ボール盤おすすめ人気ランキング10選|金属や木材、樹脂まで使える!

ボール盤は固定されたドリルで正確に穴をあけるための工具ですが、なんとなくプロが使うイメージがありますよね。ですが、実は家庭で使えるタイプも多い。ただし、その種類も多く、どれを選んだらいいかわかりにくいので、ここではボール盤の使い方や選び方、さらに通販の人気ランキングからおすすめの商品を紹介しますね。

失敗しない!これだけチェック!
ボール盤の人気ランキング
商品比較表

失敗しない!これだけチェック!

ボール盤については、なかなか情報が少ないので、どんなポイントを押さえておけばいいのかわかりにくいかもしれません。そこでポイントをいくつかに絞ってお話ししましょう。これだけ知っておけば失敗しないということを覚えておくと安心ですね。

卓上ボール盤|家庭での作業には小型をチョイス

ボール盤の一つに、卓上ボール盤があります。これは、文字通り作業台などの上において使うタイプです。DIYなど家庭では、小型で使いやすく手ごろです。またドリルの径も13mmまでという設定なので、初心者でも使いやすいと言えるでしょう。値段も比較的安いので、挑戦しやすいタイプのボール盤と言えますよね。

ラジアルボール盤|様々な形の素材加工に有効

ラジアルボール盤|様々な形の素材加工に有効
出典:Amazon
ラジアルボール盤は、ドリルを固定して使う一般的なボール盤とは違い、ドリルを動かすことが可能です。大きな加工物や形が複雑なものなど、固定されたドリルでは穴をあけられないものにもしっかりと穴をあけてくれる優れものです。加工物を固定してドリルを移動させることで、土台に傷がつくことも防いでくれるので何かと重宝しますよ。

サイズ|置く場所の高さ、幅、奥行きを測っておくと安心

ボール盤を選ぶときに、まず準備したいのがボール盤のサイズと置く場所のサイズを把握すること。ボール盤本体のサイズは、箱や情報として記載されていることがほとんどですが、意外と置く場所のサイズがアバウトで、購入したら置くことができないというケースも少なくありません。幅だけでなく高さや奥行きもしっかり測っておきましょう。

ボール盤の人気ランキング

ではここからは、通販の人気ランキングをもとに、おすすめのボール盤を紹介しましょう。サイズや穴あけ能力など、比較できる項目が多いので、行う作業に合わせて選ぶといいですね。

パオック
パワーソニックミニボール盤

つまみで速度調節簡単

文字通りコンパクトなミニボール盤として人気があります。つまみで速度調節も可能、値段も手ごろなので初心者向けのボール盤といってもいいでしょう。回転速度はデジタル表示で見やすく安心して使うことができますよね。テーブルを傾斜させて使うこともでき、使い方もいろいろです。
サイズ(高さmm、幅mm、奥行きmm) 370mm×240mm×170mm
穴あけ能力(木工mm、鉄工mm) スチール3.2mm 銅・アルミ5mm その他6mm
フトコロ寸法(mm) -
テーブルサイズ(縦mm×横mm) -
回転数(min-1) 上9000min-1、中7000min-1、下5000min-1
型番:MTB-6SP

グレートツール
ミニ卓上ボール盤

バイス付きで小さな材料もバッチリ固定

ボール盤は安定感が重要という人におすすめ。コンパクトな設計ですが、バイス付きで小さな材料もしっかりと固定して作業することができます。回転数は3段階調整ができ、スピードもコントロールできるのでDIYなどには最適。ちょっとした加工には簡単に使えて便利ですよ。
サイズ(高さmm、幅mm、奥行きmm) 370mm×170mm×235mm
穴あけ能力(木工mm、鉄工mm) 一般鋼材3.5mm 木工6mm
フトコロ寸法(mm) 150mm
テーブルサイズ(縦mm×横mm) 170mm×170mm
回転数(min-1) 上8500min-1、中5000min-1、下3500min-1
型番:GTB-13G

