ホットヨガウェアの選び方とおすすめ8選!汗をかいても快適に

ダイエットや美容効果が期待できるとあって、人気が高いホットヨガ。常温のヨガとの大きな違いは、高温多湿の部屋で行うことです。ホットヨガでかく汗の量は別格、滝のように汗が出るのでウェアはホットヨガ用を選ぶと良いでしょう。今回は、常温ヨガとホットヨガの身体にもたらす違い、ホットヨガ用ウェアの選び方とおすすめのウェアを紹介します。

常温ヨガとホットヨガの違い 〜身体にもたらす違い〜
ホットヨガ用ウェア、選ぶポイントは3つ
着用するならこんなタイプ。ホットヨガ向けのウェア
ホットヨガにおすすめ!厳選ウェア7選
ホットヨガウェアの人気ランキングもチェック!
この記事に登場した専門家

常温ヨガとホットヨガの違い 〜身体にもたらす違い〜

大宅 菜穂さん
常温ヨガは常温の部屋で行うのに対し、ホットヨガは室温33〜38度、湿度55〜65%の部屋で行います。分かりやすい違いは、高温多湿の部屋で行うホットヨガのほうがサウナのような滝汗が出ること。また、ポーズではダウンドッグのような頭を心臓より下にする逆転のポーズには制限があったりします。
ホットヨガ

ホットヨガの身体にもたらすメリット

むくみの軽減、疲労回復

温かい室内で動くので、血液や体液の循環が高まって新陳代謝が活発になります。冷えが気になる方にはいいですね。また、体内の老廃物、過剰な水分などが排出されればむくみの軽減や疲労回復にもつながります。

身体がやわらかくなる

身体が温まって血液循環が高まると、関節や筋肉の緊張がほぐれます。柔軟性が向上するので、常温ヨガよりポーズがとりやすかったり、伸ばしやすかったり、呼吸も深まりやすく感じるでしょう。ただし、動かしやすいからといってのばしすぎると、後々痛みが出る場合もあるのでほどほどに!

ダイエット効果は常温ヨガと同じ

ホットヨガは汗を大量にかくのでダイエット効果が高そうに思いますよね。確かに、体内の水分が排出されたぶんだけ体重はすぐに減りますが、また水分補給をすれば戻ります。ホットヨガで痩せる、というよりはホットヨガで痩せやすい身体をつくる、という方が合っているでしょう。

なお、常温ヨガもホットヨガも、ダイエット効果は同じだと言われています。ヨガというのは呼吸やポーズをとることで筋力を高めることができ、内臓の働きも整えることができます。どちらのヨガでもポイントとなるのは「自分が意識して丁寧に行っているか」ということ。これができれば、引き締め効果や基礎代謝の向上が見込めると言えますね。
ホットヨガ

ホットヨガの注意点

サウナや入浴と同じように、ホットヨガも疲労回復やリフレッシュにおすすめです。しかし、やりすぎると過剰なストレス、身体への負担になります。サウナが好きな方と苦手な方、暑さや湿度が得意な方と苦手な方がいるように、重要なのはご自分の体質やその時の体調にあったものを選ぶことです。

ホットヨガ用ウェア、選ぶポイントは3つ

ポイント①伸縮性

体側を大きく伸ばしたり、ねじったり、開脚をしたり、全身をダイナミックに動かすのがヨガ。ポーズをしっかりとるためにも伸縮性に優れたヨガウェアを選びましょう。とくに、ホットヨガは汗を大量にかくぶん、生地が肌に張り付きやすいので、素材は化学繊維など(綿は汗を吸収して重くなります)、伸縮性は縦横斜めに伸びる4WAYストレッチだと安心です。

ポイント②通気性・速乾性

心地よくホットヨガを行うためには通気性や速乾性を重視した素材を選ぶことが大切です。汗を常にかいているので吸水性に優れた素材はもちろん、速乾性を重視することで汗でウェアが張り付いて動きにくい、気持ち悪い状態を防ぐことができます。通気性が優れていると熱もこもりにくいですし、ムレにくくて爽快に動けます。

ポイント③透けない素材

汗を大量にかくホットヨガでは、常温ヨガでは大丈夫だったポーズでも、下着のラインが透けていた!なんてことがあります。生地に厚みがあり、目が詰まっている素材ほど透けにくいので、意識して選ぶようにしましょう。水着のような素材は透けにくいですよ。
ホットヨガウエア

着用するならこんなタイプ。ホットヨガ向けのウェア

トップス

肌に触れる面積が少ないほど動きやすくて快適です。ですので、トップスはタンクトップ、キャミソールがおすすめ。最近ではブラトップやおへそが出るクロップド丈のものを1枚で着用する方も多いですよ。ブラカップ付きだとより動きやすく、着替えや洗濯もラクチンです。

サイズ感はボディラインにつかず離れずのものがベター。ピタッとしたものは前屈すると苦しかったり、ボディラインが気になって集中できないことも。ゆったりシルエットで裾が広がるチュニックタイプは裾がめくれるので、これもまたポーズに集中できず、あまりおすすめできません。
トップスを説明する画像

