銀の光水引が各5本、5色のラメ水引が各2本、10色の羽衣水引が各2本のアソートセットです。手芸のパーツとしても利用できます。
全長(cm) 約90cm
型番:KBW-M-097

水引いろはシリーズ「と」

欲しい色だけ購入できるいろはシリーズ

「水引いろはシリーズ「と」」は、少し変わったカラー展開がされている水引のシリーズです。全体的に淡い色が多く、結婚式をはじめお祝い事向きの華やかでかわいらしい水引として人気が高く、欲しい色を10本単位で購入できます。女性的な色合いが多いので、ハンドメイドアクセサリーの素材としても人気です。
全長(cm) 90cm
型番:4900000000000

HEIKO シモジマ 色水引

落ち着きのある藤色の水引

「HEIKO シモジマ 色水引(100本入り)」シリーズは様々なカラー展開をしている水引ですが、その中でも藤色は落ち着きがあり、本来の用途の他に水引アートやアクセサリー作成、ラッピングにも使用できます。100本入りでたっぷり入っているため、惜しまず使えるのも嬉しいです。
全長(cm) 90cm
型番:10002033-WR-M15

飾り水引(大) 優美な梅

贈答品やご祝儀袋を華やかに飾る

贈答品やご祝儀袋を水引によって華やかに飾ることは多いですが、日常的に水引を結んでいるという人は少なく、素人ではきれいに結ぶだけで精一杯ということもあります。「飾り水引(大) 優美な梅」はすでにできあがっているかわいらしい梅の水引飾りなので、付けるだけで華やかになります。
全長(cm) 14cm×8.5cm
型番:zry-mh-127

水引50本セット 「ファンシー」 鶴の水引付き

鶴の水引がついた可愛らしい水引セット

「水引50本セット 「ファンシー」 鶴の水引付き」は、羽衣(白・ピンク・ブルー各5本)・光(うす金・白・ピンク・ブルー各5本)・パール(白・ピンク・イエロー各5本)の水引、計50本がセットになっています。全体的にパステルカラーの可愛らしいものが多く、鶴の水引もついているので華やかです。
全長(cm) 90cm
型番:MIZUHIKI-04

水引 プラチナ

きらめきが美しい水引

「水引 プラチナ」は独特の光沢によるきらめきが美しい水引で、カラーリングはストロベリーやアクア、ゴールドなど全5色。カラーバリエーションは多くありませんが、単色でも非常に美しく、きらびやかです。贈答品やご祝儀袋だけでなく、フラワーアレンジメントなどに使用すると作品が華やかになるでしょう。
全長(cm) 90cm
型番:zry-mh-116

水引50本セット 「定番」 鶴の水引付き

くっきりとした色のつややかな水引

「水引50本セット 「定番」 鶴の水引付き 」はくっきりとした色合いの水引のセットです。光水引(金・銀各5本)、色水引(赤・白・ピンク・黄色・黒各5本)、絹巻き水引(ピンク・薄紫・草色各5本)の50本セットで、現代的なデザインに取り入れやすいです。セットで鶴の水引もついてきます。
全長(cm) 90cm
型番:zry-mh-120

水引アクセサリーお試しセット 絹巻19色

アクセサリー作りにぴったりな水引19色セット

最近の和雑貨やハンドメイドブームに後押しされた、水引を使用したハンドメイドアクセサリーが増えています。最初は戸惑うものの慣れると簡単に作れる水引アクセサリーですが、「水引アクセサリーお試しセット 絹巻19色」はハンドメイド初心者にもおすすめの、絹巻19色が1本ずつ入ったセットです。
全長(cm) 90cm
型番:MIZUHIKI-02

水引 絹巻 10本

赤系統の水引を選んで買える

結婚祝いをはじめ、お祝いごとの水引で赤は定番色です。しかし最近では現代的なデザインの水引やご祝儀袋も増えているため、一口に赤といってもピンクや蘇芳など、様々な色が用いられます。様々な「赤」の水引が欲しいなら、赤系統の色が充実している「水引 絹巻 10本」がおすすめです。
全長(cm) 90cm
型番:20005663

単色水引100本セット 光 金

欲しい色だけたっぷり100本買えるセット

最近では様々な色がセットになった水引が販売されていますが、多色系のセットはその分1色あたりの本数が少なめです。金色だけたっぷり欲しいという場合は、「単色水引100本セット 光 金」がおすすめです。金色の水引だけの100本セットなので使いやすく、他の色が必要な場合も100本セットがご用意されています。
全長(cm) 90cm

商品比較表

商品画像
商品名 単色水引100本セット 光 金 水引 絹巻 10本 水引アクセサリーお試しセット 絹巻19色 水引50本セット 「定番」 鶴の水引付き 水引 プラチナ 水引50本セット 「ファンシー」 鶴の水引付き 飾り水引(大) 優美な梅 HEIKO シモジマ 色水引 水引いろはシリーズ「と」 よくばり水引アソート
特徴 欲しい色だけたっぷり100本買えるセット 赤系統の水引を選んで買える アクセサリー作りにぴったりな水引19色セット くっきりとした色のつややかな水引 きらめきが美しい水引 鶴の水引がついた可愛らしい水引セット 贈答品やご祝儀袋を華やかに飾る 落ち着きのある藤色の水引 欲しい色だけ購入できるいろはシリーズ 定番から少し変わった色まで揃ったアソートセット
全長(cm) 90cm 90cm 90cm 90cm 90cm 90cm 14cm×8.5cm 90cm 90cm 約90cm
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
水引の失敗しない選び方や、おすすめの商品のランキングをご紹介いたしました。最近では水引をモチーフにしたアクセサリーもはやっているため、様々な色のものが販売されていますが、基本的にはマナーとデザイン性が両立するものを選ぶようにしましょう。もし水引が余ってしまった場合は、ハンドメイドにチャレンジするのも良いですね。
おすすめタグ