バイスのおすすめ人気ランキング|回転するタイプが便利

バイスはDIYや大工作業で、成形作業などの際にしっかり挟んで動かないようにする工具。万力とも言いますよね。作業するものが動かないととても仕事がはかどりますが、バイスの種類やサイズは様々。選ぶときに迷わないよう、今回はバイスの選び方と、通販の人気ランキングをもとにおすすめの商品を紹介しましょう。

失敗しない!これだけチェック!
バイスの人気ランキング
商品比較表

失敗しない!これだけチェック!

ここでは、バイスの選び方についてお話ししましょう。種類とサイズなど、お気に入りのバイスを探すときのヒントになればうれしいですね。

種類1|一般的に万力と呼ばれる「横バイス」DIY向きの「ベンチバイス」

私たちが万力と呼んでいるバイスが、横バイスです。やすり掛けなどの加工作業で、しっかりと材料を固定するための工具をいいます。作業台にボルトで固定して使います。また、DIYなどで使う作業台に、クランプを使って固定するベンチバイスもありますが、これは、持ち運びが手軽というメリットがありますね。

種類2|工作機械で使用する「マシンバイス」研削作業には「精密バイス」

種類2|工作機械で使用する「マシンバイス」研削作業には「精密バイス」
比較的本格的な作業で使われるバイスは主に2つあります。一つは工作機械で使用するバイスでマシンバイスとよばれているものです。そしてもう一つが、材料を研磨するときなどに使われる精密バイス。材料を取り付けたまま回転させて作業を行います。文字通り精密な作業で活躍するバイスということですね。

サイズ|作業の幅が広い口開50~70mm、木工作業に最適な口開150~mm

バイスを選ぶ際に注意したいのがサイズです。せっかく良いバイスを探しても、設置するときにサイズが合わないのでは、宝の持ち腐れですよね。また、作業をするときの口開のサイズも重要。口開の広さは50~70mmは欲しいところです、木工作業をするときにはもっと広い150mm以上はあったほうが、作業がしやすくなります。

素材|軽量で取り回しやすいアルミ製、重量があり安定感のある鉄製

バイスの素材はいろいろありますが、アルミ製は軽いので非常に使いやすいというメリットがあります。持ち運びにも最適で、DIYなどで場所を変更しながら使うことが多い場合におすすめです。また、安定感がある鉄製は、作業がしやすいというメリットがあります。中でもさびに強い鋳鉄は、お手入れも簡単なので便利です。

バイスの人気ランキング

いよいよここからは、通販の人気ランニングを参考に、おすすめのバイスを紹介しましょう。重さなどを比較して、使いやすそうな商品を探してみてくださいね。

GREENCROSS
アルミ ベンチ バイス

軽くて使いやすいアルミ製

GREENCROSS アルミ ベンチ バイスは、アルミ製なので軽くて使いやすいと人気があります。さらに工作台に取り付けるのも簡単で、持ち運びにも便利ですから、DIYに最適。初めてバイスを使う人におすすめしたい商品ともいえるでしょう。口コミにもありますが、卓上用のバイスとして使えば、問題なく作業ができますね。
最大口開(mm) 50mm
重さ(㎏) -

ツールズアイランド
万力 回転式 リードバイス

しっかり力をかけられて安心

バイスはやっぱりしっかり力をかけられるタイプがいい、そういう人には、ツールズアイランド 万力 回転式 リードバイスがおすすめです。最大の口開が170mmと、かなり広くなっているので、いろいろな作業で活躍してくれるでしょう。台座が360度回転するので、しっかり取り付けておくだけで作業の幅も広がります。
最大口開(mm) 170mm
重さ(㎏) 11.6kg

SK11
ホビーバイス

小物の作業に適したアルミ合金製

SK11 ホビーバイスは、小物の作業に適したアルミ合金製のバイス。軽くて持ち運びやすいので、DIYはもちろんのこと、彫金などの作業にも活躍してくれます。さらに、作業台への取り付けも簡単。取り外しも同様に簡単なので、作業する場所に困ることがありません。値段もお手頃なので、ちょっとした作業に問題なく使えます。
最大口開(mm) 40mm
重さ(㎏) 0.4kg

サンアップ
アルミクイックバイス

オレンジのボタンが優秀

サンアップ アルミクイックバイスは、アルミ製ですがしっかりした重量感が人気のバイスです。ぽつんとついているオレンジのボタンは、これを押しながら把持部を開閉できるのでとても便利。ハンドルを回して調整するバイスが多いのですが、この商品はボタンを押しながら調整できることで作業がしやすくなります。
最大口開(mm) 100mm
重さ(㎏) -
型番: K-24

