書類ケースおすすめ人気ランキング10選|コンパクトに持ち運べるタイプも!

仕事や日常生活の中で、いつの間にか増えてしまう書類。あまりに数が多すぎて、大切なものがどこかに行って困ることも。そこで活躍してくれるのが書類ケースですが、サイズや収納できる枚数など、種類は多岐にわたります。今回は、この書類ケースの選び方と、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します。

失敗しない!これだけチェック!

仕様目的にあった書類ケースを見つけるために、チェックするポイントをご紹介します。

自宅・オフィス用|大容量で自立できるアコーディオン式がおすすめ

自宅やオフィスで使う書類ケースは、容量の大きなアコーディオン式がおすすめです。アコーディオン式の書類ケースなら、書類が増えても収納に困ることがありません。また、書類ケース全体が自立するので、置く場所を選ぶことなく使えます。収納時はコンパクトにまとまりますが、広げると見やすくて探しやすいです。

持ち運び用|ゴムやボタンで止められるものが安心

書類ケースは、持ち運びができるタイプも便利です。バッグの中に入れて持ち運ぶ際には、ボタンやゴムで書類が出てしまわないように止めておけるものが安心です。また、バッグなどに入れる場合には、そのサイズも確認しておくことが重要。いくら書類ケースといっても、乱暴に扱えば破損する可能性もあります。

ポケット数|月ごとに整理したいなら12ポケット以上を

ポケット数|月ごとに整理したいなら12ポケット以上を
出典:Amazon
書類を分類して収納する場合には、ポケットが多い書類ケースが適しています。特に、公共料金など月ごとに分類したい書類がある場合には、ポケット数が12以上のものが良いです。また、取扱説明書などを収納する場合には、ポケットに厚みがあるものがおすすめ。ポケットの厚み次第で、ポケット数も変わってくるので併せて考えると良いでしょう。

インデックスラベル|一緒に買っておくと、一目で中身が分かって◎

書類ケースをうまく活用するためのアイテムとして、インデックスラベルは必要不可欠といってもいいでしょう。書類ケースの中に書類を収納しても、中でバラバラになってしまってすぐに探せないということがありますよね。インデックスラベルを使うことで、どこに何の書類が入っているか一目瞭然です。取り出す際のイライラもなくなりますね。

書類ケースの人気ランキング

ではここからは、おすすめの書類ケースをランキングでご紹介します。サイズやポケット数などを比較しながら自分にぴったりのものを探してくださいね。

Idealeben
A4 ファイルケース

アコーディオン式でしっかり自立

書類ケースはアコーディオン式で自立するものがいい人におすすめの商品です。大容量でA4書類が約1000枚収納可能、樹脂製のケースはとても軽く、持ち運びにも便利です。防水なので使う場所も選びません。カラフルなデザインは、置いておくだけでインテリアのようです。
ポケット数 12
入る書類のサイズ(サイズ展開がある場合は全て記入) A4
サイズ(cm) 31cm×33cm、最大幅35cm
型番:ART-5600-60

セキセイ
ドキュメントファイルB4

大きな用紙も丸めず収納

図面や賞状、イラストなどの大きめの書類を持ち運ぶときに便利なのファイルです。書類を丸めたり折ったりせずに、手軽に持ち運べるということで人気があります。ゴムバンドで留められるのでうっかり落としてしまう心配もありません。
ポケット数 1(表紙内側)
入る書類のサイズ(サイズ展開がある場合は全て記入) B4、B4賞状、F4
サイズ(cm) 39.7cm×27.6cm
型番:2273TFシロ

キングジム
ドキュメントファイルTOFFY

中身が見えない不透明表紙

A4サイズの書類を分割して収納できるアコーディオン式の書類ケースです。書類をさっと取り出せるアコーディオン式は、いろいろな種類の書類を収納するのに便利。中身が見えない不透明表紙で持ち運び時にも安心感があると人気です。作りがしっかりしているので長期にわたって使用できます。
ポケット数 13
入る書類のサイズ(サイズ展開がある場合は全て記入) A4
サイズ(cm) 33cm×24cm
型番:AD-2701

セキセイ
ドキュメントスタンド アドワン

クリアファイルごと収納して自立

書類をクリアファイルに分けて収納している人におすすめな商品。クリアファイルごと収納できて自立するタイプなので、1か所に大切な書類をまとめることが可能。インデックスラベルがついているので、わかりやすく収納できるのも便利ですね。
ポケット数 13
入る書類のサイズ(サイズ展開がある場合は全て記入) A4
サイズ(cm) 24cm×33cm
型番:AD-2212

