ヨガプロップスの種類と正しい使い方をご紹介!ボルスターやベルトなど、おすすめ商品12選も必見

ヨガのスキルや年齢、柔軟性に関わらず、アーサナをしっかりととるための補助具=プロップス。うまく活用することでポーズが安定したり、不要なケガをすることも無くなります。そんなプロップスの種類や正しい使い方、おすすめのプロップスについて解説します。

ヨガプロップスとは?

ヨガロップス
ヨガを実践しているとき、「もう少し体が柔らかければ」「しっかりとヒザを伸ばしたい」「ポーズに安定感がほしい」と感じたことはありませんか?そんな時に大活躍してくれるのがヨガプロップス。ヨガプロップスとは、ヨガをする際に使う補助具のことを指し、補助具があるだけで、挑戦できるポーズの幅が広がったり、よりヨガの効果が得られるようになったりします。

ヨガプロップスの効果と目的

ヨガプロップスの効果と目的
ヨガの経験年数やスキル、年齢、体の状態に関係なく、ヨガのアーサナ(ポーズ)を深めるのに用いられるヨガプロップス。その種類はヨガマット、ヨガブロック、ヨガベルト、ブランケットなど様々です。

ヨガの目的は正しいアーサナをとることではなく、アーサナを実践することで体を整えることです。無理をしてケガをしてしまうことがないよう、プロップスを上手に活用しましょう。現在のご自身の体で最大限できるアーサナを実践し、それを継続することで理想的なバランスを目指せますよ。

代表的なヨガプロップス

・ボルスター

ヨガロップス
ヨガプロップスの中でクッションタイプのものをボルスターと呼びます。長方形や円形と形は様々で、ヨガのアーサナの補助に使うだけでなく、リラックスしてヨガを実践する際にも用いられます。通常のクッションよりも弾力のある程よい硬さで、ヨガブロックよりも大きく、体を広範囲に渡って支えてくれますよ。
ヨガボルスターのおすすめ人気ランニング10選|使い方や選び方も解説! - Best One(ベストワン)
ヨガボルスターのおすすめ人気ランニング10選|使い方や選び方も解説! - Best One(ベストワン)>>
ヨガを実践するのに、年齢や柔軟性に関わらずしっかりとアーサナをとるのに活用するヨガプロップス。その中でもクッションタイプのものを総称して“ボルスター”と呼びます。ボルスターは他のヨガグッズと比べると高価なので、購入を迷う人は多いと思いますが、ボルスターがあれば自宅でも無理なくリラックス系のヨガも実践できるんですよ。この記事ではボルスターの種類や選び方、そしておすすめの人気商品をご紹介します。

・ヨガブロック

ヨガブロック
ヨガのプロップスの中で最も知られているのはヨガブロックかもしれません。ヨガブロックはその名の通り、四角いブロックのような形をしているもの。「もう少しで床に手が届くのに……」という状況で床に置いて補助具として使います。軽くて持ち運びやすいソフトタイプ、重さがあって安定感があるタイプなど様々です。
ヨガブロックはこう使う!素材別の選び方とおすすめ8選 - Best One(ベストワン)
ヨガブロックはこう使う!素材別の選び方とおすすめ8選 - Best One(ベストワン)>>
ヨガブロックを使うと土台が安定しポーズが上達・バランス感覚や体幹強化・呼吸や集中力が深まるなどいいこと尽くし。でも、どう使うの?選び方は?初心者から上級者まで失敗しないおすすめのヨガブロックをご紹介。

