ベース用エフェクターと基本の使い方とおすすめ4選【初心者向け】

ベースエフェクターの役割や繋ぐ順番、初心者におすすめのモデルについて解説。エフェクターを使うのに際してあると便利なエフェクターボードやパワーサプライについてもおすすめのプロダクトを紹介。

この記事に登場する専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
ベースエフェクターって必要?
基本のセッティング
初心者におすすめ!定番のベースエフェクター
あると嬉しいサブアイテム紹介
ベース用エフェクターの人気ランキングもチェック!
この記事に登場した専門家

ベースエフェクターって必要?

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
ベース
アンサンブルの低音をひとえに担うベース。重要な役割を担っているがゆえにベースのサウンドが崩れるだけでアンサンブル全体が崩れてしまうといっても過言ではありません。ベース本体とアンプだけで音作りをすることも可能ですが様々な環境、アンサンブルの中で適切な音作りをするのにエフェクターは大いに役立ちます。

また、近年においてはエフェクティブなサウンドを積極的に採用し、ベーシックなサウンドとして利用される場面も多くあります。年々ベースエフェクターの需要は高まっているといって間違いはないでしょう。

基本のセッティング

エレキベース
アンサンブルに中で使う場合に何より気をつけなければならないのは低音がすっぽりとなくなってしまわないように、音痩せに注意することです。

接続順については人により好みが分かれますが、コンプレッサーなどの補正系は先頭、モジュレーション系は歪み系の後、プリアンプは最後に接続するのがおすすめです。複数のエフェクトを合わせた時に音がごちゃついてしまわないように気をつける必要があります。

ちなみにチューナーは最後に置くのがおすすめ。トラブルが起こった時にチューナーをオンにするとそれ以降のアンプやPAに信号を流さずにそれ以前のチェックができるからです。

初心者におすすめ!定番のベースエフェクター

MXR M80 BASS D.I.+

名門エフェクターメーカーMXRが手がけるプリアンプ。超ロングセラーとなっている本商品は長年にわたり多くのベーシストに愛用されています。

最大の特徴は何と言ってもCOLORスイッチ。オンにすることでミドルレンジをスイープしたプリセットトーンが呼び出され、より濃厚なローエンドが体感できます。

ディストーションのエフェクトも用意されており、独立したフットスイッチでコントロールができます。特徴的なジリッとした荒々しいドライブサウンドを原音にミックスして、アンサンブルの中でも過不足のないローレンジを確保できます。

MXR M80 BASS D.I.+

参考価格: 16,600

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

16,600 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

12,800 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

16,350 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

17,200 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月24日 05:38時点 rakuten.co.jp: 2021年8月24日 16:22時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年8月24日 16:22時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2021年8月24日 16:22時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
ベース用定番プリアンプMXR M-80とSANSAMPを比較! - PICUP(ピカップ)
ベース用定番プリアンプMXR M-80とSANSAMPを比較! - PICUP(ピカップ)>>
ベース用の定番プリアンプである「MXR M-80」と「TECH21 SANSAMP BASS DRIVER」について、それぞれの特徴や使い方、愛用しているプロのアーティストの紹介をします。

EBS マルチコンプ スタジオエディション MULTICOMP-SE

一説によるとスタッフ全てがベーシストと言われるほどにベースにフォーカスしたプロダクトを多数リリースしているEBSが手がけるベース用コンプレッサー。ベース用エフェクターとしては超定番の1台です。

ノーマルモード、マルチバンドモード、チューブモードと3つのモードを備えています。マルチバンドモードは低域と高域別々にエフェクトをかけることで、例えばスラップ時にサムは潰しすぎずプルは滑らかにする、という使い方できます。

EBS マルチコンプ スタジオエディション MULTICOMP-SE

参考価格: 48,822

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

48,822 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

55,368 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

54,680 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月24日 05:38時点 rakuten.co.jp: 2021年8月24日 16:24時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年8月24日 16:24時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Z.VEX Vextron Series MastoTRON

鬼才Z.VEXが手がけるファズペダル。ベースでの使用も考慮されたサウンドデザインのため、ベースとのマッチングは抜群。

ファズは激しく歪むためにローレンジが抜け落ちやすく、ベースでは使いづらいイメージが持たれています。本商品は焼けつくようにジリジリと激しいファズサウンドですが低音が抜け落ちることがなく、むしろローからローミッドにかけてのレンジが密度が濃くなるような印象を受けます。コンパクトなサイズ感も魅力的。

Z.VEX ジーベックス エフェクター Vextron Series ファズ MastoTRON 【国内正規品】

参考価格: 17,111

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

17,111 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

17,111 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

17,111 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

17,111 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月24日 05:38時点 rakuten.co.jp: 2021年8月24日 16:25時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年8月24日 16:25時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2021年8月24日 16:25時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

