【2022年】ホットクックのおすすめ人気7選|新旧モデルを比較!

BestOne編集部

シャープから販売されているホットクックは、材料を入れてボタン一つで料理を作れる便利な調理家電です。食事のタイミングに合わせてゆっくり料理ができなくても出来立てを食べられると、人数の多いご家庭から共働き夫婦、一人暮らしまで高い支持を得ています。多数のモデルが販売されており、サイズはもちろん、価格も搭載レシピもさまざま。今回は2020年、2021年の旧モデルから、2022年最新モデルまで、おすすめのホットクックと選び方をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

ホットクックとは?
ホットクックの新旧モデルを比較!
ホットクックの選び方
ホットクックのおすすめ人気モデル7選
まとめ

ホットクックとは?

ホットクックとは?
出典:Amazon
ホットクックとはSHARP(シャープ)が販売する自動調理鍋のこと。各種センサーと独自の構造により、食材と調味料を入れれば、スイッチを押すだけで自動的に料理が完成するのが魅力です。煮物や蒸し物から、ローストビーフのような低温調理、発酵やスイーツまで幅広いレシピに対応しているのも大きな特徴で、忙しくて時間がかけられなくても栄養価が高く旨味たっぷりの料理を作れます。
 
料理初心者はもちろん、家事や仕事に忙しい共働き家庭を中心に人気を集めているホットクックは、サイズも1.0Lの1~2人用から豊富に揃っており、初めてひとり暮らしをするという方にもおすすめのアイテムといえるでしょう。

ホットクックのメリット

ホットクックのメリット
出典:Amazon
食材さえ用意すればほったらかしで調理できるホットクックは、手間がかからないのが最大のメリットです。火を使わないため、調理中に目を離していても安心。密封性の高さから無水調理も可能となっており、食材に含まれる水分のみで煮物なども旨味たっぷりに仕上げることができます。
 
また、自動で中身をかきまぜられる「まぜ技ユニット」が付属しているのもポイント。焦げ付きやすいカレーやシチュー、ムラになりやすい煮物もかき混ぜることで全体に味が染み込んで美味しく仕上げることが可能です。さらに2021年モデルからは、速度が2倍にアップし、ホイップクリームの泡立てやポテトサラダ、コロッケ生地用につぶし作業まで行えるようになりました。
 
一部のメニューのみですが、予約調理にも対応しています。最初に加熱することによって、料理が痛めにくい温度で長時間保温でき、遅く残業した夜も出来たての料理を味わえるのも魅力といえるでしょう。

ホットクックのデメリット

ホットクックでよくいわれているデメリットとして、価格が高いことが挙げられます。価格に加え自動でどこまでのものができるのかわからない、と使い勝手が不明であることから手を出しにくいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
 
また、サイズが大きく設置スペースが必要な点も口コミでよく聞かれます。容量2.4Lと1.6Lのモデルは、左右の持ち手が張り出していることから横幅が若干大きめ。そのほか、調理面では自動とはいえ結構時間がかかってしまうとの声もあります。

ホットクックと電気圧力鍋の違い

ホットクックと電気圧力鍋の違い
ホットクックと電気圧力鍋の最大の違いは圧力調理ができるかどうかです。ホットクックにはまぜ技ユニットと呼ばれる混ぜ棒が付属しており、自動でかき混ぜることによって調理をほったらかしで完成させます。一方、電気圧力鍋は言葉通り、圧力調理を行うことで食材を短時間のうちにふっくら柔らかくすることが可能です。
 
ホットクックは混ぜ棒でパスタや炒め物、麺を茹でるなど幅広い料理をボタンひとつでつくれるため、時間をかけても調理の手間を省きたい場合に最適。加熱調理を素早くつくりたい、または時短調理を望むなら電気圧力鍋を選ぶとよいでしょう。
電気圧力鍋について知りたい方は下の記事も参考にしてみてください。記事では、ティファールのクックフォーミー、ショップジャパンのクッキングプロ、アイリスオーヤマの電気圧力鍋など、ホットクックとよく比較される人気商品の特徴を紹介。それぞれの製品の機能などをしっかりと比較したうえで購入したいという方にもおすすめです。
電気圧力鍋のおすすめ人気ランキング26選 電気圧力鍋のおすすめ人気ランキング26選>>

ホットクックの新旧モデルを比較!

