ミニ三脚おすすめ人気ランキング10選|自撮りや旅行での記念撮影に!

カメラを撮影する際に安定感を生み出してくれるミニ三脚は、コンパクトで持ち運びも簡単です。ただマンフロットを始めとした数多くのメーカーが多種多様な製品を販売しているので、選択に苦労するのではないでしょうか。そこで参考となるように、ミニ三脚の中からおすすめできるものいくつかピックアップし、ランキング形式で紹介します。

失敗しない!これだけチェック!

ミニ三脚を購入する際には、実際に使用するシーンを想定して選ぶ必要があります。

雲台|登山や旅行で使う場合は自由雲台の三脚がおすすめ

ミニ三脚でも定番と言えるのは、自由雲台というアタッチメントを使用するタイプです。根元がボール状になっているため、平面の360度だけではなく上下にもある程度の自由が利きます。構造はシンプルなので持ち運びもしやすく、旅行や登山でも足手まといにならないという強みがあります。

耐荷重|カメラ+レンズの重さの2倍の耐荷重があるものを

耐荷重|カメラ+レンズの重さの2倍の耐荷重があるものを
出典:Amazon
ミニ三脚はもちろんカメラを上に乗せて使用するわけですが、カメラ本体に加えてレンズまで取り付けると非常に重くなってしまいます。そうなった場合でもしっかりとバランスを安定させるために、耐荷重も押さえておく必要があります。余裕を持って、乗せるセットの2倍程度を目安にすると良いでしょう。

三脚の足|様々な場所に巻き付けれるフレキシブルタイプも

ミニ三脚には非常に多種多様な製品があり、中には柔軟な素材を使用して地面以外にも固定できるタイプも売られています。足元にスペースがなかったり、安定しない場合に有効です。三本の足でがっしりと地面に固定しなければならないという固定観念を捨てると、選択の幅が広がるかもしれません。

ミニ三脚の人気ランキング

それではここからおすすめのミニ三脚をランキング形式でご紹介します。多種多様なラインナップなので、参考にしてみてください。
型番:217115

スリック
卓上三脚 ミニ3 BH 2段 レバーロック式 自由雲台付属

本格的な見た目をしたミニ三脚

この製品は、一般的な大型の三脚をそのままコンパクトにしたかのような本格的なシルエットをしています。小さいながらも支柱を含めた全ての脚に伸縮気候が内蔵され、全てを伸ばすと24cmの高さになります。程々の安定感を活かして、ポールを接続すると一脚にも変えられるなど使用の幅は広いです。
耐荷重 1kg
素材 アルミなど
脚タイプ 自由雲台
型番:MP3-BK

マンフロット
ミニ三脚 POCKET L ブラック

小さいながらも確かな安定感

三脚の役割にはカメラに高さを与える点も挙げられますが、この製品はシンプルにカメラを安定させることに特化しています。折りたたむとコイン数枚分のシルエットになり、重さも141gだけです。脚の開き具合によって高さを1cmから4cmまで調節可能で、それぞれの脚はスプリングで強化されているため確かな安定感を生み出します。
耐荷重 1.5kg
素材 zamakなど
脚タイプ 固定
型番:301741

ベルボン
卓上三脚 EX-Macro 3段 レバーロック 3Way雲台

クイックシューなど自由度の高い取り扱い

この製品は自由雲台ではありませんが、3つのそれぞれ異なる軸で回転可能なので自由度は高いです。その稼働域の広さを活かして、カメラを垂直に立てての撮影もできます。カメラ側にあらかじめアタッチメントを取り付けておくクイックシューにも対応しているので、着脱も容易です。
耐荷重 1.5kg
素材 アルミなど
脚タイプ 3WAY雲台
型番:WT0117BK

METRIX
卓上三脚/ミニ三脚 カメラグリップにもなる ミニテーブルポッド

ミニ三脚とグリップ以外にハンドルにも変形

この製品はハンディとしての使用も想定されていて、脚を折りたたむとそのままグリップ状のシルエットになります。カメラを設置する部分の下には別のネジ穴が取りつけられていて、大型の三脚に接続した場合はそのままカメラをコントロールするハンドルへと様変わりする汎用性の高い一品です。
耐荷重 0.8kg
素材 ABS、鉄、ゴムなど
脚タイプ 固定
型番:3130

Apsung
三脚 ワイヤレス スマホ 360回転 コンパクト 軽量 3WAY雲台

40.6cmから127cmまで伸縮可能

この製品は、比較的大きなサイズにも関わらず重量は650gしかありません。最も低くて40.6cmの高さから、それぞれの脚に3つずつ備え付けられた可動と支柱部分が延びることによって、最大で127cmの高さにまでなります。水準器がデフォルトで搭載されているので、バランス調整も簡単です。
耐荷重 1.5kg
素材 アルミなど
脚タイプ 3WAY雲台
型番:BAZY-716