・ヨガベルト

ヨガベルト
出典:Amazon
ヨガベルトはその名の通り細くて平たいベルト状のプロップスで、ポーズを取る際に補助ベルトとして使用します。難しいポーズに挑戦することができるので、体の稼働域をさらに広げてくれることでしょう。例えばベルトの両端をつかんで輪の部分を足(土踏まず)にひっかけてヒザを伸ばしたり、腕やヒザ付近に巻いて固定したり。自分の体だけではできないことができるようになります。
ヨガベルトおすすめ人気10選|使い方や効果、活用方法を紹介 - Best One(ベストワン)
ヨガベルトおすすめ人気10選|使い方や効果、活用方法を紹介 - Best One(ベストワン)>>
ヨガのポーズ中に「柔軟性があれば手が届くのに」「しっかりとパーツを伸ばしたい」「ポーズをキープしやすくしたい」と思うことはありませんか?その際にプロップス(補助具)のひとつであるヨガベルト(ヨガストラップ)が役立ちます。伸ばしたいところを伸ばしたり、姿勢をキープしやすくなるサポートをしてくれるんですよ。

・ヨガマット

・ヨガマット
ヨガマットとは、ヨガをするときの敷物で、本格的にヨガに取り組む場合には、必要不可欠なアイテム。直接床に寝そべってしまうと、痛みが伴ったり、滑って怪我をしてしまう恐れがあったりするので、クッション性があって、体を滑りにくくしてくれるヨガマットがとても大切です。
ヨガマットおすすめ人気ランキング10選|おしゃれで持ち運びが楽なものは? - Best One(ベストワン)
ヨガマットおすすめ人気ランキング10選|おしゃれで持ち運びが楽なものは? - Best One(ベストワン)>>
自宅でのトレーニングにヨガマットは必須。でも、いざ選ぶとなると、商品数が多くて迷ってしまいますよね。トレーニング内容によって最適なマットの厚さは違い、マットの長さは身長に合わせて選ぶ必要があります。どんなヨガマットがあなたに合っているのか見ていきましょう。ランキングで紹介するので人気商品をチェックしましょう。
ヨガマットケースおすすめ人気ランキング10選|おしゃれで機能性が高いものを - Best One(ベストワン)
ヨガマットケースおすすめ人気ランキング10選|おしゃれで機能性が高いものを - Best One(ベストワン)>>
ヨガマットを持ち運ぶために便利なヨガマットケース。ヨガレッスンを受けるなら、ひとつは持っておきたいですね。開口部の種類や、生地の素材、大きさ、ポケットがついているかどうかなど、細かい違いがあります。購入予定のものやお手持ちのヨガマットに合わせて、使い勝手のよいものを選ぶために、選ぶ際のチェックポイントや人気商品をランキング形式でご紹介!ぜひ参考にしてみてください。

・ヨガラグ、ヨガタオル

・ヨガラグ、ヨガタオル
ヨガラグとは、ヨガマットの上に敷いて使うラグのこと。吸水・速乾性に優れ、マットに落ちる汗を吸い取ってくれるので、滑らず快適にヨガを楽しむことが可能。また、汗などでどうしても汚れてしまいがちなヨガマットを清潔に保ってくれます。ヨガマットは洗濯できないものが多く、ヨガ教室などのレンタルマットの衛生面が気になるという方は、ヨガラグを敷いておけばいいでしょう。ヨガタオルも同じような用途で使用可能です。


滑らないヨガラグ/タオルおすすめ12選|正しい選び方と洗濯の注意点や使い方・メリットも - Best One(ベストワン)
滑らないヨガラグ/タオルおすすめ12選|正しい選び方と洗濯の注意点や使い方・メリットも - Best One(ベストワン)>>
レンタルのヨガマットに直接触れたくない、汗で滑るのを防止してくれるのがヨガラグ。ヨガタオルとも呼ばれ商品数が多く、それぞれに特徴があるので、選ぶのが難しいですよね。今回はおすすめのヨガラグをランキングで紹介します。選び方のポイントやお手入れ方法も説明しているので、自分に合った使い方と比べてみてください。

