サーフブーツのおすすめ人気ランキング9選|0.5~1cm小さなサイズを!

数あるマリンスポーツの中でも、特に世界中で愛されているものといえば、サーフィンを思い浮かべる方が多いでしょう。そんなサーフィンをもっと快適に楽しむためのアイテムとしてサーフブーツが挙げられます。さまざまな種類がありますので、今回は特に人気のものをランキング形式でご紹介したいと思います。

失敗しない!これだけチェック!

具体的に人気のサーフブーツランキングをご紹介する前に、選び方のポイントを押さえておきましょう。これだけチェックすれば失敗する心配はありません。

スタンダードタイプ|防水性に優れ、ずれにくい!初心者に◎

単にサーフブーツといっても、さまざまな種類のものがあります。そんな中でも、もっとも初心者の方におすすめなのがスタンダードタイプです。防水性や保温性に優れているだけでなく、とてもずれにくいので、安定感があります。これからサーフィンをはじめる方も、ひとつは持っておきたいタイプです。

ソックスタイプ|中・上級者向け!素足感覚で履けて、動きやすさ抜群

素足のように、よりしっかりとボードの感覚を味わうことができるのがソックスタイプです。夏場などは素足でサーフィンを楽しんでいるという方にもおすすめのタイプになります。基本的には中・上級者向けとなっています。とにかく動きやすさも抜群ですので、さまざまなスタイルのサーフィンを楽しむことができます。

サイズ|自分の足より0.5~1cm程度小さいものを目安に!

サイズ|自分の足より0.5~1cm程度小さいものを目安に!
出典:Amazon
サーフブーツを選ぶ際に、必ずチェックしなければならないのがサイズです。大きすぎても、逆に小さすぎても快適性や操作性は損なわれてしまいます。メーカーによってもことなりますが、目安としては、自分の足よりも0.5~1cm程度小さなものであれば、しっかりと足にフィットしてくれますのでおすすめです。

厚さ|夏場は暖かいので3mm程度、冬場は水温が低いので5~6mm程度のものを

生地の厚さもサーフブーツを選ぶ上でとても大切なポイントのひとつとなります。厚さによって、保温性が大きく変わってきますので、夏など、暖かい季節に使用するものは厚さ3mm程度のものがおすすめです。逆に気温や水温が低くなる冬場などに使用するものは5~6mm程度と、やや厚めのものを選ぶといいでしょう。

防水機能|水の浸入を防ぐアイテムでパフォーマンス向上に!

防水機能もしっかりとチェックしてください。内部に水が入ってくると保温性能が下がってしまうだけでなく、動きにくくなりパフォーマンスも落ちてしまいます。そこで、適度な硬さがあって水の浸入をしっかりと防いでくれるアイテムを選ぶようにしましょう。表面の加工だけでなく、内部に水が入りにくくなっているものを選ぶのがポイントです。

サーフブーツの人気ランキング

失敗しない選び方のポイントを押さえましたので、ここからは人気のサーフブーツランキングをご紹介します。それぞれの違いを確認してみましょう。
型番:KW-4516

タビー
サーフブーツ

フィット感のある人気ブーツ

シンプルな形状にベルト構造を採用することによって、足全体にしっかりとフィットしてくれるタイプのブーツとなっています。とても軽量に仕上げられており、また滑りにくいので、初心者の方にもおすすめのサーフブーツとなっています。デザインもとてもスタイリッシュなので、ボードのデザインに合わせて選びたい方にもおすすめ。
タイプ スタンダード
サイズ(cm) 22~29
厚さ(mm) 3
防水

グラッシー
サーフブーツ

足で感覚を掴みやすい足袋タイプ

私たち日本人にはお馴染みの親指だけが独立した足袋タイプのサーフブーツです。しっかりと足で感覚を掴むことができますので、とても安定感があります。デザインもとてもシンプルですので世代や性別を問わず、使用することができるでしょう。履き心地がいいマリンブーツを探しているという方にもおすすめです。
タイプ ソックス
サイズ(cm) 26
厚さ(mm) 3
防水

AND NEW YOU
サーフブーツ

保温性抜群のサーフブーツ

厚めの生地に、裏起毛を採用することによって、とても高い防水性能を実現したサーフブーツとなっています。異なる生地を絶妙なカットで配置することによって、とても高いフィット感を実現しました。また、使用後には全体を裏返して干すことができますので、常に衛生的に保つことができるという点もポイントです。
タイプ スタンダード
サイズ(cm) 24~28.5
厚さ(mm) 4
防水

