幻のシャンパン「アンリ・ジロー」の特徴とおすすめ5選

アンリ・ジローは、長年、一部の上流階級の中だけで愛されてきたため、幻のシャンパンとも呼ばれています。ノン・ヴィンテージでも味わいに凄みを感じる、ボディがしっかりしたシャンパンを造っています。ここではアンリ・ジローの特徴とおすすめをご紹介します。

アンリ・ジローとは?

日本ソムリエ協会 ワインエキスパート
水木 明さん
アンリ・ジロー
出典:Amazon.co.jp
一部のヨーロッパの上流階級で愛され、近年まで知られていなかったので、幻のシャンパンとも言われています。ルイ13世の時代の1625年、創業者のフランソワ・エマールがシャンパーニュ地方でも卓越したブドウの産地アイ村に畑を手に入れ、12代続いている老舗の名門メゾンです。

グラン・クリュ(特級)の畑のみで、家族と従業員10名の小さな蔵です。生産量は25万本と希少で、品質が高く近年人気が急上昇しました。

味わいは、繊細でエレガントながら芳醇でしっかりしています。ワイン評論家ロバート・パーカーが「このハウスのシャンパンは、NV(ノン・ヴィンテージ)中でも最高峰の1つといえる」と言うほど別格の味わいです。

醸造・樽材の森・畑

醸造・樽材の森

アンリ・ジローはブドウだけでなく、醸造する樽にもこだわっています。樽材は創業以来、フランス北東部にある世界最高峰の樽の産地、アルゴンヌの樫の木を使用しています。また、テラコッタ製の卵型タンクも使用しています。

グラン・クリュ(特級)のアイ村に約8haの自社畑を所有し、すべてが特級。1980年からリュット・レゾネ(減農薬栽培)をしています。ブドウの種類はピノ・ノワール7割、シャルドネ3割です。
シャンパン

アンリ・ジローの種類とおすすめ

エスプリ・ナチュール

ブドウ品種の比率はピノ・ノワール80%、シャルドネ20%です。ナチュールは自然派ワインという意味ではなく、自然と共存するシャンパン造りを表しています。アルゴンヌの森の木樽、テラコッタ製の卵型タンクなどで醸造しています。

熟した桃や洋梨にバニラ、白コショウなどのスパイスの香り、味わいはピノ・ノワール主体ならではの芳醇さがあります。

アンリジロー エスプリブリュット HENRI GIRAUD

ブラン・ド・クレ

Blanc de CraieのCraieは、石灰質土壌のチョーク質のことです。シャルドネ100%。全体の55%のアイ村のブドウは木樽で、他はステンレスタンクで12か月間発酵、熟成し、その後2年瓶内熟成しています。

グレープフルーツや洋ナシのフルーティーさと、厚みのある酸とミネラルがあり、気品を感じるシャンパンです。

アンリ・ジロー ブラン・ド・クレ

オマージュ

ノン・ヴィンテージなのにすごい!と言われる、アンリ・ジローのポテンシャルを体感できる1本。創始者、フランソワ・エマールへのオマージュとして誕生しました。

繊細でシルキーな泡に、エレガントでふくよかな味わいです。6か月間の樽熟成の後、20か月瓶内熟成をしています。

アンリ・ジロー オマージュ ア フランソワ エマール

コード・ノワール

コード・ノワールとは、ピノ・ノワール(ノワール)の遺伝子(コード)の意味です。ピノ・ノワールの亜種でアイ村の土着品種プティ・ドレを使用したブラン・ド・ノワール(黒ブドウで造られた白いシャンパン)です。ハチミツやバニラの香り、果実味と酸味のバランスが秀逸です。

アンリジロー コード・ノワール・ブリュット

フュ・ド・シェーヌ

フュ・ド・シェーヌは木樽という意味。伝統のオーク樽で熟成されたプレステージ・シャンパンです。強いボディが印象的で、アンリ・ジローの中でも憧れの銘柄として知られています。記念日など特別な日に飲みたい1本。1本ずつシリアルナンバーも刻まれています。

アンリ・ジロー フュ・ド・シェーヌ

アンリ・ジローの特徴と種類をご紹介しました。プレステージ・シャンパンの銘柄は、すべてアンリ・ジローとわかる個性的な形のボトルに入っていますので、贈り物にもおすすめです。

ピノ・ノワール主体のイメージが強いですが、シャルドネ100%のブラン・ド・ブランもありますので、珍しいシャンパンのギフトにはこちらもおすすめです。

ワイン評論家ロバート・パーカーに、ブルゴーニュの白ワインに近いと言わせる酒質の高い味わいをぜひ味わってみてくださいね。

この記事に登場した専門家

日本ソムリエ協会 ワインエキスパート
水木 明さん
2012年、日本ソムリエ協会ワインエキスパートを取得。ワインショップやインポーターで経験を積むとともに、多くのインポーターのワインを幅広く飲んで、情報収集している。特に初心者がワインで困った時にアドバイスしてきた経験から、実用的なコツを伝えることを心がけている。
詳しくはこちら