【2019年最新】イヤホン有名メーカー6社の特徴&おすすめ20選|人気の完全ワイヤレスタイプも!

2019年版イヤホンを選ぶ時にメーカー・ブランドを重視する方へ向けて、各社の特徴、価格帯や機能別におすすめのイヤホンをご紹介。国内シェアNo.1のaudio-technica(オーディオテクニカ)、No.2のSONY(ソニー)をはじめ、BOSE(ボーズ)・beats by dr.dre(ビーツ・バイ・ドクター ドレ)・radius(ラディウス)・JBL(ジェイビーエル)と注目のメーカー勢揃い!ぜひ、イヤホン選びの参考にしてください。

イヤホンのおすすめメーカー6社

まず、イヤホンのおすすめメーカーを6社ピックアップして、各社の特徴や人気モデルをご紹介していきます。

audio-technica(オーディオテクニカ)

audio-technica(オーディオテクニカ)
出典:Amazon
日本のメーカーで、迫力のあるサウンドが魅力のオーディオテクニカ。アメリカの取引企業の依頼をきっかけに1970年代から高品質なヘッドホンの開発に乗り出し、1974年には当時珍しかった高分子素材の精密な振動板を使用した高級ヘッドホンを発売しました。

その後、市場のニーズをいち早くとらえ、2009年より国内のヘッドホンシェアNo.1を誇る企業となりました。プロも絶賛する高品質なものから、お手頃価格でありながら高性能なものまで、商品と価格のバリエーションが豊富にそろっています。

SONY(ソニー)

SONY(ソニー)
出典:Amazon
原音に近いリアルなサウンドに定評があるソニー。イヤホン市場では、オーディオテクニカに次ぐ国内第2位のシェアを誇ります。近年はハイレゾ製品の開発に力を入れており、ハイレゾイヤホン・ヘッドホン市場をほぼ独占するような状態になっています。性能に加えてデザイン性も高く、根強いファンも多くいるようです。

ソニーのイヤホン・ヘッドホンは、同じソニー製品のWALKMANやXperiaとの相性はバツグン!お互いに機能を高め合う作りになっているので、併用するのもおすすめです。

BOSE(ボーズ)

BOSE(ボーズ)
出典:Amazon
BOSEは、日本はもちろん世界中で絶大な人気を誇るアメリカの高級オーディオメーカーです。マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授を中心に創業された企業だけあり、他社に先駆けた最先端の高い技術力が評判です。

航空業界向けにノイズキャンセリングヘッドホンを開発したのがBOSEで、ノイズキャンセリング機能には特に定評があります。周りのノイズをしっかりシャットアウトするだけではなく、必要な音は聞こえるようにコントロールできるという優れた技術を持っています。

beats by dr.dre(ビーツ・バイ・ドクター ドレ)

beats by dr.dre(ビーツ・バイ・ドクター ドレ)
出典:Amazon
beats by dr.dre(ビーツ・バイ・ドクター ドレ)は、今やおしゃれで音質が良いヘッドホン・イヤホンの代名詞と言えるほど。ヒップホップ・ミュージックのアーティスト・プロデューサーであるドクター・ドレー(Dr. Dre)と、インタースコープレコードの社長、ジミー・アイオヴィン(Jimmy Iovine)によって2006年にアメリカで設立されました。

スタイリッシュな製品は世界中に多くのファンを持ち、有名なアーティストやファッションブランドなどとのコラボレーションも行われてきました。

radius(ラディウス)

radius(ラディウス)
出典:Amazon
ラディウスは1996年設立の比較的新しいメーカーです。コンピューターの周辺機器開発から事業を始め、iPhoneやiPadなどApple製品のアクセサリーを数多く手掛けた後、2009年には世界初となる2枚の振動板を搭載したインナーイヤーヘッドホンの開発に成功しました。

その後、高品質なイヤホンを数多く開発し、ハイレゾ対応のイヤホンにも力を注いでいます。最近はiPhoneでもハイレゾが楽しめるアプリ「NePLAYER」とiPhone7用のLightningコネクタイヤホンを発表し、大きな話題となりました。

JBL(ジェイビーエル)

JBL(ジェイビーエル)
出典:Amazon.co.jp
JBL(ジェイビーエル)は老舗オーディオ企業であり、世界最大のスピーカーメーカーです。創業者がトーキー映画の開発に関わっていたこともあり、映画館やコンサートホールにJBL製スピーカーが多く使用されています。スピーカーで培った高性能な音質がイヤホンにも生かされており、高い技術力と機能性・デザイン性を兼ね備えたイヤホンが多く発売されています。

