アイリッシュウイスキーのおすすめ人気ランキング10選|銘柄ごとの特徴を紹介

世界五大ウイスキーのひとつといわれる「アイリッシュウイスキー」。口当たりがなめらかで、初心者の方でも飲みやすいといわれます。今回はそんなアイリッシュウイスキーのおすすめランキングをご紹介します!これまで飲んだことがないという方も、ぜひチャレンジしてみてください。

失敗しない!これだけチェック!
アイリッシュウイスキーの人気ランキング
商品比較表

失敗しない!これだけチェック!

ランキングに入る前に、アイリッシュウイスキーを選ぶときのポイントをご紹介します!これさえ知っておけば、よりぴったりなアイリッシュウイスキーを選びやすくなりますよ。

タイプ1|力強い味わいを楽しむならピュアポットスティルorモルトウイスキー

アイリッシュウイスキーの伝統的な造り方として、単式蒸留器(ポットスチル)で3回(蒸溜所によっては2回)蒸溜する、ということが挙げられます。そのなかでも大麦麦芽のみを原材料とするのがモルトウイスキー、大麦麦芽のほかに未発芽の大麦や小麦などを原材料とするのがピュアポットスティルウイスキーです。

タイプ2|さらりとした味わいならグレーンウイスキーorブレンデッドウイスキー

トウモロコシなどの穀類を主原料とするものをグレーンウイスキーといいます。グレーンウイスキーの方が軽く飲みやすいので、モルトウイスキーとブレンドしてブレンデッドウイスキーとすることも多いです。飲みやすさを求めるならグレーンウイスキーやブレンデッドウイスキーがおすすめです。

熟成期間|長いほどウイスキーの味がくっきりと出る

熟成期間|長いほどウイスキーの味がくっきりと出る
一般的に熟成期間が短いものはアルコールの風味が強めで、熟成期間が長いほどそれがまろやかになり、味に深みが出てきます。何年も寝かせて熟成による味の変化を楽しめるのもウイスキーの楽しみのひとつ。何年も待てない!という方は、熟成期間が長いものを選んでみてくださいね。

アイリッシュウイスキーの人気ランキング

それでは、いよいよアイリッシュウイスキーのおすすめランキングに入りたいと思います。きっとあなたが興味を持つ1本が見つかるはず!最後までチェックしてくださいね。

ウィスク・イー
ウエスト コーク カスクストレングス

ユニークな方法で造られるカスクストレングス

熟成したウイスキーに麦芽のうまみを移し、ミズナラ、スパニッシュ、アメリカンのオーク樽でフィルタリングした、なめらかな舌触りのウイスキーです。加水されていないので、樽から出た状態を楽しむことができます。お好みで水割りにしても、ロックでも。スパイスの風味が広がります。
タイプ モルトウイスキー
熟成期間(年) -
度数(%) 57.5
内容量(ml) 700

ペルノリカール
ジェムソン ボウ・ストリート

「ジェムソン」ラインナップの最上位

ミドルトン蒸留所で3回蒸留した3種のウイスキーを、ヨーロピアンオーク樽とアメリカンオーク樽で18年以上熟成。さらにそのウイスキーをボウ・ストリート旧蒸留所へ移して寝かせた、手間暇のかかった1本です。カスクストレングスで、樽由来の香りや味わいが存分に楽しめますよ。
タイプ -
熟成期間(年) 18
度数(%) 55
内容量(ml) 700

大和貿易
グレンダロウ シングルグレーン ダブルバレル

2つの樽から受け継いだ味わい

原料はアイルランド産大麦ととうもろこし。最初にバーボン樽で3年半熟成し、その後にオロロソシェリー樽で半年熟成させています。バーボン樽で熟成したことによってチョコレートやキャラメルのような風味が、オロロソシェリー樽で熟成したことによってフルーツやナッツのような風味が感じられます。
タイプ グレーンウイスキー
熟成期間(年) 4
度数(%) 42
内容量(ml) 700

KILBEGGAN(キルベガン)
アイリッシュウイスキー キルベガン

復活したアイルランド最古の蒸溜所のウイスキー

一度は閉鎖された、アイルランド最古の蒸溜所といわれるキルベガン蒸溜所。しかし、クーリー蒸溜所によって2007年から蒸溜が再開されました。復刻版ですがキルベガン蒸溜所の原酒もブレンドされ、伝統が受け継がれています。スムーズで飲みやすいブレンデッドウイスキーです。
タイプ ブレンデッドウイスキー
熟成期間(年) 1
度数(%) 40
内容量(ml) 700

ペルノリカール
レッドブレスト 12年 シングルポットスチル

伝統的なポットスチルで蒸溜されるウイスキー

大麦麦芽と未発芽大麦と使って、昔ながらの銅製のポットスチル(単式蒸溜器)で3回蒸溜されるレッドブレスト。熟成にはシェリー樽とバーボン樽が使用され、フルーティさやスパイシーさなど、複雑な味わいが融合する独特なウイスキーです。コーク州のミドルトン蒸溜所にて蒸溜されています。
タイプ シングルポットスチル
熟成期間(年) 12
度数(%) 40
内容量(ml) 700

