カッティングマシンのおすすめ人気ランキング9選|高精度のカットと印刷を家庭でも!

ハサミなどで切るよりも高精度のクオリティで、しかも大量のカットまで楽々とこなしてくれるカッティングマシン。家庭内でも使えるコンパクトなカッティングマシンもいろいろ販売されており、いざ購入を考えるとスペックも価格帯も幅が広く、一体どれがいいのか迷いますよね。今回は、おすすめカッティングマシンの人気ランキングのご紹介です。

失敗しない!これだけチェック!
カッティングマシンの人気ランキング
商品比較表

失敗しない!これだけチェック!

では、どのようなことに気にしながらカッティングマシンを選べばよいのでしょうか。ここだけは押さえておきたいポイントを5つまとめましたのでご紹介します。

用途|カットしたいイラストや文字のサイズに適したものを

カッティングマシンは、それぞれの機種で最大カッティング範囲というものが決まっています。カットしたいイラストや文字のサイズに適したものを選ぶようにしましょう。どういったものを作りたいのかアイデアもイメージもかたまったのに、思った通りの大きさにカットできない……といったことのないようにしたいですね。

用紙|対応している用紙のサイズや厚み、素材も確認しておくと安心

機種によっては、カットに対応している用紙や素材が違います。なかには布やプラバンをカットできるものや、紙のカットに向かない機種もあります。カットできる厚さもまったく違うので、どのように対応しているのかは機種の公式サイトの仕様一覧などに記載されています。購入前にしっかりと確認しておくと安心です。

性能|大量にカットするなら速度、複雑なデザインを扱うなら精度に注目

性能|大量にカットするなら速度、複雑なデザインを扱うなら精度に注目
出典:Amazon
カッティングマシンを選ぶときは、どんなものをカットしたいのかという用途に合わせてだけでなく、ぜひカッティングマシンの性能にも着目してみましょう。例えば、大量にカットしたいのであれば、効率を考えて速度の速いものを、複雑なデザインのカットがしたいのであれば、精度の高いカッティングマシンを選ぶとよいです。

使用環境|スマホやタブレットに対応したものも!無線LAN接続が可能だと◎

カッティングマシンのなかには、Wi-Fi(無線LAN)に対応していれば、スマホやタブレットでも接続できて、データのやりとりができる機種があります。無線LAN接続ができるとカッティングマシンの置き場所に悩まなくてすみますし、無線LANの範囲のなかであればどこでも接続が可能になるので、とても便利です。

スキャン|Illustratorなどのデータや手描きのデザインを読み込めると便利

手書きのデータをカッティングマシンでスキャンして、デザインを読みこんだり、カットしたりできる機能がついていると、パソコン操作が苦手な人でも扱いやすいです。逆にデザインソフトで有名なIllustratorなどから直接カットができる機種もあり、別のアプリケーションを使わずにすむので操作の手間を省くことができます。

カッティングマシンの人気ランキング

ここからは、おすすめカッティングマシンの人気ランキングを順番にご紹介します。先ほどあげた5つのチェックポイントも思い出しながら、自分の用途に合ったカッティングマシンを探してみてください。
型番:SV-15

ローランドディージー
STIKA SV-15

業務でも家庭でも活躍できるカッティングマシン

業務用としても自宅用としても使えるカッティングマシン。デザインソフトウェアがついているので、Windowsのパソコンがあればすぐにステッカー作りを始められます。アドビ社のIllustrator用のプラグインソフトウェアも付属しており、IllustratorがあればMacでもステッカー作りを楽しむことが可能です。
本体サイズ(cm) W52.2×D20.5×H11.5
最大カッティング範囲(mm) 340×1000
最大カッティング速度(mm/s) 12~100
対応用紙サイズ(mm) 幅 360~381mmまたは280~305mm 長さ 1100 mm以下
厚さ(mm) 0.3(塩化ビニールシートは基材部厚み0.1以下)
対応素材 塩化ビニールシート、ラベル紙
対応OS Windows、Mac OS

