ポールダンスの手汗・乾燥対策に!滑り止めの選び方とおすすめ5選

ボディメイキングやフィットネスアクティビティとして定着しつつあるポールダンス。挑戦したことがある方はわかるかと思いますが、手汗や乾燥で滑ってしまうことも多いダンスです。そこでポールダンスをする時に使う滑り止めについて解説します。

ポールダンスの滑り止めはどんなものを使えばいい?

Yoshiko

使用される滑り止めは大きく分けて2種類ある

ポールダンスの滑り止めは大きく分けて2種類あります。一方は汗や油分をドライにしてヌルヌル感を軽減するもの、もう一方は摩擦力を高めてグリップ力を強化するものです。もっともオーソドックスな使い方は手にはドライ感を高めるもの、体にはグリップ力を高めるものを使用することです。

ただし肌の状態や好みの使用感によって合う合わないがあるので、実際に自分で試してみるのがいいでしょう。ドライ感を高めるものを全身に塗る方もいますし、体には何も塗らず手のみ滑り止めを使用する方もいます。
 PD9ポールダンス用滑り止め

グローブを装着するのもひとつの方法

滑り止めを使っても手汗が多く滑ってしまう場合は、グローブを使用するのがおすすめです。ポールダンス用のグローブは革製のもの、エナメル加工が施されたものなど様々な種類があります。ただし大会で使用すると減点の対象となる場合もあるので、エントリーする際にルールをよく読むようにしてください。
グリップ力を高めるポールダンス用グローブの選び方とおすすめ5選
グリップ力を高めるポールダンス用グローブの選び方とおすすめ5選>>
ポールダンスの練習中に手汗で滑ってしまったことはありませんか?練習に支障がでたり、最悪の場合ケガをしてしまうこともある手汗問題。そんな課題に立ち向かうのにグローブが有効です。ここではグローブの素材等を踏まえた選び方、おすすめのグローブをご紹介します。

競技で使用可能な滑り止め

ポールダンスの大会の中でも競技の要素が強い大会のひとつ『International Pole Sports Federation
』(以下、IPSF)。本大会では使用可能な滑り止めが指定されており、それ以外を使用することは禁止されています。使用可能なものは『ドライハンズ』、『PD9』、『ストリングリップ』などです。

大会出場をお考えの場合は使用可能な滑り止めを練習で使ってみて、どれが合うかを吟味してみる必要があります。「どれも合わない」という場合には体のうるおい感を化粧水等で調節したり、手汗がでないように工夫することも考慮してみましょう。

滑り止めの選び方

【手や足裏】滑りをよくするか、グリップ力を高めるか

ポールダンスをする際に気になることのひとつは、手や足裏の汗です。汗をかけばかくほどツルッと滑りやすくなるので、汗を極力抑える対策をしましょう。そのために、手や足裏につける滑り止めはドライ系のものを選ぶのがおすすめです。

「手汗が気にならない代わりに乾燥滑りをしやすい」という方は、手や足裏にも摩擦力を高める滑り止めを塗る方がいいかもしれません。グリップ力が高まるのでしっかりとポールを握ることができますよ。
ポールダンス

【体】乾燥滑りを防止するために摩擦力を高める

汗滑りを防止するため、ポールダンスのスタジオや披露する空間は冷房でキンキンに冷やされていることも多いです。この時気になるのは肌の乾燥すべり。かさついた肌だとステンレスでスルッとスリップしてしまいます。

ボディには摩擦力を高める滑り止めをつけてあげてください。この時塗りすぎると体もポールもベタベタになるのであくまで薄づきに。ただし汗をかくとヌルヌルになってしまうことも多いので、現場や肌の調子を確かめながら使ってください。

滑り止めを使わない方法はあるのか

まれに滑り止めで肌あれを起こす場合もあるので、滑り止めを塗らない方法も考えてみましょう。ボディはうるおい感を高めることで肌とポールとの摩擦力を高めることができるので、化粧水等の保湿でなんとかなる場合もあります。肌の抵抗力が弱まっていると肌荒れしやすくなるので、普段から体の調子を整えておくこともお忘れなく。

おすすめの滑り止めはこちら

ドライハンズ

主に汗や油による滑りを防止する滑り止め。ポールダンス以外でも野球、バスケットボール、テニス、ゴルフ、ボーリングといった球技から、新体操、ウエイトリフティングといったあらゆるスポーツシーンにおいて世界中で愛用されている滑り止めです。

Dry Hands"The Ultimate Gripping Solution" All-Sport Topical Lotion-1 OZ-15 pack

PD9ポールダンス用滑り止め

手汗を抑えてグリップ力を高められるので、手にぬることはもちろんボディにもPD9を使っている方が多いです。塗った時の粉っぽさがないので、粉の飛び散りや衣装の粉汚れが気になりません。

PD9 クライミング液体チョーク

クライミング用ですが、ポールダンス時に使うダンサーも多いのがこのPD9。新しいタイプの液体チョークなのでグリップ力を高めながら手汗対策も同時に叶います。こちらも手と体、両方に使う人が多い滑り止めです。

iTac2 レギュラー グリップ

乾燥滑りを防止してくれるiTac2シリーズは愛用するポールダンサーが多い滑り止めのひとつ。パッケージラベルの色が紫色のものがより摩擦力が強いタイプなので、初心者さんやハードなポーズをキープされる方は紫色のラベルのものがおすすめです。

iTac2 Pole Fitness Level4(Extra Strength) 45g

iTac2 StickIT レギュラー グリップ

滑り止めを塗るのがより簡単で手軽になったと話題なのでこのスティックタイプ。その名の通りスティック状なので繰り出してそのままワンハンドで体に塗布することができます。塗る方の手が汚れないのもポイントです。

iTac2 STICK IT - Extra Pole Fitness Grip ポールダンス用グリップ

ポールダンスで使う滑り止めは大きく分けて2種類。手や足裏には主にドライ感を高めるもの、ボディには摩擦力を高めるものを使うのがおすすめです。個人の好みや肌の状態によって使用感が大きく左右されるので、ご自身で使ってみて合うもの、使いやすいものを選んでみてください。また、コンペティションに出場する際は使用可能な滑り止めが指定されている場合も多いのでご注意ください。

この記事に登場した専門家

Yoshiko
全米ヨガアライアンス200時間取得のヨギ。身体能力を活かして、現在は空中パフォーマーとして国内外で活動中。また、2009年からライターとしても活動しており、得意分野は美容、健康、ダイエット、食品、ライフスタイル、旅行等。
詳しくはこちら