 ホットクックの型番は「KN-HW24G」といったように、すべて数字とアルファベットの組み合わせになっています。型番を見ることで、容量や無線LAN機能、発売時期がある程度推測できるので覚えておくと便利です。型番名の最初に付いている「KN」は全機種共通の英字で、後半の英字に「W」が入っていると、Wi-Fi(無線LAN)機能に対応しています。
 
また、「-」以降の後半の数字が容量を表し、「24」が2.4Lモデル、「16」と「99」が1.6Lモデル、「10」が1.0Lモデルです。最後のアルファベットは発売年数となり、「G」が2021年、「F」が2020年、「E」が2019年、「D」が2018年、「C」が2017年に発売されたモデル。ここからは、2021年発売の3機種のうち、ファミリー向けの「KN-HW24G」「KN-HW16G」を2020年発売モデルと比較してご紹介します。

サイズがコンパクト化

サイズがコンパクト化
出典:Amazon
2021年発売の2.4L、1.6Lモデルは2020年モデルに比べて大きくモデルチェンジが行われているのが特徴です。外見のデザインが変更されたほか、ひと回りほどコンパクト化されました。例えば、2.4Lモデルは前年モデルと比較して幅が5cmスリムになったため、省スペースにも収納しやすくなったのがうれしいメリット。ホットクックの大きさで迷っていた方や設置場所の問題であきらめていた方にもおすすめといえるでしょう。

「まぜ技ユニット」の機能が進化

「まぜ技ユニット」の機能が進化
出典:Amazon
ホットクック最大の特徴でもあるまぜ技ユニットは調理の途中で自動的に中身をかき混ぜることにより、味を均一に整え焦げ付きを抑える便利な機能です。2021年販売モデルは、このまぜ技がさらに進化。最大回転スピードを約2倍にアップすることで、食材のつぶしや卵の溶きほぐし、ホイップクリームのかき混ぜなど幅広い用途に対応できるようになっています。
 
今までの調理家電では難しいとされていたポテトサラダやオープンオムレツも自動調理が可能なのもうれしい魅力です。

ホットクックの選び方

容量で選ぶ

容量で選ぶ
出典:Amazon
ホットクック選びは容量を最初に決めておくと自分に必要なものを見つけやすくなります。容量は1~2人分の1.0L、2~4人分の1.6L、2~6人分の2.4Lの3種類。1.0Lは一人暮らしや夕食のメイン料理、お弁当のおかずづくりにおすすめです。1.6Lや2.4Lは、毎食料理を食べきることが多い家庭にぴったりなサイズといえるでしょう。
 
ファミリー世帯の場合だと、食べる量や作り置きが多いかどうかなど、ライフスタイルに合わせて選ぶことが大切になります。また、容量が大きなるにしたがって、価格も上がることも考量しておきましょう。

サイズで選ぶ

サイズで選ぶ
出典:Amazon
容量と同様にサイズも選び方の重要なポイントです。ホットクックは各機種によって大きさはもちろん、横幅がそれぞれ異なります。特に2.4Lと1.6Lの場合、2021年モデルから横幅が小型化されているのが特徴的。キッチンが狭い、またはワンルームなどで設置スペースがあまりとれないという方は、2021年発売のKN-HW24GかKN-HW16Gがおすすめです。
 
また、容量が1.0LのKN-HW10Gは最もコンパクトサイズになります。幅22×奥行30.5×高さ24cmと、横幅もほかの2機種に比べて小さく、場所を問わずに設置しやすいモデルです。一人暮らしなど、容量が少なめでも良いという場合は検討してみてはいかがでしょう。

