焼き鳥焼き器おすすめ人気ランキング9選|香ばしく熱々の焼き鳥を!

おつまみの定番の焼き鳥ですが、居酒屋専門店などで食べるものというイメージを抱いている方も多いでしょう。しかし、今日では家庭でも美味しい焼き鳥を焼き上げることのできる焼き鳥焼き器が登場しています。そこで、今回は特に人気の焼き鳥焼き器をランキング形式でご紹介していきましょう。

失敗しない!これだけチェック!
焼き鳥焼き器の人気ランキング
商品比較表

失敗しない!これだけチェック!

具体的に焼き鳥焼き器の人気アイテムをご紹介する前に、購入前にチェックしておきたいポイントを整理しておきましょう。あなたの焼き鳥焼き器選びの参考にしてみてください。

熱源1|準備いらずでお手軽にできる「電気式」

とにかく気軽に自宅で焼き鳥を焼きたいという方におすすめなのが電気式のもの。コンセントを差して電源を入れるだけですぐに焼き鳥を焼くことができます。特別な準備をする必要もありませんので思い立ったタイミングですぐに焼き鳥が楽しめますし、後片付けがとても簡単なのも嬉しいポイントです。

熱源2|持ち運びに便利「カセットガス式」、味にこだわるなら「炭火焼き」

火を使うタイプでもっとも便利で使いやすいのがカセットガス式です。電気も必要としませんので、持ち運びも簡単で、アウトドアでも焼き鳥を楽しめます。味にこだわりたいという方には本格的な炭火焼きもおすすめです。準備や片付けには手間がかかりますが、その分、専門店のような味を楽しめます。

サイズ|食卓で邪魔にならないものを

サイズ|食卓で邪魔にならないものを
大型の焼き鳥焼き器であれば、まとまった本数を一気に焼くことができるというメリットがあります。しかし、あまりに大きすぎると卓上で邪魔になってしまいます。なので、普段使用しているダイニングテーブルなどのサイズを考えて、食卓で邪魔にならないサイズのものを選ぶようにしましょう。

お手入れ|水受けトレー付きならラクラク

おいしい焼き鳥を楽しむことができても、片付けが面倒だと、使用するのが億劫になってしまうかもしれません。そこで、お手入れのしやすさもチェックしておきたいポイントです。焼き鳥から落ちる油などを受けられる水受けトレーが付いているタイプであれば、お手入れもかなりラクになります。

便利機能|付属品で焼き鳥以外の焼き物も楽しもう!

焼き鳥焼き器のメイン機能は当然、焼き鳥を楽しむことですが、その他の便利機能が搭載されているものも少なくありません。付属品などを使用することで、焼き鳥以外の焼き物やさまざまな調理を楽しめるケースもありますので、購入の際にはしっかりとチェックしておきたいポイントです。

焼き鳥焼き器の人気ランキング

チェックしておきたいポイントをしっかりと整理した上で、ここからは具体的に人気の焼き鳥焼き器をランキング形式でご紹介していきます。あなたにとってベストなものを選んでみてください。
型番:4562208030570

照姫
焼鳥コンロガス用

本格派の業務用焼き鳥焼き器

本格的な焼き鳥を自宅で楽しみたいという方にぴったりの業務用タイプです。コンロガスを接続して使用するタイプで、火力も強いので香ばしく焼き上げることができます。一度に焼ける本数もかなり多いので、大家族にも対応できます。業務用だけあって作りもしっかりしていますので長く愛用できるでしょう。
熱源 ガス
サイズ(mm) 600×180×175
素材 ステンレス
重量(g)
型番:SL-1068

アサヒ
ミニ焼き屋台

一台三役のミニ電気コンロ

小さめサイズの焼き鳥台です。電気式ですのでコンセントを接続してスイッチを入れるだけで焼き鳥を楽しむことができます。さらに、焼き鳥用の網だけでなく付属しているプレートを交換することによって、たこ焼きや鉄板焼きも楽しめます。サイズは小さいですが一台三役の優れものですので食卓で大活躍してくれることでしょう。
熱源 電気
サイズ(mm) 300×105×90
素材 スチール、アルミダイカスト、ステンレス
重量(g) 1000
型番:EMT-1101-R

アイリスオーヤマ
マルチロースター

効率よく焼ける家庭用本格派モデル

電気式の焼き鳥焼き器はどうしてもパワー不足で焼き上がるまでにかなり時間がかかってしまうケースがあります。それに対してこちらは1100Wのハイパワーですので、効率よく、そしておいしく焼き上げることができます。サイズ的に余裕がありますので焼き鳥のみでなく焼き魚などにも使えます。
熱源 電気
サイズ(mm) 496×306×192
素材 アルミニウム、ステンレス、耐熱強化ガラス
重量(g) 4200
型番:MYS-600A

三ッ谷電機
NEWやきとり屋台

すぐに使えてお手入れも簡単!

