砥石おすすめ人気ランキング9選|家庭用からプロ愛用のものまで

料理をする上で欠かすことができないアイテムといえばやはり包丁です。特に和包丁はその品質の高さから世界的にも注目を集めるようになりました。そんな包丁の切れ味を維持する上で重要なのが砥石です。今日でさまざまな種類のものがありますので、今回は中でも特に人気のものをランキング形式でご紹介しましょう。

失敗しない!これだけチェック!
砥石の人気ランキング
商品比較表

失敗しない!これだけチェック!

具体的な人気アイテムをご紹介する前に、失敗しない選び方のポイントをチェックしていきましょう。はじめて砥石を購入するという方も参考にしてみてください。

番手1|刃欠けを修正する時や刃の形を変更刷るときは荒研ぎ石をチョイス

砥石を選ぶ際に、まずチェックしなければならないのが番手。ヤスリに例えると、目の粗さです。洗い物ほどより深く削ることができます。刃欠けを修正したり、刃の形そのものを変更する場合は、目の粗い荒研ぎ石をチョイスしましょう。ただ、誤って使用すると包丁を大きく痛めてしまうこともあるので注意が必要です。

番手2|一般的な研ぎ直しで使用され、刃先の調整等をする時の中研石

包丁の切れ味が悪くなってきた時や、刃先の調整などで使用されるのが中研石です。ある程度刃の形を整えながら、しっかりと研ぐことができますので、もっとも広く使用されます。一般家庭で使用される砥石はこのくらいの目のものが多い傾向にあります。包丁を自分で研ぐ方はひとつは持っておきたいところです。

番手3|細かいキズを取るために使用され、刃の仕上げに使う時は仕上げ砥石を

番手3|細かいキズを取るために使用され、刃の仕上げに使う時は仕上げ砥石を
出典:Amazon
ある程度刃を整えた上で、細かなキズを取って美しく仕上げる際には、より目の細かい砥石が使用されます。仕上げ砥石を使用すると、刃の部分を鏡面仕上げのように綺麗にすることができます。ある程度研ぎ上げるには時間がかかりますが、手間以上の仕上がりになります。

番手4|プロの方が刃の繊細な仕上げをする時は超仕上げ砥石を

一般家庭で包丁を研ぐ場合は、中砥石か、より綺麗に仕上げたいという方であっても仕上げ石までです。ですが、プロの研ぎ師の方などの場合、最終的により繊細に仕上げるために超仕上げ砥石を使用することもあります。切れ味、見た目などあらゆる面で包丁研ぎに一切妥協したくないという方向けになります。

砥石の人気ランキング

選び方のポイントをチェックしたら、いよいよ人気の砥石を具体的にご紹介していきましょう。それぞれの違いをチェックしてみてください。
型番:WA280802-W

末広
中/仕上げ砥石用修正砥石

すり減った砥石の修正ができる

砥石は何度も繰り返し使用していると、どんどんすり減ってしまいます。使い方によっては部分的にすり減ってしまい、うまく研ぐことができなくなってしまうケースも。そこで、こちらの砥石は、そんな砥石の修正をすることができるもの。中砥石から仕上げ砥石まで対応できますので、家庭用としてもおすすめです。
粒度(#n)
サイズ(mm)
型番:K0710

シャプトン
刃の黒幕メロン仕上げ研

刃を美しく仕上げてくれる砥石

天然砥石ならではのなめらかな研ぎ感と仕上がりを実現した仕上げ砥石です。かなり目が細かいことから刃の修正や研ぎ直しには適していませんが、その分だけ、刃をとても美しく仕上げることができます。より切れるようにするだけでなく、刃を見た目にも美しく仕上げたいという方におすすめの砥石となっています。
粒度(#n) 8000
サイズ(mm) 210×70×15
型番:K0707

シャプトン
刃の黒幕ブルー中研

研ぎ直しにぴったりな中研

使いやすさと、その高い品質で一般家庭から、プロの現場でも人気の刃の黒幕シリーズ。こちらは切れ味が落ちてしまった包丁の研ぎ直しにぴったりな中研タイプです。素早く綺麗に刃を研ぎ直すことができますので、料理の前にちょっと研ぐだけで、料理をとても効率的にしてくれることでしょう。
粒度(#n) 1500
サイズ(mm) 210×70×15
型番:K0705