1969年に現Harman Internationの傘下となり、その後、2017年にはHarmanがサムスン電子に買収されたため、Bluetooth対応の製品も多く発表されています。

イヤホンの種類と特徴

おすすめメーカーをチェックしたあとは、イヤホンの種類と特徴について解説をしていきます。

カナル型|耳栓のようにしっかりフィットし音漏れが少ない

カナル型|耳栓のようにしっかりフィットし音漏れが少ない
出典:Amazon
耳栓のようなピースを装着して使用するのがカナル型のイヤホンです。内耳の近いところで音が流れるため、小さな音や重低音など細かな音までクリアに聞き取ることができます。耳に蓋をするようなかたちになるので、密閉性が高く音漏れがしにくいです。また、コンサートホールなどの臨場感も得やすく、ダイナミックな演奏を聴くのに向いています。
ビックロがおすすめするカナル型イヤホン14選と選び方のコツ - Best One(ベストワン)
ビックロがおすすめするカナル型イヤホン14選と選び方のコツ - Best One(ベストワン)>>
外れにくく音漏れが少ないことで人気のカナル型イヤホン。安いものから、Bluetoothやノイズキャンセリングなどの機能が備わったものまで種類が豊富で、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。そこで今回は、家電量販店のイヤホン・ヘッドホン売り場を担当している方に、おすすめのカナル型イヤホンやフィットする付け方などを教えていただきました。

イヤーインナー型|密閉性が苦手な方や周囲の音も聞き取りたい方へ

イヤーインナー型|密閉性が苦手な方や周囲の音も聞き取りたい方へ
出典:Amazon
イヤーインナー型イヤホンとは、耳の表面である耳介と呼ばれる部分にイヤホンのパーツをひっかけるようにして装着するイヤホンです。現在主流となっているカナル型の前には、こちらのイヤーインナー型のものがほとんどでした。カナル型の密閉性が苦手な方や、周囲の音も聞き取りたい方にはイヤーインナー型がおすすめです。ただし、耳に浅く吹っ掛けて使用するため、外れやすくなってしまいます。
インナーイヤー型のおすすめイヤホン9選と選び方・カナル型との比較 - Best One(ベストワン)
インナーイヤー型のおすすめイヤホン9選と選び方・カナル型との比較 - Best One(ベストワン)>>
昔からずっとあるインナーイヤー型のイヤホン。最近の主流は耳に入れるタイプのカナル型になりつつありますが、耳に入れるのが苦手という人を中心に、インナーイヤー型が支持されています。家電量販店の販売員の方に、インナーイヤー型イヤホンについて取材してきました。

耳かけ型|耳の中にイヤーピースを入れなくてもいい

耳かけ型|耳の中にイヤーピースを入れなくてもいい
出典:Amazon
その名前のとおり耳にかけるタイプのイヤホンを耳かけ型イヤホンと呼びます。ヘッドホンよりコンパクトで持ち運びのも便利です。カナル型やイヤーインナー型のように耳の中にイヤーピースを入れることがなく、長時間の使用でも負担が少ないです。ただし、音が出る部分が外に出ているため、音漏れには注意が必要です。耳かけ型イヤホンは種類も少ないですが、耳の内部にものを入れることが苦手な方などへおすすめです。
イヤホンの種類と特徴を徹底解説!ビックカメラ店員がおすすめしたい商品10選 - Best One(ベストワン)
イヤホンの種類と特徴を徹底解説!ビックカメラ店員がおすすめしたい商品10選 - Best One(ベストワン)>>
イヤホンにもさまざまな種類があり、オーディオの知識がないと何をどう選べばよいか迷ってしまいます。そこで今回は、カナル型・インナーイヤー型といったイヤホンの付け方のタイプから、プラグの種類、音の出し方のタイプ、主な機能ラインナップまで、一般的にどんな種類があって、それぞれどんなメリット・デメリットがあるのかをご紹介していきます。

イヤホンの選び方

ここからは、イヤホンを購入するために覚えておきたい選び方のポイントをご紹介します。

ドライバーユニット|きれいな音を聞きたい場合はBA型がおすすめ

ドライバーユニット|きれいな音を聞きたい場合はBA型がおすすめ
音を鳴らす機構のことをドライバーユニットといいます。つまり電気信号を音に変換する部分のことで、この種類によってイヤホンから聞こえる音質が変わります。自分の聞きたい音楽にはどのような音質が合っているのか、またどんな音質が自分の好みであるかを考慮して、以下のドライバーユニットの種類を選ぶとよいでしょう。

