フォークの種類とおしゃれで使いやすいおすすめフォーク12選

サラダやパスタ、デザートを食べるときなど、日頃の食事やデザートの中で何気なく使っているフォーク。食器に比べると、わざわざカトラリーを揃える、フォークを選ぶということは少ないかもしれませんが、実は、種類・素材・ブランドなどフォークも選択の幅が広いものです。普段の食事やデザートで、どのようなフォークを揃えておくと良いのでしょうか。そもそもフォークにはどんな種類や素材、ブランドがあり、それぞれの特徴は何なのか、まとめました。

フォークの種類
フォークの素材別の特徴
フォークを選ぶ際のポイント
フォークのおすすめブランド
商品比較表
フォークの人気ランキングもチェック!
この記事に登場した専門家

フォークの種類

インテリア&フードスタイリスト
江口恵子さん
カトラリーの中で、フォークには、大きい順に次のような種類があります。ただ、一般家庭ですべて揃える必要はありません。

基本的には、食事用にテーブルフォーク、デザート用にケーキフォーク、この2種類があれば十分ですが、加えるとすればデザートフォークもあると便利ですね。

フォークの大きさと種類にはメーカーによっても違いがあります。特に海外と日本のメーカーとでは大きさが違う場合があります。

サービスフォーク

大皿から料理を取り分けるためのフォークです。一般家庭ではあまり使われません。
サービスフォーク

テーブルフォーク

食事のときによく使われるフォークです。日本の一般家庭であれば、料理を食べるフォークとしては、このテーブルフォークがあれば十分です。
テーブルフォーク

デザートフォーク

デザートを食べるときに、ケーキフォークに加えて揃えておくと便利なフォークです。ケーキフォークでは小さくて食べにくいようなデザートを食べるときにおすすめです。
デザートフォーク

フィッシュフォーク

魚料理に使用されるフォークですが、日本の一般家庭ではほとんど使う機会はありません。
フィッシュフォーク

サラダフォーク

フルーツフォークと同じ大きさですが、歯の数が4つと多くなっています。歯が多いことでサラダの葉物野菜などが取りやすくなっています。

フルーツフォーク

サラダフォークや次に紹介するケーキフォークと同じような大きさですが、歯の数が2つまたは3つと少なくなっています。これは、果物に穴が多く空くと、果汁が出てしまい、食感や風味が変わってしまうためです。
フルーツフォーク

ケーキフォーク

デザートを食べるときに使われるフォークです。一般家庭ではデザートや果物用にはこのケーキフォークがあれば十分です。もう1つ加えるとすれば、先に紹介したデザートフォークと使い分けると便利です。

ヒメフォーク

デザートフォークよりもさらに小さいフォークです。

フォークの素材別の特徴

ステンレス製

ステンレスはいちばんよく使われているフォークの素材です。錆びにくく、酸に強く、丈夫で万能な素材です。

オールステンレスのフォークがいちばん丈夫で、飽きもこないデザインですが、好みに合わせて持ち手のみ樹脂やゴム、木製のものを選ぶのもおすすめです。

木製

ステンレスに比べ、剥げるなど劣化しやすい素材ですが、あたたかみのある見た目や口当たりが人気の素材です。子ども向けのフォークとしてもおすすめです。

注意点は、食器洗い乾燥機が使えないものが多い点です。食器洗い乾燥機を使えるものでも、使っているうちにどうしてもツヤがなくなってきます。

料理やシーンによってステンレス製のフォークと組み合わせて使うのがおすすめです。
木製フォーク

樹脂製

樹脂製のフォークは、刺さりにくく使いにくいですし、口当たりも良くないので、メインのフォークとして使うのはあまりおすすめはできません。

ただ、カラフルな色味やデザイン性の高いものも多いので、ホームパーティーで使ったり、インスタ映えを狙うのには、ぴったりのものが見つかりやすいと思います。

また、子ども用のフォークで、樹脂製のものを使うことはあります。
樹脂製フォーク

アルミ製

アルミ製のフォークは、曲がりやすく、使い勝手が良くありません。また、モノと反応しやすい素材でもあるため、金属の味が食事の味を台無しにしてしまうのでおすすめできません。

フォークを選ぶ際のポイント

他のカトラリーにも共通することですが、日本の一般家庭では、フォークというのは単体で使うよりも、ナイフやスプーン、お箸などと一緒に使う機会が多いものだと思います。そのため、フォークを選ぶ際は、他のカトラリーや食器との相性も大切です。

ただ好きなデザインという理由ではなく、他のカトラリーや食器と合わせてどうやって使うかを考えて揃えると、食卓が整います。迷ったら、無印のようなシンプルなデザインのものにしておくと、全体のバラつきが出ないのでおすすめです。