セキセイ
ドキュメントファィル アドワン

カラーポケットで分類しやすい

クリアファイルで書類を分類し、持ち運ぶときに便利な商品です。ファイルタイプの書類ケースなのでどこへでも持っていくことができます。カラーポケットは、書類の分類に役立ちますし、デザインもおしゃれ。ホック止めができるので、収納した書類がバラバラになることはありません。
ポケット数 13
入る書類のサイズ(サイズ展開がある場合は全て記入) A4
サイズ(cm) 24cm×33cm

Tmei
ドキュメントスタンド

大容量のアコーディオン式ケース

24ポケットもある大容量のアコーディオン式書類ケース。4cmから68cmまで幅が広がり、収納する書類の量を調節できます。カラフルなポケットは、書類を分類するために重宝しますし、取り出すときにも見つけやすいでしょう。バンドで止めることもできるので、持ち運びにも便利です。
ポケット数 24
入る書類のサイズ(サイズ展開がある場合は全て記入) A4
サイズ(cm) 33cm×25cm、最大幅68cm

Scriptract
ドキュメントファイル

見出しを作って書類を確認

表紙に見出しがあるので自分の使いやすいように分類できますし、すぐに必要な書類を取り出すことも可能です。また、上下にゴムバンドがついているので、書類が飛び出してしまうこともなく、安心して持ち運ぶことができます。
ポケット数 12
入る書類のサイズ(サイズ展開がある場合は全て記入) A4
サイズ(cm) -
型番:KM-005

KAMA BRIDAL
ファイルフォルダ

柔らかいプラスチック製で破損知らず

このファイルフォルダは柔らかいプラスチック製で折れないと人気です。気に入った書類ケースはできるだけ長く使いたいものですよね。ポケットは5つと少な目ではありますが、収納力は抜群。クリアファイルがそのまま入るサイズはとても便利ですよ。
ポケット数 5
入る書類のサイズ(サイズ展開がある場合は全て記入) A4
サイズ(cm) 32.4cm×23.6cm
型番:MA-3100-70

セキセイ
セマック ドキュメントスタンド

大容量でもバンドでコンパクトに

たくさんの書類を収納してもコンパクトにまとめられる書類ケースとして人気なドキュメントスタンド。12ポケットで伸縮自在のアコーディオン式の書類ケースは、かなりたくさんの書類が収納可能です。ファイルボックスと組み合わせて使っている人も多く、使い勝手が良いです。
ポケット数 12
入る書類のサイズ(サイズ展開がある場合は全て記入) A4
サイズ(cm) 31.6cm×20cm×23.5cm

Souyos
書類ケース

収納ボックスとしても使える書類ケース

書類ケースなのに収納ボックスとしても使える優れもの。ポケットが24つあり、収納力が抜群のアコーディオン式書類ケースとして人気があります。さらに素材は丈夫なポリプロピレンで、耐久性も優れていますから、大切な書類をしっかりとガードしてくれるでしょう。持ち運びにも便利ですよ。
ポケット数 24
入る書類のサイズ(サイズ展開がある場合は全て記入) A4
サイズ(cm) 33cm×23cm

商品比較表

商品画像
Souyos
セキセイ
KAMA BRIDAL
Scriptract
Tmei
セキセイ
セキセイ
キングジム
セキセイ
Idealeben
商品名 書類ケース セマック ドキュメントスタンド ファイルフォルダ ドキュメントファイル ドキュメントスタンド ドキュメントファィル アドワン ドキュメントスタンド アドワン ドキュメントファイルTOFFY ドキュメントファイルB4 A4 ファイルケース
特徴 収納ボックスとしても使える書類ケース 大容量でもバンドでコンパクトに 柔らかいプラスチック製で破損知らず 見出しを作って書類を確認 大容量のアコーディオン式ケース カラーポケットで分類しやすい クリアファイルごと収納して自立 中身が見えない不透明表紙 大きな用紙も丸めず収納 アコーディオン式でしっかり自立
ポケット数 24 12 5 12 24 13 13 13 1(表紙内側) 12
入る書類のサイズ(サイズ展開がある場合は全て記入) A4 A4 A4 A4 A4 A4 A4 A4 B4、B4賞状、F4 A4
サイズ(cm) 33cm×23cm 31.6cm×20cm×23.5cm 32.4cm×23.6cm - 33cm×25cm、最大幅68cm 24cm×33cm 24cm×33cm 33cm×24cm 39.7cm×27.6cm 31cm×33cm、最大幅35cm
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
書類ケースの種類や選び方、おすすめ商品のランキングをご紹介しました。ポケットの数やサイズ、耐久性など、収納する書類によってケースも変わるので、どんな使い方をするのかを考えて選ぶと良いでしょう。もちろんデザインも重視したいところ。使うのが楽しくなるような一品を見つけてくださいね。
おすすめ記事