グラフテック
シルエットカメオ3

手軽に簡単にどんな場所でも使えるカッティングマシン

オフィスや学校、家庭でも手軽に使えるカッティングマシン。プリンターを使うような感覚で、USBケーブルを使ってパソコンに接続することができます。紙やカッティングフィルムなど、さまざまな素材をカットすることが可能。アイデア次第でステッカーやシールだけでなく、ペーパークラフトやアイロンプリントなど、いろんな使い方ができます。
本体サイズ(cm) 約W57×D22.1×13.6
最大カッティング範囲(mm) 3000
最大カッティング速度(mm/s) 100
対応用紙サイズ(mm) 304.8
厚さ(mm) 0.5(フィルム 0.1以下)
対応素材 フィルム、紙
対応OS Windows、Mac OS
型番:CMZ0501

ブラザー
ScanNCutDX SDX1000

いろんな素材をカットして様々なものが制作できる

いろんな素材を自由自在にカットできるので、ステッカー作りやスクラップブッキング制作だけでなく、ぬいぐるみ制作などの裁縫にも使えるカッティングマシン。パソコンがなくても、内臓のスキャナでイラストを取り込み、カットすることも可能。別売りのロールフィーダーを使えば、ロール状の素材も一気にカットすることができます。
本体サイズ(cm) W53.1×D21.5×H17.3
最大カッティング範囲(mm) 296×603
最大カッティング速度(mm/s)
対応用紙サイズ(mm)
厚さ(mm) 3mm
対応素材 布、紙、プラバン、ウレタンフォーム
対応OS

グラフテック
CE LITE-50

直感操作ができる高性能なカッティングマシン

タッチパネルを搭載しているので直感的な操作ができ、ソフトウェアも公式サイトでダウンロードができるので、購入後、すぐにオリジナルのステッカーなどを作成できます。プリント&カット機能を使えば、印刷物のカットラインデータを自動で合わせてかんたんにカットができます。高性能なので、プロ向けの業務用としてもおすすめです。
本体サイズ(cm) W78.4×D22.7×H16.4
最大カッティング範囲(mm) 498×3000
最大カッティング速度(mm/s) 500
対応用紙サイズ(mm) 最大508、最小210
厚さ(mm) 0.1
対応素材 熱転写メディア、厚紙、塩化ビニルシートなど
対応OS Windows、Mac OS
型番:CMZ0101

ブラザー
ScanNCut CM110

パソコンが苦手でも扱えるカッティングマシン

紙だけでなく布のカットにも対応しているカッティングマシン。スキャナーが内蔵されており、スキャンした素材のアウトラインを設定するだけで、そのままカットができるダイレクトカットの機能がついています。手書きの図案をスキャンして、カットもできます。パソコンが苦手な人でも扱いやすく、手軽にハンドクラフトをしたい人向けの製品です。
本体サイズ(cm) W49.7×D17.5×H15.7
最大カッティング範囲(mm) 296×603
最大カッティング速度(mm/s)
対応用紙サイズ(mm)
厚さ(mm)
対応素材 布、紙
対応OS
型番:IL90295

マックス
ビーポップ

大きなオリジナル切り文字ステッカーができるカッティングマシン

お店のウィンドウPOPや大型看板などで使える、切り文字ステッカーを作成できるカッティングマシンです。専用シートのみしかカットができませんが、カラーバリエーションが豊富なのでいろんなデザインのものが作成できます。耐久性のある屋外用シートで作成すれば、雨風に晒されても約5年長持ちするオリジナルステッカーが楽々に制作可能です。
本体サイズ(cm) W38.5×D20.3×H21.5
最大カッティング範囲(mm) 200×3000
最大カッティング速度(mm/s) 120(軸方向)、170(45度方向)
対応用紙サイズ(mm)
厚さ(mm)
対応素材 専用シートのみ
対応OS Windows
型番:SV-12

ローランドディージー
STIKA SV-12

大きめのものをカッティングしたいときにおすすめ

最大で12インチ幅のシートに対応しているカッティングマシン。長さは1000㎜までカットできるので、大きなものをカッティングしたいときに向いています。もう少し大きな幅のものをカットしたいときは先述したSV-15を購入するのがおすすめ。SV-15と同じくデザインソフトつきで、Illustratorからのカットも可能。
本体サイズ(cm) W44×D20.5×H11.5
最大カッティング範囲(mm) 250×1000
最大カッティング速度(mm/s) 12~40
対応用紙サイズ(mm) 幅 280~305mm、長さ 1100mm以下
厚さ(mm) 0.3(塩化ビニールシートは基材部厚み0.1以下)
対応素材 塩化ビニールシート、ラベル紙
対応OS Windows、Mac OS
型番:CMZ0102