エクストラ
サーフブーツ

軽量ストレッチタイプ

とても軽量で伸縮性がとても高い起毛素材の「カール」を採用したサーフブーツです。また、起毛による保温性を高めるために、保水率の低いポリエステルを織り込んで仕上げることによって、より機能的なブーツに仕上がっています。さらに、入水ストッパーもついていますので、内部への水の浸入も防いでくれます。
タイプ ソックス
サイズ(cm) 21~28
厚さ(mm)
防水

サーフスカル
サーフブーツ

動きやすいサーフブーツ

断熱性と同時に、とても高いストレッチ性を誇るネオプレーン素材を採用したサーフブーツです。ウェットスーツなどにも採用されている素材ですので、動きやすさは抜群です。足をしっかりと保護・保温しながらも、まるで素足のような感覚でボードを感じることができます。ホールド力も高く、安定性も抜群です。
タイプ ソックス
サイズ(cm) 23~28
厚さ(mm) 3
防水

サーフ
サーフブーツ

保温性が高いのにとても軽量

高い保温性を持つ防寒タイプのブーツはどうしても重みがあって、また圧迫感があるものといったイメージを抱いている方も多いかもしれません。ですが、こちらは裏起毛を採用した防寒タイプながらとても軽量で、足の裏の感覚もしっかりと伝わるタイプ。寒い季節でもパフォーマンスを落としたくない方におすすめです。
タイプ スタンダード
サイズ(cm) 24~28
厚さ(mm) 2
防水

FELLOW
サーフブーツ

冬でも暖かいサーフブーツ

マリンスポーツといえば、夏など暖かい季節に楽しむものというイメージを抱いている方も多いかもしれません。ですが、サーフィンは季節を問わず楽しめるスポーツです。そんな寒い季節のサーフィンの際にも心強い味方となってくれるのが、こちらの保温性抜群の物。裏起毛タイプなので冬でも暖かです。
タイプ スタンダード
サイズ(cm) 24~28
厚さ(mm) 3.5
防水
型番:AO-8180

オニール
MUTANT BOOT

スタイリッシュで機能的なサーフブーツ

十分な保温性や保護性能を持ちながら、同時にしっかりとボードの感覚を足へと伝えてくれるとても機能的なサーフブーツとなっています。デザインもシンプルながらとてもスタイリッシュにまとめられていますので、幅広い世代、性別の方でも違和感なく愛用することができるでしょう。動きやすさも抜群のブーツです。
タイプ スタンダード
サイズ(cm) 23~28
厚さ(mm)
防水 ×

オニール
サーフブーツ忍者ソックス

素足感覚で使えるブーツ

足袋タイプのサーフブーツとなっっています。ソールにとても柔軟なプラズマソールを採用することによって、履き心地を限りなく素足に近づけることに成功しました。もちろん、グリップ力も抜群ですので、さまざまなシーンで素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれます。中・上級者の方におすすめのサーフブーツとなっています。
タイプ ソックス
サイズ(cm) 23~28.5
厚さ(mm) 3
防水

商品比較表

商品画像
オニール
オニール
FELLOW
サーフ
サーフスカル
エクストラ
AND NEW YOU
グラッシー
タビー
商品名 サーフブーツ忍者ソックス MUTANT BOOT サーフブーツ サーフブーツ サーフブーツ サーフブーツ サーフブーツ サーフブーツ サーフブーツ
特徴 素足感覚で使えるブーツ スタイリッシュで機能的なサーフブーツ 冬でも暖かいサーフブーツ 保温性が高いのにとても軽量 動きやすいサーフブーツ 軽量ストレッチタイプ 保温性抜群のサーフブーツ 足で感覚を掴みやすい足袋タイプ フィット感のある人気ブーツ
タイプ ソックス スタンダード スタンダード スタンダード ソックス ソックス スタンダード ソックス スタンダード
サイズ(cm) 23~28.5 23~28 24~28 24~28 23~28 21~28 24~28.5 26 22~29
厚さ(mm) 3 3.5 2 3 4 3 3
防水 ×
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
サーフィンを快適に楽しむためのギアにもさまざまなものがありますが、サーフブーツについてはついつい見落としてしまいがちです。自分に合ったものを見つけることができれば、もっとサーフィンを快適に楽しむことができるでしょう。そこで、今回のランキングや、チェックポイントをブーツ選びの参考にしていただければ幸いです。