ペルノリカール
ジェムソン ブラック・バレル

焦がしたバーボン樽で熟成

熟成にはバーボン樽とシェリー樽が使われますが、バーボン樽には内面を2回焼き炭化させるチャーリングが、シェリー樽にはゆっくりとした加熱のトースティングが施されています。これによってスモーキーで香ばしい風味に。さらにシェリー樽由来のフルーティさが加わった、クセの少ないウイスキーです。
タイプ
熟成期間(年) -
度数(%) 40
内容量(ml) 700

カネマラ
アイリッシュウイスキー カネマラ

アイリッシュウイスキーでは珍しいピーテッド

新進気鋭のアイルランド・クーリー蒸溜所で造られるアイルランドのピーテッド・シングルモルトです。ピートとは泥炭のことで、麦芽をピートの煙で乾燥させることによって、麦芽に独特のスモーキーさが移ります。「カネマラ」とはかつてピートの採掘場所だったアイルランド西部の場所の名前です。
タイプ ピーテッド・シングルモルト
熟成期間(年) 12
度数(%) 40
内容量(ml) 700

TULLAMORE DEW(タラモアデュー)
アイリッシュ ウイスキー タラモア デュー

繊細な味わいのアイリッシュウイスキーの代表格

「タラモア」とは、アイルランド中部の町の名前です。「DEW」は「露」を意味しますが、当時の経営者、ダニエル・エドモンド・ウイリアムスの頭文字をとってつけられました。繊細な味が評価されているアイリッシュウイスキーで、アイリッシュコーヒーにして飲むのもおすすめです。
タイプ ブレンデッドウイスキー
熟成期間(年) 1
度数(%) 40
内容量(ml) 700

ブッシュミルズ
ウイスキー アイルランド ブッシュミルズ

400年の歴史を持つ伝統の味

ブッシュミルズが造られるブッシュミルズ蒸溜所は、現在操業中のアイリッシュウイスキー蒸溜所の中では一番古いといわれる蒸溜所です。昔ながらの3回蒸溜で、ノンピート麦芽100%のモルト原酒使用。軽やかでなめらかな口当たりで、濃いめをじっくり楽しみたいウイスキーです。
タイプ ブレンデッドウイスキー
熟成期間(年) -
度数(%) 40
内容量(ml) 700

ペルノリカール
ジェムソン スタンダード

クセがなく飲みやすい、はじめてのアイリッシュウイスキーにおすすめ

3回蒸溜されて造られるこのジェムソンスタンダードは、とにかくクセがなく飲みやすいと評判です。ロックでも、ライムを添えてハイボールでも。さわやかに飲めるアイリッシュウイスキーの人気商品です。価格も比較的リーズナブルで、ウイスキー初心者の方だけでなく、家にストックしておくにもよさそうです。
タイプ ブレンデッドウイスキー
熟成期間(年) 7
度数(%) 40
内容量(ml) 700

商品比較表

商品画像
ペルノリカール
ブッシュミルズ
TULLAMORE DEW(タラモアデュー)
カネマラ
ペルノリカール
ペルノリカール
KILBEGGAN(キルベガン)
大和貿易
ペルノリカール
ウィスク・イー
商品名 ジェムソン スタンダード ウイスキー アイルランド ブッシュミルズ アイリッシュ ウイスキー タラモア デュー アイリッシュウイスキー カネマラ ジェムソン ブラック・バレル レッドブレスト 12年 シングルポットスチル アイリッシュウイスキー キルベガン グレンダロウ シングルグレーン ダブルバレル ジェムソン ボウ・ストリート ウエスト コーク カスクストレングス
特徴 クセがなく飲みやすい、はじめてのアイリッシュウイスキーにおすすめ 400年の歴史を持つ伝統の味 繊細な味わいのアイリッシュウイスキーの代表格 アイリッシュウイスキーでは珍しいピーテッド 焦がしたバーボン樽で熟成 伝統的なポットスチルで蒸溜されるウイスキー 復活したアイルランド最古の蒸溜所のウイスキー 2つの樽から受け継いだ味わい 「ジェムソン」ラインナップの最上位 ユニークな方法で造られるカスクストレングス
タイプ ブレンデッドウイスキー ブレンデッドウイスキー ブレンデッドウイスキー ピーテッド・シングルモルト シングルポットスチル ブレンデッドウイスキー グレーンウイスキー - モルトウイスキー
熟成期間(年) 7 - 1 12 - 12 1 4 18 -
度数(%) 40 40 40 40 40 40 40 42 55 57.5
内容量(ml) 700 700 700 700 700 700 700 700 700 700
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
今回はアイリッシュウイスキーのおすすめランキングのご紹介でした。どれも美味しそうなウイスキーで飲んでみたくなりますね。ヨーロッパのウイスキーの中ではスコッチウイスキーと肩を並べるアイリッシュウイスキー。ぜひその自然豊かな環境で造られる伝統的な味わいを楽しんでみてくださいね。