ベースワウペダルとオートワウおすすめ5選!

ベース用のワウについて、その概要やワウペダルとオートワウの違い、それぞれの特徴について解説。ペダルワウとしてクライベイビーやモーリー、オートワウとしてEBSとMXR、そしてエレクトロハーモニクスからオススメのモデルを紹介しています。

この記事に登場する専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
ベース用ワウとは
ベース用ワウの種類と使い方
おすすめのベース用ワウペダル
おすすめのベース用オートワウ
ベースワウの人気ランキングもチェック!
この記事に登場した専門家

ベース用ワウとは

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
ワウとは、特定の音域をブースト、カットしてその帯域を可変的に動かすことでサウンドに変化を与えるエフェクターをさします。そのサウンドはあたかも人が「ワウワウ」と喋るようなもので、一般的にナチュラルな環境では得られないサウンドです。特にファンクベースのサウンドにとってワウは切っても切れない関係にあり、必須ペダルだと言えます。ただし、ワウは音痩せしやすいエフェクトでもあります。ベースで使う時には音作りやエフェクター選びに気をつける必要があります。

ベース用ワウの種類と使い方

ワウペダル

いわゆるワウペダルとは、任意のタイミングでペダルを踏み込むことで帯域の動き方をコントロールするペダルです。つまり、”ワ”から”ウ”に音が変わるタイミングをペダルでコントロールできるということですね。ディストーションなどと組み合わせることもあるかもしれませんが、その順番によってサウンドの変化は異なります。いくつかのパターンを試して決めてください。一般的にコンプレッサーなどはワウよりも前、イコライザーやプリアンプはワウよりも後に配置します。

オートワウ

ベースで使う場合にはワウペダルよりもオートワウの方がポピュラーかもしれませんね。オートワウは入力された信号に対して反応し、自動でワウワウとエフェクトがかかります。”ワ”から”ウ”に変わるタイミングやその深さなどはペダル側でコントロールできることがほとんどです。入力信号の大きさに対して適切なゲインを設定する必要があるために前段にゲインが変わってしまうエフェクトがあるとそのペダルのオンオフで効果が大きく変わってしまいます。これを避けるには、オートワウをできるだけ前のセクションに設置することです。

おすすめのベース用ワウペダル

JIM DUNLOP CBM105Q CRY BABY MINI BASS WAH クライベイビーミニ ベースワウ

ベースとなった同社のペダルの約半分のサイズで作られたワウペダル。ベーシスト向けということで、ペダルから足を離すと自動的にペダルが上がってくるようになっています。ベースの持つ豊かなミドルレンジをジューシーに”ワウワウ”とうねらせるサウンドは非常にユニークで、ベース用のワウペダルとしては申し分のないスタンダードモデルだと言えます。ワウペダルといえばクライベイビー。まずはこの製品を試してみるべき。

JIM DUNLOP CBM105Q CRY BABY MINI BASS WAH

参考価格: 12,242

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

12,242 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

13,310 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

14,100 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

15,400 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月26日 23:39時点 rakuten.co.jp: 2021年7月8日 21:50時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年4月5日 16:45時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2020年6月7日 17:55時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

Morley Cliff Burton Tribute Series Power Fuzz Wah モーリー クリフ・バートン モデル ファズ ワウ ベース エフェクター

伝説のメタルバンド、メタリカの初代ベーシストとして圧倒的な支持を得るクリフ・バートンモデルとして作られたモデル。彼の愛したファズとワウペダルをモチーフとしており、一台のエフェクトペダルにワウとファズの両方を内蔵しています。ファズはモダンモードとヴィンテージモードを内蔵しており、ただ昔のモデルをリイシューするだけではなく、現代的なサウンドも使えるデザインになっています。

Morley Cliff Burton Tribute Series Power Fuzz Wah

参考価格: 30,240

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

30,240 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

21,980 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月26日 12:38時点 rakuten.co.jp: 2021年4月5日 16:46時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