Wi-Fi機能をチェック

Wi-Fi機能をチェック
出典:Amazon
ホットクックの最新モデルにはWi-Fi機能が搭載されています。シャープのスマホアプリ「COCORO HOME」と連携しており、レシピを検索してダウンロード可能です。また、外出先から予約時間の変更もできることから、より便利にホットクックを使えます。本体にはあらかじめ60~140種類の自動メニューが搭載されていますが、Wi-Fi機能を使えばさらにレシピの数を増やせるのがメリット。
 
アプリと連携させると季節やユーザに合わせたメニューを提供してくれるため、料理のレパートリーをもっと増やしたい場合にも最適です。

加熱機能をチェック

仕上げで水分を飛ばすなら「煮詰め機能」

「煮詰め機能」とは、ホットクックのフタを開けた状態で水分を飛ばして加熱できる機能です。好みの設定加熱と共に、2019年、2020年、2021年発売モデルに搭載されています。ホットクックはゆっくりと時間をかけて食材に火を通す無水調理が基本なため、普通に調理すると食材から水分が出やすくなりがちです。鍋の中に水分が残ったままだと味付けが薄くぼやけてしまいますが、煮詰め機能を使うことで水分を飛ばすことが可能になり、料理を自分好みの味に仕上げられます。

直感的に使いたい方には「好みの設定加熱」搭載モデル

「好みの加熱設定」はコンロ感覚で火力やまぜ方、加熱時間を手動で設定できるのが大きな特徴です。2019年発売モデルのKN-HW24E、KN-HW16Eから搭載されています。ホットクックは手動で調理する際、基本的に煮物や炒めるなどのモード設定しか行えません。「好みの加熱設定」を使うことで、強火・中火・弱火といった3種類の火加減からまぜ方、加熱時間まで自分好みに設定できます。
 
まぜ方は「まぜない」「たまにまぜる」「よくまぜる」「高速でまぜる」の4種類で、加熱時間は1時間まで対応可能。自動調理に慣れていない初心者はもちろん、コンロでの調理に慣れている方にも使用しやすい機能といえるでしょう。

付属品をチェック

内鍋はフッ素コーティングかステンレス製の2種類

ホットクックの内鍋は2種類あり、フッ素コーティングされたものとステンレス製が採用されています。フッ素コーティング済みのものは汚れがこびり付きにくく、調理後のお手入れを簡単に済ませたい方におすすめ。ステンレス製は2019年以前の古いモデルで採用しており、内鍋を冷蔵庫を入れる際に便利な保存専用のフタがセットになっているのが特徴です。
 
どちらの内鍋がよいか迷う場合は、使用する頻度や用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

蒸しトレイか蒸し板かも確認しよう

機種によって付属品も異なります。ホットクックで蒸し料理をつくりたい場合は蒸しトレイをチェックしましょう。蒸しトレイは、豆など小さく転がりやすい食材の調理や、低温調理の際にジッパー袋が浮き上がるのを抑えるのに便利です。また、2019年以前に発売された1.6L、2.4Lモデルには蒸し板があらかじめセットされています。
 
大きめの野菜など安定感した形状の食材を蒸したい、低温調理をあまりしないという場合は蒸し板でも十分調理できるでしょう。

カラーで選ぶ

カラーで選ぶ
出典:Amazon
カラーが容量によって異なるのもホットクックの特徴のひとつです。2.4Lモデルはレッド・ホワイト、1.0Lモデルはブラック・ホワイト、1.6Lモデルのみレッド・ホワイト・ブラックの3色が揃っています。そのほか少し古いモデルはレッドのみの場合も。キッチン家電のカラーを統一している、インテリアにこだわりがある方は最新モデルから選ぶのもひとつの方法です。
 

ホットクックのおすすめ人気モデル7選

型番:KN-HW24G-W

SHARP(シャープ) ヘルシオ ホットクック

参考価格: 58,100

人数の多い家族にもピッタリな大容量モデル

ホットクックの中でもポピュラーなタイプです。2.4Lの大容量で、人数の多い家庭やホームパーティーからおかずのつくり置きがしたい方までおすすめ。また、従来のモデルと比較して、横幅がスリムなため、省スペースにも設置できます。キッチンが狭いなど、置き場所に悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょうか。

今年最後のビッグセール!ブラックフライデー開催中!

