Oculus GoでVRをいつでもどこでも気軽に楽しもう!

「Oculus Go」はVRを最も近い位置にたぐり寄せます。ハイスペックなのに手頃なその価格、そしてヘッドセット1つでコンプリートという手軽さ。まだ未体験の人はぜひOculus Goで夢のVR空間へ。

VRを試してみたい!どんな機材がある?
Oculus Goで何ができる?体験レビュー
Oculus Go
事前に知っておきたい上手に遊ぶコツと注意点
この記事に登場した専門家

VRを試してみたい!どんな機材がある?

株式会社シータ
Oculus Go
今話題沸騰中のVR(virtual reality)。一口にVRと言っても様々な機種があるのをご存知ですか?大きなゴーグルをかけて立体的な映像を楽しむ、おそらくまだ未体験のみなさんは漠然とそう考えるのではないでしょうか。しかしその扉を開けてみると、実に様々な種類のVR機器と、想像をはるかに超えたそのクオリティーに度肝を抜かれるはずです。

現在VR機器は主に「超ハイスペック系」、「ゴーグル一体型」、「簡易型」の3タイプに分かれ、値段もそれに応じて変わってきます。
VR
ハイスペック系は高性能なゲーミングPCに繋げて本格的なVRゲームを楽しむものですが、クオリティーと引き換えに多くの部品、複雑な配線とそれらの接続という一山を越えなければ遊ぶことはできません。

一方、ゴーグル一体型はゲームのダウンロードや各種設定もヘッドセット本体で完結するため、複雑な配線もなく、モデルによっては完全ワイヤレスのものもあり、しかもハンドリングにも優れているという利点づくし。入門機的な位置付けです。
toy
簡易型はまさに本格的にVRを楽しむというより、VR的な映像をフランクに楽しむためのおもちゃのようなもの。中には筐体はダンボール製、そこにスマホを挟んでそのモニターを見ながら遊ぶという、玩具のようなものも販売されていて、欧米では情操教育にそれを使用しているところもあるそうです。

Oculus Goで何ができる?体験レビュー

今回体験した「Oculus Go」は、ハンドリングに優れたゴーグル一体型モデル。米国でVR黎明期にその開発を先導したオキュラス社のフラッグシップモデル「Oculus Rift」の簡易版で、プロ仕様である前者に対しVR入門機的なOculus Goは完全一体型のワイヤレス仕様。PCやセンサーを設置する必要もないので、いつでもどこでも、好きな時間に好きな体勢でVRを楽しむことができます。
space
Oculus Goほど映像コンテンツを観るのに適したVRマシンはないでしょう。現在はYouTubeやNetflixでもVRコンテンツが楽しめ、その数も急増中です。

スタンドアロンタイプのOculus Goはヘッドセット一つでリビングのソファーに寝そべりながら、まるで巨大なシアターを独り占めするかのように、この豊富なエンターテインメントを存分に楽しむことができます。まさに究極の贅沢。

編集部スタッフも映像コンテンツ「透明少女」を楽しませてもらいました。
透明少女
Oculus Goをつけると、誰かの部屋のソファに座っているようです。彼女の部屋を訪れたときのような落ち着かない気持ちを感じていると、そこに突如現れる謎めいた美少女。私に語りかけながら近づいてくるではありませんか。

次第に美少女に目を奪われていると、ついには顔がはっきりと見えないほどの距離まで接近してきました。美少女とのあまりの距離に心拍数高まる時間を共有するという体験させていただきました。体験後、今年がVR元年となったこのスタッフはOculus Goの購入を決意しました。
透明少女>>

Oculus Go

さあ、ここからはOculus Goの魅力やOculus Riftとの違いをご紹介しましょう。
Oculus Go

リーズナブルな価格

Oculus Riftの1/3(最上位の64GBモデル29,800円)でVRのレジェンドが作るマシンが手に入るというのは、衝撃です。

VR性能はさすがにOculus Riftには及ばないものの、Oculas Goのヘッドセットを装着した瞬間、誰もがそのトキメキに感嘆し、この時間が永遠に続けばいいのにと思うはずです。実際に体験した編集部スタッフもその映像美に言葉を失い「これをこんなに手軽に楽しめるなんて、買わない人はどうかしてる」と。 
Oculus Go

オーディオ

音声もヘッドセットにオーディオドライバーが組み込まれているために、臨場感たっぷりのサウンドを手軽に楽しむことができます。また、一般的なステレオミニジャックタイプのイヤホンの接続端子も設けているので、お手持ちのイヤホンでこだわりの音質を追求することも可能です。
go

イージーコントロール

センサー内蔵のコントローラーは手のひらサイズでボタン4つのシンプル設計。直感的な操作でサクサクっとVRを楽しむことができます。 
Oculus Go

イージーセットアップ

どんなVR機器も最初はセットアップを行う必要がありますが、Oculus Goはとっても簡単。基本的には、PCやスマホなしで遊べるOculus Goですが、最初のセットアップ時のみiPhoneかAndroid系の端末が必要になります。

