モンキーレンチのおすすめ人気ランキング9選|工具フェチにはたまらない

モンキーレンチは、ボルトやナットなどの留め具を締めたり緩めたりする工具です。初心者向けや、メカニック向けのものなど、種類がたくさんあるので、選ぶのに困る方もいるでしょう。一つあれば様々なサイズの留め具に使えるので、できれば失敗なく選びたいですよね。そこで今回はモンキーレンチの選び方と、人気ランキングをご紹介します。

失敗しない!これだけチェック!
モンキーレンチの人気ランキング
商品比較表

失敗しない!これだけチェック!

モンキーレンチを初めて購入される方にもわかりやすいよう、これだけはチェックしておきたい、選び方のポイントをまとめました。たった3つのポイントをおさえておくことで、失敗なく、お好みの一品を選べるでしょう。

ウオームギア|調整機構の正確さで選ぶ

モンキーレンチは、ボルトやナットなどの留め具を挟み込む「ウオームギア」が正確なものほど、使い勝手がよくなります。ウオームギアの調節ネジがスムーズに回るものは、留め具のサイズに幅が合わせやすく、留め具をしっかりと挟めるものは、回しているときに外れることがないので正確に回すことができます。

ハンドル|持ちやすく力が入りやすいものを選ぶ

ハンドル|持ちやすく力が入りやすいものを選ぶ
出典:Amazon
モンキーレンチは、留め具をしっかりと締め上げるものなので、ハンドルの持ちやすさや力の入れやすさが重要です。手にフィットするような湾曲したハンドルや、握りやすいグリップがついたものがおすすめです。使いやすいだけでなく、たくさんの留め具を回したときに疲れにくいので、作業効率もアップします。

ブランド|憧れの「Snap on」は工具界のフェラーリ

「Snap on」は工具界のフェラーリともよばれる、高級工具ブランドの一つです。自動車やメカニックの愛用者が多いですが、最近ではDIYをされる方にも人気が上昇しています。人気理由は、一生使える高い品質にあります。高い強度と耐久性、留め具のサイズを正確に計測できるなどのこだわりポイントがつまっています。

モンキーレンチの人気ランキング

ここからは、モンキーレンチの人気ランキングをご紹介します。9位から1位までの商品の特徴を、口コミも参考にしながらまとめました。それぞれの商品を比較することで、あなたにピッタリのものがみつかるかもしれません。
型番:TRMW-30S

トラスコ
ワイドモンキーレンチ ショートタイプ

サイズが識別しやすいカラー表示

重さ150gと軽量で、薄型のモンキーレンチです。長さも140mmと小さめなので、工具箱の場所をとらず、携帯にも便利。軽量コンパクトですが、ウオームギアの最大開口は30cmと大きめのタイプで、様々なサイズの留め具に使用可能です。グリップには最大開口サイズ別に異なる色の線が付いているので、サイズの識別がしやすいです。
大きさ 140mm
重量 150g
最大開口 30mm
型番:AD12B

Snap-on
アジャスタブルレンチ

サイズ確認用の目盛りつき

高級工具ブランド「Snap-on」のモンキーレンチ。長さが304mmの長めのタイプなので、テコの原理で力が入れやすいつくりです。ウオームギアにはサイズ確認用のインチとミリの目盛がはいっているので、正確に計測できます。しかし、ほかの商品に比べて重量が640gとかなり重め。力の弱い女性には少々扱いにくいかもしれません。
大きさ 約304mm
重量 640 g
最大開口

フジ矢
ギア付モンキーレンチ

数種のギアレンチで様々なサイズに対応

最大開口38cmと幅広サイズのモンキーレンチです。その幅広さで様々なサイズの留め具に使用できますが、さらにハンドル部分には、3種類のレンチが付いた優れもの。10mmと13mmのメガネレンチ、17mmのギアレンチ付きで、使い勝手抜群。最大開口にしてもウオームギアの顎が飛び出さず、狭い場所にも使いやすい一品です。
大きさ 220mm
重量 約280g
最大開口 38mm
型番:SWM-38S

SK11
スーパーワイドモンキーレンチ

滑りにくいソフトグリップ付き

金属グリップのモンキーレンチを使用していると、手が痛くなることも。こちらの商品はグリップにゴムのような弾力性のあるTPRを使用しているので、力を入れたときの衝撃を緩和してくれて、安定的に作業ができます。また、薄型軽量なことも注目のポイント。口コミでも「軽くて作業がはかどる」、「薄くてペダルレンチとしても使える」と好評です。
大きさ 約210mm
重量 約300g
最大開口 38mm
型番:ADHW8A

