甘口で飲みやすいアスティ・スプマンテの特徴とおすすめ9選

アスティ・スプマンテとモスカート・ダスティは、どちらもイタリア、ピエモンテ州にあるアスティで造られるマスカット種のブドウを使った甘口のスパークリングワイン。ここでは、アスティ・スプマンテとモスカート・ダスティの特徴とおすすめをご紹介します。

アスティの基本情報
売れているアスティ・スプマンテ
本格的なモスカート・ダスティのおすすめ
この記事に登場した専門家

アスティの基本情報

日本ソムリエ協会 ワインエキスパート
水木 明さん

アスティとは

北イタリアの山岳地帯ピエモンテ州ランゲの丘にあるアスティ(Asti)地区で造られるワイン。微発泡の白ワイン、アスティ(Asti)、スパークリングワインのアスティ・スプマンテ(Asti Spumante)とモスカート・ダスティ(Moscato d'Asti)の他に、地品種を使った赤ワイン、バルベーラ・ダスティ(Barbera d'Asti)、ドルチェット・ダスティ(Dolcetto d'Asti)も有名な格付けの銘柄です。

品種の特徴

モスカート・ビアンコというマスカットのブドウです。香水にも使われるムスクが語源で、アロマティックな品種です。甘やかで白桃のような果実味もあってジューシー。お酒やワインが苦手な方でも楽しめます。また食後酒に、デザートとも合います。

アスティ・スプマンテ

ガス圧が強いのがアスティ・スプマンテ。アルコール度数は約8%。大手メーカーが輸入しスーパーで販売しているのがこのタイプです。1,000円台前半で買えるのも魅力です。
マルティーニ アスティ・スプマンテ
出典:Amazon.co.jp

モスカート・ダスティ

アスティ・スプマンテより高価でしっかりした造りなのがモスカート・ダスティ。アロマ品種であるマスカット種の香りを生かすため、途中で発酵を止めアルコール度5~6度で仕上げます。アルコール発酵させない自然なブドウの糖が残るため、アスティ・スプマンテより甘口で微発泡のスパークリングワインになります。D.O.C.G.に格付けされている銘柄です。

良質なモスカート・ダスティは、収穫後すぐワインにされ、フレッシュな果実味が詰まっていて、ブドウを丸ごと食べているような贅沢なワインです。

売れているアスティ・スプマンテ

チンザノ アスティ・スプマンテ

ベルモットで有名なチンザノ社。爽やかで飲みやすいスプマンテです。200mlのベビーサイズもあります。

ガンチア アスティ・スプマンテ

アサヒビールが輸入をしているガンチア社。低価格でラベルがおしゃれです。

天使のアスティ サンテロ・アスティ・スプマンテ

敷地面積が全長18,000m以上にも及ぶ巨大ワイナリー。サンテロ社は5年連続で日本で最も売れているイタリア・スパークリングワインの生産者に選ばれました。アルコール度数6%。天使のかわいいラベルはハロウィン・パーティーなどに。

天使のアスティ サンテロ・アスティ・スプマンテ

マルティーニ アスティ・スプマンテ

アスティ・スプマンテのトップブランドで欧米諸国でシェアNo.1。ワインを飲まれない年配の方にも親しみやすい味わいです。

マルティーニ アスティ・スプマンテ

フォンタナフレッダ アスティ・スプマンテ

コストコや東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのラウンジで採用されている人気の1本。フォンタナフレッダ社は赤ワイン「バローロ」もエレガントで秀逸です。

フォンタナフレッダ アスティ・スプマンテ

本格的なモスカート・ダスティのおすすめ

ラ・スピネッタ ブリッコ・クアリア モスカート・ダスティ

モスカート・ダスティの高評価で世界に名を轟かせたスピネッタ。品の良い果実感、自然で優しい甘さは、日々の疲れを癒してくれる泡としてもおすすめです。マチェドニア(季節の果物のシロップ漬け)やフルーツタルト、パンナコッタなどデザートに合います。

ラ・スピネッタ ブリッコ・クアリア モスカート・ダスティ

フォンタナフレッダ モスカート・ダスティ レ・フロンデ

どの銘柄も高品質なフォンタナフレッダ社。イタリアワインのプロに高く評価されています。

フォンタナフレッダ モスカート・ダスティ レ・フロンデ

サラッコ モスカート・ダスティ

繊細で酸と果実味のバランスが良い上品なモスカート・ダスティ。早飲みとされるモスカートですが、こちらは熟成も楽しめます。

サラッコ モスカート・ダスティ

リッツィ モスカート・ダスティ

18世紀から現地に畑を所有しているリッツィ社。グレープフルーツ、洋ナシ、白桃の香り。甘さがワインに自然に溶け込んでいます。マスカットをそのまま食べているようなくだもの感が楽しめます。
アスティ・スプマンテとモスカート・ダスティの特徴とおすすめをご紹介しました。甘口で微発泡なので、お酒が強くない方、女性や年配の方とも一緒に楽しめるワインです。デザートと合わせるのをおすすめしましたが、チーズにも合います。マスカルポーネやリコッタ、青カビチーズが好きな方はゴルゴンゾーラ・ドルチェもおすすめです。

この記事に登場した専門家

日本ソムリエ協会 ワインエキスパート
水木 明さん
2012年、日本ソムリエ協会ワインエキスパートを取得。ワインショップやインポーターで経験を積むとともに、多くのインポーターのワインを幅広く飲んで、情報収集している。特に初心者がワインで困った時にアドバイスしてきた経験から、実用的なコツを伝えることを心がけている。
詳しくはこちら