おすすめのベース用オートワウ

EBS エンベロープフィルター BASSIQ ベースアイキュー

ベース向けにアンプやキャビネット、エフェクターを多数リリースしているEBSが製作したオートワウがこちらの製品です。ファンキーで明るいUPモード、ブーツィー・コリンズのようなPファンクサウンドのDOWNモード、派手なファンクサウンドのHI-Qモードの3つからモードを選択可能。非常に少ないコントロールはプリセットされた他の要素のセッティングが非常に優れていることを示しています。簡単なコントロールで優れたサウンド、初心者にはもちろんプロベーシストにも自信を持ってオススメできる1台です。

MXR エフェクター M82 B.ENVELOPE FILT.

老舗のMXRが開発したオートワウがこちらのモデルです。近年多くのプロベーシストに採用されているペダルで、そのクオリティはお墨付き。ベーシックなワウサウンドは濃密でファンキー。それでありながら音痩せにも気が使われており、ドライの音量とエフェクトの音量は別々にボリュームをコントロールすることが可能です。これにより芯をなくさない音つくりが可能になり、あらゆるシチュエーションで使えるサウンドになっています。

MXR エフェクター M82 B.ENVELOPE FILT.

参考価格: 18,182

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

18,182 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

26,815 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

18,700 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

18,700 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月26日 23:39時点 rakuten.co.jp: 2021年4月5日 16:50時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年4月5日 16:50時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2020年6月4日 12:51時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます

electro-harmonix エレクトロハーモニクス エフェクター エンベロープフィルター Micro Q-Tron

名機ミュートロンをモチーフにして作られているのがQ-Tronで、こちらのモデルは筐体をコンパクトにしたバージョンです。過剰なほどに跳ね上がるワウサウンドは非常にユニークで、それはファンクサウンドの教科書とも言えるもの。ローパスフィルター、バンドパスフィルター、ハイパスフィルターが搭載され、それらから1つを選んで動作させることになります。これらはシンプルに低域を強調したいのか、中域を強調したいのか、高域を強調したいのかで選択することになります。ベースでもギターでも優れたサウンドが得られる逸品です。

electro-harmonix Micro Q-Tron

参考価格: 12,727

最大5,000ポイント還元:事前エントリー受付中!!

12,727 (税込)

初めてのお買い物限定:1000円OFFクーポン配布中

11,600 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

11,605 (税込)

超PayPay祭:条件を満たすと最大38%戻ってくる

16,237 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2021年8月26日 12:38時点 rakuten.co.jp: 2021年7月8日 22:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2021年4月12日 23:44時点 paypaymall.yahoo.co.jp: 2021年4月12日 23:44時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
ベーシストにとってサウンドを大きく変化させるエフェクトペダルはあまり馴染みのあるものではありませんが、ワウは例外。ワウをかけたベースサウンドはファンクミュージックではもちろんロックやポップス、R&Bにおいてもポピュラーで、求められることも好まれることも多くあります。僕自身もワウは大好きで、特にオートワウは何台も集めるほどに好きです。今回紹介した3つのペダルは実際に自身で所有したことがあり、とても良い結果が得られたものばかり。自信を持ってオススメします。

ベースワウの人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: ベースエフェクト・ワウ の中で最も人気のある商品です>>
【楽天市場】ワウ | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>

この記事に登場した専門家

ベース専門店・Geek IN Box代表
嵯峨駿介さん
東京・御茶ノ水の大手楽器店にて数千本のギター・ベースのリペア、メンテナンスを経験。現在は、横浜でベース専門店「Bass Shop Geek IN Box」を立ち上げ、リペアや販売をする傍ら、様々なメディアで記事の執筆もこなす。 ※本記事の内容は嵯峨駿介個人の意見、知識を基に執筆しており、所属する株式会社ビレッジグリーン及びGeek IN Boxの総意を代表するものではありません
詳しくはこちら
企画・制作:BestOne編集部

※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

あなたにおすすめの記事