飛行機内を快適に過ごす便利グッズまとめ16選【旅行の持ち物リスト】

旅行の日程や計画を立てて申し込んだ後は、持ち物の準備をしなければなりませんね。そんな時に使える機内持ち込み可能なキャリケース、小物の整頓に使えるアイテム、移動中に快適に過ごすグッズなどをご紹介します。これらがあるだけで、旅がもっと快適に楽しくなりますよ。

パッキング・収納アイテム

Yoshiko

機内持ち込み可能なキャリーバッグ

幅×高さ×奥行きが35×55×25cmという本品は機内に持ち込める32L容量。無駄のない作りでたっぷり入ります。トップにハンドルがあって持ちかえもしやすい他、TSAロック付きで米国でも使い勝手がいいモデル。

ちなみにサイズがOKでも重量をオーバーすると機内に持ち込めない場合があるので、荷造りの際に注意してください。また、100席以下の飛行機の場合はこれよりも小さいサイズである必要があるので旅の前にご確認を。

サムソナイト スーツケース アメリカンツーリスター Arona Lite・アローナ ライト

吊り下げられるフック付き化粧ポーチ

ごちゃごちゃしがちな化粧品類をすっきり整頓できるポーチ。しかも取り出しやすいのがポイントです。フック付きでひっかけられるので、ホテルでこのまま使用して、持ち帰る時もサッとまとめられますよ。鏡付きなので鏡がない場所でもお手入れが可能です。

Reisenthel トイレットバッグ トラベルポーチ

しっかり休息をとるためのグッズ

ネックピローU型

飛行機や新幹線といった長時間の移動中に欠かせないネックピロー。これがないと変な姿勢で寝てしまい、首を痛めたり、疲れがとれなかったりしますよね。そんなネックピローの中でもエアーで膨らますタイプのものがおすすめです。好みのボリューム感に調整しやすく、使わないときはコンパクトにたためます。

ネックピロー U型 エアー 枕 アイマスク 耳栓 付き

ネックピローで長時間移動の負担を軽減!選び方とおすすめ6選 - PICUP(ピカップ)
ネックピローで長時間移動の負担を軽減!選び方とおすすめ6選 - PICUP(ピカップ)>>
飛行機や新幹線など、長時間の移動で体の負担を軽減してくれる“ネックピロー”。首や頭を支えて心地よい眠りをサポートしてくれるアイテムで、うっかり寝てしまって「首や肩が痛い」なんてこともありません。そんなネックピローの効果や選び方、おすすめのネックピローについて解説します。

3Dアイマスク

やわらかく肌触りなめらかなアイマスクがあれば、やや明るい機内でもぐっすり眠れそう。本品は低反発素材でほどよい弾力があり、軽量でつけ心地抜群。優れた通気性で快適ですよ。しかも立体的なので顔の凹凸にも対応してくれます。

サイレンシア フライト・エアー Sサイズ(耳栓)

飛行機での睡眠時に使用する耳栓は、気圧コントロール機能付きがおすすめです。本品は5段階フランジ構造で気圧変化を緩やかに調整。耳の痛みや不快感を軽減してくれるでしょう。携帯ケースに入れておけば紛失の心配もないですね。

サイレンシア フライト・エアー Sサイズ(耳栓)

耳栓の選び方とおすすめ9選!遮音性・つけ心地・耐水性に注目 - PICUP(ピカップ)
耳栓の選び方とおすすめ9選!遮音性・つけ心地・耐水性に注目 - PICUP(ピカップ)>>
仕事や勉強に集中したい時、ぐっすり眠りたいとき、騒音が気になって集中できなかったり眠れなかったりしたことはありませんか?そんな時こそ耳栓の出番。音を軽減、あるいはシャットアウトして静かな状況を作り出してくれます。ここでは耳栓の選び方とおすすめの耳栓をご紹介しましょう。

超立体マスク スタンダード 小さめ

乾燥しやすい飛行機内、新幹線内、ホテル内でお休みの際はマスクをするのもいいでしょう。喉の渇きを防止してうるおいをキープするのに役立ちます。立体的なマスクだと呼吸がしやすく息苦しさを感じることも少ないですよ。

超立体マスク スタンダード 小さめ

フットレスト

長時間、椅子に座っていると脚がパンパンになったり、腰が痛くなったり。そこで活用したいのがフットレストです。足裏、ふくらはぎを置いて楽な体勢をとりやすく。飛行機だけでなく、電車やバスの長距離移動中、オフィスでも使えます。
フットレストで飛行機を快適に過ごそう!おすすめ7選 - PICUP(ピカップ)
フットレストで飛行機を快適に過ごそう!おすすめ7選 - PICUP(ピカップ)>>
飛行機のエコノミークラスに座っていると、体が凝り固まってめぐりが悪くなります。ひどい場合に引き起こされるのが、旅行者血栓症=エコノミー症候群。それを少しでも軽減するために活用したいのがフットレストです。足の置き場を決めて、移動中もより快適に過ごすためのアイテムですよ。