【ダイナミック型】

一般的に多く出回っているヘッドホンがこちらのタイプです。磁器カイロで振動板を振動させる仕組みとなっています。パワフルな重低音を得意とした音質になっています。

【 バランスドアーマチュア型(BA型)】

小さな鉄板であるアーマチュアに電流を流して振動させ、振動板に振動を伝えます。小型化することが簡単にできるため、多くのイヤホン、補聴器などに採用されています。音の解像度が高く、ひとつひとつの音がクリアに聞こえます。高音域、中音域の音を得意とします。

【ハイブリッド型】

ダイナミック型とバランスドアーマチュア型(BA型)を両方搭載しているタイプです。ダイナミック型の重低音と、バランスドアーマチュア型の輪郭のはっきりとした音のどちらも楽しむことができます。

有線orワイヤレス|音質が良いのは有線

【有線タイプ】

【有線タイプ】
出典:Amazon
イヤホンの線のあるなしは選ぶ際の重要なポイントです。主流はBluetoothワイヤレスとなっていますが、Buetoothは音のデータを圧縮して伝えるため、有線タイプより音質が劣ります。音質が重視の方には有線タイプがおすすめです。

【ワイヤレスタイプ】

【ワイヤレスタイプ】
出典:Amazon
無線通信規格、Bluetoothの普及によりイヤホンの無線化は急速に進んでいます。線がないということはシンプルに便利で、一度ワイヤレスを味わってしまうと二度と有線には戻れないのではないかと思うほどです。音質はは有線に劣るものの、ワイヤレスの快適さは最も重要な魅力です。

防水機能|IPXをチェック

防水機能|IPXをチェック
出典:Amazon
スポーツや入浴時にイヤホンを使用したい方は、ぜひ防水機能をチェックしてください。完全防水、耐水。水滴程度の防水など、防水にも幅があります。防水性能を表す「IPX」を確認するようにしましょう。「IP+数字」の数字が大きいほど防水性のが高いとされています。
ランニング用イヤホンおすすめ人気10選【ソニーなど】|耳掛け型なら外れにくい!Bluetooth、ワイヤレスが◎ - Best One(ベストワン)
ランニング用イヤホンおすすめ人気10選【ソニーなど】|耳掛け型なら外れにくい!Bluetooth、ワイヤレスが◎ - Best One(ベストワン)>>
ランニングやジョギング中に音楽を聴いている方も多いですよね。では、走りながら使うのに最適なイヤホンとはどんなものなのでしょうか。今回はビックカメラの販売員の方に聞いた、ランニングで使いやすいイヤホンの選び方とおすすめのイヤホンをご紹介します。
防水イヤホンおすすめ人気ランキング10選|内部の侵入を防ぐ!IPX8対応モデルが◎ - Best One(ベストワン)
防水イヤホンおすすめ人気ランキング10選|内部の侵入を防ぐ!IPX8対応モデルが◎ - Best One(ベストワン)>>
せっかくのお気に入りのイヤホンも、内部への水や砂の侵入が原因で破損してしまっては、がっかりしてしまいますよね。各メーカーからいろいろなイヤホンが発売されていますが、種類が豊富で迷ってしまうことも。今回は、おすすめの防水イヤホンをランキングでご紹介します。使う環境に合わせた、最適なイヤホンを見つけてください。

ハイレゾ|CDを超えた音質を求める方へ

CDを超えた音を堪能できるハイレゾ。ハイレゾとはハイレゾリューションオーディオ (High-Resolution Audio) のことです。Resolution=解像度ですので、高解像度な音源ということになります。音質に強くこだわりたい方は、ぜひハイレゾ対応イヤホンをチョイスしてください。

ハイレゾ対応イヤホンとは?おすすめ人気12選!Bluetoothやワイヤレスも【ソニーなど】 - Best One(ベストワン)
ハイレゾ対応イヤホンとは?おすすめ人気12選!Bluetoothやワイヤレスも【ソニーなど】 - Best One(ベストワン)>>
最近サウンドの世界でよく耳にする「ハイレゾ」。何となく高音質そうですが、その内容まではよくわからない方も多いのではないでしょうか。今回はハイレゾとは? というところから、おすすめのイヤホンまで、ビックロ ビックカメラ新宿東口店で伺ってきました。

