ソファベッドの選び方とおすすめ8選!重視するのはソファ?ベッド?

シーンに合わせて使い分けできるソファベッドは、1人暮らしや来客が多い方におすすめです。狭い部屋にも置けるコンパクト設計や、収納付きなど種類が豊富なためライフスタイルに合わせて選べます。ここではソファベッドの魅力や選び方についてご紹介します。

ソファベッドの魅力とは?
ソファベッドを選ぶときのポイント
「ソファ重視」で選ぶソファベッドのおすすめ
「ベッド重視」で選ぶソファベッドのおすすめ
ソファーベッドの人気ランキングもチェック!

ソファベッドの魅力とは?

ソファとベッドを兼ねるソファベッドは、何といっても省スペースとくつろぎを両立できるところが最大の魅力。両方置きたいけど部屋が狭くてスペースが足りない、そんなときでも1台分のスペースがあれば手軽に理想のリラックス空間を作れます。
ソファベッドでくつろぐ女性
また来客時にはお客様用ベッドとしても活用できるため、ご家庭にもおすすめです。シーンに合わせた使い方ができるソファベッドを活用して、思い思いのライフスタイルを楽しみましょう。

ソファベッドを選ぶときのポイント

「ソファ」と「ベッド」どちらを重視するか

ソファベッドを選ぶ際は、「ソファ」と「ベッド」のどちらを重視するかによって選ぶべきものも変わってきます。座り心地を重視するのであれば形状やクッション材をチェックし、長時間座っていても疲れにくいものを選ぶようにしましょう。

特に気をつけたいのが寝心地を重視する場合です。コンパクトなものだと窮屈に感じてしまうため、できればシングルサイズ以上のものを選ぶことをおすすめします。座面は柔らかいものよりも硬めのもの、また背中が痛くならないよう厚みのあるマットレスを選ぶといいですね。
クライニングソファベッド ロータイプ

ライフスタイルに合ったサイズや形、機能をチョイス

ソファベッドはサイズや形状もさまざまなので、ご自身のライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。1人用ソファがベッドを兼ねるコンパクトなもの、またはマットレスを折りたたむとソファになる簡易的なものなど種類も豊富です。

中には2〜3人掛け用ソファであれば、フラットにすることでシングルもしくはセミダブルの本格的なベッドになるものもあります。設置するスペースはもちろんですが、使うシーンを想定しながら選ぶと失敗も少ないです。
横伸縮ソファベッド

プラスαであると嬉しい機能や扱いやすさ

収納付きのソファベッドなら、1台で「座る」「眠る」「収納」の3役をこなしてくれます。かさばりやすい毛布やシーツなどをしまっておけるので、狭い部屋をより効率良く使うことができます。

また昼間はソファ、夜はベッドとしてフル活用するなら、張り地は水や汚れに強いビニールレザーがおすすめです。扱いやすい素材を選ぶだけでも毎日のお手入れがグンと楽になります。部屋の雰囲気に合わないのであれば、カバーを外して洗えるカバーリングタイプという選択も。布地でも気兼ねなく使えます。

「ソファ重視」で選ぶソファベッドのおすすめ

ソファ重視で選ぶなら、ローソファからベッドになるタイプや柔らかめのファブリック素材がおすすめです。その他にもソファベッドには見えないお洒落なものなど、座り心地だけではなくデザインにもこだわれば部屋のセンスアップも叶います。

コンパクトに置ける「折りたたみタイプ」

狭い部屋にも置けるコンパクトな折りたたみ式ソファベッド。背もたれが6段階にリクライニングできるため、心地よいと感じる角度でくつろぐことができます。座面を倒せばカウチソファに、座面+背もたれを倒せば簡易ベッドにもなるため1台で3役をこなしてくれます。

タマリビング ソファベッド ビータIIワイド

サイズ:
【ソファ】幅120×奥行93×高さ81cm
【ベッド】幅120×奥行185×高さ28cm
素材:ー

圧迫感を抑えた「ロータイプ」のソファベッド

床座り感覚で座れるロータイプのソファベッド。圧迫感が少ないのでワンルームといった狭い空間にもおすすめです。背もたれと肘部分がリクライニング式になっているため、座面を広げるだけでソファからベッドに簡単にチェンジできます。

洗えるカバーリング マルチリクライニングソファベッド ロータイプ

サイズ:
【ソファ】幅154×奥行79×高さ57cm
【ベッド】幅183×奥行115×高さ15cm
素材:ポリエステル

北欧インテリアにおすすめの「木製フレーム」

ぬくもりのある風合いが魅力的な北欧調ソファベッド。フレームには天然木のパイン材が使われ、リラックスシーンにぴったりな優しい印象に仕上げています。大きさはセミシングルより少し小さいコンパクトサイズで、肘掛け部分を引き出すだけでベッドに早変わりします。