グレートツール
卓上ボール盤

ハイパワーモーターで楽々穴あけ

回転数が5段階で調節できる、グレートツール 卓上ボール盤は、DIYなどで大活躍の人気商品です。ハイパワーモーター搭載ですから、少し硬いものでも楽に穴をあけることが可能。ミニサイズの卓上ボール盤よりはしっかりとホールドしてくれるので、安心して使うことができますね。効率よく作業を進めたい人におすすめです。
サイズ(高さmm、幅mm、奥行きmm) 580mm×180mm×450mm
穴あけ能力(木工mm、鉄工mm) 一般鋼材1.5mm?13mm
フトコロ寸法(mm) -
テーブルサイズ(縦mm×横mm) -
回転数(min-1) -
型番:K-21

ホーザン
小型・軽量デスクドリル

切削深さが調整できる優れもの

ベルトの架け替えで3段階に変則可能、さらに切削深さが調整できる優れものとして人気があります。平行に穴をあけるための加工用平行ガイドは、穴の位置を決めるのにとても便利と評判です。口コミでも使いやすさについては、良い内容が多いのでそこは間違いないと言えますね。
サイズ(高さmm、幅mm、奥行きmm) 350mm×120mm×225mm
穴あけ能力(木工mm、鉄工mm) 鉄鋼6mm、非鉄鋼6mm
フトコロ寸法(mm) -
テーブルサイズ(縦mm×横mm) -
回転数(min-1) -
型番:28128

プロクソン
テーブルドリル 小型卓上ボール盤

簡単に正確な穴をあける

卓上のボール盤に精密さを求める人に、人気があります。3段階の変則が可能で、簡単に正確な穴があけられると評判です。ボール盤は使うときの音も気になるのですが、この商品は音も静かなので、周りを気にせず使うことができます。集中して作業ができるということですよね。
サイズ(高さmm、幅mm、奥行きmm) 350mm×120mm×120mm
穴あけ能力(木工mm、鉄工mm) -
フトコロ寸法(mm) -
テーブルサイズ(縦mm×横mm) 120mm×225mm
回転数(min-1) 上6200min-1、中4500min-1、下2500min-1
型番:SDP-600V

SK11
卓上ボール盤

強力モーターで安定感抜群

強力モーターで安定感抜群、いろいろな作業に使えると人気があります。ベルトを架け替えて5段階までの速度調整は、正確な穴あけ作業には欠かせないといってもいいでしょう。卓上とはいえ、大型のボール盤ですから、安定感もあり使いやすさも定評がありますね。
サイズ(高さmm、幅mm、奥行きmm) 高さ750mm
穴あけ能力(木工mm、鉄工mm) 鉄鋼13mm 木工30mm
フトコロ寸法(mm) 125mm
テーブルサイズ(縦mm×横mm) 205mm×205mm
回転数(min-1) 580~2650min-1
型番:?TB-1131K

リョービ
卓上ボール盤

本格的なプロ仕様

卓上ボール盤といっても、できるだけ本格的なものが欲しいという人におすすめです。卓上で使えるコンパクトなサイズのボール盤ですが、金属加工から木工まで、しっかりと穴をあけられるプロ仕様。価格も良心的なので、手元に置いて損はないと言える商品ではないでしょうか。
サイズ(高さmm、幅mm、奥行きmm) 580mm×240mm×420mm
穴あけ能力(木工mm、鉄工mm) 鉄鋼13mm 木工24mm
フトコロ寸法(mm) 103mm
テーブルサイズ(縦mm×横mm) 162mm×162mm
回転数(min-1) 515~580min-1
型番:DP2250R

レクソン
東洋アソシエイツ 小型ボール盤

同じ深さの穴を連続して開けられる

同じ深さの穴をいくつも開けたいときに便利です。繰り返して同じ穴をあける作業ができ、効率よく仕事を進めることができるので人気があります。また、回転数は無段階で調節できるので、微調整も可能。コスパがよいという口コミも目立つので、試す価値は十分ですね。
サイズ(高さmm、幅mm、奥行きmm) 410mm×180mm×275mm
穴あけ能力(木工mm、鉄工mm) 鉄鋼6.5mm 木工10mm
フトコロ寸法(mm) 112mm
テーブルサイズ(縦mm×横mm) 172mm×188mm
回転数(min-1) 3200~6200min-1
型番:SDP-13E