ノイズキャンセリング|電車や飛行機で長時間使用時に

ノイズキャンセリング|電車や飛行機で長時間使用時に
出典:Amazon.co.jp
ノイズキャンセリングとは、イヤホン外の騒音をシャットアウトしてくれる機能です。騒音を打ち消す「逆位相」の音波をイヤホン内で発生させ外部からの騒音を減らすことで、より音楽を快適に楽しむことができます。電車や飛行機などでの長時間使用する場合、こちらの機能が付いていると良いでしょう。
ノイズキャンセリングイヤホンの選び方からおすすめ商品まで - Best One(ベストワン)
ノイズキャンセリングイヤホンの選び方からおすすめ商品まで - Best One(ベストワン)>>
賑やかな場所でも騒音をかき消してくれ、音楽に集中できるノイズキャンセリングイヤホン。価格帯も色々あるので、どれを買っていいか迷ってしまいますよね。そこでビックロ ビックカメラ新宿東口店のオーディオ担当の石井さんに、ノイズキャンセリングイヤホンの仕組みから選び方、おすすめ商品まで教えてもらいました。

audio-technica(オーディオテクニカ)

audio-technica(オーディオテクニカ)の人気のおすすめ商品をご紹介します。
型番:ATH-CK150BT

audio-technica
ワイヤレスイヤホン クレイジー

3,222(税込)
2019年11月6日 4:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

高音質をワイヤレスで楽しめる

Bluetoothで簡単にワイヤレス接続ができ、使い勝手が最高です。低音域から高音域までの音源をクリアに再現するドライバーを採用しており、音楽のジャンルを問わずに高音質サウンドが楽しめます。密閉型で音漏れしにくく、バスや電車内でも安心です。おしゃれなカラーバリエーションから選べるのもうれしいですね!
カナル型(密閉型)
ドライバー 8.8mm
出力音圧レベル 100dB/mW
再生周波数帯域 100~10,000H
最大入力 -
インピーダンス 16オーム
質量 13g
型番:ATH-SPORT60BT

audio-technica
スポーツ向けワイヤレスイヤホン SONIC SPORT

7,670(税込)
2019年11月6日 4:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

安心の防水仕様でスポーツ時に最適!

IPX5等級の防水機能で、雨の中や激しいスポーツ時でも安心。丸ごと水洗いができるため、汗をかいてもいつも清潔に使用できます。最大6時間の連続再生が可能で、長時間のワークアウト時もずっと音楽を楽しめます。耳元で簡単に操作ができ、スポーツ中でも使いやすさが抜群です。
カナル型(密閉型)
ドライバー 6mm
出力音圧レベル 90dB/mW
再生周波数帯域 20~20,000H
最大入力 -
インピーダンス 16オーム
質量 17g
型番:ATH-CKS5TW LTD

audio-technica
SOLID BASS baanai コラボモデル

19,580(税込)
2019年11月6日 4:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

迫力の重低音サウンド

ワイヤレスイヤホンで、大迫力の重低音サウンドが楽しめる人気モデル。ケーブルから解放されて、自由なスタイルで本格的な音楽をいつでも聴くことができます。充電ケースに入れてフタをすれば充電が開始されるため、使い勝手も最高です。ワイヤレスでも音質にこだわりたい音楽好きにおすすめです。
カナル型(密閉型)
ドライバー 10mm
出力音圧レベル 110dB/mW
再生周波数帯域 5~40,000H
最大入力 -
インピーダンス 16オーム
質量 16g

audio-technica(オーディオテクニカ)イヤホン比較一覧表

商品画像
audio-technica
audio-technica
audio-technica
商品名 SOLID BASS baanai コラボモデル スポーツ向けワイヤレスイヤホン SONIC SPORT ワイヤレスイヤホン クレイジー
特徴 迫力の重低音サウンド 安心の防水仕様でスポーツ時に最適! 高音質をワイヤレスで楽しめる
価格 19,580(税込) 7,670(税込) 3,222(税込)
カナル型(密閉型) カナル型(密閉型) カナル型(密閉型)
ドライバー 10mm 6mm 8.8mm
出力音圧レベル 110dB/mW 90dB/mW 100dB/mW
再生周波数帯域 5~40,000H 20~20,000H 100~10,000H
最大入力 - - -
インピーダンス 16オーム 16オーム 16オーム
質量 16g 17g 13g
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる
評価の高いaudio-technica(オーディオテクニカ)のイヤホンをAmazonでみる>>

SONY(ソニー)

SONY(ソニー)の人気のおすすめ商品をご紹介します。
型番:WI-XB400

SONY
ワイヤレスステレオヘッドセット

6,749(税込)
2019年11月6日 4:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

最大15時間再生可能なスタミナモデル

圧巻な量感の重低音と、クリアな高音を両立させた臨場感あふれるEXTRA BASSサウンドが魅力のワイヤレスイヤホンです。ワイヤレスとは思えないほど、音質の劣化が少なく、クオリティの高いリスニングを実現しています。最大15時間連続再生が可能で、一日中音楽を楽しむことができます。
カナル型(密閉型)
ドライバー 12mm
出力音圧レベル -
再生周波数帯域 2.4000GHz-2.4835GHz
最大入力 -
インピーダンス -
質量 21g
型番:WI-1000X