・ヨガブランケット

ヨガブランケット
出典:Amazon
ヨガブランケットは、大きめのブランケットのことです。畳む、丸める、かける、敷く、などといった使い方が可能で、プロップスのなかで最も用途のバリエーションが豊富。ボルスターほどボリュームが要らない場合、ヨガブランケットを使用することもあるほど。また、静的なヨガを行う際、体の上にかけて冷えを防止したり、リラックス感や安心感をもたらすためにも役立ちます。
ヨガ指導者おすすめのヨガブランケット8選|メキシカンブランケットも! - Best One(ベストワン)
ヨガ指導者おすすめのヨガブランケット8選|メキシカンブランケットも! - Best One(ベストワン)>>
プロップスのひとつ、ヨガブランケット。「ブランケットって必要なの?」と思うかもしれませんが、1枚あるととても便利。使い方は様々で、ボルスターやブロックの代用にもなります。ポーズの補助はもちろん、リラックス効果や瞑想も気持ちよく深めることも!そんなヨガブランケットの使い方や選ぶポイントをご紹介します。

おすすめのヨガプロップス12選

おすすめのヨガプロップスをアイテムごとにご紹介します。

・ボルスター

Manduka
レキュタンギュラー ボルスター

12,100(税込)
2019年10月18日 1:01時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

初心者でも使いやすく、より本格的に

長さが約67cmと大きめでありながら、重量は約1kgで移動も楽ちんなMandukaのボルスター。弾力性のあるクッション材と、手触りの良い素材が、快適なヨガを実現してくれます。耐久性に優れているので長く使え、カラーバリエーションが豊富なので選ぶのも楽しいですね。

ヨガワークス(Yogaworks)
ボルスター

11,446(税込)
2018年8月6日 18:03時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

丁寧な手作りで、耐久性ばっちり

縦の長さは約62cm、重量は約2kgで存在感があり、安心して体を預けられる適度な厚みがあります。重たすぎず、お部屋からお部屋の移動も無理がありません。カバーはさらりと心地いい綿100%素材。ひとつひとつ手作りされているという安心の品質で、長く使用しても型崩れしにくくなっています。

・ヨガブロック

型番:YW-E411-C008

ヨガワークス(Yogaworks)
ヨガブロックA 2個セット

3,101(税込)
2019年10月18日 1:01時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

2個使いでポーズの幅が広がる

適度な硬さとクッション性で、様々なポーズが取りやすくなっています。下半身を安定させることで理想のアーサナに近づけるヨガワークスのブロック。程よい硬さで色々な場面に対応してくれます。EVA素材なので重さはひとつ約300gと軽量で持ち運びやすく、

マンドゥカ(Manduka)
コルクブロック

3,520(税込)
2019年10月7日 2:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

手首に負担がかかりにくく、滑りにくい

軽量のEVA素材と比べて重量感があるブロックを求める方におすすめなのがコルク素材。独特の固さがあり、手首への負担を軽減してくれます。持ち運びする際には少し重たいですが、固めで安定感があり、高さを必要とする際に重宝します。汗をかいてしまっても滑りにくいので、安心して使用できるでしょう。

・ヨガベルト

Manduka UnfoLD ヨガ ストラップ 6ft

2,530(税込)
2019年10月18日 1:01時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

耐久力抜群のエコなベルト

長さは約1.83mで、一般的なヨガベルトの標準サイズ。バックルを活用して輪っかを作ることができ、耐久性にも優れているので、あらゆるヨガポーズのサポートが可能。落ち着いたカラーリングもポイントで、100%リサイクルで作られているので、地球に優しいエコな一品です。

Yoga Design Lab
ヨガストラップ

1,998(税込)
2018年10月17日 16:14時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

おしゃれなデザインで、手触りばっちり

かわいい柄でヨガが楽しくなりそうな『YOGADESIGNLAB』のヨガベルトで、バリ島の雰囲気からインスピレーションを受けたデザインで、北米やヨーロッパで人気。ロングサイズなので、あらゆるポージングに対応でき、非常に肌触りがよく仕上がっています。洗濯可能なのも嬉しいポイント。

