トマトソースおすすめ人気ランキング10選|バジルやガーリック入りも

はじめから作るとなると面倒なものの、アレンジの幅が広いのがトマトソースの特徴です。イタリア料理には必要不可欠のソースですが、調理法によっては和風メニューや中華料理にでも活用できるほどのポテンシャルをもっているのです。しかし選ぶとなると、どれを選ぶか迷ってしまいます。そこでおすすめのトマトソースをランキングでご紹介します。

失敗しない!これだけチェック!
トマトソースの人気ランキング
商品比較表

失敗しない!これだけチェック!

トマトソースはシンプルな製法ですが、メーカーごとに個性があります。

種類1|パスタやロールキャベツなど幅広く使うならシンプルタイプ

トマトソースを使用するレシピでは、魚介類に軽く火を通して絡めたものをパスタソースにしたり、ロールキャベツを煮込むスープのベースなどに活用するのが人気です。幅広いメニューに活用するなら、トマトメインでシンプルに作られたタイプがおすすめと言えます。

種類2|味付けぱぱっと決まる!時短ならバジルや調味料が入っているものを

シンプルなタイプは塩味や香辛料などを加えて調味する工程が必要になります。味付けの手間を省きたいときには、バジルなどの香草や調味料などで加味されているタイプがおすすめです。はじめから味付けされているので、塩加減や香辛料選びなどで悩む必要がなく時短レシピも簡単に出来ます。

容器|使い切れなくてもそのまま保存できる瓶タイプが主流

容器|使い切れなくてもそのまま保存できる瓶タイプが主流
トマトソースを利用するといっても、一度ですべて使い切れないことがあります。主原料のトマトは水分を多く含んでいるので短期間で使い切るべきですが、ある程度の期間は保存が利きます。使いきれずに残ったら、そのまま冷蔵庫で保存できる瓶タイプが人気です。

容量|目安はソース250gでパスタ2人前程度。使い切れなかった分は冷凍保存を

いちいち計量するのが面倒なら、目安を覚えておくと有益です。パスタ二人分に対しトマトソース250g程度にすると、パスタ全体にソースがうまく絡みます。使い切れない分は、近日中に使用するなら冷蔵庫保存でも大丈夫です。ただし長期保存は冷凍保存が必須といえます。

トマトソースの人気ランキング

それでは人気の高いトマトソースをランキング形式でご紹介します。

ヒカリ
オーガニックトマトソース あっさり味

あっさり味でお子様も美味しく頂けます

真っ赤に完熟したトマトを原料に採用し、たまねぎと風味豊かなにんにくに生姜をプラスしています。どの年代の方でも美味しく食べられるように、あっさり風味に仕上がっています。そのままパスタソースに使用するのはもちろん、ピッツァやオムレツなどのうまさも引き出します。
内容量(g) 365
原産国 日本

カゴメ
かけるトマトのソース 業務用

あらごしトマトの持ち味が活きる

あらごしトマトとたまねぎの食感が活きる、トマトソースです。業務用のソースとして料理店でも利用されているのがポイントです。プロの料理人からも支持を集めるほどのレベルなので、ご家庭にいながらも、お店の味にチャレンジできます。色々な食材に使える使い勝手のよさも魅力です。
内容量(g) 465
原産国 日本

ファミリア・チャルロ
無添加トマトソース

イタリアの農家手作りソース

ファミリア・チャルロとは、イタリア・トスカーナ州の海沿いの小さな町にある、トマトソースの工房です。近隣の契約農家の完熟トマトを原材料に使用し、新鮮な状態のままで水洗いしすぐにソース作りをします。そのままでも美味しく、魚介類のソースに使ってみるのもおすすめです。
内容量(g) 340
原産国 イタリア

モンテベッロ
粗ごしトマトソース パッサータ ルスティカ

南イタリアの完熟トマトを使用

温暖で年中強い日差しが降り注ぐ、南イタリア産の完熟トマトを原料に使用しています。トマトの果肉をあらぎりにして仕上げているので、トマト本来の食感を楽しめます。イタリア語で「田舎」を意味する「ルスティカ」の名前どおりに、昔ながらのトマトソースを味わえます。
内容量(g) 700
原産国 イタリア

