かき氷器3社5製品を比較!お店のようなふわふわ食感をご自宅で

暑い夏に活躍するアイテムのひとつがかき氷器。従来のかき氷器は、お祭りで食べるような粒感の残るかき氷でしたが、近年では、お店で食べるようなふわふわの台湾風かき氷を作ることができるモデルも多く販売されています。今回は3社5製品のふわふわかき氷に対応したかき氷器を比較してみました。

お店で食べるようなふわふわかき氷を自宅で再現!
動画サイトでも話題に!「ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪かき氷器 とろ雪」
どこでも使えるスマートなハンディタイプ「ドウシシャ 大人のふわふわ氷かき器」
レトロ可愛いかき氷器が欲しい人はこれ!「ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器」
広い開閉口で氷が入れやすい「山善 電動かき氷機 Mille Snow」
刃物メーカーのノウハウが詰まったプロ仕様のかき氷器「Kai House 本格かき氷器」

お店で食べるようなふわふわかき氷を自宅で再現!

暑くなると食べたくなるのがかき氷。近年、ふわふわなかき氷が食べられるかき氷専門店がブームになるなど、かき氷に夢中になる人が続出!自宅で作るかき氷とは違う、と評判ですが、実はお店で食べるようなふわふわかき氷を作れるかき氷器が各メーカーから販売されています。

また、最近では電動のかき氷器が主流になっており、電動の場合、力や余計な手間も不要。食べたい時にスイッチひとつでふわふわのかき氷が出来上がります!
いちごの乗ったかき氷とシロップ

動画サイトでも話題に!「ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪かき氷器 とろ雪」

かき氷器で有名なドウシシャの製品の中でも、特に動画サイトなどで話題になった「ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪かき氷器 とろ雪」。ハーフサイズの製氷カップにジュースなどを凍らせることで、2色の台湾風ふわふわかき氷を作ることができます。氷の状態に合わせて刃の位置を調整できるため、自分好みの氷の薄さに調節OK。ふわふわなかき氷だけでなく、氷の粒感が残る通常のかき氷も楽しめます。

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪かき氷器 とろ雪の機能

■本体サイズ:14.5cm×20.0cm×35.5cm
■本体重量:1.2kg
■使用できる氷:付属の製氷カップで作った氷のみ(バラ氷は使用不可)
■付属品:ふた付き製氷カップ(Mサイズ)×1、ふた付き製氷カップ(ハーフサイズ)×4、レシピ、取扱説明書、保証書
■定格消費電力:25W
■定格時間:2分

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪かき氷器 とろ雪

どこでも使えるスマートなハンディタイプ「ドウシシャ 大人のふわふわ氷かき器」

「ドウシシャ 大人のふわふわ氷かき器」はスマートなハンディタイプのかき氷器。お皿の上やグラスの上など、どんな場所でも手軽に使える便利さが魅力です。ワンプッシュで作動する電動式で、ボタンを押している間だけ氷を削るため、量の調節も簡単です。

使える氷は、家庭用製氷機で作れるバラ氷のみ。スーパーやコンビニなどで購入できるロックアイスは使用できないので、事前に氷を作っておきましょう。

ドウシシャ 大人のふわふわ氷かき器の機能

■本体サイズ:9.2cm×12.0cm×32.5cm(スタンド含まず)
■本体重量:0.8kg
■使用できる氷:バラ氷(ロックアイスは使用不可)
■付属品:スタンド、レシピ、取扱説明書、保証書
■定格消費電力:10W/50Hz、12W/60Hz
■定格時間:1分
■カラー:レッド、ブラック

ドウシシャ 大人のふわふわ氷かき器

レトロ可愛いかき氷器が欲しい人はこれ!「ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器」

昔ながらのレトロ可愛いデザインが特徴の「ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器」。電動スイッチを押すだけで、なめらかに溶けるパウダースノーのようなかき氷が楽しめます。付属の製氷カップはMサイズが2個。大人数でのちょっとしたパーティーやたくさん食べたいときにも安心です。

ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器の機能

■本体サイズ:23.0cm×19.0cm×38.0cm
■本体重量:1.3kg
■使用できる氷:付属の製氷カップで作った氷のみ(バラ氷は使用不可)
■付属品:ふた付き製氷カップ(Mサイズ)×2、レシピ、取扱説明書、保証書
■定格消費電力:18W
■定格時間:2分

ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器

広い開閉口で氷が入れやすい「山善 電動かき氷機 Mille Snow」

「山善 電動かき氷機 Mille Snow」は開閉口が広く、お子さんでも簡単に氷を投入することができます。ワンプッシュで氷を削る電動式ですが、きちんと蓋がロックされていないと作動しないため、安全面にも配慮された設計になっています。使い終わった後は分解して丸洗いOK。いつでも清潔な状態でかき氷が作れます。

山善 電動かき氷機 Mille Snowの機能

■本体サイズ:15.5cm×15.5cm×35cm
■本体重量:1.4g
■付属品:かき氷アレンジレシピ、ふたつき専用製氷カップ2個
■定格消費電力:25W
■カラー:ホワイト

刃物メーカーのノウハウが詰まったプロ仕様のかき氷器「Kai House 本格かき氷器」

刃物メーカーである貝印が培ってきたノウハウを活かした「Kai House 本格かき氷器」。手動タイプであるものの、業務用ハイエンド仕様のかき氷器を目指して作られており、お店で食べるような薄くふわふわに氷を削り出せる刃付けが施されています。また、付属の専用製氷器も独自に設計・開発したもので、不純物が少なく透明度の高い、かつ削りやすい氷を作ることができる仕様になっています。

Kai House 本格かき氷器の機能

■本体サイズ:約22.0cm×43.5cm(最小形態)
■本体重量:約1.6kg(本体のみ)
■使用できる氷:専用製氷機で作った氷
■付属品:専用製氷機、六角レンチ、取扱説明書、レシピBook
以上、3社5製品のふわふわなかき氷ができるかき氷器を比較してみました。省スペースで作りたいという方は、ハンディタイプの「ドウシシャ 大人のふわふわ氷かき器」がおすすめです。こちらのかき氷器は自宅の製氷機で作った氷が使えるため、氷さえたくさん作っておけば好きなだけかき氷を楽しむことができます。

2色のかき氷などオリジナルのかき氷が食べたいという方は「ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪かき氷器 とろ雪」がおすすめ。動画サイトなどでも人気のモデルであり、安心感もあります。これらは全て電動のかき氷器ですが、「Kai House 本格かき氷器」など業務用のハイエンド機を目指した手動のかき氷器もおすすめです。

記事を参考に、お気に入りのかき氷器を見つけて暑い夏を乗り切りましょう!