コットンテントのおすすめ人気ランキング11選|天然生地ならではの優しい風合い

キャンプやフェスなど野外で重宝するテント。ところが素材は化繊が多く、コットン100%のテントは少なめです。コットンテントは保温性・断熱性に優れ結露が発生しにくいメリットがあり、風合いを楽しむこともできます。どれを選んでいいのかわからない方に、今回はコットンテントの選び方とランキングをご紹介しています。

コットンテントのメリットとデメリット

はじめにコットンテントにはメリットが大きい分、デメリットも多少存在する商品になります。また、安価な商品ではないのでコットンテントのメリット、デメリットをきちんと把握した上で購入するか決めましょう。

メリット|夏は「外気の暑さをよく遮断」、冬は「温かい空気を逃がさない」

コットンはポリエステルやナイロンなどの化繊とは違い、通気性が良く水分を吸収するため結露しにくいのが特徴です。生地の厚みもありますので空気の層ができ、夏はテント内部を涼しく、冬は暖かさを保ちますので冬キャンプでも使用できます。また、火に燃えにくいのもメリットで、多少火の粉を被っても火がパッと燃え広がるようなこともなくテントの中で薪ストーブや石油ストーブを使用することもできます。

デメリット|水分を吸収しやすいため重量が重くなりがち

コットンテントのデメリットで真っ先に挙げられるのが重さです。大型なタイプが多く、また撥水性はなく水を吸収してしまうので雨が降った場合はかなりの重量になってしまいひとりで運びにくくなってしまうことも。キャンプから帰ったら天候に関わらず乾かさなくてはいけないのでもし雨の場合は部屋を一室テントの乾燥用に使う場合もあり手間が掛かるのがデメリットです。

失敗しない!これだけチェック!

それでは、自分にピッタリのコットンテントを選ぶにはどんな点に気をつければいいのでしょうか?ここでは絶対に確認しておきたい点を4つご紹介します。

耐水圧・防水性|水を吸収する性質!中は濡れない

防水性|水を吸収する性質!中は濡れない
出典:Amazon
化繊素材のテントの耐水圧(どれだけ雨に強いか)は平均で約1,500~2,000mmになります。コットンテントの耐水圧は約350前後とかなり低めになりますが、コットンは化繊素材とは違い天然素材となり、水分を吸収する機能があって、結露を発生しにくくしてくれます。また、雨が降ればテント素材は濡れますがテント内に雨が漏れだすことはありません。なぜなら、水分が発生してもコットンが水分や湿度を吸収ししっかりと雨を防いでくれるからです。心配な方はフライシートとコットンシートを併用するとより効果的に雨を防げます。

素材|コットン100%はもちろん、ポリコットンもおすすめ!

コットン100%の素材は通気性や断熱性、防火の観点からおすすめですが、最近はポリエステルとコットンを混ぜたポリコットンのテントも登場しています。ポリエステルの乾きやすさと丈夫さに加え、コットンの吸湿性や通気性を兼ね備えた「良いとこどり」素材です。取り扱いの楽なコットンテントをお求めならポリコットン素材がおすすめです。

人数・重さ|大勢で楽しむキャンプ向き

コットンテントは重さがあるため人力での運搬は困難です。なので、オートキャンプのような車で目的地に行くキャンプで使用するのが無難。所有する車に積めるかの確認も重要になります。また、コットンテントは2人用、3人用、4人用など大人数で楽しめる大型サイズや、寝室とみんなで集まれるリビングのようなレイアウトになる2ルームなど、大人数で楽しめる商品が多くラインナップされているので、家族やグループで使う場合には参考にしてみてください。

コットンテントの人気ランキング

ここからは人気のコットンテントをランキング形式でご紹介します。品質の高いものから比較的リーズナブルな価格で購入できるものまで、さまざまな物の中からピッタリのものを見つけてくださいね。

NORDISK(ノルディスク)
テント アスガルド

140,800(税込)
2019年11月10日 3:05時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

大勢で楽しめる大型テント

デンマークのアウトドアメーカーからは大人数が入ることが出来る大型テント。デンマークなどのヨーロッパ各国はアウトドアが盛んなので大型ものも多く大人数でキャンプを楽しみたい方はおすすめです。
収容人数 8~10人
重量(kg) 20kg
耐水圧(mm) 350mm
サイズ(m) 350mm

ROBENS Klondike
コットン テント

102,699(税込)
2019年5月13日 18:59時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

