スキムボードのおすすめ人気ランキング6選|好みの素材を見つけよう!

サーフィンやダイビングなど、マリンスポーツにもさまざまな種類のものがあり、それぞれ異なった魅力を持っています。そんな中、近年高い人気を集めているのがスキムボードです。ボードにもさまざまな種類のものがあり、それぞれ機能は異なっています。そこで、今回は人気のものをランキングでご紹介しましょう。

失敗しない!これだけチェック!

スキムボードの人気ランキングをご紹介する前に失敗しない選び方のポイントをチェックしておきましょう。初心者の方もこれだけは押さえておいてください。

ビーチスライド|砂浜をスーッと滑走できるものを選ぼう

スキムボード選びにおいて、まず最初にチェックしておきたいのがビーチスライドの性能です。砂浜をスムーズに滑走することができるものが理想的です。サイズや形状、素材などのよってこのビーチスライドの性能には違いがありますので、それぞれの傾向をしっかりチェックしておきたいところです。

サイズ|体重に合わせて選ぼう!大人なら130cmが目安

サイズ|体重に合わせて選ぼう!大体130cmで大人用
出典:Amazon
スキムボードを選ぶ際に、必ずチェックしなければならないのがサイズです。自分に合ったものでなければ、うまく乗ることができないどころか危険を伴いますので、必ず確認するようにしましょう。スキムボードのサイズは体重に合わせて選ぶのが一般的で、大人であれば130cmが目安となります。

コア素材1|浮力がいらない「ウッド」、水を吸いにくい「PVCフォーム」

スキムボードのコア素材にもさまざまなものがあり、それぞれ特徴・特性は異なっていますので、選ぶ際にはしっかりとチェックしなければならないポイントのひとつです。浮力がいらない定番のウッドをはじめとして、水を吸いにくく、強度と浮力が高いPVCフォームのものも人気があります。

コア素材2|吸水性の「PUフォーム」、軽さと浮力の「ESPフォーム」

コア素材にはまだまだいろいろなものがあります。PVCよりも水を吸いやすく、また浮力が少ないのがPUフォーム。そして、とても軽量で十分な浮力があるのがESPフォームです。このように、素材によって特徴はまったく異なっています。自分の好みなどに合わせて、ベストなものを見つけましょう。

スキムボードの人気ランキング

選び方のポイントをチェックしましたので、ここからはスキムボードの人気ランキングをご紹介しましょう。それぞれの違いを確認してみてください。

ラッシュ
スキムボード

キッズ用のスキムボード

子供向けの初めての一本にもぴったりなスキムボードです。キッズ用とはいえ、作りはとてもしっかりとしており、操作性も高いことから、体重の軽い女性にもおすすめです。デザインはとてもシンプルですが、カラーバリエーションもありますので、好みに合わせて選べる点もポイントです。
コア素材

グライド
スキムボード

軽量で操作性抜群のスキムボード

従来のモデルよりもさらに軽量で操作性をアップさせたスキムボードです。初心者から中級者向けの価格帯のモデルにあたりますが、耐久性もとても高く、全体のクオリティが非常に高いことから、あらゆるレベルのボーダーの方におすすめできます。耐久性も高いので長く愛用できることでしょう。
コア素材 バンブーシート

マザー
スキムボード

ハンドクラフトの日本製スキムボード

とても丁寧な作りの日本製ハンドクラフトスキムボードで知られるマザーのベーシックタイプです。高密度フォームPVCをコアとして採用しており、オンボードの確実性と水面での安定感を高めています。また、ターンのコントロール性能もとても高いことから、初心者の方にもおすすめのボードです。
コア素材 PVCフォーム

RAMMBER
スキムボード

初心者でもコントロールしやすいスキムボード

ノーズを反らせることによって、初心者の方でも乗りやすく、コントロールしやすく仕上げられているスキムボードです。ウイングテールには二段階のカットを入れることによって、ターンのコントロールも用意です。材質には厳選された高品質ウッドの多重層プレスが採用されており、耐久性も抜群です。
コア素材 ウッド

スキムボード

気軽にスキムボードを始められる

これからスキムボードを始めてみたいという方にもおすすめな、リーズナブル価格のスキムボードとなっています。低価格でも作りはしっかりとしていますので、もちろん中級者の方でも十分に楽しむことができるでしょう。カラーバリエーションもとても豊富で、好みに合わせてチョイスできます。
コア素材 ウッド

RAMMBER
スキムボード

ウッドの質感が魅力的なスキムボード

リーズナブルな価格帯ながら、とても高品質なウッドタイプのスキムボードです。初心者の方でも乗りやすく、そしてコントロールしやすいノーズロッカーを採用し、さらにウイングテールにも二段階のカットを入れることによってターンも容易になっています。これからスキムボードを始める方にもおすすめです。
コア素材 ウッド

商品比較表

商品画像
RAMMBER
RAMMBER
マザー
グライド
ラッシュ
商品名 スキムボード スキムボード スキムボード スキムボード スキムボード スキムボード
特徴 ウッドの質感が魅力的なスキムボード 気軽にスキムボードを始められる 初心者でもコントロールしやすいスキムボード ハンドクラフトの日本製スキムボード 軽量で操作性抜群のスキムボード キッズ用のスキムボード
コア素材 ウッド ウッド ウッド PVCフォーム バンブーシート
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
マリンスポーツの中でも、注目を集めているスキムボード。これから挑戦してみたいと考えている方も多いでしょう。ですが、ボードにはさまざまな種類のものがありますので、迷ってしまいがちです。そこで、今回ご紹介したチェックポイントやランキングをボード選びの参考にしていただければ幸いです。