・ヨガマット

Active Winner
ヨガマット

2,690(税込)
2019年10月7日 2:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

有害物質ゼロで体にも環境にも優しい

ヨガを日常的に楽しむ人の中には、環境と健康について考えている人が多いかと思います。Active Winnerのヨガマットは有害物質を含んでおらず、人体にも環境にも安心して使えます。もちろんヨガマットに必要なグリップ力、クッション性、耐久性を備えており、初心者から上級者まで幅広い人におすすめです。

Reodoeer
ヨガマット

1,580(税込)
2019年10月7日 2:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

厚手のNBR製で十分な弾力性

もともと弾力性に定評のあるNBRですが、10mmの厚さにしてあるので、体が痛くなりにくいです。ピラティスやストレッチなど、床に寝たり座ったりする運動が多い人に、特におすすめです。厚めのタイプですが、しっかり巻けば直径20cm程度で収まるので収納にも困らず、付属のメッシュ袋で持ち運びも可能。

・ヨガラグ、ヨガタオル

CORCOPI
ヨガラグ タオル

2,980(税込)
2019年10月7日 2:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

カラーバリエーション豊富でコスパ抜群!

マイクロファイバーの生地で吸水性と速乾性に優れており、裏面は滑り止めが埋め込まれたヨガラグです。マットの上だけでなく、1枚での使用も可能で、持ち運びに便利なメッシュバッグも付いています。柔らかい手触りと鮮やかなカラーが人気で、シンプルなのにおしゃれ。

Heathyoga
ヨガタオル

2,980(税込)
2019年10月7日 2:06時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ワッフル生地で肌触りが気持ちいい

マットを差し込むポケットと、裏面の滑り止めがあり、ズレない安全設計です。表面はワッフル生地で肌触りが気持ち良いです。表面は濡れると滑りにくくなるので、付属のスプレーで湿らせるとより使い心地が良くなります。ラグと同色のバッグが付いており、持ち運びも便利です。

・ヨガブランケット

型番:401105066-008

Manduka
リサイクルウールブランケット

7,697(税込)
2019年10月18日 1:01時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

ヨガラグとしても使える大型サイズ

体を包み込むのに安心感のある152×208cmという大きさのブランケット。畳んだり丸めたりすればボルスターのようにプロップスとして活用できます。伸びに強い高密度織りで、耐久性も良いですよ。100%リサイクル素材でできており、環境にもしっかり配慮したブランケット。

Fastar
ヨガブランケット

3,919(税込)
2019年9月21日 2:00時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

速乾性に優れ、清潔に使用可能

カシミヤライクな肌触りで、リーズナブルなブランケット。毛玉ができにくく、吸水性・速乾性に優れ、丸洗いもできるのでいつでも清潔に使えます。劣化しにくくコスパ抜群で、ひとつ持っておくだけでとても重宝します。大きく、厚みがあるので、畳んで使用すればボルスターのように使うこともできるでしょう。

人気のヨガウェアもあわせてチェック!

ヨガを快適に楽しむうえで、ヨガウェアを充実させることも必要不可欠です。以下のリンクでは、おすすめのヨガウェアを紹介しているので、ヨガウェアをお探しの方は、是非チェックしてみましょう。
揃えておきたいヨガウェアの選び方とおすすめ15選 - Best One(ベストワン)
揃えておきたいヨガウェアの選び方とおすすめ15選 - Best One(ベストワン)>>
ヨガは、Tシャツやジャージでもできますが、できれば動きやすくてかわいいヨガウェアを着たいもの。今回は、揃えたいヨガウェアとその選び方、おすすめのアイテム、人気&注目ブランドをご紹介していきます。

まとめ

今まで「難しい」「ツライ」と感じていたアーサナも、ヨガプロップスを活用することで無理なく挑戦できるようになります。ヨガは正しいポーズや無理やり柔軟性が高めることが目的ではなく、その人個人の心地いい状態でポーズをキープするもの。プロップスの種類も多く、あらゆるサポートが可能です。単体で使うこともあれば、プロップスをいくつか組み合わせて使うこともあるので、ぜひご自身のものをそろえて色々とチャレンジしてみてください。

あなたにおすすめの記事
関連記事