ブラザー
ScanNCut CM300

パソコン接続でもスキャンでも使えるカッティングマシン

紙だけでなく、布、プラバン、ステッカーが切れるカッティングマシン。切り抜きたい模様をスキャンしてカットできるダイレクトカットの機能付き。カットデータを作ることができたり、画像データからカットラインを抽出できるWeb無料アプリサービスもあるので、デザインソフトがなくても安心。手軽にいろいろカットができます。
本体サイズ(cm) W49.7×D17.5×H15.7
最大カッティング範囲(mm) 296×603
最大カッティング速度(mm/s)
対応用紙サイズ(mm)
厚さ(mm)
対応素材 布、紙
対応OS Windows
型番:SV-8

ローランドディージー
STIKA SV-8

家庭でも導入しやすい本格的なカッティングマシン

国内・海外でも長く売れ続けているカッティングマシン、STIKAのSV-8。最大で8インチ幅のシートに対応しています。STIKAシリーズのなかでもコンパクトな本体なので、家庭でもオリジナルステッカーを作成するのに手軽に導入しやすいと口コミでも好評です。同じくデザインソフトつきで、Illustratorからのカットも可能。
本体サイズ(cm) W340×D205×H115
最大カッティング範囲(mm) 160×1000
最大カッティング速度(mm/s) 12~40
対応用紙サイズ(mm) 幅 200~215、長さ 1100以下
厚さ(mm) 0.3(塩化ビニールシートは基材部厚み0.1以下)
対応素材 塩化ビニールシート、ラベル紙
対応OS Windows、Mac OS

商品比較表

商品画像
ローランドディージー
ブラザー
ローランドディージー
マックス
ブラザー
グラフテック
ブラザー
グラフテック
ローランドディージー
商品名 STIKA SV-8 ScanNCut CM300 STIKA SV-12 ビーポップ ScanNCut CM110 CE LITE-50 ScanNCutDX SDX1000 シルエットカメオ3 STIKA SV-15
特徴 家庭でも導入しやすい本格的なカッティングマシン パソコン接続でもスキャンでも使えるカッティングマシン 大きめのものをカッティングしたいときにおすすめ 大きなオリジナル切り文字ステッカーができるカッティングマシン パソコンが苦手でも扱えるカッティングマシン 直感操作ができる高性能なカッティングマシン いろんな素材をカットして様々なものが制作できる 手軽に簡単にどんな場所でも使えるカッティングマシン 業務でも家庭でも活躍できるカッティングマシン
本体サイズ(cm) W340×D205×H115 W49.7×D17.5×H15.7 W44×D20.5×H11.5 W38.5×D20.3×H21.5 W49.7×D17.5×H15.7 W78.4×D22.7×H16.4 W53.1×D21.5×H17.3 約W57×D22.1×13.6 W52.2×D20.5×H11.5
最大カッティング範囲(mm) 160×1000 296×603 250×1000 200×3000 296×603 498×3000 296×603 3000 340×1000
最大カッティング速度(mm/s) 12~40 12~40 120(軸方向)、170(45度方向) 500 100 12~100
対応用紙サイズ(mm) 幅 200~215、長さ 1100以下 幅 280~305mm、長さ 1100mm以下 最大508、最小210 304.8 幅 360~381mmまたは280~305mm 長さ 1100 mm以下
厚さ(mm) 0.3(塩化ビニールシートは基材部厚み0.1以下) 0.3(塩化ビニールシートは基材部厚み0.1以下) 0.1 3mm 0.5(フィルム 0.1以下) 0.3(塩化ビニールシートは基材部厚み0.1以下)
対応素材 塩化ビニールシート、ラベル紙 布、紙 塩化ビニールシート、ラベル紙 専用シートのみ 布、紙 熱転写メディア、厚紙、塩化ビニルシートなど 布、紙、プラバン、ウレタンフォーム フィルム、紙 塩化ビニールシート、ラベル紙
対応OS Windows、Mac OS Windows Windows、Mac OS Windows Windows、Mac OS Windows、Mac OS Windows、Mac OS
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
おすすめカッティングマシンの人気ランキングをご紹介しました。カッティングマシンは、パソコンが苦手な人でも扱えるものから業務向けの本格派まで様々な機種があります。自分がどういった風に使いたいかによって選択肢も変わってきますので、今回のランキングを参考に、ぜひ好みのカッティングマシンを選んでください。
おすすめタグ