レディーススヌードのおすすめ10選!コーデのコツも紹介

今回はレディース向けスヌードを10点ピックアップしてご紹介します。ファーやボア素材など、モコモコとした素材感が印象的なスヌードから、ノースフェイスなどの機能性も抜群なスヌードなどデザインは豊富なので、お気に入りの一点を見つけて下さいね!

スヌードとマフラーの違いって?
おしゃれに見える!スヌードのおすすめの巻き方
人気ブランドのおすすめスヌード
この記事に登場した専門家

スヌードとマフラーの違いって?

ファッションライター/エディター
machikoさん

形状の違い

マフラーは板状になっている形状を指し、スヌードは輪っかになっているものを指します。

どちらが暖かい?

どのくらい首にフィット感があるのか、また素材によってもかなり異なるので一概には言えませんが、スヌードのほうが輪になっているため、熱が逃げにくい構造になっています。自転車に乗る方やアウトドアで使用される方はほどける可能性のあるマフラーより、機能性の高いスヌードを選ばれるのが一般的です。

おしゃれに見える!スヌードのおすすめの巻き方

スヌードはたっぷりとしたボリューム感がポイントのアイテムなので、スヌードを巻く場合はトップスはシンプルな無地で、スヌード自体を主役にするコーデがおすすめです。柄や色が散らばってしまうと野暮ったく見えてしまうのでNG。

人気ブランドのおすすめスヌード

ケービーエフ ボアスヌード付きニット

スヌードとニットがセットになったレアでお得なアイテム。スヌード自体はボアで無地のシンプルなデザインなのでどんなアイテムにも合わせやすくてお得です。

ケービーエフ ボアスヌード付きニット

コーエン ニットコンビスヌード

小さめのケーブル編みで温かみたっぷりのニットと、毛足の短いフェイクファーのコンビがオシャレ!シンプルなデザインが多いスヌードの中でも珍しいデザインです。コーデのアクセントになってくれそうで◎。

アーバンリサーチアイテムズ フェイクファースヌード

3000円強とプチプラなのに高級感のある高見えスヌード。ダークカラーの中でもダークグレーやオリーブ、ブラウン、ダークブラウンとトーンの違うカラーが揃うのが魅力的。

アーバンリサーチアイテムズ フェイクファースヌード

ミルクフェド ファースヌード

ふわふわとした温かみのある素材でパーティースタイルにもぴったりなスヌード。程よいボリューム感があるので小顔効果も期待できます。

ミルクフェド ファースヌード

スタディオクリップ Fファーニットスヌード

ねじってあるデザインなので、そのままはめるだけで様になるのがポイント!昨年も人気だったファー×ニットの切替スヌードはボリューム感のあるファーが可愛くて、シンプルな洋服のアクセントにもなってくれます。

スタディオクリップ Fファーニットスヌード

ビームス ウイメン ネック チューブ メゾンドリリス

太めのボリューミーなケーブル編みがキュート!手編みで仕上げられたネックウォーマーは、チャンキーなシルエットと自立するほどしっかりと立つ仕上がりが魅力。シンプルで長く愛用できるアイテムです。

ビームス ウイメン ネック チューブ メゾンドリリス

イッカ ケーブルジガラ切り替えスヌード

顔回りを明るく見せてくれるホワイト系のスヌードは一点持っておくと便利なアイテム。2つの編地を切り替えた表情のあるニットスヌードなので安っぽく見えない点も嬉しい!

イッカ ケーブルジガラ切り替えスヌード

サニーレーベル ボアスヌード

フワフワとした生地感が可愛いボアスヌード。ツイストしたデザインなのでアウターの上からつけるだけで形が決まります。保温性にも優れていて暖かさも抜群!

パサージュ ミニョン フラヌール ダンダンスヌード

段になっている素材感で高見え効果も抜群。カジュアルなスヌードが多いなか、こちらはきれいめに着られるのがポイントです。ライトグレーで顔を明るく見せて。

パサージュ ミニョン フラヌール ダンダンスヌード

ザ ノースフェイス ネックゲイター

アウトドアにも使える基本のデザインはこちら。ノースフェイスのマークがさりげないスヌードは扱いやすいボリュームなので洋服を選ばず合わせられます。

ザ ノースフェイス ネックゲイター

板状になっていて巻き方がアレンジできるマフラーに比べて、スヌードはもともと輪っかになっているので、かぶるだけで完成するという手軽さが人気。その分モコモコとした素材感でも楽しめるのが魅力です。またスポーツやアウトドアでもほどけにくいことから機能面でも人気があるアイテムです。ボアやファー、ニットなど温かみのある素材のスヌードは顔周りを優しく見せてくれるのと、ボリュームとの対比で小顔効果も◎。ぜひ上手く使いこなしてみて下さいね!

この記事に登場した専門家

ファッションライター/エディター
machikoさん
19歳で渡英。ファッション、写真を学び、帰国後はファッション誌のアシスタントエディターやアパレルブランドの販売、プレス・PRとして勤務。海外経験とファッション業界での勤務経験から得た知識をもとに、フレッシュなファッション情報を提供している。
詳しくはこちら