ジャパニーズウイスキーのおすすめ人気ランキング10選|銘柄ごとの特徴も紹介

ジャパニーズウイスキーとはその名の通り日本で生産されるウイスキーです。蒸溜所や値段もさまざまで、選ぶときには迷ってしまいますよね。今回は、そんなジャパニーズウイスキーのおすすめ商品をランキング形式で発表紹介します。ジャパニーズウイスキーを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

失敗しない!これだけチェック!

ジャパニーズウイスキーを選ぶときのポイントがいくつかあります。まずはそのポイントからチェックしていきましょう!

タイプ1|蒸留所の味わいがくっきりと出るシングルモルト

シングルモルトとは大麦麦芽のみを使用し、ひとつの蒸溜所で造られたウイスキーのことをいいます。また、複数の蒸溜所のモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドしたものをブレンデッドウイスキーといいます。その蒸溜所ならではの味を楽しみたいなら、シングルモルトが断然おすすめです。

タイプ2|クセが弱く、飲みやすいグレーンウイスキー

タイプ2|クセが弱く、飲みやすいグレーンウイスキー
モルトウイスキーは、大麦の麦芽と発酵させて造るのに対し、グレーンウイスキーはトウモロコシの穀類と麦芽を原料としています。グレーンウイスキーの方が風味が軽く、飲みやすくなっています。モルトウイスキーとブレンドして飲みやすくするのによく使われますが、中にはグレーンウイスキーだけの商品もあります。

タイプ3|マイルドな味わいで初心者向けのブレンデッドウイスキー

先ほど述べたように、大麦麦芽のみを使用した複数のモルトウイスキーに、飲みやすいようグレーンウイスキーをブレンドしたものがブレンデッドウイスキーです。シングルモルトよりもクセが少なくて飲みやすく、流通量も多いので、手軽に飲める初心者向きのタイプだといえるでしょう。

ジャパニーズウイスキーの人気ランキング

それでは、ジャパニーズウイスキーのおすすめランキングを発表いたします!さきほどのタイプについても比較していますので、ぜひチェックしてくださいね。

ニッカウヰスキー
ブラックニッカ スペシャル

1985年発売の「ヒゲのブラック」

「カフェ式連続式蒸溜機」を使用して造られた、ニッカ独自のカフェグレーンを配合したブラックニッカ スペシャルです。甘くスモーキーさがあり、ウイスキー好きの中でも評価の高い商品になります。大々的に宣伝されているわけではありませんが、1965年発売の新ブラックニッカが1985年に全面改良して造られたロングセラー商品です。
タイプ ブレンデッド
度数(%) 42
内容量(ml) 720

ベンチャーウイスキー
イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル

世界的にも注目度の高い秩父ウイスキー

秩父に蒸溜所を持つイチローズモルト。ジャパニーズウイスキーとして世界的に有名で、商品によってはプレミア価格が付くことも珍しくありません。この商品は9蒸留所のモルト原酒と2蒸留所のグレーンウイスキーをブレンドしたこの商品は比較的安価で手に入りやすく、イチローズモルトはじめての1本としておすすめです。
タイプ ブレンデッド
度数(%) 46
内容量(ml) 700

ニッカウヰスキー
シングルモルト 宮城峡

北海道・余市とはまた違う、ニッカウヰスキー宮城峡

ニッカウヰスキーの創業者竹鶴政孝が、北海道の余市蒸溜所とは別の個性を求め建設した、宮城峡蒸溜所。自然豊かで穏やかな宮城の地で造られたシングルモルトは、フルーティで口当たりなめらか、比較的飲みやすいウイスキーです。シングルモルト余市と飲み比べてみても面白いでしょう。
タイプ シングルモルト
度数(%) 43
内容量(ml) 700

ニッカウヰスキー
竹鶴ピュアモルト

上質なモルトをバッティングして造るピュアモルト

ピュアモルトは、複数の蒸溜所で造られる原酒をブレンドして造られます。ニッカウヰスキーのスモーキーな余市蒸溜所と、フルーティな宮城峡蒸溜所の特徴がひとつになり、バランスよく仕上がっています。「日本のウイスキーの父」といわれる竹鶴政孝の名が付いた竹鶴ピュアモルトは、しっかりと技術が受け継がれたウイスキーです。
タイプ ピュアモルト
度数(%) 43
内容量(ml) 700