Snap-on
クッションハンドル付き アジャスタブルレンチ

手が届きにくいところも楽々のスリムライン

熱処理したスチール合金製の、強度と耐久性にすぐれた「Snap-on」のモンキーレンチです。表面はニッケルクロームメッキ仕上げのため、腐食にも強いつくり。ハンドル部分にはソフトなエラストマーを使用しており、金属の冷たさを感じにくく、手が痛くなりにくい仕様です。薄型なので、手の届きにくい場所での作業も楽々です。
大きさ 約220mm
重量 299 g
最大開口 約38mm
型番:HY-38S

TOP工業
薄型 軽量 ワイドモンキレンチ

配管作業に便利なショートワイドタイプ

手のひらサイズの157mmですが、最大開口が38mmのワイドタイプ。従来品に比べてウオームギアが20%もコンパクトになったことや、ウオームギアを最大に広げても顎が出っ張らないことで、狭い場所でも使いやすくなりました。さらに、本体を反転させても使用できるので、締めたり緩めたりの作業の効率がアップします。
大きさ 157mm
重量 215g
最大開口 38mm

KENOH
モンキーレンチ

長めのグリップで力が入りやすい

「KENOH」のモンキーレンチは鍛造製の丈夫なつくり。グリップが長めなので、端を握って回せば力が入りやすいと好評です。しかも値段は1000円以下とかなりお手頃。お手頃でも、回すときのガタつきはほとんどなく、使い勝手のよい一品です。しかし、600gを超える重さで、長時間の使用は疲れてしまうという声もあります。
大きさ
重量 650g
最大開口 34mm
型番:SWM-24

高儀
GISUKE ショートワイドモンキー

携帯できる軽量コンパクトタイプ

今回ご紹介した中では、最軽量で最小のモンキーレンチです。ポケットに入るサイズなので、携帯に便利です。小さくても機能性は高く、グリップは滑りにくい加工がされていたり、ウオームギアには計測に便利な目盛も付いています。しかも値段も手ごろなことも、うれしいポイントです。しかし、グリップが短めのため、力がいれずらいとの声もあります。
大きさ 115mm
重量 87g
最大開口 24mm

Supertool
スーパー モーターレンチ

最大開口60mmで幅広く使える

30mmほどの最大開口サイズのものが多い中、こちらは60mmとかなりのワイドタイプ。これだけのワイドになると、値段も高くなりがちですが、1000円台とかなりのお手ごろ価格。大きな電化製品に使われている、サイズの大きなボルトやナットを締めたり、メッキしたナットや銅、真鍮、砲金などの軟質のナット類の締めるにもおすすめです。
大きさ 273mm
重量 431 g
最大開口 60mm

商品比較表

商品画像
Supertool
高儀
KENOH
TOP工業
Snap-on
SK11
フジ矢
Snap-on
トラスコ
商品名 スーパー モーターレンチ GISUKE ショートワイドモンキー モンキーレンチ 薄型 軽量 ワイドモンキレンチ クッションハンドル付き アジャスタブルレンチ スーパーワイドモンキーレンチ ギア付モンキーレンチ アジャスタブルレンチ ワイドモンキーレンチ ショートタイプ
特徴 最大開口60mmで幅広く使える 携帯できる軽量コンパクトタイプ 長めのグリップで力が入りやすい 配管作業に便利なショートワイドタイプ 手が届きにくいところも楽々のスリムライン 滑りにくいソフトグリップ付き 数種のギアレンチで様々なサイズに対応 サイズ確認用の目盛りつき サイズが識別しやすいカラー表示
大きさ 273mm 115mm 157mm 約220mm 約210mm 220mm 約304mm 140mm
重量 431 g 87g 650g 215g 299 g 約300g 約280g 640 g 150g
最大開口 60mm 24mm 34mm 38mm 約38mm 38mm 38mm 30mm
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
モンキーレンチの選び方のポイントと、人気のランキングをご紹介しました。活躍する頻度が少なめのモンキーレンチですが、配管の修理や、故障した電化製品の留め具を締めるときなどに、一つ持っておくと便利な工具です。今回の記事をご参考にしていただくことで、使いやすい一品が見つかるとよいです。
おすすめタグ