滑らないヨガラグ/タオルおすすめ12選|正しい選び方と洗濯の注意点や使い方・メリットも

レンタルのヨガマットに直接触れたくない、汗で滑るのを防止してくれるのがヨガラグ。ヨガタオルとも呼ばれ商品数が多く、それぞれに特徴があるので、選ぶのが難しいですよね。今回はおすすめのヨガラグをランキングで紹介します。選び方のポイントやお手入れ方法も説明しているので、自分に合った使い方と比べてみてください。

ヨガラグ/タオルのメリット|ヨガマットを清潔に保ち、滑り止めになる

ヨガラグのメリット|ヨガマットを清潔に保ち、滑り止めになる
ヨガラグとは、ヨガマットの上に敷いて使うラグのこと。わざわざヨガマットの上にラグを敷いても…と思われるかもしれませんが、そのメリットはたくさんあります。

まずは吸水・速乾性です。ヨガマットはゴムなので汗をかいてしまうと滑ってしまい、快適にヨガができません。しかし、ヨガラグがあれば、マットに落ちる汗を吸い取ってくれるので、滑らず快適にヨガを楽しむことができます。また、汗をかいたときに直接ふき取ることも可能ですね。

また、ヨガマットを清潔に保つという効果もあります。ヨガマットを使い続けると汗などでどうしても汚れてしまいます。ヨガマットは洗濯できないものが多く、臭いが出てくるなどの問題も。その点、ヨガラグは洗濯もできるので、衛生面もばっちりです。ヨガ教室などのレンタルマットはたくさんの人が使っているので特に汚れが気になりますよね。ヨガラグを敷けば直接触れないのでヨガに集中できます。

共用のヨガマットが気になる、自宅でもヨガを楽しみたいという方は、まずはマイヨガマットを購入してみましょう。
ヨガマットおすすめ人気ランキング10選|おしゃれで持ち運びが楽なものは? - Best One(ベストワン)
ヨガマットおすすめ人気ランキング10選|おしゃれで持ち運びが楽なものは? - Best One(ベストワン)>>
自宅でのトレーニングにヨガマットは必須。でも、いざ選ぶとなると、商品数が多くて迷ってしまいますよね。トレーニング内容によって最適なマットの厚さは違い、マットの長さは身長に合わせて選ぶ必要があります。どんなヨガマットがあなたに合っているのか見ていきましょう。ランキングで紹介するので人気商品をチェックしましょう。

失敗しない!ヨガラグ/タオルの選び方!

それでは、ヨガラグの選び方をチェックしていきましょう。滑り止め加工やサイズ、ブランド別の選び方などを紹介しています。

滑り止めの種類で選ぼう!

ヨガラグは滑り止めがあるかどうかを忘れずにチェックしましょう!汗で滑ってしまうとヨガに集中できませんからね。ヨガラグにはいろいろな種類の滑り止めがあるので持ち運びやすさなども考えて選ぶといいです。

裏地がシリコンやPVC加工のものは安定性抜群!

裏地がシリコンやPVC加工のものは安定性抜群!
出典:Amazon
ヨガラグの滑り止めで最も多いのがこのタイプ。シリコンやPVC素材がしっかりとヨガマットに吸い付いてグリップするのでほとんど滑らなくなります。通常のヨガやあまり動かないヨガはもちろん、激しい動きのヨガでも安定した動きができるようになるでしょう。

素材自体が滑りにくいものは持ち運びやすい!

滑りにくい素材のものは持ち運びやすい!
出典:Amazon
ヨガ教室などでヨガをする場合など、持ち運びやすさを気にする場合は素材自体が滑りにくいものがおすすめ。薄い素材が多いので速乾性にも優れていて、とても軽量でコンパクトになります。また、汗などをかいて吸湿すると滑りにくくなるタイプもあるので要チェックです。たくさんの汗をかくホットヨガなどにおすすめですよ。

手軽に洗濯できるものを選ぶ。オーガニック素材の洗い方に注意!