シャプトン
刃の黒幕クリーム仕上研

とことん光沢と切れ味にこだわる方に

高い信頼性から、幅広い方に支持されているシャプトンの刃の黒幕シリーズの中でも、とことん仕上げにこだわりたい方におすすめの砥石となっています。一般的な仕上げ砥石よりもはるかに高い研磨力がありますので、包丁などの刃物の光沢と驚異的な切れ味を実現します。高品質な仕上げ砥石を求める方におすすめです。
粒度(#n) 12000
サイズ(mm) 210×70×15
型番:K0709

シャプトン
刃の黒幕ブルーブラック荒研

刃の欠けなども修正できる荒研

包丁を長く使用していると、何かの拍子に刃が欠けてしまうこともあります。わずかな欠けであっても、切れ味はかなり悪くなりますし、ひっかかりができて使いにくくなります。そこで、こちらの砥石を使用すれば欠けを修正することができます。研磨力が非常に高いのでわずかな欠けであればすぐに修正可能です。
粒度(#n) 320
サイズ(mm) 210×70×15

ホーザン
ラバー砥石

さまざまな研磨に使えるラバー砥石

砥石といえば、包丁を研ぐためのものが一般的ですが、こちらは自転車のリムなどの金属を磨くことができるラバー砥石です。その名の通り、ゴムのような柔らかい材質になっていますので、金属面の錆などを落とし、光沢を取り戻すことができます。気軽に金属を綺麗に磨きたいという方におすすめです。
粒度(#n) 120
サイズ(mm) 50×25×20
型番:K07030

シャプトン
刃の黒幕グリーン中研

研ぎ直しから仕上げまでできる万能型

大人気の刃の黒幕シリーズの中でも、研ぎ直しから仕上げまでひとつでこなすことができる万能型の砥石となっています。家庭でより包丁を切れ味良く、そして見た目も綺麗に仕上げたいという方におすすめです。通常の中研用のものよりも目がさらに細かいことから、小さな傷なども取り除くことができます。
粒度(#n) 2000
サイズ(mm) 210×70×15

シャプトン
刃の黒幕エンジ仕上研

食いつきのいい仕上研

一般的に、目の細かい仕上げ用の砥石はツルツルしていてあまり刃が食いついてくれないというイメージを抱いている方も多いようです。ですが、こちらは仕上げ用の目の細かい砥石でありながら、しっかりと刃を掴んでくれますので、初心者の方でも刃をとても綺麗に仕上げることができます。
粒度(#n) 5000
サイズ(mm) 210×70×15
型番:K0702

シャプトン
刃の黒幕オレンジ中研

刃が吸い付くように遂げる中研

あまり包丁を研ぐのに慣れていない方の場合、刃が滑ってしまい、なかなかうまく研げないという悩みを抱えているケースも多いようです。その点、こちらは中研ながら荒研がいらないと言われるほどに、しっかりと刃が吸い付き、よく研げます。まずは刃の研ぎ直しに挑戦してみたいという方にもおすすめです。
粒度(#n) 1000
サイズ(mm) 210×70×15

商品比較表

商品画像
シャプトン
シャプトン
シャプトン
ホーザン
シャプトン
シャプトン
シャプトン
シャプトン
末広
商品名 刃の黒幕オレンジ中研 刃の黒幕エンジ仕上研 刃の黒幕グリーン中研 ラバー砥石 刃の黒幕ブルーブラック荒研 刃の黒幕クリーム仕上研 刃の黒幕ブルー中研 刃の黒幕メロン仕上げ研 中/仕上げ砥石用修正砥石
特徴 刃が吸い付くように遂げる中研 食いつきのいい仕上研 研ぎ直しから仕上げまでできる万能型 さまざまな研磨に使えるラバー砥石 刃の欠けなども修正できる荒研 とことん光沢と切れ味にこだわる方に 研ぎ直しにぴったりな中研 刃を美しく仕上げてくれる砥石 すり減った砥石の修正ができる
粒度(#n) 1000 5000 2000 120 320 12000 1500 8000
サイズ(mm) 210×70×15 210×70×15 210×70×15 50×25×20 210×70×15 210×70×15 210×70×15 210×70×15
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
包丁の切れ味は料理の効率や出来映えも大きく左右しますので、維持したいものです。その上で欠かせないのが砥石ですが、実にさまざまな種類のものがありますので、どれを選べばいいのかわからなくなってしまうのも無理はありません。そこで、今回のランキングを参考にしていただければ、きっとあなたにとってベストなものが見つかるでしょう。
おすすめタグ