DIYでフェンスを設置しよう!アイデア例と取り付け方法

門扉やフェンスなどのエクステリアのDIYは、ハードルが高いイメージがありますが、家の周辺のDIYも意外に自作で完成させることができます。家の外観だけでなく、家族のプライバシーを守る役割もあるフェンスを、DIYで作ってみませんか?そこでフェンスをDIYするときに役立つ実例とアイデアをご紹介します。

フェンスのDIYに必要な材料と基本的な施工方法
見た目も美しい!腐らないアルミのフェンス
玄関やベランダがおしゃれに!木製のフェンス
暮らしに安心を!フェンスのDIYで目隠し
デザイン豊かな鋳物フェンス
扉タイプのフェンスもDIYで叶う
塗装でフェンスもイメージチェンジを!
竹垣で作る風情あるフェンス
フェンスをDIYするときの注意点
【写真提供・取材協力】DIY共有サービス「HANDIY(ハンディ)」
この記事に登場した専門家

フェンスのDIYに必要な材料と基本的な施工方法

DIY共有サービス「HANDIY(ハンディ)」プロデューサー
佐藤駿さん

<材料>

・フェンス材(木製、アルミなどご家庭に合わせてチョイス)
・支柱
・モルタル砂やセメント等の基礎材料
・足場のブロック
・塗料などの仕上げ材

<道具>

・バケツ(モルタル砂などの基礎土台をかき混ぜるため)
・スコップ
・ドライバー(電動だと効率的です)
・キリとステンレスビズ(釘)
・軍手

※必要な道具はこの限りではありません。通信販売やホームセンターで入手可能なものを揃える際に、希望のフェンスを完成させるために不足がないよう購入時に確認をしましょう。パッケージ販売もしていることがあるので活用してもいいですね。
フェンスを留めている男性

基本的な施工方法

フェンスは、支柱となる基礎をしっかりと作り、その上にフェンス材をジョイント材あるいはビスで留める方法でDIYします。フェンスの柱と柱の間隔を狭く設計すると、強度が高まるので、フェンスの端から端までの必要な幅をまず設計しましょう。

エクステリアのDIYでは、基礎となるのは主にモルタル材やセメント材で、一定比率を砂と混ぜ合わせ水を加えることで土台として適切な硬さを作ります。

土台ができれば、柱を立てて仮置きをしていきながら、フェンス材をレイアウトして、キリで穴を開けた板をビスで貼り付けていくか、ジョイント式の支柱にセットする形で組み立てていきます。

販売されているフェンスの種類も多く、今回は見た目も機能も充実したフェンスのDIY実例を、商品をもとにご紹介します。

見た目も美しい!腐らないアルミのフェンス

フェンス
出典:Amazon.co.jp
アルミのフェンスというと、建物や駐車場などを囲うシルバーのアルミフェンスを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、家庭用のフェンスには、外観へのこだわりや家庭の雰囲気を持った木のデザインをしたアルミフェンスもあります。アルミであれば、腐る心配も不要。木材のあたたかなデザイン性を保ちながら、機能性に優れたフェンスです。

三協アルミ 腐らない木調アルミフェンス フレイナ

三協アルミ 腐らない木調アルミフェンス フレイナ

玄関やベランダがおしゃれに!木製のフェンス

フェンス
出典:楽天市場
フェンスのデザインを選ぶ際には、建物や外観のイメージと合ったものを選びたいところ。ガーデニングで素敵なお庭を作られているご家庭や、子どもが庭で遊ぶご家庭には、写真のような明るいカラー展開のあるフェンスがおすすめです。

木製 目隠し フェンス ベランダdeウォール 幅120cm

暮らしに安心を!フェンスのDIYで目隠し

目隠しとしても使えるフェンス
出典:楽天市場
生活していると、家の外の環境が変わったり、子どもが成長し防犯やプライバシーを考えたりするタイミングもあるでしょう。そういったことがきっかけとなって「目隠し」となるフェンスを取り付けたいと考えるご家庭も多いようです。

目隠しフェンスとして、十分な高さがあり、すき間を極力なくした壁のようなデザインのフェンスなら、外から家や庭を見られる抵抗も少なく、安心した生活が送れそうです。
目隠しとしても使えるフェンス
出典:楽天市場
同様の商品を使って、窓周辺の目隠しをメインとした施工例も。ジョイント材を使った簡単施工も魅力。