手軽に洗濯できるものを選ぶ。オーガニック素材の洗い方に注意!
出典:Amazon
ヨガラグは、大半のものが洗濯できるのでとても簡単にお手入れができます。速乾性があるものは数時間で乾きますよ。しかし、乾燥機の類はヨガラグが傷んでしまうので基本的には使えないので注意しましょう。また、色落ちの可能性があるので単独で洗濯しましょう。ヨガマットを持っている方はラグと一緒に巻いて保管すればそのままスタジオに持っていけるので手軽です。ヨガラグの中には、オーガニックコットンなどのデリケートな素材を使ったものもあります。その場合は商品の案内によく従ってお手入れをするようにしましょう。

サイズ|使いやすいサイズは長さが170~180cm、幅は60cm前後

通常のラグマットは縦が170~180cm、横が60cm前後の大きさなので、ヨガラグもそれに合わせたサイズが一番使いやすいです。大きすぎると折りたたんで使わなければならないため、とても使いにくくなります。また、ヨガ教室で人気のLAVAはヨガマットが145cmなので、LAVAで使う場合は145cmほどのヨガラグを選ぶとよいでしょう。

専用ケースがあればコンパクトに持ち運べる!

専用ケースがあればコンパクトに持ち運べる!
出典:Amazon
教室やジムに行ってヨガをするならケース付きのものがおすすめ。汗で濡れたヨガラグを持ち帰る場合でもほかのものが汚れないのでとても便利です。特にメッシュタイプのケースは通気性がいいのでより早く乾きます。もし、ケースがセットになっていない場合はヨガマットケースを使うのも1つの方法です。
ヨガマットケースおすすめ人気ランキング10選|おしゃれで機能性が高いものを - Best One(ベストワン)
ヨガマットケースおすすめ人気ランキング10選|おしゃれで機能性が高いものを - Best One(ベストワン)>>
ヨガマットを持ち運ぶために便利なヨガマットケース。ヨガレッスンを受けるなら、ひとつは持っておきたいですね。開口部の種類や、生地の素材、大きさ、ポケットがついているかどうかなど、細かい違いがあります。購入予定のものやお手持ちのヨガマットに合わせて、使い勝手のよいものを選ぶために、選ぶ際のチェックポイントや人気商品をランキング形式でご紹介!ぜひ参考にしてみてください。

ブランド|マンドゥカやスリアなどのヨガメーカーは品質が高い

有名なブランドを選んでおけば品質は間違いなし
ヨガラグはブランドで選ぶのもよい方法です。通販で買う場合は、有名なブランドを選べば一定以上の品質が保証されているので失敗することが少ないという利点があります。主要ブランドでは、ヨガメーカーのスリアやマンドゥカのものが人気です。

ヨガラグ/タオルのおすすめ人気ランキング

それではヨガラグの人気商品を紹介します。自分がどのように使いたいのか、どのようなトレーニングをするのかを考えながら見てみてください。

5BILLION
ヨガラグ マイクロファイバー

アンカーフィットでヨガマットにぴったり付く

ヨガラグの裏にマットを差し込むためのアンカーフィットが付いています。そのため、滑り止めが付いていなくても、マットとぴったり付いてずれることが少ないです。安全に運動をすることができます。マイクロファイバーで、吸水性と速乾性に優れており、トレーニング中に汗が気になることはありません。
滑り止め加工 滑りにくい素材
洗濯
サイズ(cm) 183×61

IPOW
ヨガラグ タオル

軽量で持ち運びやすく、速乾性が高いヨガラグ

とても軽いマイクロファイバー素材で作られていて、コンパクトにまとめられるのでとても持ち運びやすいです。また、吸水性、速乾性も高く、集中してヨガに取り組めます。汗をかけばかくほど滑りにくくなり、ホットヨガなどにも便利です。
滑り止め加工 滑りにくい素材
洗濯
サイズ(cm) 183×61

RUNACC
ヨガラグ

速乾性と吸水性が高いヨガラグ

高品質なマイクロファイバーの生地が使われていて、速乾性、吸水性ともに優れたヨガラグです。洗濯できますし、収納バッグもついてくるのでとても使いやすいです。また、デザインがとてもきれいなので使っていても飽きが来ないですし、毎日のヨガが楽しくなります。
滑り止め加工 シリコン
洗濯
サイズ(cm) 183×61

MUKU
オーガニックコットン ヨガラグ

オーガニックコットンで作られた高級ヨガラグ

オーガニックコットン素材で作られた高級なヨガラグです。とても肌触りがよく、汗もしっかり吸収してくれるので集中してヨガに取り組めます。デザインも優しくて落ち着いているので、インテリアとしても使用できます。普段はラグとして使い、家でヨガをするときにはヨガラグとして使うというやり方もおすすめですよ。
滑り止め加工
洗濯
サイズ(cm) 195×63