フォークのおすすめブランド

Cutipol(クチポール)

ポルトガルのカルダス・ダス・タイパスという町に工場をもつカトラリー専門店のブランド。デザインから仕上げまでを自社工場で行い、職人がひとつひとつ手作業で製造しています。

人間工学と最新テクノロジーを取り入れた機能性と現代的なセンスが魅力で、国や地域それぞれの土地に合ったデザインに取り組んでいます。

箸や和食器と組み合わせても違和感がなく、日本の食卓に相性の良いブランドです。

ゴアシリーズ ディナーフォーク

フォークの先端部分はステンレス製、柄の部分は木目調の樹脂製。使い勝手が良く、すっきりとしたおしゃれなシルエットが人気のシリーズです。箸や和食器との相性が良く、日本の食卓にもなじみます。

クチポール テーブル フォーク GOA シルバー×ブラック

  • メーカー型番:GOA
  • サイズ:全長21.6cm
  • 本体重量:23g
  • 素材・材質:ステンレススチール(クローム18%・ニッケル8%)、アセタール(25%ガラス繊維混合)
  • 原産国:ポルトガル

ディナーフォーク ゴア ブラウン (Cutipol クチポール / GOA)

  • デザイナー:ホセ ホアキン リベイロ
  • サイズ:W215mm
  • 素材:ステンレス(マット仕上げ)、樹脂
  • カラー:シルバー×ブラウン

クチポール テーブル フォーク GOA ゴールド×ホワイト GO.04WGB

  • サイズ:21.7cm
  • 素材・材質:ステンレス、レジン

商品比較表

商品画像
商品名 クチポール テーブル フォーク GOA ゴールド×ホワイト GO.04WGB ディナーフォーク ゴア ブラウン (Cutipol クチポール / GOA) クチポール テーブル フォーク GOA シルバー×ブラック
特徴
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

柳宗理

日本生まれの調理器具・カトラリーブランド。実物大モデルの試用を繰り返して完成されるデザインは、使い心地の良いものばかり。

緩やかな曲線が生み出すオシャレなデザインも人気です。日本生まれのブランドだけあり、和食器と相性が良い製品が揃っています。

#1250 ステンレスカトラリー テーブルフォーク

オールステンレスのフォーク。丸みのあるフォルムとつや消しで、あたたかみのあるデザインに仕上げています。

柳宗理 テーブル フォーク 日本製 000029

  • サイズ:183mm
  • 本体重量:38g
  • 素材・材質:ステンレス
  • 原産国:日本

無印良品

手頃な価格で、飽きのこない万人受けするフォークが揃っています。ベーシックなデザインで他のカトラリーや食器と合わせやすく、価格面でも揃えやすいのでおすすめです。

ステンレステーブルフォーク

スタンダードなデザインのフォーク。さまざまな料理に使いやすく作られています。

無印良品 ステンレスフォーク 38726647 良品計画

KAY BOJENSEN(カイ・ボイスン)

デンマーク発のカトラリーブランド。フォークも含め全28種類のアイテムを扱っています。使いやすく、他の食器やカトラリーとの相性も良いデザインです。

GRAND PRIX(グランプリ) ディナーフォーク

メインディッシュに、日本の一般的な食事でも幅広い料理に使えるフォーク。オールステンレスで、シンプルなおしゃれさがあります。

カイ・ボイスン Grand Prix ディナーフォーク マット加工 502

  • サイズ:192x27mm
  • 素材・材質:18-10ステンレススチール
  • 生産国:日本/燕市
  • 製造メーカー:大泉物産

iittala(イッタラ)

フィンランドのガラス工房から始まったブランド。現在はガラス製品以外にも、陶器やステンレス製品も取り扱う、北欧を代表するテーブル&リビングウェアブランドです。

Piano(ピアノ) ディナーフォーク

【iittala】イッタラ ピアノ ディナーフォーク ステンレス PIANO DINNER FORK

Citterio 98(チッテリオ 98) ディナーフォーク

iittala イッタラ 北欧食器 チッテリオ 98 ディナーフォーク マット CITTERIO 98 DINNER FORK/MATTE 187256 [並行輸入品]

  • 素材:ステンレススティール製、マット仕上げ
  • サイズ:2.5x19.8cm

IKEA(イケア)

スウェーデン発祥の世界的に有名な家具量販店。カトラリーも一通り揃っており、ベーシックでシンプル、飽きのこないデザインはどんな人にもおすすめできます。

DRAGON(ドラゴーン)サラダ/デザート フォーク

イケアを代表するアイテムのひとつ。丈夫でベーシックなデザインのフォークです。

IKEA(イケア) DRAGON 90177589 サラダ/デザート フォーク, ステンレススチール

Christofle(クリストフル)

