オーダーも出来るXoticギター高評価の理由とおすすめ5選!

ハイクオリティなギターを製造するXotic(エキゾチック)について、その概要や特徴、評判、カスタムオーダーについて解説しました。カリフォルニアシリーズから、XSC-1、XSC-2、アレンハインズモデルなどをヘヴィレリック、マルチレイヤーのモデルを含め紹介しています。

Xoticとは
Xoticのギターの特徴・評判
Xoticのおすすめギター
この記事に登場した専門家

Xoticとは

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
エキゾチックはアメリカ国内にてHiro Miura氏によってスタートされたギター、ベース、エフェクターを製造するブランドです。ブレイクのきっかけは高品位なエフェクターで、特にギタリストを中心に大きく受け入れられました。その後じわじわ人気が出たのがユニークなデザインを取り入れたギター、ベースです。菰口雄矢さんやアレン・ハインズなど高い表現力を持つギタリストに愛用されており、現代の音楽やプレイヤーの様々なニーズに対応する機能性を取り入れたギターは素晴らしいデザインで、日本人の作る製品らしく品質が安定している点は多くのUSメイドのギターにはないものです。

Xoticのギターの特徴・評判

xoticギター
特に評価されている点は高いプレイヤビリティ。洗練されたデザイン、高度な技術により丁寧に製作されるエキゾチックギターは非常に弾きやすく、大きく評価されています。とはいえこれは最低限の条件、やはりそのサウンドこそが大きく評価される最大のポイントでしょう。一流のサプライヤーから提供を受けた最高級の木材が使われ、ピックアップ、ブリッジなども決してコストカットを行わない高品位なものを採用しています。良質なデザイン、高品位なマテリアル、丁寧な製造が組み合わさったからこそ生まれるギターです。

Xoticギターはオーダーやカスタムも人気!

エキゾチックのフラッグシップモデル、XSタイプはストラトキャスターのスタイルをモチーフにしており、それ自体が高い汎用性を持つスタイルのために細かいカスタムオーダーによってプレイヤー個人に大きくマッチしたスタイルにアレンジすることが可能です。エキゾチックではボディ材やカラーはもちろんのこと、ヒールの形状やグリップの形状、フレットの種類に至るまで細かく指定をすることが可能。これだけのクオリティのギターでこれだけ細かくオーダーできるのは間違いなく大きくメリットでしょう。

Xoticのおすすめギター

XOTIC XSC-1 Dakota Red Over 3TB Heavy Aged

近年エキゾチックが押し出している仕様の1つがレリック、そしてマルチレイヤーカラーです。レリックとは新品の状態でありながら、使い込まれたヴィンテージのような風合いにフィニッシュやハードウェアに使用感を付加する加工です。マルチレイヤーカラーというのは、元々は技術的な難易度が高いサンバーストカラーのカラーリングに失敗した時下地が見えない潰しカラーで上から塗りつぶすという、昔のフェンダーが行なっていた作業効率を優先した手法です。現在では考えられない方法ですが、そのような個体の塗装が禿げてくると、下地のサンバーストが現れるという状態がとてもカッコよく、この状態を好む人が多く存在します。

XOTIC XSC-1 Dakota Red Over 3TB Heavy Aged

参考価格: 444,960

ポイント最大43.5倍:お買い物マラソン開催中!!

444,960 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2018年10月16日 15:31時点 rakuten.co.jp: 2018年9月5日 14:58時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Xotic XSC-2 (Vintage White/Super Heavy Aged)

リアにハムバッキングピックアップを搭載し、トラッドなスタイルよりも広い汎用性を手に入れたモデル。ネックに採用された極上のフレイムメイプルネックは高温で加熱、感想処理が施され、従来よりも高い剛性とクリアなサウンドを生み出しています。ピックアップは全てアメリカ国内工房にて丁寧にハンドワウンドされ、ラッカーとワックスによるポッティング処理が施されています。音楽的で、なめらかで、美しいサウンドは他には変えがたい魅力があります。

Xotic XSC-2 (Vintage White/Super Heavy Aged)

参考価格: 427,680

ポイント最大43.5倍:お買い物マラソン開催中!!

427,680 (税込)

毎月5日、15日、25日は5のつく日!5%戻ってくる

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2018年10月16日 15:32時点 rakuten.co.jp: 2018年9月5日 15:04時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Xotic/XSC-1(Sonic Blue Over 2TS/Maple/Heavy Aged)#549

ヘヴィレリックを施したマルチレイヤーフィニッシュの1本。極薄のラッカーでフィニッシュされ、その質感は紛れもなく最上級のもの。トラッドなフィニッシュですが、ネック周りは非常にモダンで、メイプルは高熱処理されたローステッドタイプ、ペグにはロックタイプが採用されています。また、コントロールはリアピックアップにもトーンが効くようになっており、中身は非常にモダンなスペックになっていますね。ボディ材はアッシュで、いわゆる50年代のストラトスペックをモチーフにしています。

Xotic/XSC-1(Sonic Blue Over 2TS/Maple/Heavy Aged)#549

参考価格: 414,720

ポイント最大43.5倍:お買い物マラソン開催中!!

414,720 (税込)

毎月5日、15日、25日は5のつく日!5%戻ってくる

価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2018年10月16日 15:32時点 rakuten.co.jp: 2018年9月5日 15:08時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

XOTIC XSC-2 Allen Hinds / Lake Placid Blue Heavy Aged #609

ジャズ・フュージョン系のギタリストとして非常に高く評価されているアレン・ハインズと同仕様のモデルです。ネックにはローステッドメイプルを採用し、ピックアップ、ブリッジ周りはRaw Vintageで統一されており、弦振動、サウンド、共にヴィンテージを大きく意識したモデルであることがわかります。アレン・ハインズファンのみならず、単純にハイクオリティなギターを求めるギタリスト全てにおすすめできる1本でしょう。

XOTIC XSC-2 Allen Hinds / Lake Placid Blue Heavy Aged #609

参考価格: 409,200

ポイント最大43.5倍:お買い物マラソン開催中!!

409,200 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2018年10月16日 15:32時点 rakuten.co.jp: 2019年12月18日 19:13時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Xotic USA XSC-2 Alder Light Aged -Sonic Blue/M-

ここまでに紹介したいくつかとは異なり、ライトエイジド、つまり「やりすぎてない」レリック加工が施されたモデルです。ピックアップにはヴィンテージトーンを得意とするRaw Vintage、ブリッジとペグにはモダンなGOTOH製を採用。モダンとヴィンテージを自在に行き来する、まさに「モダンヴィンテージ」と呼ぶのにふさわしいスペックで仕上げられています。もちろんエキゾチックらしいスペシャルなプレイヤビリティの高さは健在。

Xotic USA XSC-2 Alder Light Aged -Sonic Blue/M-

参考価格: 429,840

ポイント最大43.5倍:お買い物マラソン開催中!!

429,840 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2018年10月16日 15:32時点 rakuten.co.jp: 2018年9月5日 15:17時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
エキゾチックがまず評価されたのはエフェクター、ベース、そして次に高く評価され始めているのがギターです。特徴的なのは海外のギタリストに高く評価され、実際に使用されている点です。決して日本国内だけをマーケットとして捉えた”ガラパゴス”的な製品ではありません。もしもあなたが今ギタリストとして生活していこうと思っていたり、高いクオリティの間違いのないギターを探しているのならばエキゾチックは正しい選択であることは言うまでもありません。

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
あなたにおすすめの記事
関連記事
おすすめタグ