石油ストーブのおすすめ人気ランキング6選|身体の芯まで暖める!

石油ストーブは、ファンヒーターよりも広い範囲を暖めることが出来る、現在も人気の暖房機器。コロナやトヨトミなど多くのメーカーから販売されており、どれを購入すれば後悔しないのか悩んでしまいますね。今回は、失敗しない選び方やおすすめの石油ストーブをランキング形式でご紹介します。

失敗しない!これだけチェック!
石油ストーブの人気ランキング
商品比較表

失敗しない!これだけチェック!

石油ストーブは、対応畳数や暖房方式だけで無く、着火方法や給油量などの基本性能を考慮する必要があります。そして、それと同時にデザイン性も重要。インテリアに合ったデザインを選びましょう。

暖房方式|部屋全体を暖める「対流式」、一方方向を暖める「反射式」

石油ストーブには、本体の中心に燃焼筒を設置して360度全方向に全てに熱を放出する「対流式」に加え、燃焼筒の奥に反射板を設置して本体前面に熱を放出する「反射式」の2種類の暖房方式があります。そのため、「対流式」は円筒状のデザインが多く、「反射式」は長方形の角張ったデザインが主流です。

対応畳数|木造住宅は熱が逃げやすいので広めのものを

対応畳数|木造住宅は熱が逃げやすいので広めのものを
石油ストーブは、対流式も反射式も自然な対流で部屋を暖めますが、コンクリート造の住宅に比べて木造の住宅は、外壁が薄く断熱性能や蓄熱率が著しく劣っています。そのため、木造の住宅はせっかく暖めた空気の熱が逃げてしまいやすいという懸念点が。使うお部屋の広さに対し、少し広めの対応畳数のモデルを選ぶと良いでしょう。

給油量|容量が多いと長時間使用できる

石油ストーブは、燃料が常時供給されるガスストーブとは異なり、給油タンク内の燃料が底をつくと暖房を継続できません。その為、容量が大きいほど長く暖房を継続することができ、特に給油タンクが一体型の製品は容量が大きいほど便利です。しかし、タンクが大きくなると本体も大きくなるため、設置スペースに余裕がない場合には要注意。

着火方法|乾電池・マッチ不要のタイプなら災害時に大活躍

石油ストーブは、同じ暖房方式でも着火方法が異なる場合があります。一般的には、乾電池に起因する高電圧の電子点火する機種が多く見られますが、マッチなどを使用して着火する機種も。また、乾電池やマッチなどを使用する事無く着火可能な機種もあり、これらは災害時には非常に便利です。

石油ストーブの人気ランキング

それではいよいよ石油ストーブの人気ランキングをご紹介します。選び方を参考にお気に入りを探してみましょう!
型番:AKP-S248

日本エー・アイ・シー株式会社
アラジン

NEWカチッとキャップで楽々給油

この製品は、簡単かつ確実に開閉が可能な「NEWカチッとキャップ」で給油時の手の汚れと漏れをシャットアウトしているだけでなく、「簡単点火」機能で一発点火で点火時のもどかしさを軽減している快適な機種です。また、「ニオイひかえめ消火」で消化時の嫌なニオイを軽減しています。
本体サイズ 34.5×34×39.5cm
対応畳数 木造7畳
燃料タンク量 3.2L
暖房出力 2.4kw
型番:GH-C19F

株式会社コロナ
ニューブルーバーナー

ダブルUターン方式で嫌なニオイなし

ブルーメタリックの外装が印象的なニューブルーバーナーシリーズ。着火と同時にフルパワーの燃焼を可能とした「リニアインバーター機能」に加え、輻射熱と温風のダブル機能で広い空間を短時間で暖める大出力の業務用石油ストーブです。また、灯油を2度Uターンさせて嫌なニオイを軽減する「ダブルUターン方式」を採用しています。
本体サイズ 47×62.2×72.2cm
対応畳数 木造48畳
燃料タンク量 18L
暖房出力 18.73kw
型番:KS-6700