SONY
ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット

24,642(税込)
2019年11月6日 4:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載したハイスペックモデル。イヤホンの内側と外側に設置した2つのセンサーで集めた騒音と、プレイヤーの音楽信号をすべてデジタル化します。デュアルノイズセンサーテクノロジーにより、より静かな環境で、クリアな音楽再生を体験できます。
カナル型(密閉型)
ドライバー -
出力音圧レベル 101dB/mW
再生周波数帯域 3 Hz - 40,000 Hz
最大入力 -
インピーダンス 22オーム
質量 61g
型番:WF-1000XM3

SONY
ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン

25,798(税込)
2019年11月6日 4:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

どんな環境でもノイズを気にしない!

ソニーが独自開発した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」を搭載したワイヤレスイヤホン。高性能なノイズキャンセリング処理を実現しているため、どんな環境でも、ノイズを気にせずにこだわりの高音質サウンドに没入できます。装着性も高く、安定して装着できるため安心です。
カナル型(密閉型)
ドライバー 6mm
出力音圧レベル -
再生周波数帯域 50 Hz-8,000 Hz
最大入力 -
インピーダンス -
質量 17g

SONY(ソニー)イヤホン比較一覧表

商品画像
SONY
SONY
SONY
商品名 ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット ワイヤレスステレオヘッドセット
特徴 どんな環境でもノイズを気にしない! 最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載 最大15時間再生可能なスタミナモデル
価格 25,798(税込) 24,642(税込) 6,749(税込)
カナル型(密閉型) カナル型(密閉型) カナル型(密閉型)
ドライバー 6mm - 12mm
出力音圧レベル - 101dB/mW -
再生周波数帯域 50 Hz-8,000 Hz 3 Hz - 40,000 Hz 2.4000GHz-2.4835GHz
最大入力 - - -
インピーダンス - 22オーム -
質量 17g 61g 21g
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる
評価の高いSONY(ソニー)のイヤホンをAmazonでみる>>

BOSE(ボーズ)

BOSE(ボーズ)の人気のおすすめ商品をご紹介します。

BOSE
QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones

26,858(税込)
2019年11月6日 4:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

いつでもどこでもすぐに音楽に浸れる

周囲の騒音にジャマされることなく、いつでもどこでもすぐに迫力のデジタルサウンドが楽しめます。ノイズキャンセリングテクノロジーにより、残ったノイズもデジタル化し除去します。「Awareモード」で、ボタンを押すだけで周囲の音を聞き取れるようになり、空港などでの使用時にも最適です。
カナル型(密閉型)
ドライバー -
出力音圧レベル -
再生周波数帯域 -
最大入力 -
インピーダンス -
質量 44g

BOSE
QuietControl 30 wireless headphones

29,700(税込)
2019年11月6日 4:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

耳に届く騒音をコントロールする

人工工学に基づいた設計のネックバンドは、心地よく首にフィットし、違和感がありません。使用するシーンに応じて、周囲のノイズを自由にコントロールできるから、自分にぴったりな使い方ができます。専用のアプリを使用すれば、スマホで簡単にさまざまな調整が可能になり、さらに便利です。
カナル型(密閉型)
ドライバー -
出力音圧レベル -
再生周波数帯域 -
最大入力 -
インピーダンス -
質量 28.4g

BOSE
SoundSport Free wireless headphones

27,940(税込)
2019年11月6日 4:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

トレーニング時もサウンドを妥協しない

BOSE(ボーズ)で初めてのワイヤレスイヤホンには、最新のテクノロジーが集結しています。もっと自由に臨場感のあるパワフルなサウンドが楽しめるようになりました。外れにくく、長時間装着していても快適です。汗や雨にも強い仕様になっており、トレーニング時にも高品質サウンドを満喫できます。
カナル型(密閉型)
ドライバー -
出力音圧レベル -
再生周波数帯域 -
最大入力 -
インピーダンス -
質量 18g