58,100 (税込)

初めてのお買い物限定1,000円OFFクーポン配布中

59,050 (税込)

超PayPay祭!11/29-30は10%戻ってくる

54,400 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2022年11月28日 19:16時点 rakuten.co.jp: 2022年11月21日 12:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2022年11月18日 18:48時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
本体サイズ 幅34.5×奥行30.5×高さ25.6cm
容量 2.4L
Wi-Fi機能
煮詰め機能
好みの設定加熱
内鍋の種類 フッ素コーティング
内鍋以外の付属品 蒸しトレイ、メニュー集、取扱い説明書
型番:KN-HW24F-R

SHARP(シャープ) ヘルシオホットクック

参考価格: 59,000

こびり付きを防いで後からのお手入れが簡単

内鍋にフッ素加工コーティングを施したホットクックです。食材のこびり付きが少なく、お手入れの手間がかからないのがポイント。さっと洗えることから、家事の時短につながります。また、Wi-Fi機能でレシピをダウンロードできるため、料理のレパートリーを増やしたい場合にも最適です。共働き夫婦から人数の多い家庭まであると便利な1台といえるでしょう。

今年最後のビッグセール!ブラックフライデー開催中!

61,400円  5%OFF
59,000 (税込)

初めてのお買い物限定1,000円OFFクーポン配布中

41,000 (税込)

超PayPay祭!11/29-30は10%戻ってくる

59,800 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2022年11月28日 19:16時点 rakuten.co.jp: 2022年11月21日 12:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2022年11月18日 18:48時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
本体サイズ 幅39.5×奥行30.5×高さ24.9cm
容量 2.4L
Wi-Fi機能
煮詰め機能
好みの設定加熱
内鍋の種類 フッ素コーティング
内鍋以外の付属品 蒸しトレイ、メニュー集、取扱い説明書
型番:KN-HW16G-B

SHARP(シャープ) ヘルシオホットクック

参考価格: 49,500

ひとり暮らしや共働き夫婦に最適な小さめ容量

スタンダードなタイプとほぼ同じスペックを持つややコンパクトサイズの1.6Lモデルです。Wi-Fiや煮詰め、好みの加熱設定など機能が充実していながら、容量が少ない分価格も抑えられています。内鍋はフッ素コーティング済みで、お手入れも簡単。普段、つくり置きをあまりしない方や一人暮らしにぴったりです。

今年最後のビッグセール!ブラックフライデー開催中!

51,880円  5%OFF
49,500 (税込)

初めてのお買い物限定1,000円OFFクーポン配布中

48,500 (税込)

超PayPay祭!11/29-30は10%戻ってくる

48,700 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2022年11月28日 19:16時点 rakuten.co.jp: 2022年11月21日 12:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2022年11月18日 18:48時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
本体サイズ 幅33×奥行28.2×高さ24cm
容量 1.6L
Wi-Fi機能
煮詰め機能
好みの設定加熱
内鍋の種類 フッ素コーティング
内鍋以外の付属品 蒸しトレイ、メニュー集、取扱い説明書
型番:KN-HW16E-W

SHARP(シャープ) ヘルシオ ホットクック

参考価格: 36,800

Wi-F&調理機能充実でコスパよく使える

2019年発売の型落ちモデルです。1.6Lと2~4人のご家庭の毎日の料理に最適の容量。内鍋はステンレス製ですが、スマホと連携するWi-Fi、煮詰めや好みの設定加熱などの機能を搭載しています。最新機能は不要で、コスパ重視の場合におすすめといえるでしょう。カラーが3種類から選べるのもポイントです。

今年最後のビッグセール!ブラックフライデー開催中!

