コットンテントのおすすめ人気ランキング10選|天然生地ならではの優しい風合い

キャンプやフェスなど野外で重宝するテント。ところが素材は化繊が多く、コットン100%のテントは少なめです。コットンテントは保温性・断熱性に優れ結露が発生しにくいメリットがありますが、価格が高く、商品により価格や特徴に差が。どれを選んでいいのかわからない方に、今回はコットンテントの選び方とランキングをご紹介しています。

失敗しない!これだけチェック!

それでは、自分にピッタリのコットンテントを選ぶにはどんな点に気をつければいいのでしょうか?ここでは絶対に確認しておきた点を4つご紹介します。

特徴|夏は「外気の暑さをよく遮断」、冬は「温かい空気を逃がさない」

コットンはポリエステルやナイロンなどの化繊とは違い、通気性が良く水分を吸収するため結露しにくいのが特徴です。生地の厚みもありますので空気の層ができ、夏はテント内部を涼しく、冬は暖かく保ちます。また火に燃えにくいのもメリットで、多少火の粉を被っても火がパッと燃え広がるようなこともありません。

耐水圧|約350㎜の耐水圧があれば十分!

化繊素材のテントの耐水圧(どれだけ雨に強いか)は約1,500~2,000㎜、テントによっては4,000㎜のものも。ところがコットンテントの耐水圧は約350前後とかなり低め。コットンは水分を吸収するので、雨が降ればテントの素材は濡れますがテント内に雨が漏れだすことはありません。天井から雨漏りは心配しなくてもOKです。

防水性|コットンは水を吸収する性質!中は濡れない

防水性|コットンは水を吸収する性質!中は濡れない
出典:Amazon
コットンは化繊とは違い生きている素材です。テント内に水分が発生しても素材となるコットンが湿度を吸収するので結露が発生しにくいのが特徴。雨が降るとコットンが膨張し、生地から雨が滴るのを防ぎます。テント内部にいる方が雨で濡れることはありません。心配な方はフライシートとコットンシートを併用するのがおすすめです。

素材|コットン100%はもちろん、ポリコットンもおすすめ!

コットン100%の素材は通気性や断熱性、防火の観点からおすすめですが、最近はポリエステルとコットンを混ぜたポリコットンのテントも登場しています。ポリエステルの乾きやすさと丈夫さに加え、コットンの吸湿性や通気性を兼ね備えた「良いとこどり」素材です。取り扱いの楽なコットンテントをお求めならポリコットン素材がおすすめです。

コットン テントの人気ランキング

ここからは人気のコットンテントをランキング形式でご紹介します。品質の高いものから比較的リーズナブルな価格で購入できるものまで、さまざまな物の中からピッタリのものを見つけてくださいね。

ROBENS Klondike
コットン テント

快適で火にも強いポリコットン製

コットンの通気性や吸水性を持ちながら、ポリエステルの乾きやすさや丈夫さを取り入れたポリコットン製。フロアシートの四分の一をジッパーで土間スペースにできる機能があり、薪ストーブ(煙突ポート標準装備)を置いて暖を取ったり調理も可能です。室内から天井部のベンチレーションが開閉可能になり、さらに快適性アップ。
収容人数 6人
重量(kg) 16.1kg
耐水圧(mm)
サイズ(m) 400 x 400 x 高さ270cm

Tentipi (テンティピ)
コットンテント

組み立てわずか数分の風に強いコットンテント

センターポールのみのシンプルな構造で円錐形に近く、風にも強い構造。テントに使われている生地はコットンとポリエステルを混ぜたポリコットン製で、まるでキャンバス地のような風合い。結露が少なくインナーテントの必要はありません。二重構造のトップベンチレーションとボトムベンチレーションで快適に過ごせます。
収容人数 4人
重量(kg) 10.9kg
耐水圧(mm)
サイズ(m) 幅4.5m 高さ2.7m 居住面積10.5平方メートル

DANCHEL Outdoor
コットンベルテント

高さがあり着替えも楽々

真ん中にポールがありテントの高さがあるので着替えも楽々。コットン生地100%で自然の風合いはもちろん、断熱性や吸水性、防火性で室内は快適。3000 mm防水性と防カビ性をもたせ雨でも不安なく過ごせます。薪ストーブの排気穴もついており、テント内で暖炉を設置することも可能です。
収容人数
重量(kg)
耐水圧(mm) 5000 mm防水PUコーティング
サイズ(m) 直径: 3m 4m 5m 6m選択可能

Ogawa(オガワ)
コットンテント

5か所のベンチレーターで快適

高くて広い居住空間を実現する八角錐形状で、テント内での着替えも楽々。頂上部と下部両側面、そして出入口と5か所のベンチレーターを持ち、換気も自由自在で居住性の高いコットンテントです。頂上部には暖炉やストーブの排気用・煙突ホール完備。重いため移動は何かと大変ですが、15分程度で設営できるのが魅力です。
収容人数 8人
重量(kg) 幕体/約13.4kg、ポール/約4.2kg
耐水圧(mm) フライシート・TC耐水圧350mm
サイズ(m) 幅430×高さ310×床面対角線470cm

コディアックキャンバス Kodiak Canvas
コットンテント

テントのフレーム各部は頑丈な鋼鉄製

アメリカの広大な土地で栽培されたコットンを使用。テントに使われているフレームは強風に耐える強度を出すために、車にも使われている頑丈な鋼鉄製。テントにはシリコンベースの「ハイドロ・シールド」を採用しており、一般的なPUコーティングよりも防水性や耐久性が高いのが特徴です。設営も楽ですが重量30㎏と移動は車が最適。
収容人数 6人
重量(kg) 約30kg
耐水圧(mm)
サイズ(m) 約D305cm ×W305×H201cm