BOSE(ボーズ)イヤホン比較一覧表

商品画像
BOSE
BOSE
BOSE
商品名 SoundSport Free wireless headphones QuietControl 30 wireless headphones QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones
特徴 トレーニング時もサウンドを妥協しない 耳に届く騒音をコントロールする いつでもどこでもすぐに音楽に浸れる
価格 27,940(税込) 29,700(税込) 26,858(税込)
カナル型(密閉型) カナル型(密閉型) カナル型(密閉型)
ドライバー - - -
出力音圧レベル - - -
再生周波数帯域 - - -
最大入力 - - -
インピーダンス - - -
質量 18g 28.4g 44g
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる
評価の高いBOSE(ボーズ)のイヤホンをAmazonでみる>>

beats by dr.dre(ビーツ・バイ・ドクター ドレ)

beats by dr.dre(ビーツ・バイ・ドクター ドレ)の人気のおすすめ商品をご紹介します。

beats by dr.dre
ワイヤレスイヤホンBeatsX sacai Special Edition

31,980(税込)
2019年11月8日 1:04時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ファッションブランドsacaiとのコラボ商品!

sacaiとのコラボでデザイン性が更にアップ。他にはないイヤホンとなりました。高性能なW1チップを組み込み、Appleデバイス間でシームレスな切り替えや設定が可能です。バッテリーの駆動時間が長持ちし、わずか5分で充電ができるため、いつでも音楽を楽しむ準備ができます。さらに5分の充電で、2時間再生が可能です。ケーブル内蔵マイクで電話への応答にも対応しています。
カナル型(密閉型)
ドライバー -
出力音圧レベル -
再生周波数帯域 -
最大入力 -
インピーダンス -
質量 -

beats by dr.dre
Powerbeats3 Wireles

19,630(税込)
2019年10月3日 11:56時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ポップなカラーバリエーションから選べる

ポップなカラーがおしゃれで、デザイン性も高いワイヤレスイヤホンです。全7色から、お好みのカラーが選べます。汗やホコリにも強いため、アウトドアシーンや、ハードなスポーツ時にも最適です。デュアルドライバ音響により、高音から低音まで、大迫力で、幅広いサウンドを楽しめます。
耳掛け型
ドライバー -
出力音圧レベル -
再生周波数帯域 -
最大入力 -
インピーダンス -
質量 -

beats by dr.dre
Powerbeats Pro

27,280(税込)
2019年10月3日 11:50時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

耳にぴったりフィットするイヤーフック

完全ワイヤレスで、ワークアウトにぴったりなイヤホン。耐汗・防沫仕様を強化しており、さらに調節可能で外れにくいイヤーフックにより、激しい動きにも対応します。高い安定性と優れた付け心地で、運動のジャマをしません。ノイズアイソレーションとダイナミックな音域で、クリアな高音質を実現しています。
耳掛け型
ドライバー -
出力音圧レベル -
再生周波数帯域 -
最大入力 -
インピーダンス -
質量 -

beats by dr.dre(ビーツ・バイ・ドクター ドレ)イヤホン比較一覧表

商品画像
beats by dr.dre
beats by dr.dre
beats by dr.dre
商品名 Powerbeats Pro Powerbeats3 Wireles ワイヤレスイヤホンBeatsX sacai Special Edition
特徴 耳にぴったりフィットするイヤーフック ポップなカラーバリエーションから選べる ファッションブランドsacaiとのコラボ商品!
価格 27,280(税込) 19,630(税込) 31,980(税込)
耳掛け型 耳掛け型 カナル型(密閉型)
ドライバー - - -
出力音圧レベル - - -
再生周波数帯域 - - -
最大入力 - - -
インピーダンス - - -
質量 - - -
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

radius(ラディウス)

radius(ラディウス)の人気のおすすめ商品をご紹介します。
型番:HP-S50BTR

radius
カナルイヤホン

4,290(税込)
2019年11月6日 4:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

コスパ力に優れたワイヤレス

6mmのダイナミックドライバー搭載により、パワフルな低音から伸びのある高音域までクリアなサウンドを実現。イヤホンヘッド内部にマグネットを搭載しており、使用しない時はヘッド同士をくっつけて吊り下げることができて便利です。コスパ力に優れた、普段使いにちょうどいいワイヤレスイヤホンです。
カナル型(密閉型)
ドライバー 6mm
出力音圧レベル 98dB
再生周波数帯域 20Hz~20kHz
最大入力 -
インピーダンス 16オーム
質量 -
型番:HP-NX100K

radius
ダイナミック型ハイレゾ対応カナルイヤホン

16,980(税込)
2019年11月6日 4:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

新開発ドライバーユニットを搭載

ダイナミックドライバーユニットの後ろ側に背圧を的確に調整する空気室を設けることにより、振動板の高い制動性を実現する「RAF構造ドライバーユニット」を搭載しています。これにより従来よりもパワフルで広がりのあるクリアなサウンドが楽しめます。独自開発のイヤーピースで、フィット感も抜群です。
カナル型(密閉型)
ドライバー 11mm
出力音圧レベル 103dB
再生周波数帯域 20Hz~40kHz
最大入力 10mW
インピーダンス 17オーム
質量 18g
型番:T50BT

