バット、グローブだけじゃない!軟式野球に必要な道具リスト

軟式野球を始めるにあたって、必要な道具と各アイテムの選び方などをご紹介します。野球には、バット、グローブ、ボールだけでなく、ウェア類からシューズ、お手入れグッズまで色々な道具が必要です。また、軟式と硬式でものがまったく異なるアイテムもあるので、草野球プレーヤーもしっかりチェックしてください!

ボール

アルペンミエルかわぐち店
目黒さん
軟式野球のボールは2018年春から、規格が変わりました。硬式野球のボールに近い仕様になり、旧規格のものほど弾みません。

一般用は、従来のA号からM号という規格になり、2gほど重くなっています。中学生向けの軟式ボールはこれまでB号が使われていましたが、2018年秋の新人戦から一般用と同じM号に変更になります。

ナガセケンコー(KENKO) 軟式 野球 ボール 公認球 M号 (一般・中学生用)

5,747(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
軟式野球ボールは規格が変わる!新規格のサイズ・重さ・変更点 - PICUP(ピカップ)
軟式野球ボールは規格が変わる!新規格のサイズ・重さ・変更点 - PICUP(ピカップ)>>
軟式野球のボールの規格が2018年春から順次変更になります。従来のボールからサイズや重さがどう変わるのか、詳しくご紹介します。ナイガイやケンコーなど人気メーカーの新規格の公認球、練習球もピックアップしています。

グローブ

グローブは、投手・内野手・外野手とポジションごとに作りが異なります。(一部、どのポジションでも使えるオールラウンドタイプもあります。)右利き・左利きでも作りがまったく違うため、ポジション、利き手、手のサイズをみて選ぶ必要があります。

[ミズノ] 野球 グローブ 軟式用 グローバルエリート

17,819(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
軟式野球のグローブの選び方と型付け方法、おすすめメーカー8選 - PICUP(ピカップ)
軟式野球のグローブの選び方と型付け方法、おすすめメーカー8選 - PICUP(ピカップ)>>
軟式野球のグローブの選び方、おすすめのメーカー、型付け方法、お手入れ方法などをご紹介します。グローブは投手・内野手・外野手とポジションによって形が異なります。ミズノ、ローリングス、アンダーアーマーなどおすすめのメーカーもたくさんあるので、しっかりチェックして、最高のプレーができるグローブを見つけましょう!
また、グローブを購入する際はお手入れグッズも一緒にそろえておきましょう。グローブは革でできているので、人間のお肌と同じようにオイルで潤いを与えてあげる必要があります。

MIZUNO(ミズノ) グラブお手入れセット

1,720(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
野球のグローブ・ミットの手入れ方法とおすすめオイル11選 - PICUP(ピカップ)
野球のグローブ・ミットの手入れ方法とおすすめオイル11選 - PICUP(ピカップ)>>
野球のグローブ、ミットは革製品なので、お手入れをする必要があります。基本のお手入れ方法は、汚れを落として、オイルで保湿をします。オイルにも固形、スプレー、リキッドなどのタイプがあるので、それぞれの特徴とおすすめのオイル、レザーローションをご紹介します。お手入れ方法についても詳しく解説します。

バット

軟式野球のバットは、「ビヨンドマックス」「カタリスト」といった複合素材のものがよく飛ぶと人気を集めています。ほかに、金属バット、木製バットもありますし、金属バットでも超々ジュラルミン製のものも人気です。

バット選びは、素材、バランス(トップバランス、ミドルバランスなど)、長さ、グリップの形・太さなどをチェックしてください。

ミズノ 軟式用FRP製 ビヨンドマックス ギガキング

46,440(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
一般用軟式野球バットの選び方と2018年新作おすすめバット - PICUP(ピカップ)
一般用軟式野球バットの選び方と2018年新作おすすめバット - PICUP(ピカップ)>>
一般用の軟式野球バットについて、金属・木・FRPなど素材ごとの特徴から、トップ・ミドル・カウンターとバランスの選び方、長さの選び方まで詳しく解説します。さらに、ミズノ、ウィルソンなど人気メーカーの、新規格の軟式ボールに対応した2018年最新バットもピックアップします。

バッティンググローブ

バッティンググローブは、バットを握る際に汗などで手が滑るのを防ぐ役割があります。両手にはめる人と、片手だけにはめる人がいますが、これは好みで選んでください。片手だけにはめる場合は、グリップエンドに近い方の手にはめます。

手袋については、軟式・硬式の区別はありません。

UNDER ARMOUR アンディナイアブルグローブ

7,020(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
バッティング時に使う手袋とは別に、守備の時に使う手袋もあります。これは、グローブの下にはめて使います。手の平部分にパッドが入っていて、ボールが手に当たる時の衝撃を吸収してくれます。

ミズノ(MIZUNO) ミズノプロ MP守備手袋

2,730(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
野球のバッティンググローブ(手袋)おすすめ11選 - PICUP(ピカップ)
野球のバッティンググローブ(手袋)おすすめ11選 - PICUP(ピカップ)>>
バッティンググローブは野球をする上で欠かせないアイテムのひとつです。その役割や使い方、選び方と、ミズノ、アシックス、フランクリンといった人気メーカーのバッティンググローブをご紹介していきます。特に、高校野球では規則があるので選び方に注意が必要です。

スパイク

野球のスパイクは、軟式・硬式問わず同じものを使います。選ぶ際のポイントとしては、まずサイズが重要です。

そして、カットはローカット・ハイカット・ミドルカットの3タイプ、シューズの裏面の突起(スタッド)は金属製と樹脂製(「ポイント」と言います)の2タイプあります。グリップ力を重視するなら金具、軽さや足への負担を軽減したい人はポイントがおすすめです。