スタイルフェンス 目隠しフェンス 細めタイプ

スタイルフェンス 目隠しフェンス 細めタイプ

デザイン豊かな鋳物フェンス

おしゃれな鋳物フェンス
出典:楽天市場
デザイン性が豊かなフェンスも増えており、インテリア同様、お好みのフェンスを選んで家の周囲をおしゃれに見せているご家庭も多いですね。たとえば、ヨーロピアンな雰囲気が漂う鋳物フェンスは、女性らしい曲線や、優雅なデザインがあり、建物を華やかに見せてくれます。

三協アルミ 鋳物フェンス アリッサム フリー支柱タイプ

三協アルミ 鋳物フェンス アリッサム フリー支柱タイプ

扉タイプのフェンスもDIYで叶う

扉タイプのアルミフェンス
出典:楽天市場
門扉として販売しているフェンスもあります。どっしりとした門扉よりも、奥が見える鋳物フェンスなら、軽やかな玄関先が演出できます。お庭の緑が外から見える外観は、帰宅する家族がほっと落ち着ける空間になりそうですね。

扉タイプのフェンスを施工する際には、既存の基礎に幅や高さを正確に合わせるために、基礎や支柱について、購入先やリフォーム業者、専門家に問い合わせてみてください。

三協アルミ アルミアイアン門扉 ファンセル1型

三協アルミ アルミアイアン門扉 ファンセル1型

塗装でフェンスもイメージチェンジを!

塗装されたフェンス
出典:Handiy
すでにフェンスがご家庭にある場合に、塗装でイメージを一新してみてもいいでしょう。特に木製やアルミなどの金属の場合、やむをえず劣化することもありますが、色をリフレッシュするだけで見違えります。木材保護を目的にした屋外用塗料もあり、時間が経ったフェンスをより長く保つために活用してみてもいいでしょう。

アサヒペン カラーアルミスプレー

アサヒペン カラーアルミスプレー

カンペハピオ 油性木部保護塗料

カンペハピオ 油性木部保護塗料

竹垣で作る風情あるフェンス

竹垣のフェンス
出典:Handiy
最後にご紹介するのは、竹垣で家を覆った素敵な実例です。和風のお庭を作られているご家庭です。風情ある竹を使ったフェンスは、和の雰囲気も出て、まるでお庭のメインとなる季節の植物を引き立てる背景のよう。こうしたこだわりも、暮らしを楽しむ秘訣ですね。

フェンスをDIYするときの注意点

エクステリアのDIYをするときには、まずは天候の恵まれた日を選び、安全を第一に考えて実施しましょう。モルタルなどの基礎を平らに上手に固めるためには、乾燥させるタイミングも重要で、基礎や支柱の強度にも関わってきます。作りたいフェンスの土台に合った基礎作りを丁寧に行いましょう。もし、心配な場合には専門業者の力を借りるのもひとつの方法です。

また、フェンスの素材を選ぶ際には、防腐しにくく、変色も少ない、お手入れのしやすいものを選びましょう。エクステリアは、常に自然にさらされているため、経年劣化は避けて通れません。家の外観となるフェンスですから、建物のテイストに合うビジュアルを大切にしながらも、メンテナンス面も考慮し、バランスの良い選び方をしたいものですね。

【写真提供・取材協力】DIY共有サービス「HANDIY(ハンディ)」

今回ご紹介したDIY事例の画像は、DIY共有サービス「HANDIY(ハンディ)」に提供していただきました。

「HANDIY」にはDIY事例がたくさん掲載されていて、アイデアを集めたり、レシピを探したり、作品ができたら写真を共有したり、DIYの役に立つ情報、DIYがもっと楽しくなるヒントにきっと出会えます!ご紹介したアイデアのほかにも、もっとご覧になりたい方は今すぐcheck!
iPhoneをお使いの方はこちら>>
Androidをお使いの方はこちら>>

この記事に登場した専門家

DIY共有サービス「HANDIY(ハンディ)」プロデューサー
佐藤駿さん
DIY共有サービス「HANDIY(ハンディ)」プロデューサー、同サービスを手がけるTHE APP BASE株式会社代表取締役。建築業界で現場監督、設計事務所、家具デザインを経験後、東日本大震災で価値観が大きく変わり、IT業界へ転身。起業と同時に故郷の長野県へUターン。アプリ&WEBのUI・UX企画、デザインや新規事業の立案、コンサルティングを行う傍ら、リノベーションデザインやライフスタイルデザインの企画事業も担う。
詳しくはこちら