下地センサーおすすめ人気ランキング10選|高精度でプロにもおすすめ

建築業者といったプロの方も使っている下地センサーは、DIYでも活用できる工具の一つです。家の壁に下地がないと、壁は脆くなって壊れやすくなってしまいます。下地を確認するため下地センサーはかかせないアイテムですが、取り付けられている機能などは様々です。人気の下地センサーについて紹介していきます。

壁の強度を確認するなら下地センサーで!
下地センサーの人気ランキング
商品比較表

壁の強度を確認するなら下地センサーで!

石膏ボードだけの壁では、壊れやすく事故にも繋がってしまいます。下地センサーを使えば家の壁の下地がどうなっているかを確認できるようになるので、壁の強度を確認するためにも、下地センサーはかかせません。下地センサーには種類があるので、精度や機能などを見てから購入してみましょう。

種類1|壁に穴を空けてしまうが、最も精度が高い針タイプ

針タイプの下地センサーは、下地センサーの種類の中でも最も精度が高いものとなっています。センサーによって下地のある場所を把握してから壁に刺していく使い方になるので、壁に穴が空いてしまうのが難点ではありますが、精度の高い下地センサーとして人気の高い種類になっています。

種類2|壁に当てるだけで静電容量の変化で感知する精度の高いセンサータイプ

種類2|壁に当てるだけで静電容量の変化で感知する精度の高いセンサータイプ
精度が高いものがいいけれど、壁に穴は空けたくないという方には、センサータイプの下地センサーをおすすめします。センサータイプは静電容量の変化によって、壁の中にある下地を見つけることができます。下地センサーを壁に当てて使うだけなので、下地の確認もスピーディに行えます。

深さと材質|探知に適した材質や深さがあるため、事前に要チェック

下地センサーならどんな壁でも下地を確認できるというわけではありません。下地センサーの機器によっては、木材だけを探知するものや、金属などの探知もできるものがあります。機器にはそれぞれ対応した素材があるので、そちらを確認してから購入するようにしましょう。

下地センサーの人気ランキング

針タイプやセンサータイプなど、下地センサーには使い方も様々なものが揃っています。機器によっては探知できる素材も違ってくるので、下地センサーならなんでもいいと適当に選んで購入するのはやめておきましょう。Amazonで購入できる下地センサーを紹介していくので、気になるものをチェックしてみてください。

Preciva
下地センサー ウォールスキャナー スタッドディテクタ

センサーで簡単に下地を検知!

センサータイプの下地センサーなので、素早い下地探知ができるようになっています。下地センサーを使うのが始めてだという人にはメモリを読むことに慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、簡単に下地の検査をしたい方にはおすすめのタイプです。センサーを使う時は、壁とセンサーの間に物を挟まないように注意してください。
タイプ センサータイプ
探知物
最大検出深度 金属60mm

BOSCH(ボッシュ)
デジタル探知機

探知素材によってモードを変える下地センサー

木材や非鉄金属などに対応している下地センサーで、検知を行う壁の素材によってモードを変えていくことができます。石膏ボードモードや金属モード、通電線モードといった3つモードの選択ができるので、素材によって下地センサーの種類を変える手間をはぶきたいという方におすすめです。
タイプ センサータイプ
探知物 非鉄金属、木材、通電線
最大検出深度 金属120mm

Urceri
下地探し 下地センサー

校正機能も取り付けられより高精度になった下地センサー!

針で刺して検知する必要がないので、壁に穴を空けたくないという方には嬉しい下地センサーです。裏には滑り止めマットがついているので、DIYや建築の作業中に下地センサーを落としてしまう心配もなくなります。また、校正機能が取り付けられたことで、より正確な深さを探知できるようになっています。
タイプ センサータイプ
探知物 AC電源、金属、木材
最大検出深度 50mm

Meterk
下地センサー デジタル探知機 高感度センサー

インテリアの飾りつけの時にも使える下地センサー

モードによって、深さどれくらいの場所に下地があるのかをすぐに把握しやすくなっているので、下地センサーを使うのが始めてだという方にもおすすめです。鏡や絵画など、壁にインテリアを飾りたい方も、下地センサーを使えば釘をうって良い場所かどうかの把握もできるので、家の中で簡単リフォームを楽しめます。
タイプ センサータイプ
探知物 木製、金属
最大検出深度 メタル鉄筋76mm
型番:EZ3802

パナソニック(Panasonic)
壁うらセンサー 内装材専用 プロ用電動工具

下地を見つけたらすぐマーキング!見えない素材の場所をすぐ探知!