ミズノ(MIZUNO) グローバルエリート IQ2

12,429(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
野球用スパイクの選び方と人気メーカーのおすすめスパイク10選 - PICUP(ピカップ)
野球用スパイクの選び方と人気メーカーのおすすめスパイク10選 - PICUP(ピカップ)>>
野球用スパイクの選び方と、ミズノ・アシックス・アディダスといった人気のメーカーのおすすめスパイクをご紹介します。野球のスパイクのスタッドには、ポイントと金具の2種類あり、軽さや足への負担も変わってきます。それぞれの特徴と、スパイクを長持ちさせるカバーについても詳しく解説していきます。

トレーニングシューズ

スパイクとは別に、トレーニング時に履くトレーニングシューズも用意しておきましょう。トレーニングシューズには、スパイクのようにスタッドがなく、足への負担も軽くて、ランニングやキャッチボールなどがしやすい作りになっています。これも、軟式・硬式の区別はありません。

[アディダス] 野球シューズ アディピュアTR

3,980(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
野球のトレーニングシューズおすすめ9選(中学・高校生・一般) - PICUP(ピカップ)
野球のトレーニングシューズおすすめ9選(中学・高校生・一般) - PICUP(ピカップ)>>
中学・高校生・大人用の野球用トレーニングシューズの選び方を解説します。中高生の場合は、規則上、黒または白一色という色の制約があるので、必ず購入前にチェックしてください。アシックス、ミズノ、ゼット、ニューバランスなど、人気ブランドのおすすめトレーニングシューズもご紹介していきます。

アンダーシャツ

ユニフォームや練習着の下に着るアンダーシャツも必要です。これは、チームで色の指定がある場合もあります。

選び方としては、まず素肌に着るので、吸汗速乾性にはこだわってください。ピタッと身体に密着して着圧効果があるコンプレッションインナーや、Tシャツのようなゆるめのもの、長袖・半袖・ノースリーブ、ハイネック・丸首などのタイプがあります。

UNDER ARMOUR ヒートギアアーマーコンプレッションLSモック

4,860(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
野球用アンダーシャツの選び方とおすすめシャツ10選 - PICUP(ピカップ)
野球用アンダーシャツの選び方とおすすめシャツ10選 - PICUP(ピカップ)>>
野球のユニフォームや練習着の下に着るアンダーシャツには、半袖・長袖・ノースリーブ、丸首・タートルネックなど色々なタイプがあります。購入前に知っておきたいアンダーシャツの選び方や、野球規則、アンダーアーマーやデサントといった人気のブランドのおすすめアンダーシャツまで、まとめてご紹介します。

ソックス・ストッキング

野球のソックスは足を守ってくれる、厚手の作りになっています。

ZETT(ゼット) 野球用 カラーソックス

1,391(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
ストッキングは必須ではありませんが、履く場合はソックスの上に履きます。これもチームで色の指定があるかもしれません。

(アシックス) asics 野球 ストッキング ローカット メンズ

1,296(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
素材 アクリル・ポリエステル・その他
サイズ F(フリー)
天竺編

スライディングパンツ

お尻の横部分にパッドが入っていて、スライディングした時の衝撃を吸収してくれるスライディングパンツもあると便利です。ファウルカップを入れられるポケット付きのものもあります。

MIZUNO(ミズノ) ファウルカップ収納式 スライディングパンツ

2,620(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。

バッグ

スパイク、ウェア類など必要な道具をまとめて収納できる野球用のバッグも準備しておくと、練習や試合に行く時に便利です。

以前はエナメル素材の斜めがけのバッグが主流でしたが、最近はリュックタイプが人気です。リュックタイプは、両肩で背負えるので身体のバランスも崩れにくく、自転車にも乗りやすいというメリットがあります。

ミズノ(MIZUNO) グローバルエリート GEバックパック

8,208(税込)
2018年7月2日 19:13時点
価格および発送可能時期は表示された日付/時刻の時点のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、購入の時点でAmazon.co.jpに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます。
以上、軟式野球でそろえるべき道具をまとめてご紹介しました。中にはチームで用意されていて、個人で買いそろえなくてもいい場合もありますが、バット、グローブ、ボール以外にも、ウェア類、シューズ類、バッグまで、色々な道具が必要になります。

道具選びに迷っても、アルペンなどのショップに行くと、野球に詳しいスタッフの方がアドバイスしてくれるので、気軽に相談してみるといいでしょう。どのアイテムも安くはないので、失敗しないようにきちんと考えて選びたいですね。
少年野球に必要な道具と選び方を総まとめ! - PICUP(ピカップ)
少年野球に必要な道具と選び方を総まとめ! - PICUP(ピカップ)>>
お子さんが野球を始めるとなると、グローブ、バット、ボールだけでなく、練習着やアンダーシャツなどのウェア類、スパイクやトレーニングシューズといったシューズ類、手袋など、色々な道具が必要です。少年野球でそろえるべき道具と、各道具の選び方などをまとめてご紹介します。

この記事に登場した専門家

アルペンミエルかわぐち店
目黒さん
アルペングループの原点として、ウィンタースポーツ用品はもちろん、野球・サッカー・フィットネスなどあらゆるスポーツ用品や、アパレル、シューズなどのファッション用品など幅広い商品をお値打ち価格で提供している。豊富な知識を持つスタッフがお客様のスポーツライフをサポートしてくれる。
詳しくはこちら
あなたにおすすめの記事
関連記事