開放型ヘッドホンおすすめ17選|高コスパ&高音質人気モデル!ワイヤレスBluetoothまで

開放型ヘッドホンおすすめ17選|高コスパ&高音質人気モデル!ワイヤレスBluetoothまで

ヘッドホンには大きく分けて、開放型や密閉型の2種類があります。「開放型(オープンエアー型)」は、密閉性を低くすることで、伸びの良い音域と軽快な装着感を楽しむことができます。今回はそんな開放型ヘッドホンの選び方や、人気の開放型ヘッドホンのおすすめ商品を紹介します。こちらの記事を参考にし、自分の欲しいものを見つけて下さい。

開放型ヘッドホンとは?
開放型ヘッドホンのメリット・デメリット
開放型ヘッドホンの選び方
コスパ重視|開放型ヘッドホンおすすめ7選
コスパ重視|開放型ヘッドホン比較表
高音質重視|開放型ヘッドホンおすすめ7選
高音質重視|開放型ヘッドホン比較表
ワイヤレス|開放型ヘッドホンおすすめ3選
ワイヤレス|開放型ヘッドホン比較表
まとめ|音質にこだわり一段階上の音楽を楽しむ

開放型ヘッドホンとは?

開放型ヘッドホンとは?
出典:Amazon
開放型ヘッドホンとは、音を密閉せず開放するタイプのヘッドホンで、「オープンエアー」型とも呼ばれていて、自然な広がりで音楽を聴くことができます。スピーカーに近い感覚で音楽を聴くことができるため、耳にも優しく、遮音性も低いため、疲れにくいヘッドホンです。

開放型ヘッドホンと密閉型ヘッドホンとの違いは?

開放型ヘッドホンと密閉型ヘッドホンとの違いは?
開放型ヘッドと反対の特長を持つのが密閉型のヘッドホンです。密閉型のヘッドホンは、音漏れしにくく、遮音性が高く、音楽に集中しやすいという特長を持ちます。楽曲の隅の一音まで聞きたい方には密閉型のヘッドホンがおすすめです。以下の記事では、密閉型ヘッドホンのおすすめ商品を紹介しているため、ぜひ参考にしてください。
密閉型ヘッドホンおすすめ23選|音漏れしにくい!ハイエンド&高コスパ人気モデルまで - Best One(ベストワン)
密閉型ヘッドホンおすすめ23選|音漏れしにくい!ハイエンド&高コスパ人気モデルまで - Best One(ベストワン)>>
音漏れが少なく、周囲の雑音を低減し、音楽に集中できる密閉型ヘッドホン。密閉型ヘッドホンの特徴、初めて購入する方でも分かりやすい選び方のポイント、Bluetooth対応ワイヤレスモデル、有線モデル、コスパ最強コスパモデル、最高峰ハイエンドモデルなどに分けて、おすすめ密閉型ヘッドホンをご紹介します。

開放型ヘッドホンのメリット・デメリット

開放型ヘッドホンのメリット・デメリット
出典:Amazon
開放型ヘッドホンにはいくつかのメリットとデメリットがあります。ここでは開放型ヘッドホンのメリットやデメリットについての説明しますので、この項目を参考にして、自分に合うのかを考えましょう。

メリット|軽く長時間の装着でも疲れにくい

メリット|軽く長時間の装着でも疲れにくい
出典:Amazon
自宅でヘッドホンを使用し、長時間の映画などを見てると、ヘッドホンの重みで首や肩が疲れてくることが多くあります。その点、開放型ヘッドホンは軽量化されたものが多いため、長時間の使用でも疲れづらく、快適に音楽を楽しむことができます。装着の際の疲労感や肩こりなどが気になる方は開放型ヘッドホンがおすすめです。

デメリット|音漏れしやすく屋外で使うには注意が必要

デメリット|音漏れしやすく屋外で使うには注意が必要
出典:Amazon
開放型のヘッドホンは、音の抜けが良く、外部の音も聞こえるように作られています。音が外部に多く漏れてしまいやすく、電車やバスなどの公共の場など、周囲に音漏れで迷惑になってしまうため、使用する際には注意が必要です。屋内で使うときは、開放型ヘッドホンで、屋外で使うときは密閉型ヘッドホンと使い分けるのも良いでしょう。