まずはアプリを起動し、次にOculus Goとのペアリングを行います。そしてWi-Fi設定などを行うだけのわずか3ステップ。ガイド映像も流れるのでそれに沿って行えばすぐに完了します。
kantansetup

メガネの人向けでもある

数あるVRマシンの中で、メガネをかけての装着が最も容易なのがこのOculus Goであるとの呼び声が高く、そして何よりも画期的なのはヘッドセットレンズを"度付きのレンズに交換できる"こと。
good
もちろん有料ですが、せっかくVRに興味を持ったのに、メガネだと向かないという数々のインプレッションに涙を呑んでいた人にとってはかなりの朗報かも。

下記の米国サイトで購入が可能です。当然英語表記なのですが、以下の点に注意してください。 

  • 販売しているのは片目のみなので、2個買う必要があります。(1個約9,000円なので約18,000円)
  • シッピング(輸送費用)が別途約7,900円かかります。(1個あたりにかかる訳ではありません)
  • 視度矯正は「SPH : 0~-8」で可能。(下限は裸眼0.05と考えてください)
  • 取り付け(取り替え)は超簡単です。

VirtuClear Lens Inserts for Oculus Go | FramesDirect.com >>
VirtuClear Prescription Lens Inserts for Oculus Go | High quality RX lenses for stunning clarity & a premium VR World experience. Don't let your need for corrective vision blur you virtual reality. Only Available at FramesDirect.com.

Oculus Goのスペック

  • ディスプレイ : 538ppi 2560×1440 WQHD LCDディスプレイ
  • プロセッサ : Qualcom Snapdragon 821
  • オーディオ : スピーカー内臓スペシャルオーディオドライバー/3.5mmオーディオジャック
  • バッテリー : 動画視聴時 約2時間30分/ゲームプレイ時 約2時間
  • 付属品 : VRヘッドセット、コントローラー、眼鏡スペーサー、USBケーブル、単三乾電池×1

Oculus Riftとの違い

Oculus Goの一番の魅力はそのハンドリングの良さ。Oculus Riftのように高性能PCや複雑なパッチングも必要とせず、本体内で全てが完結します。

ただ、センサー面でOculus Riftのようにポジショントラッキング機能がなく、内蔵のセンサーによって頭の動きだけをトラッキングするというシステムを採用しているので、動き回ってゲームの世界に没入するというよりも、映画や映像コンテンツなどのVRフォーマットで作られた映像ソフトを視聴するのに最適なマシンと言えます。

事前に知っておきたい上手に遊ぶコツと注意点

VR酔いにも注意

VRヘッドセットを長時間つけて動き回っていると、視界から入ってくる立体的空間と実際の空間との差異に三半規管が狂い、車酔いならぬ「VR酔い」を起こす人がまれにいます。
drunkerd
Oculus Goは映像コンテンツを観るのに最適な端末。ハイエンドVR機のように全身を使い動き回って楽しむというものではないので、VR酔いを起こす人も少ないかと思います。

それでも頭を前後左右に動かすゲームなどが多数あるので、VR酔いは機材的な要因というよりゲームコンテンツの内容に起因するところが大きいです。

あまり根詰めてやらずに、休息時間なども挟んでお楽しみください。

みんなでわいわい!よりも一人でもくもく

Oculus Go
VRはどの機種でもそうですが、みんなでワイワイやるよりも一人で黙々とやった方が没入感も高まります。そもそも1人で楽しめるように設計されているコンテンツも多いので、そのつもりで購入するようにしましょう。VRで遊んでいる人を傍から見ると、滑稽な場合も多いので、気になる方は専用の部屋などを用意すると良いかもしれません。
Oculus Go
欲しい!買う!この言葉しか見つかりません。こんなに物欲を覚えたのは久しぶりです。あれだけの体験を3万にも満たない価格でできるようになったのはOculus Goのおかげです。

確かに、Oculus Riftは最高にCOOLなマシンです。省スペースで済みますし。しかし必須となる高価なゲーミングPCの購入に投資するより、リビングで寝そべりながらYouTubeやNetflixが観れるOculus Goを買った方が合ってる、そう思った人、大勢いるのではないでしょうか?

この記事に登場した専門家

株式会社シータ
圧倒的な仮想体験、180 / 360 STEREO VR映像制作のプロ集団、現実と仮想現実の区別がつかなくなるようなVR体験を制作。エンタメ系のVRコンテンツから、教育向けのVRコンテンツまで幅広く制作しています。自社サービスである、「透明少女」は非常に高い評価をされており、Youtubeでの累計再生回数が100万再生を超えています。
詳しくはこちら