下地がある場所を見つけた時、他の人と建築作業をされている方なら、相手に下地の場所を伝えるために目印をつけておきたいですよね。鉛筆用穴が取り付けられているので、下地が見つかった場所で鉛筆を軽く押すだけでマーキングができます。
タイプ
探知物 木材、金属、プラスチック
最大検出深度

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
下地センサー

防災対策に金具を取り付ける時にも活躍する下地センサー

家の簡単なリフォームだけでなく、防災のための対策として、家具に転倒防止の金具を取り付ける方も増えています。金具を取り付ける時は、下地センサーを使用して、そこに下地があるかどうかを確認する必要があります。本格的なDIYに挑戦したい方などにもおすすめの下地センサーです。
タイプ センサータイプ
探知物 木材、金属
最大検出深度 約35mm

FOLAI
下地センサー 下地探し 壁うら探し

内装のコーディネートに一役買ってくれる下地センサー

探知できる素材が壁の向こうにあれば、ブザーが鳴って下地の存在を教えてくれるので、下地の存在に気づかずに作業をしてしまうといったトラブルを未然に防ぐことができます。素材ごとの測定モードも用意されているので、始めて扱うという方にも使いやすい下地センサーとなっています。
タイプ センサータイプ
探知物 金属、木材、AC電源探知
最大検出深度 76mm

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
下地センサー Basic

引越しや防災対策で家具の取り付け時に!

防災対策で金具を取り付ける時には、下地センサーで下地があるかどうかを確認しなければいけません。シンプルな作りとなっていて、細かい操作を行わなくていい下地センサーなので、機械類が苦手だという方や、下地センサーに慣れたいという方におすすめの商品となっています。
タイプ センサータイプ
探知物 木材、金属
最大検出深度 約19mm

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
下地センサー Super

電線警告機能もついた下地センサー

釘打ちのために下地を見つける作業に活躍してくれる下地センサー。電線が通っている場所を検知すると、そのことを伝えるための警告を出してくれるので、電線をあやまって切断してしまったり傷をつけてしまうことがありません。壁に穴を空けたくないという方にもおすすめです。
タイプ センサータイプ
探知物 木材、金属
最大検出深度 約19mm

シンワ測定(Shinwa Sokutei)
下地探し どこ太 Smart マグネット付

マグネットで金属探知も素早くできる!

針タイプで、石膏ボード専用の下地センサーとなっています。マグネットがついているので、壁の向こうに金属の下地があると、マグネットが壁にひっつく仕掛けとなっているので、無作為に壁に穴を空けることを防げるようになっています。替針も2本入っているので、もし針が折れてしまっても使うことができます。
タイプ 針タイプ
探知物
最大検出深度 35mm、45mm

商品比較表

商品画像
シンワ測定(Shinwa Sokutei)
シンワ測定(Shinwa Sokutei)
シンワ測定(Shinwa Sokutei)
FOLAI
シンワ測定(Shinwa Sokutei)
パナソニック(Panasonic)
Meterk
Urceri
BOSCH(ボッシュ)
Preciva
商品名 下地探し どこ太 Smart マグネット付 下地センサー Super 下地センサー Basic 下地センサー 下地探し 壁うら探し 下地センサー 壁うらセンサー 内装材専用 プロ用電動工具 下地センサー デジタル探知機 高感度センサー 下地探し 下地センサー デジタル探知機 下地センサー ウォールスキャナー スタッドディテクタ
特徴 マグネットで金属探知も素早くできる! 電線警告機能もついた下地センサー 引越しや防災対策で家具の取り付け時に! 内装のコーディネートに一役買ってくれる下地センサー 防災対策に金具を取り付ける時にも活躍する下地センサー 下地を見つけたらすぐマーキング!見えない素材の場所をすぐ探知! インテリアの飾りつけの時にも使える下地センサー 校正機能も取り付けられより高精度になった下地センサー! 探知素材によってモードを変える下地センサー センサーで簡単に下地を検知!
タイプ 針タイプ センサータイプ センサータイプ センサータイプ センサータイプ センサータイプ センサータイプ センサータイプ センサータイプ
探知物 木材、金属 木材、金属 金属、木材、AC電源探知 木材、金属 木材、金属、プラスチック 木製、金属 AC電源、金属、木材 非鉄金属、木材、通電線
最大検出深度 35mm、45mm 約19mm 約19mm 76mm 約35mm メタル鉄筋76mm 50mm 金属120mm 金属60mm
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
針タイプは壁を穴だらけにしたくない人には向きませんが、下地のある場所まで針を刺すことで正確な位置を把握することができます。センサータイプは下地センサーに慣れていない方におすすめのタイプです。Amazonで取り扱っている下地センサーをチェックして、内装のリフォームなどに役立ててみてください。
おすすめタグ