開放型ヘッドホンの選び方

ここからは開放型ヘッドホンの選び方を紹介していきます。どんな点に注意して選べば良いのか、詳しく説明していくので、この項目を参考にし、自分に合っものを見つけましょう。

音質|SONYなどのハイレゾ対応のヘッドホンは最高音質

開放型ヘッドホンを選ぶ際には、まず自分の気に入った音質かどうかで選びましょう。日本国内のメーカーだけでなく、海外でも有名なメーカーが多くあるため、その中で自分の気に入った音質のものを見つけましょう。また、SONYを中心に展開している「ハイレゾ対応」のヘッドホンなら、音楽が原音に近い音で再現されていて、高音質で楽しむことができます。
【2019年版】ハイレゾ対応ヘッドホンおすすめ15選|ワイヤレスや有線の人気モデルを紹介 - Best One(ベストワン)
【2019年版】ハイレゾ対応ヘッドホンおすすめ15選|ワイヤレスや有線の人気モデルを紹介 - Best One(ベストワン)>>
アーティストの息遣いまで感じ取れたり、ライブ感のあるサウンドが楽しめるハイレゾ音源。せっかく音源がハイレゾでも、ヘッドホンやプレーヤーがハイレゾ対応でないと意味がありません。今回は、おすすめのハイレゾ対応ヘッドホンを、コスパの良いものから、ハイスペックで高価なものまでご紹介します。

接続方法|有線とワイヤレス(Bluetooth)から選ぶ

開放型ヘッドホンは、その接続の方法で使い勝手や音質がかなり変わってきます。ここでは有線接続とワイヤレス接続の特長を説明していくので、ぜひそれぞれ比べてみて自分に合ったものを見つけましょう。

有線|高音質を求める方におすすめ

有線|高音質を求める方におすすめ
出典:Amazon
開放型のヘッドホンは、ほとんどの方が高音質のものを選ぶ傾向にあります。その点から見れば、現在はまだワイヤレス接続より、有線接続の方が若干音質が良いので、音質重視で選びたい方は有線接続タイプの開放型ヘッドホンを選ぶのが良いでしょう。また、商品も圧倒的に有線接続のヘッドホンの方が多いため、選べる商品の幅も有線接続の方が増えます。

ワイヤレス(Bluetooth)|手軽さやiPhoneへの接続を探している方に

ワイヤレス(Bluetooth)|手軽さやiPhoneへの接続を探している方に
出典:Amazon
ワイヤレス接続の開放型ヘッドホンは、線に縛られずに装着でき自由度が高いのでおすすめです。またiPhone7以降のiPhoneでの使用を考えててる方は、iPhone7で標準のイヤホンジャックが廃止になったため、変換プラグかライトニングケーブルのヘッドホンを用意する必要があります。そこでおすすめなのがワイヤレス(Bluetooth)接続のヘッドホンです。ワイヤレス接続のヘッドホンなら対応してるものであればどれでも、変換プラグなど用意せずに接続することができるので、iPhoneなどでの使用を考えてる方はワイヤレスが良いでしょう。
ワイヤレス・Bluetoothヘッドホンのおすすめ人気ランキング30選|音質とコスパで選ぼう! - Best One(ベストワン)
ワイヤレス・Bluetoothヘッドホンのおすすめ人気ランキング30選|音質とコスパで選ぼう! - Best One(ベストワン)>>
ワイヤレスで使用できるBluetoothヘッドホン。ケーブルがないので自由度が上がり、ストレスなく音楽に集中できるのが魅力です。今回はおすすめのワイヤレス(Bluetooth)ヘッドホンの選び方やおすすめ人気商品を紹介します。ぜひこの記事を参考にて自分のお気に入りのヘッドホンを見つけて下さい。

重さ|快適に装着するなら300g前後が使いやすい

開放型のヘッドホンは、密閉型のヘッドホンに比べてかなり軽量に作られています。ですがそれでもかなり長時間の使用では、その重量から首や肩などが疲れてくることが良くあります。そのため自分の使用したい用途に合わせて本体の重さや、フィット感を確認して選びましょう。本体の重さは300g前後が使いやすくおすすめです。