パンツ

動きが少なく、座ったポーズがほとんどのリラックス系ホットヨガ、下半身のラインを隠したい方はパンツ。具体的にはリラックス系のレッスンなら裾に向かって広がるシルエットのガウチョパンツでもOKです。しっかりと動きながら下半身は隠したい方、リラックス系もパワー系もどちらにも着用したい方には裾ゴムになっためくれ上がらないサルエルパンツやジョガーパンツがおすすめ。パンツのサイズ感もトップスと同じように、ボディラインにつかず離れずのものが集中できますよ。
パンツを説明する画像

レギンス

しっかり動けて、ポーズに集中できるのはレギンスです。程度はあれど伸縮性に優れており、「第二の皮膚」といわんばかりにボディラインにフィットするので動きやすいです。レギンスの場合は丈の長さが豊富なので、脚を出すのに抵抗がある方はロング丈やカプリ丈を。脚を出すのに抵抗があまりなく、脱ぎ着がラクなほうがいい方は、膝丈や太もも中間丈にしてもいいと思います。
ヨガレギンス

ホットヨガにおすすめ!厳選ウェア7選

lululemon キャミソール ブラカップ付 Power Y Tank

インストラクターに人気のlululemon。肩甲骨や両腕を動かしやすいデザインです。ストレッチがきいた化繊素材なので汗が気になりにくく快適。フィット感がありますが、ブラカップ付きで着替えやすいです。

lululemon キャミソール ブラカップ付 Power Y Tank

Honour Fashion タンクトップ カップ付き

お腹まわりが気にならない、つかず離れずなサイズ感。裾が長めなので、ボトムスにインすればダウンドッグなど逆転ポーズも気にならず動けます。付属のブラカップはしっかりとバストを包み込むデザインのため、アクティブに動くクラスでも安心。

Honour Fashion タンクトップ カップ付き

ONZIE ツイストバックトップ

「ONZIE」は、ホットヨガのビクラムヨガを愛するヨギーニから生まれたLAブランド。通気性がよくさらっとしたドライな着心地が特徴です。デザインもシンプルな中にひねりがあっておしゃれです。

ONZIE ツイストバックトップ ホワイト

Planet-C ジョガーパンツ pc-236

ゆとりがあるスリムシルエット、人気のジョガーパンツは体型カバーも動きやすさもばっちり!あらゆるヨガの動きに対応します。吸汗速乾ストレッチ性のポリエステル素材なのでホットヨガに◎

REAL STONE ヨガウェア 7/10テーパードパンツ RSL426S

ホットヨガ対応。伸縮性抜群で、ひざを強く曲げる動きも窮屈感がありませんよ。肌に触れた時、ポーズを取っている時、最高に気持ちいいを実感できるでしょう。女性らしいやわらかなラインやデザインも魅力的。

REAL STONE  ヨガウェア 7/10テーパードパンツ RSL426S

AUMNIE イメージ レギンス フラットシーム

筆者も愛用しています。ホットのパワーヨガクラスでも安定の伸縮性、動きやすさです。何より、汗をかいていることを忘れるほどサラサラでドライ。脱ぐ時が非常にラクですよ。淡い色だと下着が透ける場合があるので、下着はタンガなどが安心です。

AUMNIE イメージ レギンス フラットシーム

ONZIE カプリパンツ ファストフラワー 速乾性 レギンス7分丈

ふくらはぎが出るカプリパンツは、足まわりの動きが変わります。スカアーサナでは膝まわりがゆったりとして、ハイランジでは土台が安定し、バランスが取りやすくなる気がします。通気性・速乾性に優れています。

ONZIE カプリパンツ ファストフラワー 速乾性 レギンス レディース 7分丈

Reebok Lady AIKO グラフィックタイツ

伸縮性・通気性・速乾性に優れ、細脚効果がすごいです。汗を大量にかいてもさらりとして軽量。筆者がこちらをはいてレッスンに行くと、「可愛い」「痩せました?」と生徒さんから言われる率が高いです(笑)。

Reebok Lady AIKO グラフィックタイツ

常温ヨガはいろんなポーズや呼吸法を行いたい方、リラックスもストレス発散もしたい方に。ホットヨガはしっかり汗をかいてスッキリしたい方におすすめです。

また、「この服装でなければならない」という決まりはありませんが、ホットヨガのウェアは汗が乾きやすい、伸縮性がある、熱がこもりにくい、動きに集中できるホットヨガに適した素材をチェックするといいですよ。着心地のいいヨガウェアで、皆さんにとって無理なく続けられるヨガを選んでくださいね。

ホットヨガウェアの人気ランキングもチェック!

Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: ヨガウェア の中で最も人気のある商品です>>
【楽天市場】ウェア | 人気ランキング1位~(売れ筋商品)>>

この記事に登場した専門家

大宅 菜穂さん
ヨガと音楽、ワークアウトを愛するヨガ指導者/ライター 体を動かす楽しさ、動くようになる嬉しさに魅了され、ライター一筋人生に終止符。楽しく元気になれるヨガをモットーに、初心者~上級者までヨガを広めている。全米ヨガアライアンス、マタニティヨガ取得、雑誌出演。
詳しくはこちら