39,380円  7%OFF
36,800 (税込)

初めてのお買い物限定1,000円OFFクーポン配布中

37,000 (税込)

超PayPay祭!11/29-30は10%戻ってくる

39,000 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2022年11月28日 19:16時点 rakuten.co.jp: 2022年11月21日 12:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2022年11月18日 18:48時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
本体サイズ 幅36.4×奥行28.3×高さ23.2cm
容量 1.6L
Wi-Fi機能
煮詰め機能
好みの設定加熱
内鍋の種類 ステンレス
内鍋以外の付属品 蒸し板、保存専用ふた、メニュー集、取扱い説明書
型番:KN-HT99B-R

SHARP(シャープ) ヘルシオ ホットクック

参考価格: 18,900

1度に大量の料理をつくることが可能

2018年に発売された2.4Lモデル。1度にたくさんの食材を調理できる大容量で、料理やお弁当のおかずのつくり置きに役立ちます。シンプルな機能のみなので、機械操作が苦手な方にも使いやすくおすすめです。機能よりもコスパを重視するなら、検討してみてはいかがでしょうか。

今年最後のビッグセール!ブラックフライデー開催中!

41,500円  54%OFF
18,900 (税込)

初めてのお買い物限定1,000円OFFクーポン配布中

27,605 (税込)

超PayPay祭!11/29-30は10%戻ってくる

29,500 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2022年11月28日 19:16時点 rakuten.co.jp: 2022年11月21日 12:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2022年11月18日 18:48時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
本体サイズ 幅36.4×奥行28.3×高さ23.2cm
容量 1.6L
Wi-Fi機能 ×
煮詰め機能 ×
好みの設定加熱 ×
内鍋の種類 ステンレス
内鍋以外の付属品 蒸しトレイ、メニュー集、取扱い説明書、メニュー表
型番:KN-HW10G-B

SHARP(シャープ) ヘルシオ ホットクック

参考価格: 38,760

便利な最新機能搭載で料理の腕前もレベルアップ

一人暮らしにぴったりな1.0Lの小型ホットックです。Wi-Fiに対応しており、「COCORO KITCHEN」との連携で新しいメニューのダウンロードが可能。「煮詰め」「好みの設定加熱」などの機能を搭載しているため、食材の様子を確認しながら、火加減やまぜ方などお好みに合わせて調理できます。

今年最後のビッグセール!ブラックフライデー開催中!

40,560円  5%OFF
38,760 (税込)

初めてのお買い物限定1,000円OFFクーポン配布中

35,220 (税込)

超PayPay祭!11/29-30は10%戻ってくる

36,500 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2022年11月28日 19:16時点 rakuten.co.jp: 2022年11月21日 12:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2022年11月18日 18:49時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
本体サイズ 幅22×奥行30.5×高さ24cm
容量 1.0L
Wi-Fi機能
煮詰め機能
好みの設定加熱 ×
内鍋の種類 フッ素コーティング
内鍋以外の付属品 蒸しトレイ、メニュー集、取扱い説明書
型番:KN-HW10E-W

SHARP(シャープ) ヘルシオ ホットクック

参考価格: 34,300

蒸し板付きで本格的な蒸し料理にも挑戦できる

1~2人用で容量1.0Lモデルです。Wi-Fi、煮詰めや好みの設定加熱機能に対応。蒸しトレイと保存フタが付属しており、本格的な蒸し料理をつくれます。また、保存用フタを使用すれば、内鍋ごと料理を冷蔵庫で保存可能です。フタはフラット構造を採用しているため、上にモノを重ねて使えます。

今年最後のビッグセール!ブラックフライデー開催中!