サラウンドヘッドホン|音楽鑑賞やFPSなどに最適

サラウンドヘッドホン|音楽鑑賞やFPSなどに最適
開放型ヘッドホンは、クリアな抜けの良い音楽を楽しむことができます。さらにその音質や音の奥行は映画鑑賞やゲームプレイ時にも効果的で、より臨場感のある音楽を体験できます。それでもさらにこだわりたい方や、シビアな距離感が重要なFPSなどのゲームプレイ時には、サラウンド対応のヘッドホンがおすすめです。より奥行のある音楽で、より臨場感の高い音楽を体験できます。
サラウンドヘッドホンおすすめランキング24選|音楽や映画鑑賞に◎ソニー新型機種も! - Best One(ベストワン)
サラウンドヘッドホンおすすめランキング24選|音楽や映画鑑賞に◎ソニー新型機種も! - Best One(ベストワン)>>
「5.1chサラウンド」といった言葉だけは聞いたことがあるけれど、それがどのようなものなのか知らない方も多いのではないでしょうか。今回は「サラウンドヘッドホン」の仕組みから、メリット、おすすめの使い方、おすすめの機種などをご紹介します。家庭での映画鑑賞が劇的に変わるサラウンドヘッドホン、要チェックです!

価格帯|5000円~10000円のコスパが良いモデルも

価格帯|5000円~10000円のコスパが良いモデルも
出典:Amazon
開放型のヘッドホンは価格により、機能や音質が際限なく上がっていきます。なかには、プロの方がスタジオで使うようなハイエンドで数万円するモデルもありますが、初心者の方には少しオーバースペックです。そのため初心者の方は、目安として、5000円~10000円程度のものを選ぶのが良いでしょう。また、5000円以下でもコスパが良いモデルもたくさんあります。ぜひ、チェックしてみてください。

コスパ重視|開放型ヘッドホンおすすめ7選

ここからは初心者の方や、まだ開放型ヘッドホンを購入するのに慣れてない方のために、安い価格でコスパの良い、おすすめ開放型ヘッドホンをご紹介していきます。
型番:ATH-AVA300

Audio Technica
エアーダイナミックヘッドホン ATH-AVA300

2,794(税込)
2019年12月9日 4:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

お手頃価格で本格的な開放型ヘッドホンを

3,000円台で大変お手頃なオーディオテクニカの開放型ヘッドホン。オープンエアー専用に設計された40mmのドライバーが、伸びの良い解放感ある音を再生します。頭の形にぴったりフィットするダブルアジャスタと、ファブリックを使用した優しい肌触りのイヤーパットで、長時間使用しても疲れにくく快適です。
重量(g)
サラウンド機能 ×
型番:SPORTA PRO

KOSS
オープン型ヘッドホン

7,480(税込)
2019年11月24日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

軽量で良音なコスパ抜群ヘッドホン

耳への装着感が優しく、痛くなりにくい構造になっています。ヘッドバンドの調整幅が広いため、子供から大人まで様々な頭の大きさにも対応できとても便利です。安価ながら低音の響きや音質も良く、高コスパと言ってもいいのではないでしょうか。折りたたみもでき、軽量なので持ち運びも楽々です。
重量(g) 62
サラウンド機能 ×

KOSS
オープン型オーバーヘッドヘッドホン

6,620(税込)
2019年12月9日 4:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

スタジオモニターの使用感を再現

個性的なデザインのKOSSのヘッドホン。KOSSは1988年に日本に上陸したオーディオメーカーで、スタジオで使用できるヘッドホンなどが人気です。こちらの製品も、スタジオモニターヘッドホンとしてアメリカで使用されていた機種をベースに、音質と装着感にこだわって作られています。開放型でありながら折りたたみができたり、スマホなどの通話にも対応していたりと持ち歩きにも便利です。
重量(g) 68
サラウンド機能 ×
型番:K121STUDIO

AKG
プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン

8,522(税込)
2019年12月9日 4:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

人気オーディオメーカーが誇る信頼のヘッドホン

ゴールドの外装がゴージャスなAKGのヘッドホン。同社が販売しているハイエンドモデルと同じダイヤフラム(振動板)が使われているので、手頃な価格でありながら幅の広い音域を高音質で楽しむことができます。ヘッドバンドはセルフアジャストで、つけるだけで頭にぴったりフィット。1万円以下とは思えないコストパフォーマンスの高い1本です。
重量(g)
サラウンド機能
型番:ATH-ADX5000