快適で火にも強いポリコットン製

コットンの通気性や吸水性を持ちながら、ポリエステルの乾きやすさや丈夫さを取り入れたポリコットン製。フロアシートの四分の一をジッパーで土間スペースにできる機能があり、薪ストーブ(煙突ポート標準装備)を置いて暖を取ったり調理も可能です。室内から天井部のベンチレーションが開閉可能になり、さらに快適性アップ。
収容人数 6人
重量(kg) 16.1kg
耐水圧(mm)
サイズ(m) 400 x 400 x 高さ270cm

Tentipi (テンティピ)
コットンテント

173,800(税込)
2019年10月29日 3:03時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

組み立てわずか数分の風に強いコットンテント

センターポールのみのシンプルな構造で円錐形に近く、風にも強い構造。テントに使われている生地はコットンとポリエステルを混ぜたポリコットン製で、まるでキャンバス地のような風合い。結露が少なくインナーテントの必要はありません。二重構造のトップベンチレーションとボトムベンチレーションで快適に過ごせます。
収容人数 4人
重量(kg) 10.9kg
耐水圧(mm)
サイズ(m) 幅4.5m 高さ2.7m 居住面積10.5平方メートル

DANCHEL Outdoor
コットンベルテント

29,999(税込)
2019年10月29日 3:03時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

高さがあり着替えも楽々

真ん中にポールがありテントの高さがあるので着替えも楽々。コットン100%で自然の風合いはもちろん、断熱性や吸水性、防火性で室内は快適。3000mmの防水性があり、防カビ加工も施されているため、雨でも不安なく過ごせます。薪ストーブの排気穴もついており、テント内で暖炉を設置することも可能です。
収容人数
重量(kg)
耐水圧(mm) 5000 mm防水PUコーティング
サイズ(m) 直径: 3m 4m 5m 6m選択可能

Ogawa(オガワ)
コットンテント

113,300(税込)
2019年10月29日 3:03時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

5か所のベンチレーターで快適

高くて広い居住空間を実現する八角錐形状で、テント内での着替えも楽々。頂上部と下部両側面、そして出入口と5か所のベンチレーターを持ち、換気も自由自在で居住性の高いコットンテントです。頂上部には暖炉やストーブの排気用・煙突ホール完備。重いため移動は何かと大変ですが、15分程度で設営できるのが魅力です。
収容人数 8人
重量(kg) 幕体/約13.4kg、ポール/約4.2kg
耐水圧(mm) フライシート・TC耐水圧350mm
サイズ(m) 幅430×高さ310×床面対角線470cm

コディアックキャンバス Kodiak Canvas
コットンテント

79,800(税込)
2019年10月29日 3:03時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

テントのフレーム各部は頑丈な鋼鉄製

アメリカの広大な土地で栽培されたコットンを使用。テントに使われているフレームは強風に耐える強度を出すために、車にも使われている頑丈な鋼鉄製。テントにはシリコンベースの「ハイドロ・シールド」を採用しており、一般的なPUコーティングよりも防水性や耐久性が高いのが特徴です。設営も楽ですが重量30㎏と移動は車が最適。
収容人数 6人
重量(kg) 約30kg
耐水圧(mm)
サイズ(m) 約D305cm ×W305×H201cm

Hewflit
コットンテント

41,999(税込)
2019年10月29日 3:03時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ワンポールテントで設営楽々

4m×4mと室内が非常に広く、ワンポールタイプで天井も高いためゆったりくつろげるコットンテントです。天井が高いため圧迫感が少なく、着替えも楽々。設営も慣れれば30分もかからず終了します。入り口はメッシュ素材で虫よけになり、厚めの生地でしっかり防水してくれます。上部に通気口、テント下部は解放できるので換気しやすく快適です。
収容人数 6人
重量(kg) 約17.8kg
耐水圧(mm)
サイズ(m) 約400cm×400cm×250cm

UJack(ユージャック)
コットンテント

39,500(税込)
2019年10月29日 3:03時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

結露知らずのポリコットン製

テントのアウターがナイロン、インナーがポリコットン製のため、雨が降っても防水性が高く安心。インナーはポリコットンで吸湿性もあり結露知らず。化繊とコットンの合わせ技で快適に過ごせる商品です。天井高があり開放的でありながら風にも強くユーザーの満足度も非常に高いテント。ハンマーが付属していないので別途用意する必要があります。
収容人数 1~4人
重量(kg) 9㎏
耐水圧(mm) (フライ)2000㎜ (インナー)5000㎜
サイズ(m) (長さ)330cm x (幅)330cm x (高さ)270cm