SOLLEONE
バジリコとガーリック入りトマトソース

色々な料理に使える味わい

イタリアのオリジナルレシピを元に、トマト本来の味わいと、バジルやガーリックの香りや風味を活かした仕上りです。添加物を一切含んでおらず、様々な食材との相性がいいのがポイントです。パスタだけでなく、ピザやグリル料理など様々なシーンに活用できます。
内容量(g) 300
原産国 イタリア

ベラエミリア
パスタソース マスカルポーネ

マスカルポーネチーズの風味がアクセント

太陽が降り注ぐイタリアで収穫されたトマトをベースにしたソースに、マスカルポーネチーズを加えて仕上げました。マスカルポーネの深い味わいと強いコクを感じることが出来る、トマトソースです。リングイネなどの一般的な麺だけでなく、ニョッキやラビオリなどにもぴったりの濃厚さです。
内容量(g) 290
原産国 イタリア

カゴメ
アンナマンマ トマト&ガーリック

加熱時間を短縮しトマトの風味を活かす

トマトジュースでおなじみのブランド、カゴメから販売されているトマトソースです。完熟トマトを使用して加熱時間を短縮することで、鮮やかな色合いを残しフレッシュな味わいを実現しました。ソースは果肉感が強いので、そのまま茹で上げたパスタと絡めるだけで美味しく頂けます。
内容量(g) 330
原産国 日本

バリラ
ナポレターナ

基本ソースにバジルの香りをプラス

本場イタリア産の濃厚な甘みのトマトとたまねぎをベースに、ハーブの香りを加えています。ハーブに相性のいい魚介類や肉などのうまみを引き出すので、パスタだけでなく魚のグリルやピッツァなどにもぴったりです。トマトの甘みとハーブのかぐわしさは、食材本来の滋味を発揮させてくれます。
内容量(g) 400
原産国 イタリア

ラ・クチネッタ
有機フレッシュトマトソース

トスカーナ地方で収穫されたトマトを使用

年間を通じて燦燦と太陽光が降り注ぐ、トスカーナ地方で栽培収穫されたトマトを主原料に使用しています。有機栽培のオーガニック素材のトマトを厳選しているので、トマト本来のうまみが濃厚です。ノンオイル仕様になっているので、体型や健康が気になる方でも安心して召し上がることが出来ます。
内容量(g) 350
原産国 イタリア

アルチェネロ
有機パスタソース トマト&オニオン

本場イタリアのトマトを使用

イタリア中部はエミリア・ロマーニャ州で栽培された有機トマトを主原料に使用しています。トマトとたまねぎをベースにバジルの爽やかな香りと、にんにくのコクと風味を効かせたほんのりと甘みを感じさせるソースです。茹で上げたパスタに絡めるだけで美味しく召し上がることが出来ます。
内容量(g) 200
原産国 イタリア

商品比較表

商品画像
アルチェネロ
ラ・クチネッタ
バリラ
カゴメ
ベラエミリア
SOLLEONE
モンテベッロ
ファミリア・チャルロ
カゴメ
ヒカリ
商品名 有機パスタソース トマト&オニオン 有機フレッシュトマトソース ナポレターナ アンナマンマ トマト&ガーリック パスタソース マスカルポーネ バジリコとガーリック入りトマトソース 粗ごしトマトソース パッサータ ルスティカ 無添加トマトソース かけるトマトのソース 業務用 オーガニックトマトソース あっさり味
特徴 本場イタリアのトマトを使用 トスカーナ地方で収穫されたトマトを使用 基本ソースにバジルの香りをプラス 加熱時間を短縮しトマトの風味を活かす マスカルポーネチーズの風味がアクセント 色々な料理に使える味わい 南イタリアの完熟トマトを使用 イタリアの農家手作りソース あらごしトマトの持ち味が活きる あっさり味でお子様も美味しく頂けます
内容量(g) 200 350 400 330 290 300 700 340 465 365
原産国 イタリア イタリア イタリア 日本 イタリア イタリア イタリア イタリア 日本 日本
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
人気のトマトソースをランキング形式でご紹介しました。本場イタリアのトマトを使用したものがメインになっていますが、シンプルで基本レシピに則ったものだけでなく、個性的な味わいのトマトソースも数多く販売されています。好みに合わせて料理のレパートリーを広げていきましょう。