BOSS SUPER Octave OC-3

日本のエフェクターメーカーの王様、BOSSが手がけたデジタルオクターバー。OC-2互換モード、ドライブモード、ポリフォニックモードと3つのモードを備え、前身であるOC-2から格段の進歩を遂げた世界でも有数の多機能マシーン。

アナログオクターバーのOC-2はウォームで太いサウンドが評価されましたが、OC-3はよりクリアなサウンドに変化しました。ベーシストに特におすすめしたいのが新たに追加されたドライブモード。シンプルなコントロールからシンセベースのようなサウンドを1台で作り出します。

MXR M108S 10 Band Graphic EQ

グラフィックイコライザーと呼ばれるタイプのエフェクターです。つまみがフェーダーになっており、見た目からEQのかかり具合がわかることからグラフィックイコライザーと呼ばれます。

ベースのサウンドはギターの低音やドラムのバスと被ってしまう音域で、サウンドやステージなどの外的な要因に影響を受けやすいものです。グラフィックイコライザーのように細かいポイントを調整できる機材があれば、被る音域を避けてベースらしいサウンドを作る、玄人な音作りにトライすることができます。

MXR M108S 10 Band Graphic EQ

参考価格: 14,000

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

14,000 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

15,280 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

14,300 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

15,400 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月24日 16:27時点 rakuten.co.jp: 2021年8月24日 16:28時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年8月24日 16:28時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2021年8月24日 16:28時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
MXRのエフェクターの歴史・特徴とおすすめのモデル6選 - PICUP(ピカップ)
MXRのエフェクターの歴史・特徴とおすすめのモデル6選 - PICUP(ピカップ)>>
今回は定番エフェクターメーカー「MXR」の概要や歴史、評価について解説します。distortion+、MICRO AMPなどのギター向けのモデルの他にM80、M82などのベース向けのモデルについておすすめを紹介します。

あると嬉しいサブアイテム紹介

KC エフェクターケース EC-40/BK ブラック (内寸 320 x 220 x 35+20mm)

楽器の国内代理店、卸し問屋としては最大手のキョーリツコーポレーションが手がけるエフェクター用のケース。この手のケースはエフェクターボードと呼ばれます。その所以は蓋を外してそのまま足元に設置ができること。

エフェクターをエフェクターボードにマジックテープなどで固定することで、つまみが無為に動かないようにしながら踏みやすいレイアウトのまま持ち運ぶことができます。

エフェクターが複数になってきたらこのようなボードを利用した方がセッティングもスムースになるのでベターな選択肢でしょう。

KC エフェクターケース EC-40/BK ブラック

参考価格: 2,525

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

2,525 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

2,970 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

2,272 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

2,970 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月24日 05:38時点 rakuten.co.jp: 2021年8月24日 16:30時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年8月24日 16:30時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2021年8月24日 16:29時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
これでがっちり固定!おすすめエフェクターボードと必須アイテム5選 - PICUP(ピカップ)
これでがっちり固定!おすすめエフェクターボードと必須アイテム5選 - PICUP(ピカップ)>>
エフェクターボードを使用するメリットや種類、選び方、すのこ式や底板式のものの違いについて解説。すのこ式、底板式、ソフトケース、ハードケース、一口にエフェクターボードといっても現在ではいくつかの種類があり、それぞれのおすすめ商品を紹介します。

FIREGLOW PPS-01

コンパクト、安価、ハイクオリティの3つを兼ね備えたパワーサプライ。9,990円という劇的に安価な価格を実現しながらも、完全アイソレーテッドタイプというハイクラスのパワーサプライに搭載される機能を搭載。これにより同じパワーサプライから供給されるエフェクターがそれぞれ影響を受けずにクリーンに動くことができます。さらに12Vと18V、2つの特殊な電圧の供給にも対応。

これだけの機能を持ちながら電源アダプターとケーブルをパッケージ。とてつもないハイコストパフォーマンスパッケージです。

FIREGLOW PPS-01 パワーサプライ

参考価格: 9,900

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

9,900 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

9,900 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

9,900 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月24日 16:31時点 rakuten.co.jp: 2021年8月24日 16:31時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年8月24日 16:31時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
ベースエフェクターの有用性やおすすめのプロダクトについて紹介しました。

今回紹介したコンプレッサーやファズなどのエフェクターはどれもが私が長く愛用しています。本当はもっと詳しく紹介をしたいところですが文字では伝わらない魅力も多くあるものです。楽器店ではエフェクターが多く在庫しています。実際に試すことができるのが実店舗の魅力なので、気軽にトライしてみてください。自分にぴったりの1台をじっくりと選びたいですね。

ベース用エフェクターの人気ランキングもチェック!

Amazonの売れ筋ランキング>>
楽天の売れ筋ランキング>>

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
企画・制作:BestOne編集部

※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

あなたにおすすめの記事