CORCOPI
ヨガラグ ロング

ロングサイズで使いやすい

185cmのロングサイズは長めのヨガマットを使っている人におすすめです。ラグの四隅はマットを差し込めるようになっていて、裏面に滑り止め加工がなくてもずれにくいです。表面は濡れるとグリップ力があがるため、トレーニング中に滑ることもありません。
滑り止め加工
洗濯
サイズ(cm) 185×64

suria
ヨガマット ラグ ライトピンク

SURIAの高級ヨガラグ

ヨガブランドのSURIAが出している高級ヨガラグです。ヨガブランドの大手が出しているだけあってとても機能性に優れています。軽量で小さくたためる薄手のマイクロファイバー生地で、洗濯機で丸洗いができます。また、マットの上に敷いても滑りにくいのもポイントですね。
滑り止め加工
洗濯
サイズ(cm) 180×58

ヨガワークス
ワッフルヨガラグ フレンチラベンダー

吸水性・速乾性ともに優れたヨガラグ

さらりとした優しい肌触りで、吸水性と速乾性に優れたマイクロファイバー素材を使用しているヨガがしやすいヨガラグです。裏面にはシリコン加工が施されているので滑る心配もなく、ポーズのキープがしやすいですよ。大きさもちょうどいいのでとても使いやすいです。


滑り止め加工 シリコン
洗濯
サイズ(cm) 173×61

IUGA
ヨガラグ ハンドタオル付

ヨガラグとハンドタオルの2枚セットで使いやすい

四隅にヨガマットを入れられるポケット付きですし、厚手でクッション性があるので安全に運動することができます。表面は水分を含むと滑らなくなるので、汗をかくほどズレにくくなります。吸水性と速乾性に優れていています。扱いやすいハンドタオルとのセットでお得です。
滑り止め加工 滑りにくい素材
洗濯
サイズ(cm) 183×65

Dusky Leaf
ヨガラグ ゼロスリップ

長さ145cmでコンパクトに使えるヨガラグ

長さが145cmと173cmの2つあるので用途に合ったものを選ぶことができる便利なヨガラグです。生地は竹マイクロファイバーで吸水性と速乾性に優れており、裏面は全面に滑り止めが埋め込まれているので滑ることがありません。軽量で、コンパクトに巻けるので持ち運びに便利です。
滑り止め加工 シリコン
洗濯
サイズ(cm) 173×61

Manduka
Yogitoes スキッドレス ヨガラグ ピーコック

ヨガブランド、Mandukaのオリジナルヨガラグ

落ち着いた配色のタイダイ柄で人とかぶりにくいデザインは、スタジオやヨガイベントでの取り違えも少なそう。(約)61×173cmで大きすぎず持ち運びしやすい大きさで、洗濯機で洗って乾燥機にかけられるお手入れの手軽さも魅力。
滑り止め加工 シリコン
洗濯
サイズ(cm) 173×61

Heathyoga
ヨガタオル

ワッフル生地で肌触りが気持ちいい

マットを差し込むポケットと、裏面の滑り止めがあり、ズレない安全設計です。表面はワッフル生地で肌触りが気持ち良いです。表面は濡れると滑りにくくなるので、付属のスプレーで湿らせるとより使い心地が良くなります。ラグと同色のバッグが付いており、持ち運びも便利です。
滑り止め加工 シリコン
洗濯
サイズ(cm) 183×60

CORCOPI
ヨガラグ タオル

カラーバリエーション豊富でコスパ抜群!

マイクロファイバーの生地で吸水性と速乾性に優れており、裏面は滑り止めが埋め込まれたヨガラグです。マットの上だけでなく、1枚での使用も可能で、持ち運びに便利なメッシュバッグも付いています。柔らかい手触りと鮮やかなカラーが人気で、シンプルなのにおしゃれです。
滑り止め加工 PVC
洗濯
サイズ(cm) 183×63