シンコー製作所
卓上ボール盤

防塵カバーできれいに作業

ボール盤を使うと、どうしても周りが汚れてしまって気になる、そういう人にはこの商品がおすすめです。防塵カバーがついているので、切削などが飛び散ることが少なく、作業台はいつもきれいなままです。安心して作業ができますよね。もちろん肝心の穴あけについても、バイス付きで固定するので確実です。
サイズ(高さmm、幅mm、奥行きmm) 高さ580mm 奥行き450mm
穴あけ能力(木工mm、鉄工mm) 鉄鋼13mm 木工24mm
フトコロ寸法(mm) 100mm
テーブルサイズ(縦mm×横mm) -
回転数(min-1) 600~2650min-1
型番:SDP-300V

SK11
卓上ボール盤 300W

大きな穴あけも簡単に

ボール盤を使うなら、できるだけいろいろな作業ができるものがいいという人におすすめです。大きな穴開けも簡単にでき、もちろん小さな穴もしっかりあけられるので便利です。穴あけの深さも、調整できる機能がついているので、同じサイズ・深さの穴あけも簡単にできます。
サイズ(高さmm、幅mm、奥行きmm) 高さ592mm
穴あけ能力(木工mm、鉄工mm) 鉄鋼8mm 木工24mm
フトコロ寸法(mm) 103mm
テーブルサイズ(縦mm×横mm) 162mm×164mm
回転数(min-1) 600~2660min-1

商品比較表

商品画像
SK11
シンコー製作所
レクソン
リョービ
SK11
プロクソン
ホーザン
グレートツール
グレートツール
パオック
商品名 卓上ボール盤 300W 卓上ボール盤 東洋アソシエイツ 小型ボール盤 卓上ボール盤 卓上ボール盤 テーブルドリル 小型卓上ボール盤 小型・軽量デスクドリル 卓上ボール盤 ミニ卓上ボール盤 パワーソニックミニボール盤
特徴 大きな穴あけも簡単に 防塵カバーできれいに作業 同じ深さの穴を連続して開けられる 本格的なプロ仕様 強力モーターで安定感抜群 簡単に正確な穴をあける 切削深さが調整できる優れもの ハイパワーモーターで楽々穴あけ バイス付きで小さな材料もバッチリ固定 つまみで速度調節簡単
サイズ(高さmm、幅mm、奥行きmm) 高さ592mm 高さ580mm 奥行き450mm 410mm×180mm×275mm 580mm×240mm×420mm 高さ750mm 350mm×120mm×120mm 350mm×120mm×225mm 580mm×180mm×450mm 370mm×170mm×235mm 370mm×240mm×170mm
穴あけ能力(木工mm、鉄工mm) 鉄鋼8mm 木工24mm 鉄鋼13mm 木工24mm 鉄鋼6.5mm 木工10mm 鉄鋼13mm 木工24mm 鉄鋼13mm 木工30mm - 鉄鋼6mm、非鉄鋼6mm 一般鋼材1.5mm?13mm 一般鋼材3.5mm 木工6mm スチール3.2mm 銅・アルミ5mm その他6mm
フトコロ寸法(mm) 103mm 100mm 112mm 103mm 125mm - - - 150mm -
テーブルサイズ(縦mm×横mm) 162mm×164mm - 172mm×188mm 162mm×162mm 205mm×205mm 120mm×225mm - - 170mm×170mm -
回転数(min-1) 600~2660min-1 600~2650min-1 3200~6200min-1 515~580min-1 580~2650min-1 上6200min-1、中4500min-1、下2500min-1 - - 上8500min-1、中5000min-1、下3500min-1 上9000min-1、中7000min-1、下5000min-1
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
ボール盤の選び方や、通販の人気ランキングを参考に、おすすめのボール盤を紹介しました。どんな作業で使うのか、また設置する作業台のスペースによっても、使えるボール盤はかわります。また初心者向けやプロ仕様などもありますから、使いやすさを重視するのも一つの方法です。お気に入りが見つかるといいですね。