Cozy house
コットンテント

49,999(税込)
2019年9月26日 3:03時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

キャリーバッグ付で簡単収納

ベージュのコットンキャンバス地で通気性・保温性抜群。防水PUコーティングで雨にも強く安心して使用できます。キャリーバッグ付属でテントを収納可能。ワンポールで高さがあるため、立ったままでの着替えも楽で圧迫感がありません。センターポールは亜鉛メッキ鋼管使用で頑丈。グラウンドシート素材はヘビーデューティPVCでお手入れが簡単です。
収容人数
重量(kg) 24.5kg
耐水圧(mm) 3000 mm防水PUコーティング
サイズ(m) 直径4m

DOD(ディーオーディー)
コットンテント

55,810(税込)
2019年10月29日 3:03時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ポリコットンとポリエステルの良いとこどりの5人用テント

天井部分は通気性や保温性が良く結露を防ぐポリコットン製、壁部分は軽いポリエステル製の生地を使い分けたテントです。窓が大きく通気性抜群で、開け閉めしやすく快適な環境で過ごせます。サイドに110mmのポールを入れており、デッドスペースとなりやすいテントの壁部分も有効活用できます。
収容人数 5人
重量(kg) 14.9㎏
耐水圧(mm) 壁2000㎜ フロア5000㎜
サイズ(m) (約)W350×D350×H220cm

Cozy house
コットンテント

49,990(税込)
2019年10月12日 4:00時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

通気口や半円形の窓で通気性良し

アッパーカバーはベージュ色のコットンキャンバス地で結露の心配が少なく、防水・マイルドプルーフ処理済みで安心。グランドシートは防水インデックス5000mmと雨にも強い作りです。テント上部には4つの通気口があり、半円形の窓を設置して通気性は抜群。直径4m、5m、6mのテントには煙突用の穴が開いています。
収容人数
重量(kg) 20~49㎏
耐水圧(mm)
サイズ(m) 直径3~5m

商品比較表

商品画像
Cozy house
DOD(ディーオーディー)
Cozy house
UJack(ユージャック)
Hewflit
コディアックキャンバス Kodiak Canvas
Ogawa(オガワ)
DANCHEL Outdoor
Tentipi (テンティピ)
ROBENS Klondike
NORDISK(ノルディスク)
商品名 コットンテント コットンテント コットンテント コットンテント コットンテント コットンテント コットンテント コットンベルテント コットンテント コットン テント テント アスガルド
特徴 通気口や半円形の窓で通気性良し ポリコットンとポリエステルの良いとこどりの5人用テント キャリーバッグ付で簡単収納 結露知らずのポリコットン製 ワンポールテントで設営楽々 テントのフレーム各部は頑丈な鋼鉄製 5か所のベンチレーターで快適 高さがあり着替えも楽々 組み立てわずか数分の風に強いコットンテント 快適で火にも強いポリコットン製 大勢で楽しめる大型テント
価格 49,990(税込) 55,810(税込) 49,999(税込) 39,500(税込) 41,999(税込) 79,800(税込) 113,300(税込) 29,999(税込) 173,800(税込) 102,699(税込) 140,800(税込)
収容人数 5人 1~4人 6人 6人 8人 4人 6人 8~10人
重量(kg) 20~49㎏ 14.9㎏ 24.5kg 9㎏ 約17.8kg 約30kg 幕体/約13.4kg、ポール/約4.2kg 10.9kg 16.1kg 20kg
耐水圧(mm) 壁2000㎜ フロア5000㎜ 3000 mm防水PUコーティング (フライ)2000㎜ (インナー)5000㎜ フライシート・TC耐水圧350mm 5000 mm防水PUコーティング 350mm
サイズ(m) 直径3~5m (約)W350×D350×H220cm 直径4m (長さ)330cm x (幅)330cm x (高さ)270cm 約400cm×400cm×250cm 約D305cm ×W305×H201cm 幅430×高さ310×床面対角線470cm 直径: 3m 4m 5m 6m選択可能 幅4.5m 高さ2.7m 居住面積10.5平方メートル 400 x 400 x 高さ270cm 350mm
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

おすすめ地域別キャンプ場や快適にキャンプを楽しめる情報をご紹介!