フライトクッション

空気圧でお好みの弾力に調整できるフライトクッションも活用したいところ。腰を支えてくれるので、腰痛が気になる方にもおすすめです。また、脚を持ち上げることも視野に入れているため、長時間のフライトでも下半身が疲れにくいのもうれしいですね。背もたれに置いてもOKです。

洗えるスリッパ

長時間過ごす機内で活用したいのがスリッパです。足を締め付ける靴から解放してあげるだけでも、体の疲れは変わってきますよ。海外のホテルにはスリッパがないところも多いので、持ち運びやすい本品を持って行くと重宝するでしょう。洗えるので清潔に使えます。
機内用スリッパおすすめ6選!長時間フライトもこれで快適 - PICUP(ピカップ)
機内用スリッパおすすめ6選!長時間フライトもこれで快適 - PICUP(ピカップ)>>
長時間のフライトで足が蒸れて不快に思ったこと、トイレのたびに靴を履き直したりして面倒な思いをしたことがある方も少なくないでしょう。そんな時に便利なのが機内用のスリッパです。ここでは機内用スリッパの選び方とおすすめの機内用スリッパをご紹介します。

機内で快適に過ごせる服装

スウェットデニムジョガーパンツ

楽だからといって「あからさまなスウェットはちょっと気がひける」という方におすすめなのがデニムに見えるスウェットパンツです。はき心地は楽チンですが伸びがいいので快適。動きやすいのでアクティブなシーンにもおすすめです。

スウェットデニムジョガーパンツ

レディーススウェット上下セット

お尻まですっぽり隠すトップスと、ややスリムなボトムスの上下セット。スウェットですがトレンドを意識したデザインで、寝巻きのようには見られません。体型カバー力もあるので、お尻やウエストのラインを隠したい方にもおすすめです。

乾吸汗素材 ドライTシャツ

暑かったり寒かったり、必ずしも快適な環境が約束されない機内では、自分で調節する必要があります。そんな時に吸汗速乾生地を使用したTシャツを着ていれば、汗をかいてもすぐにさらりと快適に。汗が乾きやすいと風邪をひくリスクも軽減できそうですね。

mont-bell トラベルソックス

土踏まずをぐっと持ち上げる独自の構造により、アーチが崩れにくくなるトラベルソックス。なめらかな肌触りと、快適な保温性で冷えを防止します。パイルがない薄手のタイプなので、旅行や移動時にもリラックスして過ごせますよ。

モンベル メリノウール サポーテック トラベル ソックス

機内を快適に過ごす服装のポイントとおすすめ8選 - PICUP(ピカップ)
機内を快適に過ごす服装のポイントとおすすめ8選 - PICUP(ピカップ)>>
冷房が効きすぎている場合もあれば、暑くてつらいこともある飛行機内。その中で長時間過ごし、時には就寝しなければならないので、ご自身の服装で上手に体温調節したいですよね。そこで機内で快適に過ごすための服装のコツや、おすすめのアイテムをご紹介します。

美容・衛生グッズ

Ziploc お手軽バッグ

お菓子や生鮮食品を入れて保存するバッグですが、旅行時には大活躍間違いなし。化粧品を入れて小分けにしたり、薬やアクセサリー類といった細々としたアイテムを整頓するのに使えます。ジッパー付きでしっかりと締められるうえに、開けるのも簡単です。

歯磨きティッシュ

長時間のフライトや過酷な場所への旅行時は、歯が磨けなくてうずうずしてしまいますよね。そんな時に役立つのが、水がなくても使える歯磨きティッシュです。メッシュシートが口の中の汚れをオフしてすっきり。さわやかなミントの香りでリフレッシュ。刺激が少ないタイプです。

しみとりくん

旅行中、白い洋服にシミをつけてしまった時に使えるのがこのしみとりくんです。たたくようにシミをこすることで、簡易的なシミ抜きができます。醤油、コーヒー、マヨネーズ、汁物、ワインなど、旅行中の食事もこれがあれば気兼ねなくできそう!?
旅行は楽しいけれど、準備や移動で疲れてしまっては残念ですよね。ポーチやお手軽バッグを上手に活用して、準備やいろいろな手間を軽くしてみませんか?また、フットレスト、ネックピロー、アイマスク、耳栓を使うことで移動ももっと快適に。ぐっずり眠れれば、楽しい時間を元気よく過ごせますよ。また、預け荷物だけでは荷物が収まらない場合、機内持ち込み可能なキャリーケースがあるとかなり使えます。LCCの場合は手荷物だけだと料金が安くなる場合もあるので、ぜひひとつ手に入れておいてくださいね。

この記事に登場した専門家

Yoshiko
全米ヨガアライアンス200時間取得のヨギ。身体能力を活かして、現在は空中パフォーマーとして国内外で活動中。また、2009年からライターとしても活動しており、得意分野は美容、健康、ダイエット、食品、ライフスタイル、旅行等。
詳しくはこちら
おすすめ記事