サントリー
知多

ハイボールでさわやかに。グレーン原酒のウイスキー

この商品はグレーン原酒で造られたウイスキーです。グレーン原酒とは、大麦麦芽のみを原料としたモルトウイスキーとは違い、トウモロコシなどの穀類を主原料としています。グレーンウイスキーの味はクリアで軽い傾向にあり、ウイスキーが苦手な方も比較的飲みやすくなっています。
タイプ グレーンウイスキー
度数(%) 46
内容量(ml) 700

サントリー
響 JAPANESE HARMONY

品格のあるジャパニーズウイスキー

サントリーが最高峰のウイスキーを目指して造り出した商品です。ボトルは優雅な24面カットで、1日の24時間や、24節気が表現されています。フローラルで樽の香りも引き立つ、華やかな味わいです。これぞジャパニーズウイスキーといった感じの上品な逸品。贈り物にも最適です。
タイプ ブレンデッド
度数(%) 43
内容量(ml) 700

キリン
富士山麓 樽熟原酒50℃

うまみ成分が閉じ込められたブレンデッドウイスキー

富士山麓にある富士御殿場蒸溜所は、モルトとグレーン、2つの原酒を蒸留する世界でも珍しい蒸溜所です。また、富士御殿場蒸溜所には富士山からの良質な水が集まり、自然が豊富なので、ウイスキー造りにはうってつけの環境です。アルコール度数高めで香り高いウイスキーです。
タイプ ブレンデッド
度数(%) 50
内容量(ml) 700  

サントリー
オールド

戦後から親しまれてきた、懐かしい味わい

1950年の発売以来、改良を加えられつつ造り続けられてきたウイスキーです。なかなか庶民には手が出せない価格でしたが、現在では手に入りやすくなりました。シェリー樽原酒由来の甘い香りでウイスキー入門にもおすすめの1本です。ボトルの形から、「ダルマ」の愛称で親しまれています。
タイプ ブレンデッド
度数(%) 43
内容量(ml) 700

サントリー
シングルモルト ウイスキー 山崎

日本初のモルトウイスキー蒸溜所で生み出されるジャパニーズウイスキー

山崎蒸溜所は1923年に開設された日本初のモルトウイスキー蒸溜所です。京都郊外に位置する山崎は名水の里で、千利休も山崎の水を愛したといわれるほどです。山﨑蒸溜所で造られるさまざまな原酒の中から、ブレンダーが厳選しています。フルーティか香りでなめらかな口当たりの、サントリーこだわりのウイスキーです。
タイプ シングルモルト
度数(%) 43
内容量(ml) 700

サントリー
角瓶

老若男女におなじみのサントリー角瓶

角ハイボールでもおなじみのサントリー角瓶です。1937年の発売以来、日本中で親しまれてきました。壽屋(現サントリー)創業者の鳥井信治郎が「日本人の舌に合う日本のウイスキーをつくりたい」と言って完成した製品だけあって、クセがなく誰もが飲みやすいウイスキーになっています。
タイプ ブレンデッド
度数(%) 40
内容量(ml) 700

商品比較表

商品画像
サントリー
サントリー
サントリー
キリン
サントリー
サントリー
ニッカウヰスキー
ニッカウヰスキー
ベンチャーウイスキー
ニッカウヰスキー
商品名 角瓶 シングルモルト ウイスキー 山崎 オールド 富士山麓 樽熟原酒50℃ 響 JAPANESE HARMONY 知多 竹鶴ピュアモルト シングルモルト 宮城峡 イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル ブラックニッカ スペシャル
特徴 老若男女におなじみのサントリー角瓶 日本初のモルトウイスキー蒸溜所で生み出されるジャパニーズウイスキー 戦後から親しまれてきた、懐かしい味わい うまみ成分が閉じ込められたブレンデッドウイスキー 品格のあるジャパニーズウイスキー ハイボールでさわやかに。グレーン原酒のウイスキー 上質なモルトをバッティングして造るピュアモルト 北海道・余市とはまた違う、ニッカウヰスキー宮城峡 世界的にも注目度の高い秩父ウイスキー 1985年発売の「ヒゲのブラック」
タイプ ブレンデッド シングルモルト ブレンデッド ブレンデッド ブレンデッド グレーンウイスキー ピュアモルト シングルモルト ブレンデッド ブレンデッド
度数(%) 40 43 43 50 43 46 43 43 46 42
内容量(ml) 700 700 700 700   700 700 700 700 700 720
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
今回はジャパニーズウイスキーの人気ランキングをご紹介してまいりました。同じ日本国内で造られたウイスキーでも、水や環境の違いによって味にも変化が出てきます。リーズナブルなものから高級なものまでさまざまですが、ぜひお気に入りのジャパニーズウイスキーを見つけてみてくださいね。