おすすめ地域別キャンプ場や快適にキャンプを楽しめる情報をご紹介!
ここまではコットンテントの選び方をご紹介しましたがここからはおすすめキャンプ場やアウトドアに便利な情報をお伝えします。
アクティビティが充実 オートリゾート苫小牧アルテン [オートキャンプ] All About>>
「オートリゾート苫小牧アルテン」は苫小牧にある、自然いっぱいのオートキャンプ場です。キャンプはもちろんのこと、パークゴルフ、乗馬、カヌーなどのアウトドアが大変充実しています。
川遊びや温泉を楽しめるところも!関東で人気のキャンプ場21選|All About(オールアバウト)>>
都心からもアクセスしやすい、関東のキャンプ場を厳選してご紹介します。コテージやバンガローがあるところや、川遊びや温泉を楽しめるところ、手ぶらキャンプができるところなど。安いキャンプ場から高規格なキャンプ場まで、おすすめの施設を21か所ピックアップしました。
温泉付きから無料の施設まである!関西のおすすめキャンプ場|All About(オールアバウト)>>
「ああ、自然の中で過ごしたい!」そんな気持ちになったらキャンプにGO!関西エリアの人気のキャンプ場をピックアップしました。テントを張って、あるいはコテージやロッジで……木々や星明りに囲まれて過ごす、楽しい休日をぜひ体験してください。
中国・四国・九州エリアのおすすめオートキャンプ場 [オートキャンプ] All About>>
「Good Answers」にご投稿いただいた、“中国・四国・九州エリアのおすすめオートキャンプ場”をオールアバウトがセレクト。
子ども連れ、犬連れにもおすすめ。那須で人気のキャンプ場10選|All About(オールアバウト)>>
キャンプ場激戦区の那須。今回は、近くに温泉があるところや川遊びが楽しめるところ、手ぶらでキャンプができるところなど、那須で人気のキャンプ場を10か所ご紹介します。犬連れ、子ども連れにおすすめのキャンプ場も目白押しですよ。

野外フェスもおすすめ!

野外フェスもおすすめ!
野外フェスの中にはフジロックフェスティバルのようなキャンプスペースがあるものもありキャンプを楽しみながらの中で音楽を楽しめます。また、フジロック以外にもアウトドア型の野外フェスはいくつかありますのでキャンプを始めたら野外フェスデビューして見るもいいかもしれませんね。
2019年おすすめのフェスと初心者が持つべき準備物 [アウトドア] All About>>
フェスに行ってみたいけど、アウトドア初心者だから不安……。気になるフェスがいろいろあって、どれに参加したらいいのかわからない……。そんなあなたに、2019年おすすめの音楽フェスをご紹介します。
アウトドアでフェスを楽しむ [アウトドア] All About>>
数多くある音楽フェス。その種類と、季節ごとの楽しみ方などをご紹介します。

キャンプ豆知識、初心者が始めやすいキャンプスタイルは!

キャンプ豆知識、初心者が始めやすいキャンプスタイルは!
キャンプには登山を楽しみながらキャンプをする山岳キャンプや自動車でキャンプ場に向かうオートキャンプ、一人でキャンプを楽しむソロキャンプなどがあります。特にオートキャンプ場は施設が充実しているところも多く初心者でも始めやすいのまずはオートキャンプから初めて見ましょう。

テントの張り方はまずは慣れです [オートキャンプ] All About>>
テントの張り方は、慣れです。でも、張る場所と向きが本当は重要です。オートキャンプ場の場合は、各サイトいろいろと特徴があります。もちろんキャンプ場そのものの特徴もあります。
オートキャンプ初心者が出発前に準備すべきこと [オートキャンプ] All About>>
「オートキャンプデビューをしたい!」と考えているみなさんのためにオートキャンプの準備に必要なことをまとめました。出発前までにしておくべきとはなにか? 必要な道具は? ここまでしておけば現場ではたっぷり楽しめること間違いなし。初めての人のみならず、まだまだオートキャンプに慣れていないという人も必見です。
キャンプの後片付けが断然スムーズになる8つのコツ (全文) [オートキャンプ] All About>>
キャンプの後片付けが断然スムーズになる8つのコツ
今回は人気のコットンテントの選び方や、巷で人気のあるコットンテントをランキング形式でご紹介しました。コットンテントも素材がコットン100%のものもあれば、ポリエチレンを混ぜたポリコットン製のもの、通気口や煙突用の穴をつけたものなどさまざま。今回の記事を参考にあなたにピッタリのコットンテントを見つけてくださいね。
あなたにおすすめの記事
関連記事