Audio Technica
エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホン

9,388(税込)
2019年11月24日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

よりダイナミックな音質のヘッドホン

新開発の大口径ドライバーにより、迫力ある低音から美しい中広域まで広帯域再生を実現させた一品。3Dウィングサポートで圧迫感のない軽やかな装着を追求しており、立体的に耳をホールドしてくれるので、低音の抜けも防いでくれます。ダイナミックな音質が特徴なので、映画鑑賞での使用にもおすすめです。
重量(g) 235
サラウンド機能 ×
型番:HPH-200 BK

YAMAHA
オープンエアー型ヘッドホン

13,061(税込)
2019年11月24日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

楽器の音色の忠実再現を目指したヘッドホン

110度まで回転するイヤーカップ、肌触りの良いイヤパット、スムーズな長さ調整が可能なヘッドバンドで、長時間使用していても疲れにくい装着感が特徴です。入念なサウンドチューニングにより、楽器の音色の忠実な再現を目指した、ナチュラルで緻密な音質になっています。
重量(g) 180
サラウンド機能 ×
型番:K240MK2

AKG
プロフェッショナルスタジオモニター・セミオープンヘッドフォン

10,252(税込)
2019年11月24日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

繊細な音を丁寧に表現!

装着するだけでヘッドバンドの長さが調整できる、セルフアジャスト機能が搭載されたセミオープンエアー型のヘッドホン。不要な振動を抑える独自の機能に加え、内部構造の最適化とパーツの吟味が徹底的に行なわれ、繊細な高音から重厚な低音まで、音の定位や奥行きもリアルに再現されています。
重量(g) 240
サラウンド機能 ×

コスパ重視|開放型ヘッドホン比較表

商品画像
AKG
YAMAHA
Audio Technica
AKG
KOSS
KOSS
Audio Technica
商品名 プロフェッショナルスタジオモニター・セミオープンヘッドフォン オープンエアー型ヘッドホン エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホン プロフェッショナルモニター・セミオープンヘッドフォン オープン型オーバーヘッドヘッドホン オープン型ヘッドホン エアーダイナミックヘッドホン ATH-AVA300
特徴 繊細な音を丁寧に表現! 楽器の音色の忠実再現を目指したヘッドホン よりダイナミックな音質のヘッドホン 人気オーディオメーカーが誇る信頼のヘッドホン スタジオモニターの使用感を再現 軽量で良音なコスパ抜群ヘッドホン お手頃価格で本格的な開放型ヘッドホンを
価格 10,252(税込) 13,061(税込) 9,388(税込) 8,522(税込) 6,620(税込) 7,480(税込) 2,794(税込)
重量(g) 240 180 235 68 62
サラウンド機能 × × × × × ×
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

高音質重視|開放型ヘッドホンおすすめ7選

ここからは、音にこだわりたい方におすすめの、ハイエンドな開放型ヘッドホンをご紹介していきます。音楽の制作の現場でモニターヘッドホンとして使えるスペックで、ご自宅のパソコンを使用したDTMなどにもおすすめです。

AKG
セミオープン型ヘッドホン

22,248(税込)
2019年11月24日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

人間工学に基づいた快適ヘッドホン

長年の研究開発で生み出された独自のオープンエアー型構造で、一つ一つの音を丁寧に描き出し、残響音さえも余すことなく再現されているので、ダイナミックかつ迫力のあるサウンドを楽しむことができます。人間工学に基づき立体的にデザインされた「3Dフォーム・イヤーパッド」により、長時間の使用でも快適です。
重量(g) 290
サラウンド機能 ×
型番:HD599

SENNHEISER
オープン型ヘッドホン

21,917(税込)
2019年11月24日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ゲームにもぴったりな高音質ヘッドホン

高域から低域までキレのあるクリアなサウンドで圧倒的な高音質を実感できる、HD500シリーズのトップモデル。抜けのある広い音場と透明感のあるナチュラルなサウンドでどんな音楽ジャンルでも見事に表現されていて、音量にも左右されず、ゲーミング用ヘッドホンとしてもとても人気があります。
重量(g)
サラウンド機能
型番:ATH-AD2000X

Audio technica
エアーダイナミックシリーズ

61,155(税込)
2019年12月9日 4:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

優しいフィット感と開放型の抜け感で長時間の使用も快適です

ハイレゾ音源に対応したオーディオテクニカの開放型ヘッドホン。ハウジングの内部を空気が通り抜けることにより、広く伸びやかなサウンドが楽しめます。ドライバーには53mmの大口径ユニットが搭載さてれおり、ダイナミックで迫力ある音楽が再生されます。装着感に高い評価のある機種で、圧迫感のない軽く優しいフィット感が長時間のリスニングをサポートしてくれます。
重量(g) 265
サラウンド機能 ×
型番:K712PRO