株式会社トヨトミ
石油ストーブ

2重のタンクで転倒時も安心

ダイヤルを回すだけのワンアクションで簡単一発のスパーク点火が特徴の機種。また、対流式なので熱効率が良く、暖房能力の高さがポイント。「でるでる芯」が一般的な芯よりも約3倍の寿命を実現しているだけでなく、「ニオイセーブ消化」で嫌なニオイを軽減してくれるため、快適に使用出来ます。
本体サイズ 48.2×48.2×58.3cm
対応畳数 木造17畳
燃料タンク量 6.3L
暖房出力 6.66kw
型番:SL-6618

株式会社コロナ
SLシリーズ 石油ストーブ(対流型)

遠赤外線炎筒が体の芯から暖める

最大暖房能力6.59kwの大出力ですが、遠赤外線の炎筒を使用している事から木造17畳の対応畳数以上の暖房能力があるとされている機種。また、常時最適な状態で燃焼するので灯油のニオイがすることが全くなく、給油タンクが本体と一体型のため、転倒時に灯油が漏れる心配もありません。
本体サイズ 46×46×55.3cm
対応畳数 木造17畳
燃料タンク量 7.0L
暖房出力 6.59kw
型番:RS-H2900

株式会社トヨトミ
石油ストーブ

キャリングハンドルで持ち運びが簡単

コンパクト設計、かつ本体上部についたキャリングハンドルで持ち運びが女性でも簡単。電子点火PonPaの高圧放電で簡単に着火出来る機種です。また、劣化した芯も2mmずつ2段階で調整ができ、炎を安定させる「消臭リング」と「ニオイセーブ消化」の2つの消臭機能で、嫌なニオイを完全に除去してくれます。
本体サイズ 31.2×35.6×46cm
対応畳数 木造8畳
燃料タンク量 3.6L
暖房出力 2.78kw
型番:SX-E2817Y

株式会社コロナ
SXシリーズ ポータル石油ストーブ

細かい火力調整もOK!

この製品は、おしゃれな黒色メッシュガードが特徴的な機種。電源を必要としないため、災害時や停電時にも通常通りの燃焼が可能です。着火は、視認性の高いオレンジ色の点火ボタンをワンプッシュするだけで簡単に点火出来ます。また、ポジションマーク付ハンドルで細かい火力調整が可能であり、適切な室温調整や燃料の節約もできる使い勝手の良さが魅力。
本体サイズ 45.2×32.4×51cm
対応畳数 木造8畳
燃料タンク量 4.0L
暖房出力 2.83kw

商品比較表

商品画像
株式会社コロナ
株式会社トヨトミ
株式会社コロナ
株式会社トヨトミ
株式会社コロナ
日本エー・アイ・シー株式会社
商品名 SXシリーズ ポータル石油ストーブ 石油ストーブ SLシリーズ 石油ストーブ(対流型) 石油ストーブ ニューブルーバーナー アラジン
特徴 細かい火力調整もOK! キャリングハンドルで持ち運びが簡単 遠赤外線炎筒が体の芯から暖める 2重のタンクで転倒時も安心 ダブルUターン方式で嫌なニオイなし NEWカチッとキャップで楽々給油
本体サイズ 45.2×32.4×51cm 31.2×35.6×46cm 46×46×55.3cm 48.2×48.2×58.3cm 47×62.2×72.2cm 34.5×34×39.5cm
対応畳数 木造8畳 木造8畳 木造17畳 木造17畳 木造48畳 木造7畳
燃料タンク量 4.0L 3.6L 7.0L 6.3L 18L 3.2L
暖房出力 2.83kw 2.78kw 6.59kw 6.66kw 18.73kw 2.4kw
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
以上、石油ストーブのおすすめランキングをご紹介しました。点火時と消化時の嫌なニオイを除去してくれる機能や、安全性の高い給油タンクを導入している機種、暖房能力の高い機種や消費燃料の少ない機種など、機能性や使い勝手の良いものが注目されています。一方で、ランタンをイメージさせるようなデザイン性の高い石油ストーブも人気が高く、使いやすさとデザイン性を考慮して選ぶと良いでしょう。

記事を参考に、ご自宅にぴったりな石油ストーブを探してみてくださいね!
おすすめタグ