横伸縮ソファベッド

サイズ:
【ソファ】幅152×奥行78×高さ65cm
【ベッド】幅202×奥行78×高さ65cm
素材:ポリエステル

インテリアのアクセントになる「パッチワーク柄」

リビングをお洒落に印象づけてくれるパッチワーク柄ソファベッド。あたたかみのある色合いなので、インテリアに馴染みやすく落ち着いた雰囲気を演出してくれます。背を倒すとベッドになります。脚部は取り外しが可能なため、部屋を広く見せたいときにはローソファとして活用するのも◎

タンスのゲン ソファベッド リクライニング パッチワーク

サイズ:
【ソファ】幅180×奥行75×高さ81cm
【ベッド】幅100×奥行180×高さ42cm
素材:ファブリック

「ベッド重視」で選ぶソファベッドのおすすめ

寝心地重視でソファベッドを選ぶなら、マットレスがフラットになるものがおすすめです。背を倒して使うタイプはマットレスの折れ目が気になるので、ソファベッドの上にはマットレスを敷くと良いでしょう。その上にベッドパッドとシーツを敷けば、洗濯も簡単です。

空間を効率よく使うなら「収納付き」がおすすめ

狭いスペースを効率よく使うなら、ニトリの収納付きソファベッドがおすすめです。足元に引き出し2杯を備えているため、シーズンオフの衣類やファブリックを収納できます。体圧分散性に優れたマットレスや寝心地のよいポケットコイルをしようしているため、快適。さらに付属のクッションとマットレスカバーは外して洗えるため、毎日気兼ねなく使えるところもポイントです。

布張りベッドソファ(B3-H MO/LBR) ニトリ

サイズ:
【ソファ】幅200×奥行88×高さ85cm
【マットレス】幅85×奥行197×高さ19cm
素材:ポリエステル

背中が痛くなりにくい「硬めマットレス」

ウレタンをたっぷり入れることで体が沈み込みにくい硬さを実現。ベッドとして使用する場合は、背もたれを倒すだけでフラットな状態になるため女性でも扱いやすいです。ミッドセンチュリー風のデザインがリビングをセンスよく演出してくれます。幅が177cmなので、背の高い男性は避けたほうが良いかもしれません。

レザーソファベッド/Ardly zf-247-3p

サイズ:
【ソファ】幅177×奥行78×高さ68cm
【ベッド】幅177×奥行91.5×高さ33cm
素材:PVCレザー

来客用ベッドにもおすすめの「ワイド設計」

自由にレイアウトできる多機能ソファベッド。背もたれの中央には収納式のテーブルが備えられたおり、他にも大容量の引き出しが付いているなど機能性は抜群です。スツールは取り外せるためオットマンとしても活躍してくれます。奥行きのあるワイド設計のため来客用ベッドにも最適です。

DORIS ナトゥーラ

サイズ:
【ソファ】約:幅167×奥行72×高さ75cm
【ベッド】約:幅206×奥行102×高さ49cm
素材:レザー調:PVC/ファブリック:ポリエステル/クッション材:ウレタンフォーム

ゆったりくつろげる「ダブルベッドサイズ」

寝心地重視でゆったりくつろぎたいなら、IKEAのダブルサイズのソファベッドがおすすめです。一般的なシングルサイズでは窮屈に感じてしまう方でも、悠々と寝返りが打てるので快適に眠れます。座り心地と寝心地のどちらもこだわりたい方にぴったりです。

FRIHETEN

サイズ:
【ソファ】幅230×奥行151×高さ66cm
【ベッド】幅140×奥行204×高さ66cm
素材:ポリエステル
ソファベッドは、ソファとベッドを兼ねているためシーンに合わせた使い方ができます。ソファ重視で選ぶなら座り心地が良く、インテリアとしても楽しめるものがおすすめです。ベッド重視ならくつろげるサイズやマットレスの硬さもチェックしてみましょう。

衣類やファブリックを収納できる引き出し付きや、コンパクトに置ける折りたたみ式といった機能性に優れたものもたくさんあります。ぜひライフスタイルに合わせて選んでみてくださいね。

※この記事はAll Aboutガイド 鈴木理恵子様に監修をいただいて執筆いたしました。

ソファーベッドの人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: ソファベッド の中で最も人気のある商品です>>
【楽天市場】ソファ・ソファベッド | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>