AKG
Reference Studio Headphones

32,832(税込)
2019年11月24日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

正確で緻密な音を再現する高品質ヘッドホン

原音の再現性を追求し、目の前で演奏を聴いているかのように音の空間が広く、音の定位置や奥行きを正確に再現したヘッドホン。新開発の高性能ドライバーを搭載し、再現の難しい低音域も、鮮明かつ量感豊かに出力。通常は除去しきれない不必要な振動も減衰し、クリアでキレのある中高域再生を実現しています。
重量(g) 289
サラウンド機能
型番:SRH1440

SHURE
オープン型ヘッドホン

35,148(税込)
2019年11月24日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

なめらかデザインのプロフェッショナルヘッドホン

精緻な高域とまろやかな低域を伴ったフルレンジオーディオを提供してくれる、マスタリング・クリティカルリスニング用に開発されたヘッドホン。ヘッドフォン独特な閉塞感のある音とは思えないクリアで抜けの良い音を提供してくれます。ケーブルやパッドなど、交換用の付属品も豊富で、ケーブルの耐久性も抜群です。
重量(g) 343
サラウンド機能
型番:Q701

AKG
ヘッドホン オープン型 ホワイト

18,444(税込)
2019年12月9日 4:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

AKGを代表する開放型ヘッドホン

プロ仕様のヘッドホン「K701」をベースに開発された、AKG(アー・カー・ゲー)の開放型ヘッドホン。アメリカの有名音楽プロジューサーであるクインシー・ジョーンズとコラボした、レコーディングスタジオで使用できる高い性能を持った1本です。2層になった振動板構造で、1枚が不要な動きを制御して、より正確なサウンドを刻みます。また、中心部に重低音から超高音まで再生する振動板を置き、左右にこの部分を支える振動板を設置することで、ドライバーユニットが生に近いリアルな音を再生します。
重量(g) 235
サラウンド機能 ×
型番:HD800

SENNHEISER
ヘッドホン

99,800(税込)
2019年12月9日 4:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

高級ヘッドホンで更なる映画体験を!

ハイレゾ音源に対応したSENNHEISER(ゼンハイザー)の超高級ヘッドホン。ドイツのクラフトマンの手によって、ひとつひとつハンドメイドで組み立てられた職人技が光る1本です。リング状の56mm大口径ドライバーが、重厚感ある低音からゆがみのない高音まで、豊かで澄み切った音を再生します。本体フレームには超軽量なプラスチックでありながら、金属級の強度を持つレオナという素材が使われており、軽さと耐久性を実現しています。コードは3mあるので、自宅でテレビとつないで映画を楽しんだりするのにも不自由なく使えます。
重量(g) 370
サラウンド機能

高音質重視|開放型ヘッドホン比較表

商品画像
SENNHEISER
AKG
SHURE
AKG
Audio technica
SENNHEISER
AKG
商品名 ヘッドホン ヘッドホン オープン型 ホワイト オープン型ヘッドホン Reference Studio Headphones エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホン セミオープン型ヘッドホン
特徴 高級ヘッドホンで更なる映画体験を! AKGを代表する開放型ヘッドホン なめらかデザインのプロフェッショナルヘッドホン 正確で緻密な音を再現する高品質ヘッドホン 優しいフィット感と開放型の抜け感で長時間の使用も快適です ゲームにもぴったりな高音質ヘッドホン 人間工学に基づいた快適ヘッドホン
価格 99,800(税込) 18,444(税込) 35,148(税込) 32,832(税込) 61,155(税込) 21,917(税込) 22,248(税込)
重量(g) 370 235 343 289 265 290
サラウンド機能 × × ×
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

ワイヤレス|開放型ヘッドホンおすすめ3選

ワイヤレス接続で開放型ヘッドホンを探しても、ほとんど製品がないのが現状です。開放型ヘッドホンは豊かな音を楽しむためのオーディオ機器のため、有線接続の方が音質も良く、赤外線やBluetoothなどの無線通信では良質な音を伝えきれないことが理由と考えられます。ここでは数は少ないですが、おすすめのワイヤレス開放型ヘッドホンを紹介するので、ぜひワイヤレスの開放型ヘッドホンが欲しい方は参考にしてください。
型番:MDR-IF245RK