34,300 (税込)

初めてのお買い物限定1,000円OFFクーポン配布中

29,499 (税込)

超PayPay祭!11/29-30は10%戻ってくる

30,800 (税込)
価格情報は以下に表示された日付/時刻の時点のものであり変更される場合があります
amazon.co.jp:2022年11月28日 19:16時点 rakuten.co.jp: 2022年11月21日 12:45時点 shopping.yahoo.co.jp: 2022年11月18日 18:49時点 本商品の購入においては、購入の時点で上記各サービスに表示されている価格および発送可能時期の情報が適用されます
本体サイズ 幅22×奥行30.5×高さ24cm
容量 1.0L
Wi-Fi機能
煮詰め機能
好みの設定加熱 ×
内鍋の種類 フッ素コーティング
内鍋以外の付属品 蒸しトレイ、メニュー集、取扱説明書
商品名 ヘルシオ ホットクック ヘルシオホットクック ヘルシオホットクック ヘルシオ ホットクック ヘルシオ ホットクック ヘルシオ ホットクック ヘルシオ ホットクック
商品画像
SHARP(シャープ)
SHARP(シャープ)
SHARP(シャープ)
SHARP(シャープ)
SHARP(シャープ)
SHARP(シャープ)
SHARP(シャープ)
最安価格
特徴 人数の多い家族にもピッタリな大容量モデル こびり付きを防いで後からのお手入れが簡単 ひとり暮らしや共働き夫婦に最適な小さめ容量 Wi-F&調理機能充実でコスパよく使える 1度に大量の料理をつくることが可能 便利な最新機能搭載で料理の腕前もレベルアップ 蒸し板付きで本格的な蒸し料理にも挑戦できる
本体サイズ 幅34.5×奥行30.5×高さ25.6cm 幅39.5×奥行30.5×高さ24.9cm 幅33×奥行28.2×高さ24cm 幅36.4×奥行28.3×高さ23.2cm 幅36.4×奥行28.3×高さ23.2cm 幅22×奥行30.5×高さ24cm 幅22×奥行30.5×高さ24cm
容量 2.4L 2.4L 1.6L 1.6L 1.6L 1.0L 1.0L
Wi-Fi機能 ×
煮詰め機能 ×
好みの設定加熱 × × ×
内鍋の種類 フッ素コーティング フッ素コーティング フッ素コーティング ステンレス ステンレス フッ素コーティング フッ素コーティング
内鍋以外の付属品 蒸しトレイ、メニュー集、取扱い説明書 蒸しトレイ、メニュー集、取扱い説明書 蒸しトレイ、メニュー集、取扱い説明書 蒸し板、保存専用ふた、メニュー集、取扱い説明書 蒸しトレイ、メニュー集、取扱い説明書、メニュー表 蒸しトレイ、メニュー集、取扱い説明書 蒸しトレイ、メニュー集、取扱説明書

まとめ

今回はホットクックの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。ほったらかし家電の代表格ホットクックは、忙しく時間がなくても、自動で料理ができあがる便利なアイテムです。どの機種、容量がよいのか分からないという方は、自分にとって必要な機能を考慮してから選ぶのがポイント。本記事も参考にして、お気に入りの1台を見つけてください。
企画・制作:BestOne編集部

※記事に掲載している商品の情報はBestOne編集部の調査結果に基づいたものになります。
※ランキングは、専門家による選び方のポイントや、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋上位商品、口コミ・検証・アンケート・価格情報等を参考にBestOne編集部にて順位付けしたものになります。
※記事に掲載している商品の価格はAmazonや楽天市場などの各ECサイトが提供するAPIを使用しています。そのため、該当ECサイトにて価格に変動があった場合やECサイト側で価格の誤りなどがあると、当サイトの価格も同じ内容が表示されるため、最新の価格の詳細に関しては各販売店にご確認ください。なお、記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

あなたにおすすめの記事