一人用のコンパクトサイズの焼き鳥焼き器です。熱源は電気タイプですので、コンセントを接続して電源を入れるだけの簡単操作で気軽に焼き鳥を楽しめます。焼き肉用の網も付属していますので、工夫次第でさまざまな焼き物を楽しめるのも嬉しいポイント。水受けトレー付きでお手入れも簡単です。
熱源 電気
サイズ(mm) 225×150×105
素材 フェノール樹脂・アルスター
重量(g) 1000
型番:CB-RBT-J

イワタニ
炉ばた焼器

高火力で焼けるガス式焼き鳥焼き器

持ち運びにも便利なカセットガス式の焼き鳥焼き器です。コンパクトサイズで、1~2人で使用するのにぴったりなサイズでしょう。しっかりとした作りになっていますので、アウトドアで使用するのにもぴったりです。網が付属しているタイプですので、焼き鳥以外の焼き物調理も気軽に楽しめます。
熱源 カセットガス
サイズ(mm) 409×214×134
素材 スチール、ステンレス
重量(g) 2400
型番:KA-00275

ピーナッツクラブ
オ一人焼キ鳥グリル

小さめサイズの一人用焼き鳥器

食卓においても邪魔にならないコンパクトサイズの焼き鳥器です。網のサイズも小さめですが、最大で5本まで同時に焼くことができますので、一人で焼き鳥を楽しむには十分なサイズでしょう。電気式で、下部には水受けトレーがついていますので、準備も後片付けも簡単。気軽に焼き鳥を楽しめます。
熱源 電気
サイズ(mm) 315×108×105
素材
重量(g) 815
型番:MYS-600

三ッ谷電機
NEWやきとり屋台 (スイッチ付)

超コンパクトで気軽に使えるタイプ!

卓上で使用する焼き鳥焼き器の場合、サイズも重要なポイントになります。大型のものは一気に焼ける本数も多いですが、邪魔になってしまうこともあります。その点、こちらは超コンパクト設計になっていますので、小さめのダイニングテーブルでも邪魔になることはありません。気軽に使える焼き鳥焼き器です。
熱源 電気
サイズ(mm) 150×225×105
素材 スチール
重量(g) 700
型番:MYT-800

三ッ谷電機
屋台横丁

ちょうどいいサイズの万能電気コンロ

1~2人で使用するのにちょうどいいサイズの万能タイプの電気コンロです。焼き鳥焼き器としてはもちろんのこと、付属のプレートや網を使用することによって、焼き肉などのさまざまな焼き物をはじめとして、なんとたこ焼きまで楽しむことができます。1台でいろんな卓上調理を楽しみたい方におすすめです。
熱源 電気
サイズ(mm) 365×145×105
素材 スチール、アルミダイキャスト
重量(g) 1400
型番:CB-ABR-1

イワタニ
炉ばた焼器 炙りや

いろんなシーンで活躍してくれるカセットガスタイプ

電気式とは違い、カセットガスを使用するタイプですので場所を気にせずにいろんなシーンで使用することができる焼き鳥焼き器です。火力も強いので、焼き上がるまでの時間も短く、効率的な調理が可能です。網も付属していますので、焼き肉などいろんな料理が楽しめるのも嬉しいポイントでしょう。
熱源 カセットガス
サイズ(mm) 409×214×134
素材 ステンレス、スチール
重量(g) 2400

商品比較表

商品画像
イワタニ
三ッ谷電機
三ッ谷電機
ピーナッツクラブ
イワタニ
三ッ谷電機
アイリスオーヤマ
アサヒ
照姫
商品名 炉ばた焼器 炙りや 屋台横丁 NEWやきとり屋台 (スイッチ付) オ一人焼キ鳥グリル 炉ばた焼器 NEWやきとり屋台 マルチロースター ミニ焼き屋台 焼鳥コンロガス用
特徴 いろんなシーンで活躍してくれるカセットガスタイプ ちょうどいいサイズの万能電気コンロ 超コンパクトで気軽に使えるタイプ! 小さめサイズの一人用焼き鳥器 高火力で焼けるガス式焼き鳥焼き器 すぐに使えてお手入れも簡単! 効率よく焼ける家庭用本格派モデル 一台三役のミニ電気コンロ 本格派の業務用焼き鳥焼き器
熱源 カセットガス 電気 電気 電気 カセットガス 電気 電気 電気 ガス
サイズ(mm) 409×214×134 365×145×105 150×225×105 315×108×105 409×214×134 225×150×105 496×306×192 300×105×90 600×180×175
素材 ステンレス、スチール スチール、アルミダイキャスト スチール スチール、ステンレス フェノール樹脂・アルスター アルミニウム、ステンレス、耐熱強化ガラス スチール、アルミダイカスト、ステンレス ステンレス
重量(g) 2400 1400 700 815 2400 1000 4200 1000
商品リンク 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
焼き鳥屋き器はシンプルなものが多いので、どれでも同じようなものと考えている方も多いかもしれません。しかし、サイズや熱源、付属品などで使い勝手は大きく異なりますので、自分に合ったものをうまく選びましょう。