開放型ヘッドホンおすすめ8選|高コスパな低価格帯~ハイエンドまで!Bluetoothも

ヘッドホンには大きく分けて、開放型や密閉型の2種類があります。「開放型」は、密閉性を低くすることで、伸びの良い音域と軽快な装着感を楽しむことができます。ビックロ ビックカメラ新宿東口店で、開放型ヘッドホンの選び方、おすすめの利用シーン、人気の開放型ヘッドホンについて聞いてきました。

そもそも「開放型ヘッドホン」とは?

ビックロ ビックカメラ新宿東口店
石井さん
開放型ヘッドホンとは、音を密閉せず開放するタイプのヘッドホンで、「オープンエアー」型とも呼ばれます。

一般的にヘッドホン・イヤホンというと、電車の中で音楽を聴いたり、カフェでランチをしながら動画を観たり、音漏れしないように使うタイプを思い浮かべる方が多いと思います。これらは「密閉型」と呼ばれるタイプで、音が外に漏れにくい作りになっています。

それに対して、開放型は、耳を覆うイヤーカップのハウジング部分をメッシュ構造にするなどして、自由に空気が出入りできるのが特徴です。空気が抜けると共に音もクリアに抜け、伸びのよい高音質が楽しめます。

その一方で遮音性は高くないため、周囲の雑音を防ぐことはできません。また、音漏れも起こってしまうため、屋外での利用には不向きです。自宅で映画を観たり、1人でゲームを楽しんだり、音楽を聴いたりするのに最適です。
開放型ヘッドホン

コスパ◎!低価格の開放型ヘッドホン

オーディオテクニカ ATH-AVA300

3,000円台で大変お手頃なオーディオテクニカの開放型ヘッドホン。オープンエアー専用に設計された40mmのドライバーが、伸びの良い解放感ある音を再生します。

頭の形にぴったりフィットするダブルアジャスタと、ファブリックを使用した優しい肌触りのイヤーパットで、長時間使用しても疲れにくく快適です。

オーディオテクニカ エアーダイナミックヘッドホン ATH-AVA300

  • 最大入力:300mW
  • タイプ:ヘッドバンド
  • ステレオ/モノラル:ステレオ
  • 構造:開放型
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • ワイヤレス:非対応
  • インターフェース:ミニプラグ
  • 周波数帯域(L):20Hz
  • 周波数帯域(H):22000Hz

KOSS PORTAPRO

個性的なデザインのKOSSのヘッドホン。KOSSは1988年に日本に上陸したオーディオメーカーで、スタジオで使用できるヘッドホンなどが人気です。

こちらの製品も、スタジオモニターヘッドホンとしてアメリカで使用されていた機種をベースに、音質と装着感にこだわって作られています。開放型でありながら折りたたみができたり、スマホなどの通話にも対応していたりと持ち歩きにも便利です。

【国内正規品】KOSS オープン型オーバーヘッドヘッドホン KOSS Touch Control搭載 折りたたみ式 PORTAPRO KTC

  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 重量:68 g
  • リモコン機能:あり

AKG K121STUDIO

ゴールドの外装がゴージャスなAKGのヘッドホン。同社が販売しているハイエンドモデルと同じダイヤフラム(振動板)が使われているので、手頃な価格でありながら幅の広い音域を高音質で楽しむことができます。

ヘッドバンドはセルフアジャストで、つけるだけで頭にぴったりフィット。1万円以下とは思えないコストパフォーマンスの高い1本です。

AKG プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン K121STUDIO 【国内正規品】

  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:200 mW
  • 重量:220 g

音にこだわりたい方におすすめ!ハイエンドな開放型ヘッドホン

オーディオテクニカ ATH-AD2000X

ハイレゾ音源に対応したオーディオテクニカの開放型ヘッドホン。ハウジングの内部を空気が通り抜けることにより、広く伸びやかなサウンドが楽しめます。ドライバーには53mmの大口径ユニットが搭載さてれおり、ダイナミックで迫力ある音楽が再生されます。

装着感に高い評価のある機種で、圧迫感のない軽く優しいフィット感が長時間のリスニングをサポートしてくれます。

audio-technica エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホン ハイレゾ音源対応 ATH-AD2000X

  • メーカー型番:ATH-AD2000X
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:2000 mW
  • 重量:265 g

AKG Q701

プロ仕様のヘッドホン「K701」をベースに開発された、AKG(アー・カー・ゲー)の開放型ヘッドホン。アメリカの有名音楽プロジューサーであるクインシー・ジョーンズとコラボした、レコーディングスタジオで使用できる高い性能を持った1本です。