SONY
コードレスステレオヘッドホンシステム オープン型

4,232(税込)
2019年12月9日 4:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

赤外線通信で安定した接続で音楽が聴ける

トランスミッターでワイヤレス接続ができる、SONYの開放型ヘッドホン。赤外線伝送で安定した音が楽しめます。40mmのドライバーユニットが、ダイナミックで臨場感ある音を再現。トランスミッター本体に置くだけで充電ができ、1回の充電で約28時間連続再生が可能。ストレスなく高音質が楽しめる1本です。
重量(g) 200
サラウンド機能
型番:RS 185

SENNHEISER
デジタルワイヤレスヘッドホン

34,300(税込)
2019年11月24日 3:11時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

デジタルワイヤレスヘッドホンのトップクラス!

CDレベルの高音質のままトランスミッターからヘッドホンへの通信が可能で、ワイヤレスであることを忘れてしまうほどクリアなサウンドを楽しむことができます。また、入力レベルをコントロールするためのモードが2種類あり、音声レベルの大小をバランスの良い音に自動調整、または手動調節することができ、好みに合わせた設定が可能です。
重量(g) 310
サラウンド機能
型番:RS185

SENNHEISER
ワイヤレスヘッドホン

49,900(税込)
2019年12月9日 4:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

自由度の高いワイヤレスを高音質で

ワイヤレスで使えるSENNHEISERの開放型ヘッドホン。高級オーディオメーカーならではの高音質でクリアなサウンドが楽しめるハイエンドモデルです。非圧縮の音をワイヤレスで伝える技術が使われており、最大100mの伝送が可能なため部屋中を動き回っても途切れることがありません。音の大きさや左右のバランスを好みに合わせて調整できる機能を搭載しているので、音楽や自分の聴こえ方に合わせた最適な設定が可能です。
重量(g)
サラウンド機能

ワイヤレス|開放型ヘッドホン比較表

商品画像
SENNHEISER
SENNHEISER
SONY
商品名 ワイヤレスヘッドホン デジタルワイヤレスヘッドホン コードレスステレオヘッドホンシステム オープン型
特徴 自由度の高いワイヤレスを高音質で デジタルワイヤレスヘッドホンのトップクラス! 赤外線通信で安定した接続で音楽が聴ける
価格 49,900(税込) 34,300(税込) 4,232(税込)
重量(g) 310 200
サラウンド機能
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

▼Bluetoothトランスミッターで有線がワイヤレスに?

有線接続のヘッドホンをワイヤレスで接続するのは、音質が劣化してしまうため、多くの商品が発売されていませんが、トランスミッターを仲介することで、有線接続ヘッドホンをワイヤレス化する方法もあります。

Bluetoothトランスミッターを使用すると、音質は劣化してしまいますが、それでもコードのない状態で開放型ヘッドホンを使いたい方には、おすすめといえます。以下の記事では、Bluetoothトランスミッターについて、ご紹介してますので、ぜひ参考にしてください。
Bluetoothトランスミッターおすすめ10選|車でも使える?人気モデルを比較! - Best One(ベストワン)
Bluetoothトランスミッターおすすめ10選|車でも使える?人気モデルを比較! - Best One(ベストワン)>>
Bluetoothトランスミッターは、Bluetooth未対応のテレビ・PC・スピーカー・PS4などの機器でも、ワイヤレス通信を行えるようにするオーディオ機器。様々なメーカーから色々な機種が販売されており、どれを選べばいいのか分からなくなることも。「せっかく購入したのに手持ちの製品と合わなかった」とならないように、選び方とおすすめ商品をご紹介します。

まとめ|音質にこだわり一段階上の音楽を楽しむ

音漏れや周囲のノイズを遮断する遮音性はないものの、クリアでしなやかな音が楽しめる開放型ヘッドホン。音質にこだわった人向けの製品だけあって、高価格帯の機種も多く、なかなか手を出しにくいかもしれません。

しかし、最近では低価格で性能の良い、コスパの高い機種も販売されています。まずはエントリーモデルから試してみるのもおすすめです。自分の部屋の中でこそ、開放型ヘッドホンで自分の好きな音楽に思いっきり没頭してみてはいかがでしょうか。
あなたにおすすめの記事
ヘッドホン・イヤホンランキング
関連記事