radius
True Wireless Earphones

10,970(税込)
2019年11月6日 4:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

小型軽量で長時間使用でも疲れない

小型で軽量設計だから長時間使用しても疲れにくく、フィット感も抜群です。密着性の高いイヤーピースにより、高音や低音がよりハッキリと聴こえます。コンパクトながら細かいチューニングを施し、バランスのとれたダイナミックなサウンドを実現しています。IPX5防滴仕様で、スポーツ時にもおすすめです。
カナル型(密閉型)
ドライバー 6mm
出力音圧レベル 97dB
再生周波数帯域 20Hz~20000Hz
最大入力 -
インピーダンス 16オーム
質量 -

radius(ラディウス)イヤホン比較一覧表

商品画像
radius
radius
radius
商品名 True Wireless Earphones ダイナミック型ハイレゾ対応カナルイヤホン カナルイヤホン
特徴 小型軽量で長時間使用でも疲れない 新開発ドライバーユニットを搭載 コスパ力に優れたワイヤレス
価格 10,970(税込) 16,980(税込) 4,290(税込)
カナル型(密閉型) カナル型(密閉型) カナル型(密閉型)
ドライバー 6mm 11mm 6mm
出力音圧レベル 97dB 103dB 98dB
再生周波数帯域 20Hz~20000Hz 20Hz~40kHz 20Hz~20kHz
最大入力 - 10mW -
インピーダンス 16オーム 17オーム 16オーム
質量 - 18g -
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

JBL(ジェイビーエル)

JBL(ジェイビーエル)の人気のおすすめ商品をご紹介します。
型番:JBLT110BTGRNJN

JBL
ワイヤレスイヤホン TUNE

2,911(税込)
2019年11月6日 4:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

シンプルな3ボタンで操作が簡単

小さいながらも大迫力サウンドを楽しめるワイヤレスイヤホンです。シンプルな3ボタンで操作も簡単!絡みにくくて柔らかなフラットケーブルを採用し、コンパクトに収納することが可能です。マグネット機能搭載で、使用しないときも安定してホールドできます。最大6時間の連続再生が可能です。
カナル型(密閉型)
ドライバー 8.6mm
出力音圧レベル 96dB
再生周波数帯域 20Hz~20kHz
最大入力 -
インピーダンス -
質量 16.5g

JBL
ENDURANCE DIVE

8,500(税込)
2019年11月6日 4:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

フレックスソフトイヤーチップでしっかりホールド!

激しいスポーツのときでも外れにくいフレックスソフトイヤーチップを搭載した、ワイヤレスイヤホン。ひねりながら耳に装着することによりガッチリとホールドし、ロックします。10mmのダイナミックドライバー搭載により、臨場感あふれるサウンドを実現。IPX7防水機能で、雨の日でも安心しです。
カナル型(密閉型)
ドライバー 10mm
出力音圧レベル 102dB
再生周波数帯域 20Hz〜20kHz
最大入力 -
インピーダンス -
質量 31g
型番:JBLT120TWSPIK

JBL
TUNE120

7,650(税込)
2019年11月6日 4:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

シリーズ初の完全ワイヤレス

おしゃれなデザインで人気の「TUNE」シリーズ初の完全ワイヤレスイヤホンです。大迫力サウンドはもちろん、ファッションの一部にもなじむスタイリッシュなデザインが魅力です。約2時間の充電で最大4時間のプレイが可能。最大16時間の連続再生が可能です。カラーバリエーションも豊富に揃っています。
カナル型(密閉型)
ドライバー 5.8mm
出力音圧レベル -
再生周波数帯域 20Hz〜20kHz
最大入力 -
インピーダンス -
質量 14g

JBL(ジェイビーエル)イヤホン比較一覧表

商品画像
JBL
JBL
JBL
商品名 TUNE120 ENDURANCE DIVE ワイヤレスイヤホン TUNE
特徴 シリーズ初の完全ワイヤレス フレックスソフトイヤーチップでしっかりホールド! シンプルな3ボタンで操作が簡単
価格 7,650(税込) 8,500(税込) 2,911(税込)
カナル型(密閉型) カナル型(密閉型) カナル型(密閉型)
ドライバー 5.8mm 10mm 8.6mm
出力音圧レベル - 102dB 96dB
再生周波数帯域 20Hz〜20kHz 20Hz〜20kHz 20Hz~20kHz
最大入力 - - -
インピーダンス - - -
質量 14g 31g 16.5g
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

イヤホンの売れ筋ランキングもチェック

イヤホンの売れ筋ランキングをAmazonでみる>>
イヤホンの売れ筋ランキングを楽天市場でみる>>

iPhoneとの操作性重視なら断然コレ!

