IH対応ホットサンドメーカーの軽さランキング!直火式との違いも

ご自宅のキッチンがIHの方は、ホットサンドメーカーもIH対応のものを選ぶ必要があります。IH対応のものはガス火対応のものよりも重さがあるものが多く、扱いやすさを気にする人は本体重量にも着目すると良いでしょう。今回、4製品のIH対応ホットサンドメーカーを軽さ順でランキングにしました。

キッチンがIHの方はIH対応のホットサンドメーカーを選ぼう、本体重量にも注意
軽いIH対応ホットサンドメーカーは?軽さランキング
持ち運びも楽ラク!軽さが嬉しい「i-WANO ホットサンドメーカー HASAMOCCA」(660g)
耳つき食パンがすっぽり入る大きめサイズ「下村企販 両面エンボストースターパン」(約880g)
焼きムラを防いで均一な焼き加減に「タイガークラウン サンドdeグルメ」(1020g)
全体をこんがり焼き上げるのに最適「杉山金属 スマイルクッカーDX」(1180g)

キッチンがIHの方はIH対応のホットサンドメーカーを選ぼう、本体重量にも注意

ホットサンドメーカーを選ぶ場合、ご自宅のキッチンがIHの方はIH対応のものを選びましょう。また、IH対応のホットサンドメーカーはガスコンロ(直火)対応のものよりも本体重量が重いものが多く、料理のしやすさを重視したい方は本体重量にも着目して選ぶのがおすすめです。
直火式ホットサンドメーカーの軽さランキング!キャンプにもおすすめ
直火式ホットサンドメーカーの軽さランキング!キャンプにもおすすめ>>
直火式ホットサンドメーカーは、自宅での調理だけでなくキャンプなどのアウトドアシーンでも使える便利さが魅力です。また、IH式や電気式のものと比べると焼き加減がカリッとしており、より香ばしいホットサンドに仕上がります。今回は5社の直火式ホットサンドメーカーを重量で比較し、軽さ順にご紹介します!

軽いIH対応ホットサンドメーカーは?軽さランキング

i-WANO、下村企販、タイガークラウン、杉山金属から販売されているIH対応ホットサンドメーカー4製品について、本体重量の軽い順にランキングにしました。結果は以下の通りです。

1.i-WANO ホットサンドメーカー HASAMOCCA(661g)
2.下村企販 両面エンボストースターパン(約880g)
3.タイガークラウン サンドdeグルメ(1020g)
4.杉山金属 スマイルクッカーDX(1180g)

1kgを超えるものもあり、軽くて扱いやすいホットサンドメーカーを探している人は注意が必要です。各製品それぞれの特徴を細かく見ていきましょう!
ホットサンド

持ち運びも楽ラク!軽さが嬉しい「i-WANO ホットサンドメーカー HASAMOCCA」(660g)

今回ピックアップした製品の中で最軽量だったのは「i-WANO ホットサンドメーカー HASAMOCCA」の660gでした。リュックにも入れられるコンパクトなサイズであり、かつIHだけでなくガス火にも対応しているため、アウトドアシーンへの持ち運びにも最適です。二か所のジョイント部分を外せば、独立した2つのフライパンとしても使えます。

i-WANO ホットサンドメーカー HASAMOCCAの機能

■対応熱源:ガス火、IH
■本体サイズ:35.7cm×16.1cm×4.2 cm
■本体重量:661g
■付属品:説明書、保証書

i-WANO ホットサンドメーカー HASAMOCCA

耳つき食パンがすっぽり入る大きめサイズ「下村企販 両面エンボストースターパン」(約880g)

「下村企販 両面エンボストースターパン」は6枚切・8枚切の耳つき食パンがすっぽり入る大きめサイズのホットサンドメーカーです。フライパンの表面には食材がくっつきにくいエンボス加工が施されており、汚れも落としやすくお手入れも簡単です。

下村企販 両面エンボストースターパンの機能

■対応熱源:ガス火、IH
■本体サイズ:36.5cm×15.5cm×3.3cm
■本体重量:約880g
■材質:本体/鉄(両面エンボス加工1.6mm厚、透明シリコン樹脂塗装)、ハンドル金具/鉄(クロムメッキ、2.0mm厚)、ハンドル/フェノール樹脂(耐熱140℃)、ハンドルフック/18-8ステンレス(線径2.0mm) 

下村企販 両面エンボストースターパン

焼きムラを防いで均一な焼き加減に「タイガークラウン サンドdeグルメ」(1020g)

熱伝導に優れた厚底のアルミニウム合金を採用している「タイガークラウン サンドdeグルメ」。さらにアルプレッサ方式を加えることで、より熱を均一に伝えて焼きムラを防ぎます。パンの耳まで入るサイズのため、わざわざ切り落とす必要もなくこんがりと焼き上げられます。

タイガークラウン サンドdeグルメの機能

■対応熱源:ガス、IH200V、ハロゲンヒーター、シーズヒーター、ラジェントヒーター
■本体サイズ:16cm×37.4cm×4cm
■本体重量:1020g
■材質:本体/アルミニウム合金、貼り底/ステンレス鋼、金具/ステンレス、取っ手/フェノール樹脂
■付属品:レシピ

タイガークラウン サンドdeグルメ

全体をこんがり焼き上げるのに最適「杉山金属 スマイルクッカーDX」(1180g)

「杉山金属 スマイルクッカーDX」も、先述のタイガークラウンと同様にアルプレッサ方式を採用しているホットサンドメーカーです。今回ピックアップした製品の中では最重量のホットサンドメーカーですが、熱伝導に優れているため、焼きムラが気になる方にはおすすめです。IHだけでなく、ガス火にも対応しています。

杉山金属 スマイルクッカーDXの機能

■対応熱源:ガス、IH100V、IH200V、ハロゲンヒーター、シーズヒーター、ラジェントヒーター
■本体サイズ:16cm×37.5cm×4cm
■本体重量:1180g
■材質:表面加工/ふっ素樹脂塗膜加工、本体/アルミニウム合金、はり底/ステンレス鋼(クロム18%)(底の厚さ:4.2mm(はり底含む))、ハンドル本体/メラミン樹脂、金具/ステンレス
以上、IH対応のホットサンドメーカーを軽さ順にご紹介しました。ガス火と比べると本体重量が重い傾向にあるIH対応のホットサンドメーカーですが、その中でも「i-WANO ホットサンドメーカー HASAMOCCA」「下村企販 両面エンボストースターパン」は1kg以下の重量で比較的軽いものになります。ただし、IHはガス火と比べると火加減の調整が難しいため、均一に焼きたい方は「タイガークラウン サンドdeグルメ」「杉山金属 スマイルクッカーDX」が良いでしょう。

記事を参考に、ご自宅で使いやすいIH対応ホットサンドメーカーを探してみてくださいね。