2層になった振動板構造で、1枚が不要な動きを制御して、より正確なサウンドを刻みます。また、中心部に重低音から超高音まで再生する振動板を置き、左右にこの部分を支える振動板を設置することで、ドライバーユニットが生に近いリアルな音を再生します。

AKG Q701 ヘッドホン オープン型 ホワイト Q701WHT 【国内正規品】

  • メーカー型番:Q701WHT
  • カラー:ホワイト
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 重量:235 g

SENNHEISER HD800

ハイレゾ音源に対応したSENNHEISER(ゼンハイザー)の超高級ヘッドホン。ドイツのクラフトマンの手によって、ひとつひとつハンドメイドで組み立てられた職人技が光る1本です。

リング状の56mm大口径ドライバーが、重厚感ある低音からゆがみのない高音まで、豊かで澄み切った音を再生します。本体フレームには超軽量なプラスチックでありながら、金属級の強度を持つレオナという素材が使われており、軽さと耐久性を実現しています。

コードは3mあるので、自宅でテレビとつないで映画を楽しんだりするのにも不自由なく使えます。

SENNHEISER HD800

  • 本体重量:350g
  • 形式:ダイナミック/オープン型
  • 感度:102dB
  • インピーダンス:300Ω
  • 最大入力:500mW
  • コード:3m

どうしてもワイヤレスで開放型が使いたいのなら……

ワイヤレス接続で開放型ヘッドホンを探しても、ほとんど製品がないのが現状です。開放型ヘッドホンは豊かな音を楽しむためのオーディオ機器なので、有線の方が音も良く、Bluetoothなどの無線通信では良質な音を伝えきれないことが理由と考えられます。

コードがない状態で開放型ヘッドホンを楽しみたい場合、赤外線でたくさんの情報が伝えられるトランスミッター式のヘッドホンを使用するといいでしょう。また、どうしてもBluetoothで開放型ヘッドホンをワイヤレス接続したい場合は、Bluetoothレシーバーで接続すると聴取が可能になります。

SONY MDR-IF245RK

トランスミッターでワイヤレス接続ができる、SONYの開放型ヘッドホン。赤外線伝送で安定した音が楽しめます。

40mmのドライバーユニットが、ダイナミックで臨場感ある音を再現。トランスミッター本体に置くだけで充電ができ、1回の充電で約28時間連続再生が可能。ストレスなく高音質が楽しめる1本です。

ソニー SONY コードレスステレオヘッドホンシステム オープン型 MDR-IF245RK

  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 重量:200 g
※プラズマテレビでの使用は、光の影響を受けるため、お使い頂けない場合がございます。

SENNHEISER RS185

ワイヤレスで使えるSENNHEISERの開放型ヘッドホン。高級オーディオメーカーならではの高音質でクリアなサウンドが楽しめるハイエンドモデルです。

非圧縮の音をワイヤレスで伝える技術が使われており、最大100mの伝送が可能なため部屋中を動き回っても途切れることがありません。音の大きさや左右のバランスを好みに合わせて調整できる機能を搭載しているので、音楽や自分の聴こえ方に合わせた最適な設定が可能です。

ワイヤレスヘッドホン RS185

  • 本体重量:約310g(電池含む)
  • 形式:ダイナミック・オープン型
音漏れや周囲のノイズを遮断する遮音性はないものの、クリアでしなやかな音が楽しめる開放型ヘッドホン。音質にこだわった人向けの製品だけあって、高価格帯の機種も多く、なかなか手を出しにくいかもしれません。

しかし、最近では低価格で性能の良い、コスパの高い機種も販売されています。まずはエントリーモデルから試してみるのもおすすめです。自分の部屋の中でこそ、開放型ヘッドホンで自分の好きな音楽に思いっきり没頭してみてはいかがでしょうか。

この記事に登場した専門家

ビックロ ビックカメラ新宿東口店
石井さん
ビックロは、「それはそれは、素晴らしいゴチャゴチャ感」をコンセプトに、ビックカメラとユニクロがコラボした世界で唯一の店舗。家電だけでなくおもちゃ、自転車・ゴルフ用品などのスポーツ用品、生毛(うもう)ふとん、くすり、日用品、化粧品、お酒、メガネ、コンタクトレンズなど様々な商品を取り揃えている。また、仮想通貨「ビットコイン」が使えることでも話題。(ビックカメラのみ、ユニクロなど他テナントでは使用できません)
詳しくはこちら
おすすめ記事