MaxTeck
カメラ スマホミニ三脚 スマホホルダー

防水加工された柔軟性のある脚

このミニ三脚は脚を柔軟に曲げられるタイプですが、使用されているゴム素材は非常に耐久性が高く、避けにくい上に防水加工も施されています。そのため水中で使用しても問題ありません。1本ずつだと柔軟性が高い半面、3本をまっすぐに並べるとしっかりとした棒へと早変わりするので、手持ちでの使用も可能です。
耐荷重 1.2kg
素材 高弾性ゴムなど
脚タイプ 自由雲台

MRedoxe
くねくね三脚 自由雲台 フレキシブル三脚

ゴムクッションで巻き付け固定が可能

いくつものボールが集まったようなシルエットと、白と黒のコントラストが特徴的なこの製品は、軟体動物のように自由に形を作れます。普通の三脚として使用するだけでなく、柵や手すりに巻き付けるなど用途は非常に幅広いです。脚の白い部分が全てゴムクッションでてきているため、色々なものに巻き付けても確かなグリップ力を生み出します。
耐荷重 2-3kg
素材 ABS樹脂、TPEなど
脚タイプ 自由雲台
型番:HQ-SMT

Dhana Style
2Way シンプル ミニ三脚 卓上スタンド

手の中に収まるほどの小ささ

数あるミニ三脚の中で、この製品よりもコンパクトなものはそうないでしょう。折りたたむと筒状になり、フィルム2本を縦に並べた程の大きさしかありません。ポケットに入れて持ち運んでも問題ないほどの手軽さです。重心が低く設定してあるため、他のポールなどと組み合わせるといった使用方法もあります。
耐荷重
素材 プラスチックなど
脚タイプ 三脚
型番:MTPIXIEVO-BK

マンフロット
ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 ブラック

縦位置撮影が可能な安定力

ミニ三脚PIXIシリーズは、マンフロットの製品の中でも定番と呼べます。初期型からグレードアップしたこの製品は、それぞれの脚が5段階での長さ調節可能で、幅広いシーンに対応させられます。全て伸ばして安定を最大にすると、軸を90度横に倒した縦位置撮影ができる点が強みです。
耐荷重 2.5kg
素材 アルミなど
脚タイプ 自由雲台
型番:MTPIXI-B

マンフロット
ミニ三脚 PIXI ブラック カメラ用

持ち手としても使用できるコンパクトさ

自由雲台タイプのこの製品は、高さが13.5cmと非常にコンパクトです。折りたたむと手のひらから少しはみ出る程度の大きさになり、そのまま持ち手としても使用できます。近未来的なシルエットはおしゃれで、カラーバリエーションも4種類が用意されているので、カメラとの統一感を生み出すことも簡単です。
耐荷重 1kg
素材 アルミなど
脚タイプ 自由雲台

商品比較表

商品画像
マンフロット
マンフロット
Dhana Style
MRedoxe
MaxTeck
Apsung
METRIX
ベルボン
マンフロット
スリック
商品名 ミニ三脚 PIXI ブラック カメラ用 ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 ブラック 2Way シンプル ミニ三脚 卓上スタンド くねくね三脚 自由雲台 フレキシブル三脚 カメラ スマホミニ三脚 スマホホルダー 三脚 ワイヤレス スマホ 360回転 コンパクト 軽量 3WAY雲台 卓上三脚/ミニ三脚 カメラグリップにもなる ミニテーブルポッド 卓上三脚 EX-Macro 3段 レバーロック 3Way雲台 ミニ三脚 POCKET L ブラック 卓上三脚 ミニ3 BH 2段 レバーロック式 自由雲台付属
特徴 持ち手としても使用できるコンパクトさ 縦位置撮影が可能な安定力 手の中に収まるほどの小ささ ゴムクッションで巻き付け固定が可能 防水加工された柔軟性のある脚 40.6cmから127cmまで伸縮可能 ミニ三脚とグリップ以外にハンドルにも変形 クイックシューなど自由度の高い取り扱い 小さいながらも確かな安定感 本格的な見た目をしたミニ三脚
耐荷重 1kg 2.5kg 2-3kg 1.2kg 1.5kg 0.8kg 1.5kg 1.5kg 1kg
素材 アルミなど アルミなど プラスチックなど ABS樹脂、TPEなど 高弾性ゴムなど アルミなど ABS、鉄、ゴムなど アルミなど zamakなど アルミなど
脚タイプ 自由雲台 自由雲台 三脚 自由雲台 自由雲台 3WAY雲台 固定 3WAY雲台 固定 自由雲台
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
一口でミニ三脚と言っても、シーンやカメラサイズに合わせた色々なタイプがあります。おすすめの製品をランキング形式でご紹介しましたが、気になるものがあると良いです。カメラを使用する上でひとつは持っておきたいミニ三脚、ぜひ自分の目的に合って長く使用できるものを見つけてください。