耳元でクリックするだけで、iPhoneの操作も自由自在。iPhoneとの操作性を重視する方には断然こちらがおすすめです。

Apple
AirPods with Charging Case

19,570(税込)
2019年10月3日 12:04時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

iPhoneユーザーにおすすめの最新モデル

新開発のH1ヘッドホンチップを搭載したiPhoneに最適な「AirPods」の最新モデル。iPadやApple WatchなどのすべてのApple社製デバイスで、簡単に素早く設定できます。話しかけるだけでSiriにも接続可能です。再生する曲を変更したり、電話をかけたりと、よりiPhoneを便利に使えるようになります。
インナーイヤー型(オープン型)
ドライバー
出力音圧レベル
再生周波数帯域
最大入力
インピーダンス
質量
iPhone7・8・Xでのイヤホンの使い方とおすすめ商品11選 - Best One(ベストワン)
iPhone7・8・Xでのイヤホンの使い方とおすすめ商品11選 - Best One(ベストワン)>>
iPhone7からイヤホンジャックがなくなり、どんなイヤホンを使っていいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。iPhone7以降でイヤホンを使うには大きく分けて、Bluetoothイヤホンを使う、Lightning接続できるイヤホンを使う、Lightning接続できるようにする変換アダプタを使う、3種類の接続方法があります。今回はiPhone7以降で使えるおすすめのイヤホンと選び方をご紹介します。

高音質でコスパ最強の編集部おすすめイヤホンは?

編集部の音楽好きスタッフがさまざまなイヤホンを試し、実際に選んだイチオシの一品がこちらです。音質の良さと価格とのバランスに絶賛!
型番:AKGN200BTBLK

AKG
ワイヤレスイヤホン

16,368(税込)
2019年10月22日 1:12時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

コスパ最高の高音質サウンド

8.6mmのダイナミックドライバーを搭載したAKG初の高音質ワイヤレスイヤホンです。ハイスペックな音声圧縮テクノロジー、aptx・AACに対応しています。3ボタンリモコン搭載で、使いやすさも抜群です。リーズナブルな価格で、低音も高音もクリアなサウンドを楽しめ、コスパ最高です!
カナル型(密閉型)
ドライバー 8.6mm
出力音圧レベル 112dB
再生周波数帯域 20Hz~20kHz
最大入力 -
インピーダンス 16オーム
質量 15.6g
高コスパイヤホン価格別最強おすすめ人気12選|Bluetooth・完全ワイヤレス、ノイズキャンセリングに定評のあるものも! - Best One(ベストワン)
高コスパイヤホン価格別最強おすすめ人気12選|Bluetooth・完全ワイヤレス、ノイズキャンセリングに定評のあるものも! - Best One(ベストワン)>>
イヤホンの売り場に行くと、数百円から何十万円するものまで様々な価格帯のものが並んでいます。どんなイヤホンをどのように選ぶと高コスパのものに出会えるのでしょうか。ビックカメラ新宿東口店のオーディオコーナーで、1,000円以下、~5,000円、~10,000円、~30,000円と価格帯別におすすめの製品をうかがってきました。
中華イヤホンおすすめ人気ランキング10選|安価で高音質な商品は? - Best One(ベストワン)
中華イヤホンおすすめ人気ランキング10選|安価で高音質な商品は? - Best One(ベストワン)>>
中国メーカーが製造する「中華イヤホン」は、比較的安価な上に高性能で人気を集めています。コストパフォーマンスの高いイヤホンが「KZ」「TFZ」など、各メーカーから発売されていますが、種類も多く悩んでしまいます。今回は、おすすめの中華イヤホンをランキングでご紹介します。価格面でも性能面でも納得のイヤホンを見つけてくださいね。

まとめ|イヤホンメーカーは他に「100社以上」もある!

今回は、audio-technica(オーディオテクニカ)・SONY(ソニー)・BOSE(ボーズ)・beats by dr.dre(ビーツ・バイ・ドクター ドレ)・radius(ラディウス)・JBL(ジェイビーエル)の6社を取り上げましたが、イヤホンメーカーは他にも約100社あると言われています。それぞれ成り立ちが異なり、特徴も異なります。今回の記事を参考に、あなたの好みのイヤホンを見つけてくださいね。
あなたにおすすめの記事
ヘッドホン・イヤホンランキング
関連記事