ホーザン
ミニバイス

軽作業に適したミニバイス

ホーザン ミニバイスは、軽作業にとても適したバイスです。口コミでも、使いやすさと買ってよかったという内容が多いので、人気があるという証拠ですね。主に直線状の穴あけ用として使うのが適していて、正確に同じ径の穴をあけることができハンダ付けに使っている人もいますから、自分なりの使い方もできます。
最大口開(mm) 33mm
重さ(㎏)

サンアップ
シャコ万力

鋳鉄で錆に強い

サンアップ シャコ万力は、鋳鉄製で錆に強く、お手入れが簡単なバイスだと人気があります。昔ながらの万力で、溶接や接着、木工工作などに活躍してくれるでしょう。クリップ式のものよりも、こういった商品のほうが使いやすいですし挟む力も強いです。固定力という点でも、昔の技術が生きているということです。
最大口開(mm) 100mm
重さ(㎏) -

cycle product
小型卓上万力

小さな部品の加工に最適

加工するものが小さければ小さいほど、ものが動いてしまってやりにくい、そんなときにcycle product 小型卓上万力 は、小さなものほどしっかり固定してくれる超小型のミニ万力として人気があります。4点で商品を固定するので、そう簡単に動いてしまうということはありません。小さいものの加工専用として使うと便利です。
最大口開(mm) -
重さ(㎏) -
型番:TV-12

エンジニア
アンヴィルバイス

ちょっとおしゃれなかわいいバイス

作業台に取り付けたままにしておいても邪魔にならない、ちょっとおしゃれなかわいいバイスがエンジニア アンヴィルバイス。工具好きにはインテリアとしても使えそうだと人気があります。もちろん、実力もあって、小さな小物の作業にはしっかりホールドしてくれるのでおすすめです。取り外しも簡単なので、持ち運びにも重宝します。
最大口開(mm) 35mm
重さ(㎏) 0.75kg
型番:THV-90

三共コーポレーション
trad ホームバイス

頑丈なのに使いやすい

三共コーポレーション trad ホームバイスは、見た目からもわかるようにとてもしっかりした作りになっているバイスです。頑丈なのに使いやすいという口コミも多く、実力はお墨付き。価格の割に実力があるということでも人気があります。いろいろな作業でもびくともしないその安定感は、ぜひ使ってみたいと思わせてくれるでしょう。
最大口開(mm) 90mm
重さ(㎏) 4.5kg
型番:PZ-64

エンジニア
ネジザウルスVP-1

どんなネジでもがっちりつかんで離さない

ネジを外すときに心強い味方となるのがエンジニア ネジザウルスVP-1。どんなネジでも、バイス機構ががっちりつかんで離さずに、回して外すことができるのでおすすめです。面倒なレバー操作がないので使いやすさも抜群。やや大きめのサイズですが、慣れてしまえば問題ないのでまずは使ってみるのが先決ですね。
最大口開(mm) 38mm
重さ(㎏) 0.205kg

商品比較表

商品画像
エンジニア
三共コーポレーション
エンジニア
cycle product
サンアップ
ホーザン
サンアップ
SK11
ツールズアイランド
GREENCROSS
商品名 ネジザウルスVP-1 trad ホームバイス アンヴィルバイス 小型卓上万力 シャコ万力 ミニバイス アルミクイックバイス ホビーバイス 万力 回転式 リードバイス アルミ ベンチ バイス
特徴 どんなネジでもがっちりつかんで離さない 頑丈なのに使いやすい ちょっとおしゃれなかわいいバイス 小さな部品の加工に最適 鋳鉄で錆に強い 軽作業に適したミニバイス オレンジのボタンが優秀 小物の作業に適したアルミ合金製 しっかり力をかけられて安心 軽くて使いやすいアルミ製
最大口開(mm) 38mm 90mm 35mm - 100mm 33mm 100mm 40mm 170mm 50mm
重さ(㎏) 0.205kg 4.5kg 0.75kg - - - 0.4kg 11.6kg -
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
バイスの選び方と、通販の人気ランキングを参考に、おすすめの商品を紹介しました。バイスを使って行う作業によっても、適したものとそうでないものとがあり、まずはどういった作業で使うバイスなのかをはっきりさせておくと、選ぶときに迷わないと言えるでしょう。お気に入りの商品が見つかるといいですね。