商品比較表

商品画像
CORCOPI
Heathyoga
Manduka
Dusky Leaf
IUGA
ヨガワークス
suria
CORCOPI
MUKU
RUNACC
IPOW
5BILLION
商品名 ヨガラグ タオル ヨガタオル Yogitoes スキッドレス ヨガラグ ピーコック ヨガラグ ゼロスリップ ヨガラグ ハンドタオル付 ワッフルヨガラグ フレンチラベンダー ヨガマット ラグ ライトピンク ヨガラグ ロング オーガニックコットン ヨガラグ ヨガラグ ヨガラグ タオル ヨガラグ マイクロファイバー
特徴 カラーバリエーション豊富でコスパ抜群! ワッフル生地で肌触りが気持ちいい ヨガブランド、Mandukaのオリジナルヨガラグ 長さ145cmでコンパクトに使えるヨガラグ ヨガラグとハンドタオルの2枚セットで使いやすい 吸水性・速乾性ともに優れたヨガラグ SURIAの高級ヨガラグ ロングサイズで使いやすい オーガニックコットンで作られた高級ヨガラグ 速乾性と吸水性が高いヨガラグ 軽量で持ち運びやすく、速乾性が高いヨガラグ アンカーフィットでヨガマットにぴったり付く
滑り止め加工 PVC シリコン シリコン シリコン 滑りにくい素材 シリコン シリコン 滑りにくい素材 滑りにくい素材
洗濯
サイズ(cm) 183×63 183×60 173×61 173×61 183×65 173×61 180×58 185×64 195×63 183×61 183×61 183×61
商品リンク Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる Amazonでみる

リラックス効果抜群!ヨガブランケットもチェック

瞑想などの時間に体にかけることによってよりリラックスでき、冷え対策にもなるヨガブランケット。丸めたりしてヨガブロックやヨガボルスターの代用として使うこともできます。一枚あるととても便利なヨガブランケットの選び方とおすすめの商品を紹介しています。
ヨガ指導者おすすめのヨガブランケット8選|メキシカンブランケットも!
ヨガ指導者おすすめのヨガブランケット8選|メキシカンブランケットも!>>
プロップスのひとつ、ヨガブランケット。「ブランケットって必要なの?」と思うかもしれませんが、1枚あるととても便利。使い方は様々で、ボルスターやブロックの代用にもなります。ポーズの補助はもちろん、リラックス効果や瞑想も気持ちよく深めることも!そんなヨガブランケットの使い方や選ぶポイントをご紹介します。

一緒に揃えたいヨガプロップスをご紹介

ヨガを本格的に始めるといろいろなアイテムを揃えたくなるものです。ヨガプロップスと呼ばれるアイテムはポーズを取る際の補助となり、よりトレーニング効果を上げてくれます。具体的に何が必要なのか?こういうのが欲しいけれど何を選んだらいいか分からない、という方へ向けて選び方やおすすめの商品を紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。
ヨガブロックはこう使う!素材別の選び方とおすすめ8選
ヨガブロックはこう使う!素材別の選び方とおすすめ8選 >>
ヨガブロックを使うと土台が安定しポーズが上達・バランス感覚や体幹強化・呼吸や集中力が深まるなどいいこと尽くし。でも、どう使うの?選び方は?初心者から上級者まで失敗しないおすすめのヨガブロックをご紹介。
ヨガボルスターのおすすめ人気ランニング10選|使い方や選び方も解説!
ヨガボルスターのおすすめ人気ランニング10選|使い方や選び方も解説!>>
ヨガを実践するのに、年齢や柔軟性に関わらずしっかりとアーサナをとるのに活用するヨガプロップス。その中でもクッションタイプのものを総称して“ボルスター”と呼びます。ボルスターは他のヨガグッズと比べると高価なので、購入を迷う人は多いと思いますが、ボルスターがあれば自宅でも無理なくリラックス系のヨガも実践できるんですよ。この記事ではボルスターの種類や選び方、そしておすすめの人気商品をご紹介します。
ヨガベルトおすすめ人気10選|使い方や効果、活用方法を紹介
ヨガベルトおすすめ人気10選|使い方や効果、活用方法を紹介>>
ヨガのポーズ中に「柔軟性があれば手が届くのに」「しっかりとパーツを伸ばしたい」「ポーズをキープしやすくしたい」と思うことはありませんか?その際にプロップス(補助具)のひとつであるヨガベルト(ヨガストラップ)が役立ちます。伸ばしたいところを伸ばしたり、姿勢をキープしやすくなるサポートをしてくれるんですよ。
より快適にヨガを楽しむのに使えるヨガラグ。汗で手足が滑ってしまうのも防いでくれるので、ヨガのポーズをしっかりとキープできます。ヨガの効果を最大限に発揮するのにも一役買ってくれるのです。何枚か用意しておいて、気分やシーン、ヨガウェアによって使い分けるのもおしゃれですよね。また、ヨガ以外にも活用できるのがうれしい!レジャーシートの上に敷いて寝転がっても気持ちがいいですよ。ビーチや公園でもぜひご活用ください。