Hewflit
コットンテント

ワンポールテントで設営楽々

4m×4mと室内が非常に広く、ワンポールタイプで天井も高いためゆったりくつろげるコットンテントです。天井が高いため圧迫感が少なく、着替えも楽々。設営も慣れれば30分もかからず終了します。入り口はメッシュ素材で虫よけになり、厚めの生地で防水もしっかり。上部に通気口、テント下部は解放できるので換気しやすく快適です。
収容人数 6人
重量(kg) 約17.8kg
耐水圧(mm)
サイズ(m) 約400cm×400cm×250cm

UJack(ユージャック)
コットンテント

結露知らずのポリコットン製

テントのアウターがナイロン、インナーがポリコットン製のため、雨が降っても防水性が高く安心。インナーはポリコットンで吸湿性もあり結露知らず。化繊とコットンの合わせ技で快適に過ごせる商品です。天井高があり開放的でありながら風にも強くユーザーの満足度も非常に高いテント。ハンマーが付属していないので別途用意する必要があります。
収容人数 1~4人
重量(kg) 9㎏
耐水圧(mm) (フライ)2000㎜ (インナー)5000㎜
サイズ(m) (長さ)330cm x (幅)330cm x (高さ)270cm

Cozy house
コットンテント

キャリーバッグ付で簡単収納

ベージュのコットンキャンバス地で通気性・保温性抜群。防水PUコーティングで雨にも強く安心して使用できます。キャリーバッグ付属でテントを収納可能。ワンポールで高さがあるため、立ったままでの着替えも楽で圧迫感がありません。センターポールは亜鉛メッキ鋼管使用で頑丈。グラウンドシート素材はヘビーデューティPVCでお手入れが簡単です。
収容人数
重量(kg) 24.5kg
耐水圧(mm) 3000 mm防水PUコーティング
サイズ(m) 直径4m

DOD(ディーオーディー)
コットンテント

ポリコットンとポリエステルの良いとこどり

天井部分は通気性や保温性が良く結露を防ぐポリコットン製、壁部分は軽いポリエステル製の生地を使い分けたテントです。窓が大きく通気性抜群で、開け閉めしやすく快適な環境で過ごせます。サイドに110㎜のポールを入れており、デッドスペースとなりやすいテントの壁部分も有効活用できます。
収容人数 5人
重量(kg) 14.9㎏
耐水圧(mm) 壁2000㎜ フロア5000㎜
サイズ(m) (約)W350×D350×H220cm

Cozy house
コットンテント

通気口や半円形の窓で通気性良し

アッパーカバーはベージュ色のコットンキャンバス地で結露の心配が少なく、防水・マイルドプルーフ処理済みで安心。グランドシートは防水インデックス5000mmと雨にも強い作りです。テント上部には4つの通気口があり、半円形の窓を設置して通気性は抜群。直径4m、5m、6mのテントには煙突用の穴が開いています。
収容人数
重量(kg) 20~49㎏
耐水圧(mm)
サイズ(m) 直径3~5m

商品比較表

商品画像
Cozy house
DOD(ディーオーディー)
Cozy house
UJack(ユージャック)
Hewflit
コディアックキャンバス Kodiak Canvas
Ogawa(オガワ)
DANCHEL Outdoor
Tentipi (テンティピ)
ROBENS Klondike
商品名 コットンテント コットンテント コットンテント コットンテント コットンテント コットンテント コットンテント コットンベルテント コットンテント コットン テント
特徴 通気口や半円形の窓で通気性良し ポリコットンとポリエステルの良いとこどり キャリーバッグ付で簡単収納 結露知らずのポリコットン製 ワンポールテントで設営楽々 テントのフレーム各部は頑丈な鋼鉄製 5か所のベンチレーターで快適 高さがあり着替えも楽々 組み立てわずか数分の風に強いコットンテント 快適で火にも強いポリコットン製
収容人数 5人 1~4人 6人 6人 8人 4人 6人
重量(kg) 20~49㎏ 14.9㎏ 24.5kg 9㎏ 約17.8kg 約30kg 幕体/約13.4kg、ポール/約4.2kg 10.9kg 16.1kg
耐水圧(mm) 壁2000㎜ フロア5000㎜ 3000 mm防水PUコーティング (フライ)2000㎜ (インナー)5000㎜ フライシート・TC耐水圧350mm 5000 mm防水PUコーティング
サイズ(m) 直径3~5m (約)W350×D350×H220cm 直径4m (長さ)330cm x (幅)330cm x (高さ)270cm 約400cm×400cm×250cm 約D305cm ×W305×H201cm 幅430×高さ310×床面対角線470cm 直径: 3m 4m 5m 6m選択可能 幅4.5m 高さ2.7m 居住面積10.5平方メートル 400 x 400 x 高さ270cm
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
今回は人気のコットンテントの選び方や、巷で人気のあるコットンテントをランキング形式でご紹介しました。コットンテントも素材がコットン100%のものもあれば、ポリエチレンを混ぜたポリコットン製のもの、通気口や煙突用の穴をつけたものなどさまざま。今回の記事を参考にあなたにピッタリのコットンテントを見つけてくださいね。
登山・トレッキング・クライミングランキング