フランスの銀製品ブランド。シルバーウェアの代名詞として世界中で高く評価されています。日常使いのカトラリーというよりも、ギフトや大切な場面で使いたいカトラリーです。

Marly(マルリー)スタンダードフォーク

シルバーコーティングで、ロカイユ様式の典型である繊細な植物性装飾が施されています。陶磁器と相性が良いフォークです。

クリストフル(Christofle) マルリー 23 スタンダードフォーク

  • 材質:クリストフルシルバーコーティング(電子レンジ不可、オーブン不可、食洗機可、フリーザー可、直火不可、IH不可)
  • サイズ:縦/19cm
  • ブランド:Christofle(クリストフル) / France(フランス) シリーズ:MARLY(マルリー)
  • 化粧箱:商品のみ(箱なし)

Pearl(パール)スタンダードフォーク

シルバーコーティングの流れるような浮き彫りによる装飾は、カトラリーの輪郭をパールのネックレスが鮮やかに縁取っているかのよう。陶磁器と相性が良いフォークです。

クリストフル(Christofle) パール 23 スタンダードフォーク

  • 材質:クリストフルシルバーコーティング(電子レンジ不可、オーブン不可、食洗機可、フリーザー可、直火不可、IH不可)
  • サイズ:縦/19cm
  • ブランド:Christofle(クリストフル) / France(フランス) シリーズ:PERLES(パール)
  • 化粧箱:商品のみ(箱なし)

SUNAO(スナオ)

金属製品の街として知られる新潟県燕市のカトラリーブランドのひとつ。日本の食卓に合うカトラリーとして、日本人の手に合うサイズと、現代の日本の食生活の中で箸と並んで相性の良いデザインです。 

ディナーフォーク

ステンレス製でシンプルでベーシックなデザインながら、しっかりとしたフィット感に、こだわりがうかがえます。

燕振興工業 SUNAO ディナーフォーク

  • サイズ:194mm
  • 本体重量:44g
  • 素材・材質:18-8ステンレス
  • 原産国:日本/燕市
  • 製造メーカー:燕振興工業
日頃何気なく使っているフォークですが、その種類や素材、ブランドなど、あらためて考えてみると、こだわるポイントはいくつもあります。フォークひとつでも、きちんと選んで並べることで、食卓が整います。

また、クチポール・柳宗理・カイ・ボイスンといった人気ブランドのフォークでも、さほど高くはありません。食器に比べて手頃な値段で満足できるものが手に入るのも嬉しいところです。今までフォーク選びはあまり意識してこなかったという方も、ぜひこの機会に見直してみてください。
スプーンの種類と人気ブランドのおすすめスプーン13選 - PICUP(ピカップ)
スプーンの種類と人気ブランドのおすすめスプーン13選 - PICUP(ピカップ)>>
カレーやスープ、シチューなどの汁物、あるいはコーヒーや紅茶、デザートを食べるときなど、日頃の食事やティータイムに何気なく使っているスプーン。箸ほどではありませんが、意外と出番の多いカトラリーのひとつです。そんなスプーンは、種類、素材、ブランドなど、実はさまざまな選択肢があり、自分に合ったものを選ぶことで、食卓がより心地よいものとなります。では、一般の家庭では、どのようなスプーンを揃えておくと良いのでしょうか。スプーンの種類や素材、ブランドと、それぞれの特徴をまとめました。
おすすめのテーブルナイフ&ステーキナイフ14選 - PICUP(ピカップ)
おすすめのテーブルナイフ&ステーキナイフ14選 - PICUP(ピカップ)>>
食事の際に使うナイフとしては、テーブルナイフと呼ばれる種類のナイフが一般的ですが、その他にもデザートナイフなどいくつかの種類があります。また、最近では肉好きの人を中心に、ステーキナイフにまでこだわりを持つ人も。基本的にはフォークやスプーンと合わせて選ぶことになりますが、ナイフの選び方と、切れ味もデザイン的にもおすすめのナイフをご紹介します。

フォークの人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: フォーク の中で最も人気のある商品です>>
【楽天市場】フォーク | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>

この記事に登場した専門家

インテリア&フードスタイリスト
江口恵子さん
インテリア&フードスタイリストとして、雑誌、広告、Web等でインテリアから料理まで、暮らしまわりのスタイリングと提案を行う。カフェオーナーや料理講師としての顔も持ち、ケータリング、予約制カフェ・レストラン、料理教室を柱とした“ナチュラルフードクッキング”を主宰。「All About」では家事ガイド、食器・カトラリーガイドも努めている。
詳しくはこちら